実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

嗚呼今日もまた

 仕方なく留守番をさせて帰宅したら…昨日危惧した宇治どんのお骨が床一面に散らばっていたのでした。避難させかたが甘かった。しかも、頭蓋骨がない。多分食っちゃったのじゃないかと。
花瓶も倒して中の花を自分のハウスと、きのこのハウスにも持ち込んで食っていた。カーネーションは美味いのかな(いつまでも苦労をかけるね、宇治どん…)。細かいものはこの際もういい。

 脱力と怒りで、ざっと片付けた後、二頭で散歩させる気力がわかず、きのこだけ先に行こうとしたら、ピンガが我勝ちについてきて、結局二頭で出かけた。

 Gくんちの前を通ると、運よくおじさんがいたので、ピンガのリードはおじさんが持って散歩してくれた。私のあまりの怒りぶりにビックリして、というところかも。ずっとビチビチ跳ねているか草を食べている。生後半年の紀州犬の子犬のほうがはるかに落ち着いている。まだまだあと10kmは行けそうな様子だけど、公園だけで帰宅。(ちなみに散歩は平日朝1時間、夕方30~40分は行ってるけど、全然っ足りない。実はきのこも、これでも足りない。おばちゃん疲れるかもよぉ)

 とにかく、ピンガは留守番ができない。2,3時間なら問題ないんだけど。ハウスも、人がいれば一応入っていられるけど、人がいなくなると、たちまちヒーンヒーーンと町内に響き渡る(防音サッシ完敗)声で鳴き続けなさる。しかたなくフリーにしておくと、破壊の神が降臨するらしい。椅子を蹴倒して壁が陥没していた。壁紙を部分的に剥がして下地をパテか何かで埋めないとだめかな。食べ物に執着するわけではなく、それだけがまだ救いといえば言える(逆にダイきちは食べ物以外は何も破壊しない良い子だった)。夜啼きと粗相は、ほぼおさまった。

 とりあえず、金曜日の夕方まで頑張れば、その後はしばらく、よく見てやれる予定だけど。一体今までどういう生活をしてきたのか?甘えん坊でベッドで寝たがる、散歩したことがないような生まれたてのような肉球などから推察するに、室内でアマアマに躾もせずに飼っていた様子が伺える。留守番はほとんどなかったんだろうか??

 ダイきちもきのこもそうだけど、訳ありで途中から来た犬は、どういう生活をしていたのか知りようがなく、生まれ持った性格なのか生活習慣による悪癖なのか分からないのが厄介です。

 あ、そんな毎日ですが、今年もマレーハコガメのどきんちゃん、立派な無精卵を生みました。マレーの卵は本当に大きい。どうも、どきんちゃんは大きすぎて、♂どもは歯が立たないらしく毎年無精卵なのだ。また放し飼いのセマル♀の産卵に気をつける季節になりました~。庭がジャングル化しているので見つけるのは一苦労そうです。待望の…は、兆しなし。
[PR]

by cuora | 2011-06-15 21:47 |
<< 婚活! すごい女だ >>