「ほっ」と。キャンペーン

実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

心の叫び「長生きしてくれ~」(オチはなし)

 今、私は「夢に見た、ビルマホシガメとの暮らし」をしている。でも毎日が結構つらい。
 いつかはホシガメを飼いたいと思っていた。カタログ的な図鑑を眺めると、インドホシガメとビルマホシガメではビルマホシガメのほうが飼育が簡単で丈夫、と書いてある(誰でもそうだろうけど、私は飼っている動物に死なれるのが一番嫌なので丈夫と言われる種類にしか手を出さない)。顔も、エロンガータリクガメに似て愛らしい(ように見えたが、実際はエロンガータのほうが可愛い顔)。
 去年の初夏、愛用のビッ○ーズオークションに出ていたミャンマーの繁殖場からの「正規輸入」♂を思い切ってお買い上げ。5.5センチの小さい子ガメがやってきた。
 「さあ、(写真で見たように)青菜をバリバリ食べて大きくおなり!と青菜を投入(マルギナータのととまるは初日から平気でてべました)。…た、食べない…。まあ初日だし、緊張してるよね、風呂に入ろうね…とぬるま湯で温浴させると、きばった末、体の大きさに対してえらい大きな尿酸の固まった白い石を出しました。健康ならドロっとした鳥のフン状の尿酸が出て、それよりやや悪く水分不足気味でもジャリっとはしていても流れて出てくる程度のはず。うーむ。若いのに結石持ちなのか。
 しかも、餌はほんの小指の先ほどしか食べない(それも青菜は食べず、カボチャに偏食)。さまざまなお方のお知恵を拝借して「何とか生きている」状態をキープ。そのまま冬に突入し、私の管理のまずさから感染症(平たく言うと肺炎になりかけのひどい風邪)になり病院に行って、回復した頃には春。よく助かったものです。
 夏は調子がいいようで、カボチャ以外のものも結構食べていた。でもキノコ、インゲン、トマトなどなど普通は副食とされているようなものばかり。「スナック菓子ばかり食べる子供」みたいなもんだが、それでも青菜も一緒に食べているのを目撃。ウンチも大きいのが出て、嬉しかった。「とにかく食べてくれるだけでも御の字」で偏食改善は進まなかった。
 しかーし、また今年も早くも寒さがやってきた。乾燥も低温も大敵なのに。嗚呼南国に移住したい気分。しかも最近は何故か、食餌は夜食べる(ますます消化に悪いやん)。

 とにかく、てこずってます。一番の原因は私の飼育方法が根本的にビルマホシガメに合ってないことだろうけど。それなのに実際に見てもいない子ガメに手を出した自分が馬鹿でした。
 1年半でたった9センチまでしか育ってない。書類にはオスだと書いてあったけど、メスではないかという意見もあり性別はいまいち不明。でも今の心境は「もうどっちでもいいから、長生きしてくれ」である。

 さゆさんち(「我が家のカメちゃんず」)のホシガメは、インドホシガメもビルマホシガメも、ものすごく活発でよく食べている。こんな光景を見られる日は来るのか?とちょっと悲観的になるのだった。さゆさん、弟子入りさせて下さい。

写真は、それでも調子がいいときの天々丸。目がはれぼったい。a0044136_12335862.jpg
[PR]

# by cuora | 2005-10-24 12:35 | 爬虫類 | Comments(7)

猫は犯人じゃなかった

a0044136_1111530.jpg 少し前、新聞やネットで特養入居者の老人が足の指を野良猫に食いちぎられた、というニュースが流れていた。猫に詳しい団体からは「猫に骨を食いちぎる力があるとは考えられない」というような反論が出たようだが、やはりこのニュースは間違いだったという。
 ワニやヘビやカメやサソリがあちこちで見つかり、動物バッシング的風潮が出ていたのに便乗して、予断を持って取材したための勇み足だと思う。
 しかし「間違いだった」という話は、ネットで小さく流れていただけで、猫犯人説を信じたままの人も多いと思う。

 と、ここからマスコミ批判論とか、そもそも動物を飼育するとは、とかを書こうとしてみたけれど、簡単に書けるはずもなく、私の想像力は

「だけど、もし猫がライオンとかトラみたいに大きかったら」「いや、うちのダイきち@ラブラドールくらいでも大きかったら」という方向に向かってしまった。うちの猫2号グリコは人間の肩に乗るのがお好きだが、25キロの猫に乗られたら死ぬよな。壁で爪とぎなんかされた日にゃあ…トイレも巨大な砂場みたいなのが必要だし。
 …小さくてよかった。

  写真は猫1号宇治(ブチ)と2号グリコ(キジトラ)。宇治は♂のくせに子猫たちにお乳をやるのが趣味という、変な猫(でも時々スケベ)
[PR]

# by cuora | 2005-10-22 11:13 | | Comments(2)

魚→水棲カメ→リクガメへの進化

 5年ほど前、熱帯魚から「上陸」して水棲のカメを飼い始めた私は、爬虫類雑誌を買ってみた。「ビバリウムガイド」。爬虫類界では一番のメジャー雑誌だが世間的には超マイナーな雑誌(当時は今よりもっと)。それが何故か商店街の本屋にあった。
たまたまその号に「今月の注目」みたいな感じでマルギナータリクガメ(フチゾリリクガメ)が出ていて、こげ茶と白のツートンカラーのそのカメに私はまたまたやられてしまった。「ドイツ軍のヘルメットみたい」に甲羅のフチが広がると書いてあった(どんなヘルメットやねん)。その雑誌を1年くらい繰り返し眺めて、やっぱりどうしてもマルギナータリクガメが欲しかった私は、普及しはじめのインターネット通販でマルギが京都のペットショップに居るのを見つけた。3日後には飛んで行って、連れてきた。
 5センチほどの小さい子ガメは、青菜をもりもり食べて3年で18センチ近い、ごついリクガメになった。去年の冬からは冬眠しているので半年間のお付き合いだが、相変わらず毎日もりもり青菜を食べている。体が大きくなると、食べるときに「しゃくしゃく」といういい音が響き渡る。

 さて、問題のフチはようやく広がってきたが、育て方によってあまり広がらなかったり、くるっと反るほど広がったりするようで、うちの「ととまる」のフチは平均点といったところだ。どうやったら立派なフチになるのか、来年が勝負だと思うが、まだ奥義はつかんでいない。
 それと、欧米で繁殖されて日本で売られているマルギはほとんどがオス。メスはたまーに居ても驚くほど高い。ととまるも、オスの証しを必要以上に出しているのでオスなのは間違いない。

 写真は小さい頃のととまる。ほんとうにおもちゃのようでした。今は、オッサン化している。a0044136_9434690.jpg
[PR]

# by cuora | 2005-10-21 09:45 | 爬虫類 | Comments(9)

ご長寿記録ひそかにめざしてます

a0044136_9341232.jpg うちの叔父は、もう何十年も熱帯魚愛好家だ。子供の時から水槽を自作したりして飼っていたそうだ。私が子供の時、叔父の家に行くと水槽を見るのが楽しみだった。その頃のヒーターは今みたいな細くすっきりしたものではなく、透明なガラス管のなかに配線が丸見えで加温しているときは赤い電気がぽっと点る、バイメタル式というもの。設定がけっこう面倒で今のように買って来て入れるだけではなかった。
 薄暗い中に熱帯魚の水槽がぼんやりと浮かび上がっていて、ボコボコというポンプの音とちかちか点灯するヒーターのある60センチ水槽にきれいな魚が泳いでいる。魚より、その実験室的な雰囲気が好きだった。

 就職してお金に余裕ができた頃、私も熱帯魚を飼い始めた。一時は図鑑に載っている魚がどれも欲しくなり部屋中水槽だらけだった。
 このエンゼルフィッシュは叔父が殖やした。ある日突然父が稚魚をもらってきてから長い付き合いが始まった。2回の引越しでも弱ることなく、むしろ水質の変化で産卵したり、実に逞しい。レッドトップという頭がオレンジ色の品種で、昔はよく見かけたが、最近は養殖しているところは少ないという、妙な「レア」種になっている(単に流行らないだけともいう)。うちでも繁殖して3世代が同居しているが、血が濃くなりすぎたのと高齢で今は「滅び行く一族」になっている。エンゼルの寿命はうまく飼えば10年という。うちのは最初の世代で7年目だが、今年の夏2匹が昇天。
 長いお付き合いで発見したのだが、魚も年をとると体型が崩れてくる。ハリがなくなり、二重あごや二段腹になって中年太りしてくる。色も褪せてくる。生殖本能も衰えるのか、縄張り意識も薄くなって仲良く共存している。枯れちゃった、というやつである。魚とともに私自身も枯れてきちゃったかも、と思うとちょっと複雑な気分だ。
[PR]

# by cuora | 2005-10-20 09:33 | ほかの動物 | Comments(9)

やっぱりまずはダイきち

 我が家で一番の大物(体がデカいの意)のダイきち。ラブラドールレトリーバーのオスで今年11月に9歳をむかえる、いい年のオッサンである。本名は「アクション・オブ・サッポログッドスプリング」といい、名前のとおり札幌生まれ、1歳のときに訳あって関西に来た。
 やつが生まれた頃は、ゴン太くんの影響かラブがやたらと流行り、やたらと繁殖されたために股関節形成不全のラブがたくさん生まれた頃だ。血統書を見ると、やつの母犬は1歳くらいで出産している。母体が出来ていなかったためか遺伝かわからないが、生まれたのはたった2頭、そしてダイきちは重度の股関節形成不全。それが原因か、流行にのって飼ってもてあましたのか知らないが、生後半年までのやつは不幸な飼育放棄犬だった。幸運にもある人に引取られて王様のように暮らしていたが、大家さんに「そんなに大きい犬飼っていいとは言わなかったよ」と言われて1歳で里親募集とあいなり、それを見かけた我が家(我が実家)にやってきた。
 と書くと、なんだか犬雑誌の「シアワセをつかんだ何とかちゃん」みたいな美談だが、あーた、なかなかこれがヤヤコシイ性格の犬で、若い時には訓練所だのカウンセリングだのに通いつめ、育児ノイローゼみたいになったもんである。ちょっと甘やかすと途端に付け上がり、ちょっと厳しくするといじける。なかなかいい性格だ。
 おまけに外面がいいので、よその人には「ワシっていい子。ワシって可愛い。ワシって無垢」という顔で甘えまくるので、「可愛い犬ぢゃないですか」と言われ、飼い主の苦労がなかなか理解してもらえない。家族だけになると「屁ぇ」というような舐めくさった顔になるのが、殴ってやろうかと思うほど憎たらしくて可愛い。
 それでも年とともに落ち着いてきて、ここ数年はとくに大きなトラブルもなく、やっと手に入れた穏やかな暮らし、って感じになっている。でも最近ちょっと体に老化の兆しが…。できれば、惚けたりせず、ある日突然ぽっくりいってほしいというのが密かな願いである(老犬の飼い主の話題ではよく出ます「ぽっくり願望」の話題)。まあまだ先の話だけど(笑)。

 最近は「盲導犬クイール」と「ぽちたま」のおかげで、散歩にいくと「まさおくん」「クイール」と言われる。クイールと同じ場所に黒い模様があるので喜ばれる。でもクイールのは羽根の模様だけど、ダイきちのは小さい蝿みたい。ハネとハエでは一文字で大違いだ。

 写真は、ボケボケだけどダイきちの「ワシって可愛いやろ」という作り可愛顔がよく出ている例。ふてぶてし顔のときとは別犬。a0044136_14145941.jpg
[PR]

# by cuora | 2005-10-19 14:16 | | Comments(9)

暗黒卿のちから~早くも迷走の兆し

 a0044136_14006.jpg昨日の深夜、自宅のPCから突然ネット接続ができなくなった。「ウイルスか」と(一丁前に)思ったが、よく見るとモデムの電源アダプタの線が、猫に噛み切られていた。やられた!犯人はデビ子(もうパピコなんて呼んでやらん!)やっぱりヤツは暗黒卿だった。
 というわけでサービスマンに新品のアダプタを持ってきてもらって、あっさり解決したのだけど、その間数時間、自宅で待っていなくてはならない。また切ったときのために予備を幾つかもらっておこうかと思った。
 電器屋ですぐ買える線も隣にあったのだが…おそるべし暗黒卿。

 写真は、問題のデビ子。黒猫には注意が必要よ
[PR]

# by cuora | 2005-10-19 14:01 | | Comments(0)

もうすぐ冬眠だったよ…うっかりしていたさ

a0044136_955229.jpg
ブログを始めたのは、うちの動物たちがいかに可愛いかを長々とひとさまの掲示板に書くのもはばかられるので、自前で書く場を持ちたい、という親ばかな動機から始めた。そのなかのカメについて、書くぞ~っと思ったが、ふと致命的な欠陥に気がついた。
 「もうすぐ冬眠やん」。うちのカメのうち何種類かは年のうち半分は冬眠している。その間はネタなし。冬眠しないカメもたくさんいるが、冬眠組のことはこの1カ月ほどで書かないと、次の登場は来年のゴールデンウィークだ。

 というわけで無理やり、コガネハコガメの登場。中国原産の貴重なカメで、本国でも繁殖している人も少ないのでなかなかみかけないうえに、たまに見つけても驚愕するようなお値段だ。頭がきれいな黄色で、少し赤みを帯びたこげ茶の甲羅とのコントラストは渋い美しさ。そして、おとなになっても顔が可愛い。雑誌で写真を見て惚れてしまい、綴じ目が擦り切れるほど眺めた後で、思い切ってお迎えした。オス2匹とメス1匹の3匹いるが、黄色い頭が揃ってピョコピョコしているのは見飽きないほど嬉しい。
 こんな貴重なカメなのに、うちのダンナはカメに興味がないので、もう何年にもなるのに、いまだにゼニガメの仲間か平たいセマルハコガメだと思っている。興味がないので値段を聞くこともないのは助かるけど。
 でも、全然人に慣れてないので、近づくと一斉にバチャバチャ逃げてしまうのが哀しい。慣れるカメは餌をもっていくと全身で突進してくるけどコガネたちは隠れ家に一目散。人気がなくなった頃にそっと出てきて食べている。しかたないので星飛馬の姉のように、柱の陰からそれをそーっと見ている。
[PR]

# by cuora | 2005-10-18 09:06 | 爬虫類 | Comments(12)

しっかりしたメス

 さて記念すべき初日記は、昨日の出来事。晩ご飯はカレーだった。脂身があったのでそれをお皿の上に残してカウンターに置きテレビを見ていた。そこに猫1号(中年・宇治)、5号(子猫卒業間近・バブ)、6号(子猫・パピコ改めデビ子)が乱入してきた。あっと思ったとき、バブが脂身をくわえていくのが見えた。取り上げようと近寄ると…その場に呆然と立っているだけだった。あれ?持ってないぞ。
 ふと見ると、テレビ台の陰に隠れるようにして脂身を食べているオンナがいるではないか。あー一瞬にして掠め取られたのね、バブちんにぶいよ、あんたは。
 パピコははじめての脂身カレー味に興奮して野生に帰ってフーフー言いながら肉をしがんでいる。ここは必殺兵器掃除機だ、と「強」にしてノズルを近づける。他の猫はこれで100%、口のなかのものを落として跳んで逃げるんだが…。さすがデビ子は強かった。脂身をくちゃくちゃ噛んだまま悠々と逃げていった。「もう、勝手にせい。明日下痢ピーでもわしゃ知らんよ」と思ったが、今朝も快便なデビ子であった。

 うちの猫構成はオス3、メス3ときれいに分かれているのだが、総じてオスは気がよくいつまでも子供、いざとなると気が弱い。メスは3匹とも子猫のときから大変しっかりしていて、自己主張もキッチリ、自分の分を取りはぐれることもなく淡々としつつ、損はしない。「これは絶対哺乳類に共通の特徴だ」とダンナは私の顔を見てそう断言するのだった。

 写真は、典型的なオスの例、バブちん。もっと自己主張せな!a0044136_1240307.jpg
[PR]

# by cuora | 2005-10-17 12:42 | | Comments(8)

しょっぱなから、ありゃ~

 しょっぱなから、書いた記事が消えてしまった(ありがちか)。
 実は数ヶ月前、突然思い立ってホームページ作成ソフトを買ってきた。とっても簡単というようなことがパッケージに書いてあった。実はさらに数年前にも、一度ソフトを買った。そのときはトップページの壁紙を作る時点で挫折したので、タイトルさえ入れることはなく終わった。今回はさすが技術が進歩していて、私でもトップページはできた。しかし、そこまでだった。また数年後の技術進歩に期待しようと思った。
 というわけで、教えてもらったブログのリストから選んで、なんとかブログ開設にこぎつけたわけだが、なんと申込みから30分弱でサクサクと開設できた。ブログ人気なわけですよ(実はホームページとブログの違いさえよく分かっていない私)。
 よっしゃ、と気合を入れて書いてみたが、送信に失敗したらしく、消えてしまった。むーん。
[PR]

# by cuora | 2005-10-17 12:26 | その他 | Comments(0)