実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダイきち、アンタ顔広いねぇ

 ダイきち、よその人には愛想がいいので近所のおっちゃんに結構人気があります。

 一昨日はうちの近くまでダレダレで帰ってきたら、おっちゃん二人連れが外で夕涼みの一服中。
「おっ、ダイすけ、元気か?」
「ワシ、今日からダイすけ。うはうはうはー元気っ」と俄かに元気になって愛想をふりまいていたら、何故か犬用ササミジャーキー登場(おっちゃんCのワンコは春に亡くなったのだけど…散歩に持ち歩いて配っているのかな)。結局3個ももらいましたが、3個目で興奮しすぎて後脚がもつれて「レレレのおじさん」状態に。
 腰が抜けるのは毎度のことなので私は驚かないけど、おっちゃんTは知らなかったので、とても心配されました(笑)。

 今朝は、ゴミ出しに出ていたおっちゃんD(家庭菜園のおっちゃんとしか知らない)に遭遇。前に畑のミニトマトを貰って以来、ダイきちにはおっちゃんの顔がトマトに見えるらしい。おっちゃんも何故かダイきちにトマトをやりたくて仕方ないのです。
 おっちゃんDは「ちょっと待っててや」と家にダッシュして、冷蔵庫から収獲物のミニトマトを一袋持ってきたではありませんか。
「久しぶりやからな」(←たくさんくれた理由・笑)
1個その場で食べて、残りはお土産にいただきました(もちろんダイきちに)。
「うはー、おっちゃん大好き~」と名残惜しそうに振り返っておりました(おっちゃん、電子柱に隠れても見えてます)。

 ダイきちが好きなおっちゃんのタイプをまとめると…
 威勢がいい、声が大きい、テンションが高い、それで食べ物をくれる人はもうたまりません。しかしこのタイプのおっちゃんは、何故かよその犬を好き勝手な名前で呼びます。「ジョン」って誰や?
[PR]

by cuora | 2006-08-16 13:25 |
<< ニコちゃん死す ビっすんのちょっとした冒険 >>