実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


パンがなければバナナを食べればいいじゃない

 きのこです。最近、お肌の調子が超悪くてユーウツです。でも、ようやくご町内の人々は私の求めるものが分かってきたみたいで、お散歩に行くとジャーキーとかビスケットとか冷たいお水とか出てきます。しかも、ちゃんと味が分かるくらいたくさん出てくる。オバチャンも最近は「ジャーキーは一口だけ。あとは家に帰ってからね」とか言って没収したりしなくなったわ。
 新しい病院の先生は痛いことはしなくて、帰りにササミジャーキーくれるから好き。オバチャンは「あの先生はカノーエーコーに似ているね(一応イケメンだと褒めてるらしい)」と言うけど、きのこのお洋服も褒めてくれたし、私は好きだけどなーカノーエーコー。

 最近困っていることは、私の顔を見て泣く人がおおいことかなー。それより「可愛い」という言葉のほうが好き。「可愛い」という言葉は女のビタミンなのよ。

 なんだか最近、猫とも遊ぶ気がなくなっちゃって、うざいと「うー」とか言っちゃうの。でもいいよね。あのお腹に渦巻のある猫、ほんとにうざいって他の猫も言ってるし。毛深くて暑苦しいのよ。

 あ、私この年にして「食わず嫌い」なおしたのよ。バナナとか案外美味しいわね。これからはパンがなければバナナを食べるわ。それと、干からびたミミズも体にいいと思って始めたんだけど、お散歩仲間の皆さんも真似してちょっとしたブームよ。みのさん、次はミミズよ。
[PR]

by cuora | 2012-05-28 19:35 |

む゛ーーん

 やっぱり。効くならドカンと劇的に効いてるはずだけど、全然変化なし。

 いや、むしろ、もう散歩に行くのも(「どうしたん?」と心配されすぎて面倒で)嫌なほど劇的に悪化してまんがな。行きますけどね(笑)

 こんなに基礎体力のない犬にサプリメントは気休めなんはわかってますが。

 どうしてこんなに体が虚弱なのか

 どうしてこんなに免疫力とか抵抗力とか、ないのか?

 一体親の犬種は?(毛がなくなってみると、シェルティーと柴のミックスでは?と思う。←ここらへんによく居て、自然に交配しちゃっても不思議でない取り合わせだし)

 この一帯限定というか私の知り合い圏内だけかもしれないけど、シェルティーの10歳以下での病気による死亡率は、とても高い。なぜか、コーギーの若くて突然病死する率も高い。牧羊犬に合わない何かがあるのか?ちなみに柴は、そんなことは聞かない。

 もっと湿度の低い高原のような気候(ずばりここらと正反対)なら健康だったかもと思うが仕方ない。
[PR]

by cuora | 2012-05-26 20:54 |

さらに悪化どーん

 むーん。この1週間で、えらいひどいことになってます。明日から、ちょこっと「一か八かの投薬」します。←治すためではなく、快適に過ごすための薬。

 しかし、私、これまで二年間の経験から「効かないんじゃないかな」と悲観的。

 更に、今日の夕方から夏バテ始めました。

 嗚呼もう、ズバリ暑さ寒さに弱すぎるでしょう。

 「気になるサプリがあるなら、資料くれたら見ます」@獣医さん、ということなんで「トランスファーファクター」という気になるサプリを見てもらうことにしました。他に「リンパ腫にはこれよかったよ」というサプリ情報大歓迎です。
[PR]

by cuora | 2012-05-24 20:38 |

きのこがシアワセならそれでいいの

 きのこ、それなりに元気です(こればっかりやん)。

 散歩には(帽子と割烹着…帽子は、試作品2号@私の綿の帽子を二つに切って紐をつけてみたのだけど、どう見ても「畑仕事の帽子」と、ほんとはチュニックって書いてあったんだけど、どう見ても割烹着の「家庭菜園スタイル」)で、元気に行ってます。ご飯も食べすぎが心配なほど食べてます。

 とにかく、潰瘍とハゲの勢いがすごいのですが、まぁ元気です。モグラ掘りにも勤しんでます。

 説明するべき人には一通り病状を説明したので、普通に散歩が楽しめる状態です。(近所付き合いは結構濃いので、ダイきちの死後、「あれダイちゃんどうしたん」と言われて説明し終えるのに半年くらいかかった。きのこを拾って説明し終えるのに半年…ア太郎を引き取ってadaさんちに預けて現在説明中…もう背中に事情を書いた幟でも背負って歩こうかしら。「ラクダ色の大きい犬は癌で死亡。茶色い雑種は皮膚癌です。黒いチワワは子犬ではありません。今友達のところに預かってもらってます」と。ブラックかしら?)

 いや、ほんとに親身になって聞いてくれる人にはなんぼでも説明しますよ。でもね。興味本位だけで聞いてくる人が2割くらいいるので、それが面倒なんです。いつも。なかには「あのオバハンは離婚した家の子供を通学路でつかまえて根掘り葉掘り聞いてたで」などという、興味本位しかない人もいて、このオバハン、私一人の時に聞いていたので「来た来た」と思っていたら、皮膚癌と聞いて、笑い出したのにはビックリでした。おもろくない。あと、クソ無礼な小学生男子とかね。

 しかし、幸いなことに、きのこには、「きのこちゃん可愛い」とか「おやつあげようね」とか、きのこ的にいいことしか理解できないのでよかったよかった。きのこがシアワセならそれでいいの。

 ※「そろえてちょうだい」という猫漫画に出てくる猫のきなこちゃんがマリアン的性格で「きなこがシアワセならそれでいいの」というのです。
[PR]

by cuora | 2012-05-18 20:12 |

きのこの帽子


 近所の学校の先生に「捨てるような赤白帽があったらください」とお願いしたら「今廃棄する赤白帽はないけど、自分のサイクリング帽の要らないのがあるからあげる」と綿のキャップをくれました。

 これに、綿の布をつけてアゴの下でマジックテープで止められるようにして、さらに耳を出す△の穴をあけたところ…何とかぬげずに被せることに成功!最初はゴム紐でとめてみたけど、ブルブル頭を振るとぬげてしまいました。

 スヌードをかぶせるという案も検討中で、某さんに作り方を教えてもらいました。更にありがたいことに、自作のスヌードを送って下さったというので、今到着待ちです!

 しかしまぁ、覆っても覆ってもハゲと潰瘍が拡大中なので大変。更に、剥がれ落ちた表皮が部屋中に…。

 それなのに…薬の副作用で食欲爆発なきのこ、「食べたいだけお食べ」とおかわりもさせていたら、アっという間に…

「お腹がプクプクしてきてます」と、痩せ気味からちょうどいい体型を通り越して、肥満気味を指摘されてしまいました。嗚呼難しい(笑)でも、どうせ夏バテで痩せるから、いいの。

 毎日、なかなか元気の出ない飼い主ですが、今朝は庭でいいもの拾いました!

 子亀!

 去年の夏は裏の家の排水管が壊れて、うちの裏庭は入浴剤まじりの沼と化してしまい、産卵してあった卵もすっかり水に浸かってダメになっているのを見つけたのですが、1匹無事に生まれていたようで、ふとしゃがんだら、セマルハコガメの子亀が落ちてました。

 無事に育つといいなぁ。

 「もっと落ちてないか」と欲張って探してみたけど1匹だけでした。
[PR]

by cuora | 2012-05-13 15:07 |

きのこ、帽子がほしいのだが

 きのこ、それなりに元気にやってます。
 
 皮膚の状態はますます悪く、きのこを見た知り合いの人は涙ぐむとか、差し入れが家に届く(「きのこちゃんにお肉買ってきたから」とか)とかとか、なんだか来週にも死んでしまうような雰囲気になっておりますが、「それなりに元気なのは、本当です。いや、ほんとに、まだまだ元気ですから」(しかしまぁ、すごい早さで悪化していることは事実ですな)

 早々と「介護シーツとおむつセット」などもいただきましたが、ほんと、まだまだ元気ですから(笑)。

 …わーーーん、ありがとう。

 それで、身体の毛のかわりにスモックを作って着せているのですが、問題は頭!

 すっかり毛がなくなって、真っ赤っかになってしまって、紫外線も当てたくないけど散歩には行きたい。ので帽子を作りたいのだけど、犬の帽子は体の構造上、難しい。型紙もない。

 耳がぴーんと大きく立った犬の帽子…。帽子でなくても頭と顔が覆われれば何でもいいんですけど。

 なんかいいアイディアないでしょうか?

 ちなみに、ミシンはある。裁縫は、根性で何とかなるレベルのものは作れる。でも、できれば、市販品のリメイクとかで、数を揃えたい。皮膚状態が悪いので、できれば柔らかい素材のものがいい。
[PR]

by cuora | 2012-05-08 20:10 |

マイクロチップをいれようという話はどうなっているのか

 以前にも書いたと思う、マイクロチップを自分で自分に入れちゃった人。気になる記事です。
http://wanigame.exblog.jp/ 入れる入れないはそれぞれの考えと状況により違うでしょうけど、是非一度、この死んでしまったワニガメを見てほしいです。

 そして、入れることを(確固たる信念に基づいている人以外で)検討している人は、是非まず自分に入れてみてほしい。

 マイクロチップ、私は自分ちの生き物に入れない。入れる必要性とか、サイズとか、いなくなる確率とか考えて、対象者がいないから。もし私の趣味が狩猟で、自分の猟犬がいなくなる可能性があるとか、どこかの原野で暮らしていて犬が自由にしているなら、入れるかも。将来の癌より今年の行方不明だろう(と元・放棄猟犬を拾ったうちの親を見て思う)。猟犬なら、読み取りを試みてもらえそうな雰囲気だし。

 しかしそもそも、犬を保護した警察がマイクロチップの読み取りを試みたという例など見聞きした例が(地元限定で)ない。爬虫類は、うちの爬虫類はマイクロチップを丸呑みすることも困難なサイズばかりだし。それなら甲羅にマジックで電話番号を書くね。

 が、今年からわが市の犬の鑑札は改良されて小さくなり、つけやすくなったそうです。これは大歓迎。

 それにしても…ワニガメ生態研究所には犬や猫まで捨てられるという驚くべき事実。「お前が引き取らなければこの動物は死ぬぞ」という一方的人質?状態という意味では、某さんの勤務先の獣医に毎年捨てて行かれる子猫を思い出す。

 
[PR]

by cuora | 2012-05-06 19:37 | その他