実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

実家犬モモ

 ここ1年ほど、腎臓肝臓心臓の機能がずいぶん低下して、低空飛行を続けながらも、奇跡的復活をとげ、慌ててとんでいくと、とてつもなく元気な出迎えを受けることを繰り返していたモモさん@実家犬ラブ14歳目前ですが、今度こそいかんという電話がかかってきました。

 お正月に会ったときも、散歩の距離こそ短くなったものの、元気そのものだったのですが。
 次のお正月は一緒に過ごせるかな、と一年先のことを心配していたのに、桃の節句の誕生日までも厳しそうな話です。

 ついこの間まで子犬だったくせにさ。
 またいつもの、弟の話が大袈裟なだけだといいんだけど。

追記
 モモちゃ、慢性腎不全なのですが、そのせいで赤血球が作れなくなって貧血になり、心臓に負担がかかってしんどかったそうです。雪の日に雪遊びで大はしゃぎだったそうなので、疲れが出たのかな。とりあえず、薬で貧血を改善できる見通しがたったので、モモの節句は無事迎えられそうです。貧血が治れば元気出てくるでしょう。今までもそうだったけど、これからは、ますすま騙し騙し内臓を大事に使っていかないと…。

 嗚呼それなのに、やっぱりラブだね。注射のご褒美のジャーキーはきちんといただきましたとも。



 ちなみに、犬の年齢換算は諸説あるみたいで、獣医さんの待合室に置いてある換算表(フードメーカーがくれるのかな?)も色々あります。実家近所の獣医さんに置いてあったのは、大型犬の14歳は人間の100歳って。ダイきちだって、ここの表でいくと90過ぎですって。あ、でもラブは正確には中型だから、もっとさっぴかないとね。

 さてその90過ぎのご老体。帰宅してダイきちの散歩に出ようとしたら、家から20歩くらいのとこでダイきちの泣き所=後ろ脚がつりました。こちらも爺さんです。
[PR]

by cuora | 2010-02-07 13:13 |
<< ウパの飼育の終焉 今日の悪さは笑ってられる >>