実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ナニワイバラ

a0044136_1439931.jpg私のもう一つの趣味「園芸」。ナニワイバラがやっとそれらしく大きく育ちました。が、しかし大きな誤算が。手前に植えた木で隠れてしまって家の正面から全く見えません(涙)。

裏庭のセマルハコガメも冬眠からさめました。官兵衛が「あやしいカメが出ました」と大騒ぎです。それとももしや、「あのカメ旨いのに」なのか?
a0044136_14394354.jpg

[PR]

by cuora | 2014-04-27 14:39 | 植物

官兵衛、すごーい進歩

官兵衛のマッサージとストレッチ、自己流でやってましたが、先日、リハビリ科のある獣医さんに行って指導してもらいました。
やっぱり間違っていたわ(わはは)。

さて、官兵衛ですが、下半身麻痺の状態には変わりないのですが、見違えるように陽気な犬に変わってきました。
a0044136_10281673.jpg


最初は、憂鬱なしかめ面で、不機嫌にムッツリしてることが多かったし、触られると嫌がる箇所も多かった…知らない人も犬も「ワシに近づかんといて」という感じでしたが。

手術してその傷跡もすっかり治った頃から、なんだか陽気キャラに変わってきまして、基本はヘラヘラ顔で、触ると「あーそこそこ」みたいな。じゃれるし、遊ぶし、収集するし(巣にコレクションするタイプ)、性善説に変わってきた。

いや、性格は変わらないから、もともとヘラヘラ陽気な男子だったのが、環境の激変で殻に閉じこもっていたんでしょう。

それが2カ月経ち、痛みもなくなり、本来の明るい犬に戻っただけかも。

a0044136_10284716.jpg


よその犬に吠えかかっていくという問題は、だんだん改善されていて、今は普通によその犬やよその飼い主さんと一緒に散歩してます。気に入らない犬はいますが、すれ違ってやりすごせるようになったので、散歩が楽しくなりました)

メルモとО次郎のお里のクレーム覚悟で言いますよ!「シマシマ隊より断然やりやすいやん!」

(お姉さん好きのオッサン嫌いは「地」でした。でも、オッサンにも慣れたよ)

それに車酔いもしませんよ!クレートが苦手ですが、後部座席でおとなしくしてます。家ではサークルで寛げます。
[PR]

by cuora | 2014-04-26 10:29 |

お客さん。

官兵衛の後ろ足は、正常な状態ならあるべき数の神経が少なくなってしまっているのですが、筋肉を動かさないと「拘縮」が進んでますます動かなくなるとのことで、マッサージとストレッチが必要です。
神経の反射は弱いけどもあるので、人工的に歩くような動きをさせて、神経に活力を与えるというイメージ?

後ろ足を曲げ伸ばしするとき、ついつい「お客さん」と呼びかけてしまいます。整骨院ごっこ?
「お客さん、尻尾動いてませんよぉ」とか「お客さん、凝ってますねぇ(つま先がカチカチになっている)」とか。
しかしこのお客さん、飽きっぽいので、すぐに「もうええわ」と仰います。

「まだですよ、お客さん」「あっお客さん、口は出したらだめですよ」(甘噛み程度だけど、じゃれ噛みでないときは叱ることにしました。お客さんでもだめ)
最後は「ああっお客さん、逃げないで~」「今日はこのへんにしといたるわ」

本当はプール、それも温水プールがほしいところですが…。(某さんは大型犬の愛犬のために巨大プールを買っていたけど、うちには置くとこもないわ)
風呂桶にマットを敷いて、救命胴衣をつけて投入したら…怒るやろうなぁ、お客さん。
[PR]

by cuora | 2014-04-20 11:01 |

男前は得だね

いまだに誰一人、官兵衛を預かりたいとかうちの犬にしたいという方が現れません。応募殺到だったらどうしようと色々考えていたのに。

さて、官兵衛の男前っぷりをお見せしましょう。本当にこの顔を見ると、全て許せてしまう男前は得だね。
a0044136_1171589.jpg


琉球犬にしては顔が長いけどね。男前度でいうと、悪いけどО次郎は全く勝負にならない。

車椅子で散歩に行って、芝生の広場で外して遊んだり休んだりして帰るのが最近の定番です。そのときに素足だと後ろ足を擦って流血するので、靴を履かせてますが、初代(キルティングと豚革と接着芯)ではもう官兵衛の運動量についていけなくなったので、ウエットスーツ生地とウエットブーツ底用のゴムとPPテープで新作を作って見ましたよ。

a0044136_1175265.jpg

[PR]

by cuora | 2014-04-16 11:07 |

官兵衛の一時預かりさん募集します

官兵衛、5月の広場での譲渡会に参加するつもりでいましたが、今日、うちの犬達をみてくれた訓練士さんに「今の段階でそういうところに出ることは、吠えて興奮するだけで、何も得るところがないので、希望者さんとは静かなところで個別に会ってもらうほうがいい」と断言されました。私もそう思います。

官兵衛、2月に交通事故に遭い保健所に収容され、そこから出てうちに来るまで、普通の意味で人と暮らしたことがなかったと思います。
餌と寝る場所は人が提供してくれて、あとは気ままに暮らしていた放し飼いの犬だと思います。そこには人も犬も、うちの周りほどたくさんはいなかった。

なので、うちに来て初めて「人と暮らした」といえます。つまり官兵衛は賢い犬だけど、経験値不足。

なのでなので、何もかも初めての経験。初めて会う人は、安心できるかどうか徹底的にニオイを確かめます。確認確認さらに確認…もいちど確認。

官兵衛と付き合ううえで今大切なことは「官兵衛と同じ温度で付き合ってくれる人」。

「いつまでも気が済むまで確認したまえ」と待ってくれる人。官兵衛が自分から来てくれるのを待ってくれる人。

確認が済んだら、もう身内です。(案外、一度納得するとストーカーです。甘ったれ男です)

経験を積んで、身内を増やしていったら官兵衛にとって、この世界はもっと安心できる場所になります。本格的な躾はその後。

今官兵衛に必要なもの、それは「人と暮らすってたのすぃ~」と心底思えるまで気長に付き合ってくれる、犬に慣れた家族。静かな環境。

官兵衛は和犬らしい犬なので、あまりテンションの高い人とは気が合わないみたい。

官兵衛は本当に可愛いので、うちにいてもらうのは全くかまわないのですが(と悪魔のささやき)、「もっとよそでも暮らせるようにしたほうがいい」とも言われましたし私もまったくそのとおりだと思います。

なので、官兵衛の里親募集も始めますが、一時預かりさんも絶賛大募集することにしました。

健康面でいえば下半身麻痺でオシッコがコントロールできません。後ろ足を引きずって歩くので尖った砂利敷きや庭木が密なお庭ではすりむいたり引っかかったりして歩けません。
車椅子で散歩に行けますが、元々リードに慣れていないので、あまり狭い道路や交通量の多い道路はまだ歩くのが大変です。
座れや待ての躾はゼロですが、虐待されていたわけではないので、人は信頼しています。素直な犬です。

こんな困った軍師殿、案外単純で「オヤツくれる人に悪い人はいない」と思っている軍師殿、とにかくイケメンで何時間見ていても飽きない官兵衛と暮らしたい方は是非ご連絡下さい(鍵コメにてお知らせください)。


余談 О次郎は、あんなにお世話になった訓練士をすっかりコロっと忘れて「うわっっっっ知らない人がいきなり入ってきたっっ」と怖がり逃げまくり、リードをつけたら「もう逃げられないよどおしよう」と全身ブルブル震え出して魂が抜けてしまいました。それに比べたら、一度挨拶したらもう「この人は身内ね」と懐きまくりの官兵衛。О次郎、予想以上の反応ありがとう。

メルモはもちろん覚えてましたよ。「あら、ひさしぶり」とすっかり良い子ぶりをアピール。
[PR]

by cuora | 2014-04-12 20:52 |

官兵衛のウンチに感激

官兵衛、車いすでぶいぶいいわせてます。
まだ、ノシノシと四本足で歩くという最終目的には到達してませんが、地味に回復してる!と感激することが幾つかあります。

まず、最初はウンチがいつ出るのか全く予測不能で、いつの間にか出ていたので毎日ウンチまみれで大変なことになってました。それが、最近は朝晩の散歩で運動すると刺激されて催すようになり、ここ数日は公園の芝生で車椅子を外して休憩しているときに出る。それも、ちゃんと尻尾を上にあげてするので、「おっ、ウンチだな」と予測がつくうえに体も汚れません。素晴らしい!

そして、自分の寝床で「ヘソ天」もどきをするようになった!

さらに、気持ちだけ、だけど「オバチャン!」と喜びの飛びつきの動作をたまにする。つまり、一瞬だけだけど、前脚が浮くようになった。

下半身はまだまだ筋肉が落ちてヘロヘロではあるものの、最初に比べたらずいぶんシッカリしてます。傷跡ももうすっかり乾いて、背中の毛も生えてきました。若いってすごいです。

知らない人には愛想ないけど、家では本当に可愛い顔を(家でこっそり)するようになりました。
甘々あまえんぼですが、公園でよその犬がいるところでは「ワシは強いのじゃ。子犬扱いすな」と偉そうにしてます。
[PR]

by cuora | 2014-04-10 20:43 |

官兵衛はご機嫌さん

a0044136_10194378.jpg


4月1日に去勢手術と、包皮を縫い縮めてソーセージ出なくするぞ作戦が決行されました。
ソーセージ作戦は見事失敗し、縫ったりほどいたりして、今は元の状態(笑)

官兵衛本人はいたって元気に機嫌よく過ごしています。
車椅子で散歩に連れて行くと「(下半身以外は)元気そうやな~毛艶もええな」と言われます。
今朝は、とても機嫌がよかったらしく、芝生の広場を走る走る。お付きの者は大変です。
写真を撮ると、それでもけっこう頑張ってる顔に写るのは、やっぱりそれなりに上半身で踏ん張っているからでしょうか。

「ほにゃ~」としたところを撮るのが難しいのはメルモと同じです。

最近は、「かんべえ~」とお声がかかると「なに?」と振り返ってます。「ワシは官兵衛」と覚えたみたい。あ、数えてみたら、うちに来てもう2カ月も経つもんね。あっと言う間だったよ。

あ、犬の車椅子屋さんのアドレスが変わっています。新しいアドレスはこちら。
ブログ http://ameblo.jp/wanwalk/
ホームページ http://www.wanwalk.net/
[PR]

by cuora | 2014-04-08 10:21 |