実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

封印された思い出

 このブログ、最近ネコねたばかりで、犬やカメはどうしておるんぢゃいとお思いの方もおられるかと思いますが…ネタがないほど平和ということです。
 ダイきちの若い頃は、毎日のようにとんでもないことをしでかし、ネタに困らないどころか、育児ノイローゼのようになっていたものです。

 クルマで隣りの市を縦断しているとき、見覚えのある景色を見て、封印していた記憶が蘇りました。

 まだ隣りの市のマンションに住んでいた頃。元旦。おせちの用意をしていると、ダンナがダイきちの散歩から青ざめて帰ってきました。「呪い殺されるかも」

 マンションの裏手には、とある老舗大手新興宗教の本山があり、文字どおり一山所有して端のほうに本堂がそびえていた。あとは荒れた山道と切り開かれたちょっとした広さの斜面(昔はゴルフ場だったような感じ)が広がっている。一応、私有地なのだけど、近所の人は裏から入って適当に犬の散歩していたので、私も愛用させてもらっていた。その頃ちょっと流行っていた戦争ごっこ(なんと呼ぶのか忘れた)をしている人なんてのもいた。幼稚園児のミニ遠足コースにもなっていた。ヘリポートまであって、なかなか羽振りのいい本格的な本山である。
 その山道には、牛もも肉のかたまりが不法投棄されていて、ダイきちが半狂乱になったり、野糞(ヒトの…)を食っちゃったり、ろくな思い出はないのだが…。

 本堂の裏山で放していたら、突然走り出したのだという。追いかけていくと、そこには信者さんでにぎわう本堂が!
 ダイきちは、外につないであった小型犬をぶっとばし、本堂に一目散に乱入したのだ(このへん、ダンナの記憶ではスローモーション映像になっている)。

以下ダンナによると
「おごそかに祝詞をあげているところに乱入して、巫女さんに飛びついて阿鼻叫喚となった」
とのこと(ダイきちはお姉さんが好き)。何とかとっつかまえてつないで、顔を上げると、ものすごーーく気まずい空気が流れていたそうです。

 実は、そこの事務局の人は犬を14匹飼っていて(前に会って聞いた)、そのマイカーからはすごい犬的臭気が発散しているので、それに惹きつけられたのかもしれませんが、元旦はまずいですね。
a0044136_15553442.jpg
 テレビドラマ「トリック」だと、ここで捕まってロープでふん縛られたところに教祖様(菅井きん)が出てきそうです。

 それ以来、本山には近づかないようにしたまま、そっと隣りの市に引越してきたというわけです。
[PR]

by cuora | 2006-02-16 15:56 |
<< ウーパー水槽にとうとう… チーズハウス >>