実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


断捨離実家編


 実家から新婚仮住まい→今の住まい→建て替えのため仮住まい→仮住まいから新築に入居…とこの十数年で引越し数回を経て、取捨選択をしてなんとか許容量に収まっているが、油断するとすぐ増えるモノ。猫らに時々壊されたりオシッコされたりして、いやでも断捨離なのも、考えようによってはありがたい。
(事務所も4階から2階へ、さらに別のビルへと移ったので強制的断捨離)

 が、実家はというと…古いが広めの一戸建て、唯一の片付け隊隊員の母(それもあまり片付け上手ではない)亡き後、父と弟は、倉庫が二つあるのをいいことに!溜め放題!さらに弟の作業場(自動車通勤)も自分の物件なのをいいことに、父は故・母の絵(絵が好き。しかも多作しかもデカい絵)を置いているらしいが、もうそのことは聞かなかったことにする。とにかくモノをまったく捨てずに地層化して暮らしていたため、とんでもないことになってしまいました。
 それでも共有スペースの1階はまだしも。二階は…人の住処とは思えないことに。

 往復三時間の微妙な距離の実家。たまに行くとボチボチ捨てているのですが、地層の一番底には「弟が幼稚園児の頃のモノ(キン肉マンケシゴム大量とか)」が衣装ケースに放置されていることを知っているので、めまいがします。

 が、重い腰を上げて今日はだいぶ捨ててきました。いつもは、私が捨てまくっているのに呑気に将棋ゲームなどしていてイライラさせられる父も、庭のガラクタ整理を始めたので、かなり「片付いた感」あり。

 しかしまぁ、捨てても捨てても、キリがない。モノで塞がれていた旧弟の子供部屋のタンスを今日ようやく開けられるところまでこぎつけて開けて見たら、十代の頃着ていた記憶のある服やら下着たち(その後信州で就職してまた戻ってきたが、その箪笥のことは記憶から欠落しているっぽい)がぎっしりとカビ臭くなっており、次回の課題となりました。だって捨てすぎて、市指定のごみ袋の買い置きを使い果たしてしまったから。父の衣装箪笥は、ものはいいが時代遅れのウールのスーツなどがこれまたぎっしり詰まっており…箪笥ごと捨てたい衝動に駆られました。

 それと本!本の地層の底からは私が幼少時代に読んでいた「おさるのジョージ」とか出てくるんですよ。もう紙はボロボロ。

 嗚呼それなのに、もらおうと思っていた父の「剣客商売」は「捨てちゃった」って。「だって剣客商売と鬼平犯科帳は読み直さないから」って。捨てる基準がワカラン。

 ようやく、登山口までの草を刈って入り口にたどり着いたような断捨離実家編。父が存命中にスッキリ片付く日は来るのか?

 いや、全て任してくれたら、全部スッキリ捨てます。でも、なんだかんだ、あれは要るんだこれは取ってるんだ、言うんですよね。二人とも。

 地層の底から出てきた使えそうなモノを持って帰って我が家のモノが増えたのは…まぁ見ないことにしておきます。(本の山からなぜかお菓子の型がたくさん出てきたんですけど)
[PR]

by cuora | 2011-11-20 20:41 | その他

圧力鍋は素晴らしいですよ奥さん

圧力鍋

 だいぶ前から欲しい欲しいとミクシィなどでも書いて、リアルでも情報収集していたのに「でも、いったい何リットルのがよいか、まずは安物(千円台)か、それとも思い切って万円クラスか、そもそも、爆発して角煮噴出大爆発とかならないか」と必要以上に悩んでいた圧力鍋。

 とうとう!結婚式の引き出物カタログに良いのが載っていたので、迷う余地なく、ダメもとで頼んでみたのです。ワンダーシェフ4リットル圧力鍋。

 そして、豚バラ軟骨1kgほか(ネットのお肉屋さんでは、スーパーや精肉店にない部位が色々あって、珍味好きの夫婦にはなかなかよろしいです)も通販で注文。愛する沖縄のソーキそばのソーキです。

 そしてそして、まぁやってみるもんですね。説明書の物々しい解説とは裏腹に、あっさり完成。軟らかい煮込み500g分が。美味っ。

 これは…犬猫ご飯にも使えますねっ。ふっふっふっ。これなら、愛する台湾の鶏の爪なんかも美味しくできるんでないか?嗚呼バラ色の酒の肴天国。しばらく虜になりそうです。

 それに、時間がかからないし!今まで鍋の前で見張っていた時間を返して!って感じです。

 が、送料を惜しんで10kgも冷凍肉を注文してしまったため、冷凍庫が満杯になってしまいました。半分は主に猫ご飯ですが、それにしても…。ストルバイト結晶は植物性たんぱく質ででき、動物性蛋白質で溶けるという理屈をようやく知って、トッピングは肉だけにすると決めたんですが、さてどうでしょうか?(豆乳とかやっていたよ、私)
[PR]

by cuora | 2011-11-10 20:06 | その他

どんどんパフパフ~

 さて、黒柴はちみつ(通称ハチ)。新天地への旅立ちから一週間、里親さんは「最初からお試しなどと言わず一生引き受けるつもりです」と仰っていたものの、私は週末あたりから「今頃何かとんでもないこと(たとえば遁走、豹変、散歩で暴走等など)しでかして、皆さん『ああ言った手前返すわけにもいかんしどないしょ』と困っておられるのではないか、とか、悪い夢に(軽く)うなされておりましたが…彼に限ってそんなことはないと思いつつ、やっぱり心配。

 本日、娘さんから「よっしゃ」と合格のお電話をいただき、さらに夕方帰宅したらお父さんから写真入りで「元気にしているので心配しないように」とのお手紙が届いていたのです!

 嗚呼~よかった。新しい名前は「クロ」。うん、クロとかハチとか、そういう雰囲気なんです!

 なんだか予想どおり、平常心で淡々と楽しくやっているようで、安心しました。

 月曜日夕方に警察から引き取り、木曜日朝嬉しいお申し出があった直後、うちに来てくれたadaさんが撮ってくれた貴重なハチ時代のはちみつ氏。
a0044136_19412263.jpg
a0044136_19414828.jpg

 まさしくこんな犬なんです。「人間はみな友達。悪い人間はいません。ああ人生って楽しいですねぇ」思えば、保護された公園で子供と遊んでいたときも、警察にいたときも、うちに来たときも、旅立つときも、クロ氏には不安という言葉はありませんでした。

 「人間は僕に悪いようにはしません。ああ今日もいい日ですねぇ」

 こんな犬だから、大きくて黒くても、出会う人間もクロを怖がらず、犬にもそんな態度ですから他の犬にケガを負わされることもなく、痩せこけてはいても楽しく過ごしてこられたんですねぇ。

 彼を見ていて浮かぶ言葉は「犬は人間の友」です。こんな犬を保健所に送らずに、彼の信頼を裏切らずにすんで本当によかった!

 はちみつ改めクロを応援してくださった皆様!ありがとっ!
[PR]

by cuora | 2011-11-01 19:41 |