実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


メルモ歯が折れた顛末完全版

そもそも、金曜日にメルモの前歯が派手に欠けた顛末はこうだ!

もう10数年も、犬が代替わりしつつ一緒に散歩している元ラブ飼い3人。その一人の犬Uちゃんとメルモは「公園の女王」の座を巡ってなのか、散歩仲間の群のトップを巡ってなのか、単に似たものなのか、一緒に歩いているのに突然ゴングが鳴り乱闘になる。
そして金曜朝、もう1匹が深刻な病気だという話でちょっと飼い主が放心している間に、口と口が触れ合う距離で揉みあい勃発。メルモが口を舐めて終了。
その後普通に散歩して帰宅して、念のため口の中も見たら前歯が欠けていたので、Uちゃん母に「そっちもケガしてないか見て」とメールした数時間後「首にケガしてた」と返信あり。

幸い皮膚が切れただけとのことだったが、場所が場所だけに笑いごとではない。

さて、メルモの歯は、この乱闘で欠けた歯以外に犬歯も欠けているのを発見。

そして最終的に月曜日に獣医さんで「欠けていたので処置した歯」は8本!

そして言われたのは「このコの歯はもろい。2歳半というのは間違いではないか。本当に2歳半でこの歯なら大変なことである」ということ。
今後一切硬いものは禁止。ドライフードもふやかして食べさせるよう、毎日歯ブラシで手入れするよう言われる。ガム、テニスボール、枝、どんぐりは禁止。ヌイグルミはちょっとだけOK。

「歯がとてももろい」というのは1軒目の、診察だけして信頼できないと思って帰った獣医でも指摘されていたこと。

きのこも、歯は脆かった。が、推定年齢8歳の犬より欠けている歯磨滅している歯が多いのは、たしかにただ事ではない。

そして、懸案の「お尻が痒い」。肛門腺を絞ってもまだ痒い原因は、マラセチア酵母菌さんが増えていたのでした。皮膚も弱いのかも。ま、これは薬用シャンプーで洗ってみてね、程度の現状なので、きのこのようにアトピーが原因とか深刻なところまではいってない。

そして、もちろん乱闘は禁止。

この病院はUちゃんもかかりつけで(きのことUちゃんは仲良しで一緒に通院したりしてたのよ~)、メルモのお迎えはUちゃん母さんも来てくれたのですが、獣医ではとても行儀がいいうえ、Uちゃん母さんにも「迎えにきてくれたでつね」と顔を激舐めして一気に「こいつ、乱暴者と思ってたけどこんなに可愛かったのか」と打ち解けてお会計中二人でトイレの旅に…。

(一見無愛想なメルモが甘えると、そのギャップにやられる人は多い←私もその一人)。なかなか、乱暴と甘えたとビビリと大胆が入り混じった複雑なメルモなのでした。

嗚呼それにしても、犬の歯科は高いのである。さらば諭吉さん達←昨日のぶりくら市で××が余裕で買えるのよ(涙)
[PR]

by cuora | 2012-10-29 19:28 | | Comments(4)

ぶりくら市に行ってきました


爬虫類のブリーダーのイベント「ぶりくら市」に行ってきました。思えば京都タワーの一室でひっそりと開催していた時から皆勤賞です。

が、しかし!11時開場、11時半頃着いたときにもまだ入場待ちの長蛇の列、入場したら、ものすごい人で、とてもとても出展しているものを見るどころか、一部通路が狭い所に人が詰まって、無理に進むと将棋倒しになりそうで会場一周も無理。←将棋倒ししそうな感じはほかの人も感じたらしいのです。
人の流れが淀む会場奥の長い通路が細かった。

というわけで、お昼を食べて再チャレンジ。

生体はもちろん、普段見られない爬虫類フードの新商品、毎回釘づけの「パックマンフード」のビデオ鑑賞、そして今回、専門学校のブースで「箱に手を入れて爬虫類の種類を手触りだけで当てる」クイズになぜか挑戦。

…ひんやり、鱗がある。大きいトカゲ系?「ちがいまーす」
…おそるおそる手を動かすと…いつまでも胴体であります。こ、これは、私の苦手とする蛇?「そうでーす。種類はなんでしょう」
…(もう手を引込めたい気分でブルーになりつつ、若い学生さんの前で「ぎゃー」とか言うのも恰好悪いので、またまた触ってみる)
…「蛇飼ったことないからわかりませんよぉ。でもふといですね」(太いよ…私の手首よりはるかに太い)(でも素人に触らせても噛まない太い蛇はあれしかない)「××ですね」(外れてもいいから早く手を抜かせてくで)
「あたりです」ということで、ようやく手を引っこ抜きました。

考えてみると、箱は小さかったので、箱に入っていたのは胴体部分だけで、頭は後ろの学生さんが持っててくれたんでしょうねー。

横にあった「ジャイアントミルワームつかみ取り」という企画のほうがイヤですね(涙)

※「最近ブログが犬猫の記事ばかりですねー」と複数の方に言われました~。えーと、爬虫類の記事を書くと不本意なコメントがあったりして面倒で書いてないだけです。
[PR]

by cuora | 2012-10-29 09:00 | 爬虫類 | Comments(4)

歯が欠けた

絶好調でぶいぶい言わせていたメルモですが、調子に乗りすぎて?歯が欠けました。
前歯→歯の側面がV字型に欠けている。そのうち折れそう。
犬歯→一本、先が欠けている。

実は、きのこも、うちに来てすぐの時に歯が欠けました。二人とも、家具を齧ったりしないし、きのこはガムもまったく噛まなかったのに。小さい目のテニスボールをキャツチして遊んだのがいけないのかと思って、それ以降スポンジボールにしていたのです。

メルモも、そのスポンジボールで遊んでいたのですが、壊れたので買い置きのテニスボール小で日々鍛錬しておりました。

また、前歯については、今朝、よその犬ととっくみあいをしていて、突然口をペロペロしたので「口噛まれたみたいやで」と言われ、見ましたがキズもついてなかったのです。でも帰って中を見たら、歯が欠けてた。歯と歯が勢いよく当たったと思われます。

頑丈そうで元気印のメルモですが、幼少期はあまり栄養状態がよくないまま出産したらしい(ですよね?)ので、歯とか骨は案外もろいんではないでしょうか。

犬歯の先が欠けているのはまぁいいとして、前歯は、何かの拍子で真っ二つに割れそうなので、困った。
[PR]

by cuora | 2012-10-26 09:40 | | Comments(2)

まだまだ上り調子やね、と言われた…

めっきり涼しくなって絶好調な犬の皆様、メルモでつ!

私も超!絶好調!でつ!

一日24時間のうち10時間くらい散歩できると思う!

うほーー!いけぇーーー!それそれそれそれーっ!

今日も元気だ、やったるぜー!いくぜ、おばちゃん!夜が明けたぜ!

…というメルモのおかげで、運動不足は解消されております。

ありがと(涙)

石垣のおかちゃん、わたくし分かりました。奴は夏は暑いからおとなしいのです。暑いからカリカリも食べないのです。

嗚呼はやく夏来ないかな(涙)
[PR]

by cuora | 2012-10-24 19:04 | | Comments(2)

初獣医

昨日うちに来客があり、そのときにメルモがお尻を舐めだしたので
「これこれ、これを毎日やるのよっ」と訴えたところ、自分の犬の肛門腺が詰まりやすい人から
「これは肛門腺が詰まってるね」
と言われて、夜に最寄りの獣医さんで絞ってもらいました。

どっさり溜まってました。スッキリ。

は、いいのですが、獣医さんはたまたま外壁工事中で、工事のおじさんたちがライトをつけてガタガタと作業しているのが怖くて、さらにそこが獣医だとわかるともう、限界。
懸念された「よその犬に吠えまくる」余裕などなく、声を出す余裕とか噛みつく余裕とか、暴れる余裕とか全くなく、なすがままお尻を絞り上げられ、無事終了したのでした。

お尻を絞られているときの目が、宙を泳いでいて、嗚呼犬もこういう顔するんだなぁ…と。

そして、いただきものの「締まる首輪」で歩く練習をしてみました。首が締まるのは嫌らしく、なんとか引っ張らずに歩けたような(歩けてないような)でした。
気をひかれるものがあると首が締まっても気にせずひっぱるのです。
まあ、ダイきちの「締まりっぱなしで舌が紫になっても気にしない」という大雑把な性格すぎて効果ゼロ的な成果に比べれば「余裕があるときはちゃんと考えられる」メルモが上。

そう、メルモは自分の気持ちに余裕があるときは、人のいうことも聞いているし、やればできる子。
でも、ちょっと興奮しやすい。決まった時間の散歩は、行く気配だけで興奮するので、短い散歩をちょくちょくフェイントかけて行くことにしました。
家を出るとき興奮していないと、そこそこ普通に歩けるような(歩けないような・笑)。短い散歩(運動なしでテクテク歩く)では、そこそこマッタリ歩ける。
[PR]

by cuora | 2012-10-20 12:23 | | Comments(2)

アンニュイ・チエ

 ランボー・チエもたまにはアンニュイになるんです。ていうか、家ではおとなしいです。
 夏のように暑い10月半ばの昼下がり、アンニュイにくつろぐセレブな二人。(←「セレブ」使ってみましたよ)

 注 この写真の雰囲気が普段の生活ではない。かなり!ヤラセ入ってます。

 
a0044136_1422178.jpg


しかも、ボンレス・チエ風に太って見えるお尻。いや本当に太ったんですけどね。
[PR]

by cuora | 2012-10-16 14:02 | | Comments(5)

ノーテンキともいう

ポカホンタス・チエはバッタ狩りの腕前がかなり上がった。師匠(ジャック・ラッセル)と違って、華麗なジャンプで仕留めるというより、地道にベシベシ叩いて仕留めているような気がしなくもないけど。

ポカホンタス・チエは師匠のようにドングリをかみ砕くことができず、いつも吐き出す。師匠は小さいが偉大だ。

しかしポカホンタス・チエは体当たりで師匠をブッ飛ばした。

石垣の犬たちのブログを見ていると、琉球犬ミックスが多い。そして好きな遊びは「とっくみあい」だ。琉球犬の気質なんだろうか。
ポカホンタス・チエももれなく取っ組み合いが好きだが、これは好みが分かれるところで、たいていのここらの犬には嫌われる。うちの猫にも嫌われる。

そんな感じで彼女は、24時間のうち23時間55分くらいは、上機嫌で暮らしている。

今日はとうとう、体重あたりの適量のカリカリを食べた!
今食べているのは魚とポテトのフードなのだが、魚のフードを食べている犬は毛艶がピカピカしている犬が多い気がする。魚の脂のせいだろうか。

チエちゃん…でなくてメルモは来た当初、かなりビビりで、初対面の人に唸って株を下げた。が、最近は唸らない。環境に慣れたんだ。同じ日本と言っても石垣と大阪ではかなり違う。私が思うに、大阪弁が沖縄の言葉のアクセントとかなり違うこともメルモ的には、「ここの人間の言うことはちっともワカリマセーーン!」てことだったのではないかと思う、

私はかなり真剣に悩んで、躾の本など読みなおしてみたが、結局著者の言いたいことは共通して「犬の様子を観察して自分で考えろ」ということだと悟った。
そして、よく観察した結果、メルモは少しビビリで興奮しやすいお調子ものだということが改めて分かった。つまり普通の犬だった。
最近では、近所の人もメルモを観察する余裕ができた(唸らなくなったからね。物珍しさもなくなった・笑)ので、「なんだ、遊びたいのか~」てな感じである。

そう、2歳をすぎてもまだ遊びたい盛りなのであった。

とほほほほほ。

えーと、オトナになるのは赤いキャンデーか青いキャンデーか、どっちですかね?←不思議なメルモで検索プリーズ
[PR]

by cuora | 2012-10-14 19:28 | | Comments(4)

じゃりんこ・ポカホンタス・チエちゃんに改名

したほうがよさそうなメルモちゃん、今朝は芝生に落ちていた眼鏡ふきを拾った途端、スイッチが入り、馬鹿走りをしてしまいました。いやー、あれは魔法の眼鏡ふきだったんでしょうか。

そんなお嬢の首輪、2個目を注文。きのこ愛用の「おばちゃんが家庭用ミシンで縫った首輪」なんていう弱弱しいものでは絶対無理なお嬢、秋らしくネイティブアメリカン柄。とても丈夫そう。欧米の犬具は馬鹿走りする犬でも、ブチ切れたりしない安心感があります。

正直、ホームセンターで一番よく見る某日本メーカーのものは!壊れて脱走やら散歩中にブチ切れて犬暴走やら目の当りにしているだけに、怖い。

とくにとくに、某メーカーのナイロンの簡易ハーネス、あれは弱い。15kg前後の犬にブチ切られまくりです。日本メーカーは犬の火事場の馬鹿ヂカラを甘く見すぎていると思います。しかし、それしか売ってない量販店も多いから使っている人は多いなぁ。

うちにも一個あるんです。去年秋にはちみつを拾って間に合わせに買ってみたけど1回でお蔵入り。可愛い超小型犬用の犬具のサイズだけ大きくしたようなものはあかんと思うわ。係留用に使うなと書いてはあるけど、使っている人は多いし。迷子になって家に戻れなかった犬は多いと思うとねー。

きのこがつけてたナイロン首輪も某社のでした。
[PR]

by cuora | 2012-10-13 08:53 | | Comments(4)

お嬢様なのか

 我が家のりりしいいお嬢様は、外ではカッ跳びですが、家では案外お嬢様なのである。
 
 お嬢様は、犬の骨型ガムを食べない。←いただきものでたくさんある。

 お嬢様はフカフカしたところでないとだめ。←フローリングのうちでは限られている。

 先日、ニッセンで1890円とかの部分敷きを買った。足元が寒いかと思って買ったのだけど、届いてみたら、なんというか…防寒用には役に立たないシロモノだった。ニッセンの布ものにありがちな失敗である。(ニッセンの口コミには「布が薄かった」という評価が目白押し)

 でも、お嬢様は「これは、私が食卓の足元に寝転がって、何かおいしい物をあげようといわれるのを待つ用にちょうどいいわ」と案外お気に召して、使っておられる。サイズもちょうど犬が寝そべるくらいなので、いいよ。

 そんなお嬢様であるが、片方の前足の肘部分だけ、たぶん座りダコのようなハゲがあって、毛が生える気配もない。つらい過酷な若年期の名残かと思うと、新品のニッセンの部分敷きくらいいくらでもお使い…と思う下僕であった。←下僕かい!

 ちなみに近所では「イノシシと戦ってできた名誉の傷跡かもよ」説もある。←そういうイメージのお嬢様なのであった。
[PR]

by cuora | 2012-10-09 20:24 | | Comments(4)

カっ飛び娘は今日も元気

ですが、飼い主は今日は休憩させていただきます。

a0044136_9272477.jpg


a0044136_9285891.jpg

[PR]

by cuora | 2012-10-08 09:29 | | Comments(2)