実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うそっこ水草

 正月ドラマ「古畑任三郎」の最終回(松嶋菜々子の回)をビデオで見ていたら、松嶋菜々子の部屋に大きい熱帯魚水槽がある、という設定だった。グラミー(魚の種類)らしき熱帯魚が泳いでいたが、それよりも私は、その水槽が「売れっ子脚本家がリースして時々中身を入れ替える」という豪華な設定なのに、プラスチックらしい人工水草が植わっていることが気になってしかたなかった。

 どうしてかというと、私が年末に、とある熱帯魚店で餌や雑誌を買ったとき、ふと魔が差して「米国デザイン」の変てこな人工水草を買ってしまったからだ。
 ウーパールーパー水槽は、ろ過も簡便で、砂を敷かない、照明も弱いものを使っているので水草が植えられない。でも人工の水草を入れておくと時々それに掴まって(というか、ひっかかって)ゆらゆらしているし、万が一産卵という事態になったときにも産卵場所になるだろうということで、いかにも嘘ものの水草風飾りが入れてある。

 それが、何回も洗っているうちに葉っぱが取れてますます貧乏たらしくなっていた。熱帯魚店で売られていたのは、よく見かける商品と違ってフサフサのモサモサで景気よく茂っていて安かったので、こりゃ儲けたと買ってしまった。

 ところが水槽に入れてみると背が高すぎて水面からにょっきり突き出してしまうわ、茂りすぎて水にたなびくこともなっく「どっしり」と鎮座しているわ、ウーパーの糞が絡まるわ、勿論見た目も「なんじゃこりゃ」なアメリカンな一品だった(でもまだ入ってマス)。

 ところで、ついでに言うと、ドラマの水槽は、水槽本体が立派なのに、ライトがめちゃくちゃ貧相なのだ。まあ、そのミスマッチも演出の一つかもしれないけど。
 その前の、イチローの回の「加湿器」もイチローが使うとは思えないチープな加湿器だったので、やはりわざとかもしれないなぁ…(そもそも最新のハイブリット式だとあのネタは使えないし)。とすっかり、三谷さんの策略にはまる私であった。

「笑いの大学」もおもしろかったです。
[PR]

by cuora | 2006-01-11 09:27 | その他
<< ある日のメニュー 謎のトカゲ  >>