実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

嗚呼厄は落ちてなかった。

ダイきち、目が大充血しているので、明日の朝、保護者二名の護送、ではなく付き添いのもと獣医行き決定。

とほほほほほほ。

縫い跡はそこそこ乾いてきておるのだが、裏っ側が眼球を擦っているのか?目も開けづらいみたいで、困ったこってす。

追記 一番はしっこの糸の縫い目が、飛び出し気味で眼球に擦れているらしい。黒目のところが細かい傷がついていて、これが充血と涙とシミシミの原因らしい。

院長の

「この前切ったコはうまくいったんですけどね」

という発言はちょっとどうかと思った私でした。思っても言わないでほしかった(笑)。



追記の追記

 さて、かといって縫い直すわけにもいかないので、眼軟膏追加でしのぎます。

 本人は、珍しくへこんでます。いつも目薬はおとなしく注させるのに、目薬2本目は断固拒否。私も前に眼球に傷がつきましたが、そりゃあ沁みるんですよね。仕方ないです。

 しかしまあ、こんなものは日にちが経てば治るし、エリザベスも何日かの辛抱なだけです。目薬注したらオヤツももらえるんですから。

 何年単位や、一生、ほっておかれたりしている動物に比べたら、屁でもありません。

 ダイきちも昔は辛いこともあったかもしれないけど、ほんの数カ月のことで、残りはずーっと大事にされているわけです。

 と思うと、溜息が出てくるのでした。

 溜息といえば、
 近所の家に、(あの!)梅田ワ○ワ○ランドで買ったという小型犬の子犬が来たのですが、話を聞いてみると、いきなり変な咳をしだしたので獣医にいったら気管支炎で、さらに皮膚病で、そのうえワクチンも何だか怪しいんだとか。
 この犬は店頭ではなくて、裏にいたそうなんですが、ものすごい汚いところに、1つのケースに大きさの違う犬3頭も詰め込まれて、体格の小さいこの犬はウンチなんか食べていたそうです。一応、店でこれですから、そりゃまあ、繁殖場がとんでもなくても驚きはしませんが…。
 その他、とんでもないというより、げんなりするような話も聞きましたが…。まずは子犬君の回復を祈るばかりです。
[PR]

by cuora | 2008-06-30 23:54 |
<< おのれ~ さらばマイボーム腺腫 >>