実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


らいねんのほうふ

私とUちゃんママは仲良し。ママとメルモも仲良し。Uちゃんとメルモは「雨降って地固まるか、似た者同士だもの」。
問題は、Uちゃんパパとメルモ。

メルモはUちゃんパパが怖い。なぜ?たしかにパパは、アヤシいオーラを醸しているといえばいえる。オサレで少しハイテンションなだけだけど。
(なぜかよく職務質問されるという。某さんのダンナとタイプが似ている)

いつもいつも、「うーわんわんわんあやしいあやしいあやしい」と吠えまくる。

それで訓練士Y君(訂正Y先生)の助言で「掌にオヤツを乗せてじっとしておいてもらう」というのにご協力願いました。

他の人はたいていこれで「あやちくなかった。いい人でつ」となりました。

さて、掌にオヤツを乗せたパパ。メルモ、腰が引けて引けて、やっと1粒食べられましたが…

「もう無理でつ」

2粒目は無理でした。なのに、

「きっと昔、こういう男の人に怖い目にあったんだろうね」と言っていただけました(涙)

来年こそは!

「メルモ、もう3歳。人見知りをなくすためがむばるでつ!」
[PR]

by cuora | 2012-12-31 19:32 |

杞憂だと言ってくれ

 私の趣味の一つに「拾い物」がある。猫ではない。猫も拾うけどあれは趣味ではない。粗大ごみの日に、いいものを探して拾うというもの。

 今までの戦利品…小学校の木の机、木製(手製)の踏み台、手製の木の棚、漬物容器(新しいが、ラッキョウの臭いが取れずに捨てられていた)、トイレットペーパーストッカー(塗装が一部はがれた不良品が新品のまま捨てられていた)、猫用トイレ(試供品の案内入り)、トイレシーツをはさむ犬用トイレトレー、プラスチックのキャリーバッグ2個(ア太郎くん、あれは捨ててあったのだ)、茶箱、牛乳の木箱、ガラスのキャニスター、実験道具みたいな大きなガラス瓶、等など。

 最近の戦利品は、大きめの素焼きの洋風鉢3個、スマイルしている顔が彫ってあるレンガ(店で400円してた)、同じく素焼きのカボチャの置物。
 素焼きの(テラコッタというのか)鉢は結構な値段がするので、これはラッキー。1個はレモンを植える。あと2個は今プラ鉢に植わっているものを植え替える。スマイルのレンガは…私の趣味ではないので誰かにあげよう。
 金属製品も以前はいいものが拾えたけど、最近は地元の廃品回収業者が、ゴミに出したはしから持っていくので、素人には縁がなくなってしまった。

 ちなみに、リサイクルショップを見るのも大好き。大阪のおばちゃんは、いいものを如何に安く買ったかがステータスなのだ。
 「百貨店で買った」といっても「ふぅーーん」で終わるが、「これが500円やってん」と言えば尊敬を勝ち得ることができる。
 この間見た、ジノリの皿1500円、すごく可愛かったけどその場は相場が分からず(新品で買ったらそんな値段でないことは分かるけど)。後からそれがリサイクル品のなかでも激安であるとか、すでに廃番で新品はないとか知って後悔した。
 日頃のリサーチが必要なのだ。

 それはさておき…近所のお爺さんがペットショップで柴犬を買った。狭い地域の狭い人間関係なので筒抜けである。それだけならいいんだけど、爺さん(婆さんも)は今まで犬を飼っても獣医に連れて行ったことがなく、見かねた近所の人がフィラリアの薬を買ってくるというような有様で、口でいうほど犬が好きなわけではなく、爺さんにいたっては犬が苦手で触れなかったのだ。それが、余命少ない婆さんの慰めになればと爺さんが犬を買ったらしい。
 なので、近所では「よくよく観察して、飼育放棄していたらすぐ保健所に指導に来てもらう(世間体を重んじる人なので役場のいうことは聞くだろう)」とか対策を練っていたのだが…

 なんと、爺さんは犬と寝ているらしい!このまま真の犬好きになってくれることを祈るが、今までが今まで(犬以外のことも諸々)なので信じられない。

 でもまぁ「クリスマス・キャロル」というお話もあることだし、しばらく様子見。爺さん、多くは望まない。方法も問わない。心からその柴犬を可愛がってくれたらそれでいいわ。

 「**百貨店の**(地元では格式高いペットショップ)の犬やし、柴犬は絶大な人気やから、飼育放棄したら里親募集やな」というとこまでご近所の人が考えているとは、爺さんは知らない。
[PR]

by cuora | 2012-12-29 19:51 |

サンタさんのかわりに

ぷーままさんのブログで里親募集していた子猫は、無事新しいおうちが見つかりました。
http://obakappu.com/?p=1029

さて、可愛いメルモちゃんにサンタさんは来たでしょうか。

メルモ「サンタさんのかわりに、訓練士のお兄さんが来たでつ」

飼い主「誕生日プレゼント兼用です」

わはは。よその犬に吠えたり、バイクに飛びつこうとするのをやめられるようにお勉強します。

もうモノは充分持っているからね(おさがりも多いけど)。フードもオヤツも賞味期限までに全部食べたらデブになるほど持ってるし。

頭がいいから、きっとすぐ覚えてくれると思うけど、問題は人間のほうだな。そもそも、問題行動の訓練って飼い主の訓練だもんね。

ていうか、そもそも今のように犬に吠えるようになったのは、うちに来てすぐ私と散歩していて、不良ボーダーコリーにからまれてからだからね。あの時私がビシっとヤツを蹴飛ばすなりして撃退しておればよかったような気もする。
[PR]

by cuora | 2012-12-25 11:57 |

ヤエヤマン・サイトハウンド

※飼い主の覚書です~

 メルモは日本犬(といっても琉球犬は、図鑑的にいうと日本犬の一種ではないようだ。さらにメルモは雑種)ではあるんだけど、日本犬といっても色々。
 ペットに適した方向に繁殖されている今の柴犬はとりあえず別枠として、日本犬の躾の資料って少ない。琉球犬についての躾の資料って、ない。

 まず躾の方法=欧米の犬むけに欧米人が考えたものが多い。
 「犬は犬だよ。『日本犬だから』的な意見はただの偏見」というのがメルモを飼うまでの私の本音でした。

 が…やっぱり色々とダイきち(ラブ)、きのこ(色以外ほぼ洋犬の雑種)とは違う。躾に苦戦するなか、「洋犬で似たタイプの犬種はいないか」と探して「これが比較的用途として近いのではないか」と思ったのがサイトハウンドだった。

・走るのが好きで大きいため、かなりの運動量が必要なこと
・自分で判断した狩りを行っていたため独立心が強いこと
・小動物を見つけたら追いかけやすいこと

という特徴が躾のサイトに書いてあったけど、3つとも当てはまる。違うところは、サイトハウンドはあまり吠えないと書いてあるけどメルモは「獲物」を発見すると吠える。

そして…メルモは、叱られてもメゲない。立ち直りが早い。叱ると「がぴーーん。自分の存在を否定されちゃった」というように深く落ち込むダイ、きのことは別路線だ。一応反省したふりはするけど、ほんとは全然こたえてない。
「日本犬の躾でマズルを握るのはよくない」というようなことを読んで、やめたのだけど、ニギニギしても全然凹まないのであほらしくなってやめたというのも事実。

ボールを投げると反射的に追いかけるけど、「回収」するつもりはない。動くものを追いかけるのが楽しいから、ボールが止まると興味半減。でも虫や鳥の「狩り」はいつまでしてても飽きない。

飼い主を含めて、人間には親愛の情は示すけど依存はしてない。いつもマイペース。留守番で不安になることがない。

そしてメルモは、うちの猫ずとわりと気が合う。猫の、ドライな距離感がメルモに合うようだ。サビ猫ガルボとは柄も似てるし。
[PR]

by cuora | 2012-12-11 21:44 |

負け

メルモはとくにボーダーコリーに吠える。うちに来てすぐのときに、変なオバはんの連れているノーリードのボーダーに突然食らいつかれたからだ。

さて、他の犬種にも吠える。そこで、吠えそうな気配がしたら、お座りをしてやりすごすことにした。座っていると吠えられないからだ。

ところが、強敵が現れてしまった!

それは、「同じ躾をしている最中らしいボーダーコリー」だ。

向こうからBがやってくる。そろそろメルモを座らせて…と思った時には、先に相手がお座りをしている。この確率90%くらい。
そうなると、うちもお座りをさせると、2頭とも永遠に動けないということになる。
勿論、落ち着いたわけだからBは立ち上がって立ち去ってもいいわけだけど、Bの飼い主は絶対ここで立たない。

飼い主どうしコミュニケーションがとれれば「今のうちに立ち去るように」とか「うちが先に立ちます」とか決めればいいし、現にそういう飼い主もいるけれど、Bの飼い主さんはターミネーターのように無表情でこちらの顔は見ないから無理。
しかたなく、短気な私が暴れて吠えるメルモをひきずって通過するはめになる。

この敗北感ったら。
[PR]

by cuora | 2012-12-11 09:37 |