実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ブログ的には新キャラ ボスーン

 ここ数日うちにチャトラの顔の大きいボスーンが現れるのです。いや、ボスーンは前からこの一帯のカオで、脱走したうちの文太をおいつめたりしておりました。ボスーンは顔が大きいとかふくよかな外見を差し引いてみるとガビ蔵に年恰好がよく似ているので、血縁かも。

 なぜにボスーンがうちに現れるのか、よくわかりませんが、彼が来るとうちの猫が窓に殺到する人気です(人気なのか?)。ボスーンは、どこか近所でご飯を食べている半野良で、純野良ではなく食うに困った様子はなく、むしろうちの猫ずのほうが食うに困っていると思われます。(なぜそう言い切れるのか?「ふくよかなのは外見だけで実は空腹なのか」と、うちの猫的にはご馳走な安いカリカリとマグロの切り落としを出したところ「口に合わない」とトッピングのヨーグルトだけ舐めてお帰りになられましたので二度とやらん。)

 暗がりで見ると「なんでガビ蔵が外に」と思うほど。そして、なぜア太郎が玄関わきの植木鉢にかけションしていたのかも判明。そこにボスーンが臭い付けしていくから!くさいくさいと思っていた半分は、ボスーンのせい!

 同じチャトラでもバブ男にはちっとも似てないのであった。
[PR]

by cuora | 2012-04-29 19:43 | | Comments(0)

ア太郎問題

さっき更新されたadaさんのブログ、ア太郎、シッコ関係前途多難でお手数をおかけしているようです。

一歳半まで、不自然なトイレ環境(多分その他の水、ご飯、運動その他諸々も不自然)でやってきた男子、いざとなれば柵の外にシッコ飛ばすミラクル技の持ち主…性格はいいのだから、一度納得すればちゃんとできるコ、やればできるコ、…のはず。

ダイきちは…ずっと庭で暮らしていた犬で、室内に入れた時、じゃーじゃーしまして…すごい量でして…一発すごい剣幕で叱ったら生涯二度としませんでしたとさ。

なので、ア太郎も凄い剣幕で叱ってみたのですが「身体小さいから」と手加減したとことか、「量もしれてるし」と怒りの度合いが真剣でなかったとか、あったと思いますが…反省するフリで終わりました。

きのこは…前歴不明ですが、おそらくガレージとかで暮らしていた感じですが、粗相なんて「マリアン、道に落ちてる放置ウンコに飛び上がっておののくくらいですのに、自分の部屋でチッコなんて、ありえません」と一度も粗相なし。

ダックスたけのこ氏とピンガは、好き放題。

結論 外飼いの犬を室内に入れると粗相問題は少ない。(我慢しすぎる方面の問題はある)。今まで躾けてなかった室内飼いの犬に分かってもらうのはなかなか大変。価値観を変えてもらわなければいけないから?なのか。

adaさん、ほんとにご迷惑おかけします。自慢ではありませんが、私、今まで一度も本当の意味でトイレの躾に成功したことがありません。犬頼みでした。どうかア太郎氏に、話をつけてやってください。あ、ア太郎は、経験値が少ない分ほかの犬のやり方を真似するところがあります!リュー氏に手本を見せてもらったら、じとっと観察して、真似するかもしれません!
[PR]

by cuora | 2012-04-28 19:39 | | Comments(2)

ア太郎出発しました

 ア太郎、抜糸も無事終わり、木曜日にadaさんのおうちに居候として出発しました。どうぞよろしくお願いします。

 adaさんなら、うちなんかより、ずっといい願ってもないお話しで、私も安心して、きのこちゃんのペースで暮らしていきます。

 adaさんとお母様のサラママさんがうちにお迎えに来てくれたのですが、お客様大好き、サラママさんはとくに好きなきのこなのに、疲れたのか早々にハウスに入って休んでしまいました。お散歩も、最近気分が乗らずに、ついた途端「帰る」と言う日が多くて、愛想よしなのに、しんどいのか、あんまりよその人にも甘えないので、ちょっと心配です(元々寝起きが悪くて、朝の散歩は半分寝ぼけてとぼとぼ歩くのですが、最近は夕方の散歩でも、気分が乗らないときがあるのです)。

 そして、ずーーーっとずっとずっと、寝ている(いやこれは年のせいか)

 でも、薬のおかげで潰瘍が乾いてきました。相変わらず脱毛と皮膚が剥がれ落ちるのは止まりませんが、痒みも抑えられて、きのこ自身の不快度は一時期に比べたらうんとまし。

 ステロイドの副作用で、食欲はとてもあります。手作り食は量も多くて水分たっぷりだから、満腹感はあるはずなのに、なんと!「足りない足りない」というので、「こんなんしかないよ」とカリカリを少し足してやったら…「ああもうこれでいいや」と、何も掛けてないカリカリを食べてしまいました。きのこさん、犬みたいだよ。いや~副作用ってすごい(笑)。副作用万歳!

 ア太郎の到着後の様子を、今朝adaさんのブログにアップしてくださってます。http://pareanaclub.blog.fc2.com/

※という記事を書いた直後、顔を掻き毟って腫れるわ流血だわ。かと思えば張り切って散歩するわ、「ああこうやって、よくなったり悪くなったりして、悪くなるんやなぁ」と実感。とほほほ。とりあえず、顔、どうしよう。
[PR]

by cuora | 2012-04-27 16:36 | | Comments(2)

ご報告と感謝色々

 ア太郎、月曜日に去勢手術してきました。跡には大きな絆創膏が…。

 それで、月曜日の朝に獣医さん(きのこの病院ではない)に連れて行ったところ、「乳歯が抜けてませんね」と指摘されてしまいました。ア太郎の口の中をよく見たことがなかった私も迂闊でしたが、たしかに犬歯が乳歯と永久歯あわせて8本生えてました。

 小型犬には多いようですが、今更抜いても永久歯の位置は変わらないので歯並びの悪いのは改善されないけど、歯石がつきにくくなるので抜いてあげたほうがいいと言われ、素人目に見ただけでも、これは歯石もさることながら、ひっかけて折れたら厄介だと思われたので、ついでに抜いてもらいました。

 ア太郎は、大事なタマタマと生まれた時から親しんだ乳歯たちがなくなったことに気づいているのかどうなのか、翌朝から何事もなかったように元気にやっとります。

 このことではブリーダーさんには、思う所がありますが、今更言っても仕方ないので。

 きのこの病名は、やはり皮膚型リンパ腫(菌状息肉腫)でした。転移は今のところなし! ということで、治療としては放射線や抗がん剤は選ばなかったため、当面皮膚の痒みをコントロールしていくだけになり、皮肉にも今までの(転院前の)お薬よりも種類が減りました(笑)

 ご飯については、きのこの食べたがらないドッグフード(今までは食事の半分くらいはフードで、半分くらいは手作りという感じ)はやめて、全手作り食(しかも好物ばっかり)にしています。マリアンきのこは「これよ、やっとわたちの好みが分かったのね」と満足して、体重が少し戻りました(癌で痩せたんじゃなくて、偏食で痩せてただけなのかい!)

 まあ「余命短いのだから好きなものを食べさせてあげたい」というのが半分ですが…きのこのようにひど~いアトピーの犬には、アレルギー用であろうと高級フードであろうと「保存食そのものがよくない」「少々栄養が偏ろうが、ご飯もオヤツも<腐るモノ>を食べさせる」ほうがいいと言われ、そうなると、マリアンの偏食は「体がそう命じていた」のかも!

 「ばあさんは偏食で困る」とか言ってごめんね。あんたが正しかったのね。

 ものすごくはしょりましたが、大筋はこんな感じ。今かかっている先生は、説明が具体的で説明も紙に書いて渡してくれるので、安心、往診もしているので、通院できなくなったときのことも安心。まあ、いつどうなるか分からないんだけど、とりあえず今日は、病名分かって、これからどうするか大筋も決まってスッキリ。おばちゃんがんばる!

 そして、ア太郎の身の振り方ですが…預かってもいいと言って下さった某さんに甘えることにしました。ネットでもリアルでも、沢山の方に協力していただいてありがとうございます!今まで、生みのブリーダー?にも(あんまり)顧みられなかった、忘れられたどうでもいい犬だったア太郎が、こうやってみんなに考えてもらえて、なんだか嬉しい。

 とか言って、あまりの悪太郎ぶりに早々に出戻ってきたりして。

 でも「来たときは『おいで』と言っただけで逃げ惑っていたア太郎が、こんなに甘えてくるようになるとは」と驚きの声多数なのです(嬉しい)。今まで苦手だった男性(今まで女性以上に接点がなかったと思われる)にも「好き好き好き好き」と頭突きかましてます。
[PR]

by cuora | 2012-04-18 17:49 | | Comments(6)

チワワ♂1.8歳 の一時預かりをして下さる方募集しています

 ア太郎は1.5歳までブリーダーさんの所におりました。生後すぐに角膜にキズがついたため予約キャンセルとなり、アンダーショットのため繁殖犬にもならなかった「部屋住み」君でしたが、縁あって今年1月に我が家にきました。

 目については、「古傷」で現在は目薬などのケアは必要ありません。
 噛みあわせについても、生活に支障はありません。
 無駄吠えはしません。
 年相応にヤンチャです。性格は温厚です。少々スケベですが、ヒート中の♀でもない限り、マウントしたりはしません(チワワどうしでもなかったそうです)。
 怖がりですが、積極的なときもあります。
 犬付き合いは上手いです。人間のことは、まだ少し怖いですが、辛抱強く待っていると甘えてきて、突然甘え全開になります。猫付き合いも上手いです。
 食べ物の好き嫌いはなく、むしろ食い意地が張っています。
 人間的に都合の悪い最大の欠点は「オシッコを室内のあちこちにしてしまう」ことです。(この点については、短期間のことですので、不都合であればマナーバンド着用などで対処してくださって構いません。ハウスの中ではトイレが使えます。ハウスは得意です)

 我が家には2年前に放浪中を保護した♀のきのこという犬がいますが、免疫に問題があり、このたび皮膚型リンパ腫に罹って余命が少ないと診断されました。数カ月と思われますが、その間、きのこの看護に専念してあげたい(というか、せざるを得ない)し、きのこは基本「私だけを見て」子ちゃんなので、きのこだけを見てあげようと思います。ア太郎は今ようやく「人間ていいものだ」と思いはじめた段階なので、ご飯だけ食べさせて放っておくわけにもいかない大切な時期です。また若いので、とても運動したがります。

 そこで、落ち着くまで(自分で言いたくないですが、つまり、きのこが亡くなるまで)の数カ月間、ア太郎を預かって下さる方を至急探しています。

 それが2カ月なのか6カ月なのか、今は分かりませんが、数カ月だろうと思います。

 落ち着きしだい迎えに行きます。預かっていただく間は、預かりさんの良いと思われる方法で飼っていただけたらそれで結構です。但し、できれば「お座敷犬」として室内だけで飼ってダッコちゃんにしていただくのではなく、「少し小さいけどイヌ」として飼って下さる方がいいと思っています。

 大阪近辺で「よっしゃ」と言う方おられましたら、是非お願いします。できれば、リンクしている方とかマイミクさんとかよく遊びに来てくださっている方と面識があるよ~というような方が嬉しいです。全く繋がりのない方と、ゼロからお話しさせていただく気力と時間的余裕が、今私のほうにありません。

 勝手いいますがどうかよろしくお願いします。



追記 預かりではなくて「うちの犬にします」も大歓迎です。



追記の追記  「ア太郎を手放さなくてもいいんとちがうの?」という人もいます。それはそうなんです。近所の犬友に預かってくれる人知らない?と相談したら、「探してみるけど、人間の都合で、やっと慣れた頃また戻すってどうなん?」「里親になってくれないか、と言って声をかけるなら出来る」と言われてそのとおりだなと思いました。
 先々「きのこがいなくなって寂しいからア太郎を返して」って、それは完全に私の都合だな、と。なので、里親になってもいいよ、という人も同時に探すことにしました。
 
 とにかく、今はきのこ優先でア太郎はどう転んでも可哀想なのですが、状況の許すなかで、私に都合のいい選択肢ではなくて、ア太郎に一番いい選択肢を選ぶつもりです。
[PR]

by cuora | 2012-04-12 20:01 | | Comments(11)

むきーっ

 最近のア太郎は「オス丸出し」な行動のオンパレード。金曜日、帰宅した私はとうとうブチ切れて!

 ア太郎を!

 …去勢するためその場で獣医さんに予約の電話をしました。今更取ったってそれで万事おとなしくなることはないのは、経験上よーーく分かってはいるのですが、つい発作的に(笑)。

 オシッコについては、「こ、こいつ尿結石なのでは」という疑惑もこみあげてきたのですが…まぁそれも相談しよう。
 
 というわけで、男ア太郎、あと1週間ほどしたらタマなしになります。

 それにしても、取るのが惜しくなるような立派なタマですのよ。
[PR]

by cuora | 2012-04-08 10:40 | | Comments(2)

ワルい

 きのこの健康問題はさておき(新たに犬歯が欠けたり、早くも食欲不振になってきたり、メゲそうではあるが)、

 ア太郎がワルい!

 3カ月神話というが、まさに貰われてきて3カ月。最初の「可哀想で健気で怖がりでいつも謝っているア太郎君」は、今、

 「オスに会えば<オレより強いか>ばかり気にして、いつも<オレは町内の何番目くらいかな。きっと若頭くらいはいってるよな>と根拠なく自信を持ち、態度に余裕が出て、家庭内でも散歩でもやりたい放題」な若いアホ男子@いつも鼻歌。

 できれば、誰かヤツを壊れない程度にシメてほしいのだけど、体格が飛びぬけて小さいので、誰もシメてくれない(飼い主がその前にストップ)。うんと大きいオスには、ゴマの蠅くらいにしか思わず無視されとるし。

 そのわりに「スンマセン」と謝るフリだけは上手いし。

 嗚呼、男子犬なんて、ややこしくてやだ。女子犬と女子トークでまったりするのがいいよ。

 でも最近やっと「散歩に行くよ」と屈んで待つと、自分から来るようになった。この瞬間だけはかわいい。今まで?行きたいのとコワイのとで葛藤して、逃げてた。

 
[PR]

by cuora | 2012-04-05 19:34 | | Comments(6)