実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宇治どんのプチ家出

 今日は私一人だし、晩ご飯は出来合いを買って簡単にすませて、本でも読もう、とお弁当やら本やらを抱えてご機嫌で帰宅したのが8時頃。両手いっぱいの買物袋でカギをあけたら…足元を白黒ぶちの猫がすりぬけて出て行く…。

 「う、宇治どん。待って!」と思うも、両手がふさがっていて阻止できなかった。そして闇に消えた宇治どん。

 猫諸君は何か興奮することがあったようで、他の猫も騒然としてました。フンギャーっという誰かの叫び声もしました。
 これがガビ蔵なら、ガレージの自動車の下で転がっていると相場は決まっているので心配しないのですが…。う、宇治どんは…居らんわ。楽しい気分は一気にしぼんで、懐中電灯と煮干を持って宇治どん探しに。宇治どんは悪さもしないので鈴をつけてないから、居場所は見当もつかない。居らん…。

 ものすごく怖がりなので、バス通りのほうに行くことはないと思うが…と探していると家の中からダイきちのバウ声が。何事かと帰って裏庭を照らすと猫が逃げて行った。でもまっすぐ尻尾だった。宇治どんのおだんご尻尾ではない。あれは誰?家の中の猫どもはますます騒然としている。

 色々と悪い想像が頭をグルグル~嗚呼、ダンナが明日帰ってきて、最愛の宇治どんが家出したと知ったら、ダンナも家出するかも~。しかも家の中の騒動に嫌気がさして出て行ったなんて…。宇治どんの性格からして、あまり騒いで探すと余計出てこないだろうが、私しゃもう1分も我慢できんよぉ~


 30分ほどして、宇治どんはあっさり帰ってきました。はあぁあぁ~。

 結局、騒動のもとは何なのか、何に興奮していたのか、そして裏庭にいた猫は誰か、何一つ分からないまま宇治どんは無事帰ってきたのです。

 いや~ビールの美味かったこと。

a0044136_21581538.jpg

(宇治どんを拾って間もない頃の写真。ハゲちょろけて何とも情けない顔です。でも可愛いのぉ←親ばか)
[PR]

by cuora | 2006-06-23 21:59 |
<< やっぱりカメが(も)好き ビワの木 >>