実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


暑さと闘うオバチャンときのこ様

毎日あづい!七夕もまだだというのに、なんやこの暑さは!

 うちの家がまた暑い!冷房効果は高いけど、今どきの家には庇がほとんどないので、とにかく暑さが入ってきてしまう。たまらん。しかも、猫ずに荒らされる(荒す猫は1名だけなのだが)ので、開けっ放しにできないので、家の中の風通しも悪い。家の中で熱中症になりそう。

 というわけで、なんとかして日よけやスダレを取り付けようと無い知恵を絞ってます。スダレ売り場、ものすごい売れ行きで、商品ガラガラでした。

 で庇がほとんどないってことは、スダレを取り付けるところもないんですよ、奥さん。仕方ないので、窓ガラスと網戸の間にフックでスダレをはさんだりしているのですが、これまた「市販のスダレのサイズと合わない!」。仕方ないのでハサミと100均のノコギリでスダレを切っています。暑さ倍増です。

 しかもしかも、約1名の猫がベランダと居間の間の網戸を破いてくれてまして、去年は「とにかく冷房をかける」というワザでしのいだところ、大変な電気代になりました。なにより、大きい窓を開けられないのは大変なので、ドアに貼り付けて使う網戸カーテンというのを内側に取り付けようかと思ったら、窓が大きすぎた。

 我が家は某セキ○イハウスですが、同じようなお悩み(小窓が引き戸でないのでスダレがかけられない、庇がないので困る)は他の住宅メーカーの家にもあるらしい。凹凸がなくて汚れが溜まらないのが素晴らしく思えたのですが、いざ住んでみると、やっぱり庇は必要で、スダレを取り付ける所くらいはつけておいてほしい。

 きのこ「ほんとに暑いのっ。きのこ、もう絶対フード食べないの。えーと、卵雑炊作って?」とちら見しながら拒食する知恵がついてしもうた。「どうせ、作り直してくれるんでしょ?だから、後で美味しいもん食べたらいいもん」

 …作り直せばいいんでしょ!

 さて、網戸は…材木で四角い枠を作り、網戸をタッカーで貼り付けて、サッシに挟む。という「内網戸」方式にしました。大変不細工かつ面倒ですが、ないよりましです。
[PR]

by cuora | 2011-06-28 22:01 | その他 | Comments(4)

ピンガの新天地と夏バテきのこ

 土曜日にピンガちゃんは、新天地へと無事巣立っていきました。オバチャン、泣かずにすみました。なぜなら…飼い主さん宅到着と同時にゴミ箱チェックするわ、二階に駆け上がっていくわ、一時もじっとしてないわ…冷や汗たらたらで、シンミリする暇もなく、私はおもわず「ほんとに大丈夫ですか?(こんな調子ですけど)」てなことを聞いてしまった気がします。

 なぜならなぜなら、実はピンちゃんには双子?の兄がおりまして、警察で別れ別れになっていたのが、この日久しぶりにご対面し、ふたりで盛り上がってパワー4倍になったからです。ピンちゃんとよう似た性格と見た目の…ピンちゃんが分裂して2匹になったかと思うと眩暈がしたのです。それを2匹とも引き受けようという太っ腹な飼い主さん。

 いや~私には真似できません!(をい)

 今のところ、出戻ってきてませんので、今頃新しい名前で楽しくやっていることと思います(いや、ピンちゃんは、いつでもどこでも楽しいので、ヤツが楽しんでいるのは間違いないから心配してません)。心配しているのは飼い主さんとその家です。

 そして、平和をとりもどしたきのこちゃんは…夏バテでゲボりまして、その後「わたし、もう秋までドッグフードは食べないの」宣言が出まして、白ごはんとおかずという、由緒正しい日本の高齢和犬雑種犬メニューしか食べず、サプリは全部放り出してあります(涙)獣医さんにまた怒られる。
[PR]

by cuora | 2011-06-27 09:42 | | Comments(2)

きのこ、暑いの

 急な暑さで、きのこ早くも夏バテ。

「きのこ、もうお散歩なんて秋まで行かなくてもいいかも」とか「きのこ、オスワリしたらご飯食べなきゃいけないから、オスワリしないかも」とか、「きのこ、もうボーロも食べられない。ぺっぺっ」とか、マリアン状態に突入です。

 ピンちゃんは、あづいあづい言いながらビチビチ跳んでます。若いなぁ。


 暑くて、きのこは服なんて要らない季節ですが、可愛い服があるサイトで、またついポチってしまいました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/petpro8/a5d5a5a1a5.html

とうとう、フリフリに手を出してしまった…すごく似合うだろうなぁ←馬鹿と呼んでくださって結構です。

ピンちゃんに似合いそうなのは…背中にドクロがついている「男の子に」と書かれているランニング。
[PR]

by cuora | 2011-06-22 20:40 | | Comments(4)

事態はかなり好転

 ピンガ、ピンガちゃ~んとよぶと、なぜか脳内で「ぴん・ガチャーン」と変なところで句読点を打って誤変換されるので最近はピータンとかピンたろと呼んでます。

 そのピンたろですが、オスワリとマテが食事限定ですができるようになってきました!やればできるコやん。一階に走っていってしまうのも「ピンたろ~」と呼ぶと戻ってきます!やればできるコやん!ウンチのペースもできてきて、夜明けのウンコともさよならしつつあります。
 先に食べ終わって、きのこの遅い食事を眺めるのも、もらえないのが分かってきたらしく、私の膝でぐねぐねして我慢してます。

 破壊活動のほうは、もう壊すものがなくなったので、しばらく休業のようです(ちらしとか、小物はやってますが、それくらいは全然かまへん。やりたまえ)

 しかし、大変活発なので、本気で遊んでくれる犬は近所でJくんという同年代の男子くんのみ。しかもめったに会えない。ちょっとサビシいピンたろであります。
[PR]

by cuora | 2011-06-20 21:06 | | Comments(2)

婚活!

ピンガの悪いことばかり書いて、良縁を遠ざけてもいけないので、いいことも書きます。
 ピンガはとっても陽気で、人懐こくて、人間に注目することもできて、犬ともうまくつきあえて、叱られてもメゲないし、身体も丈夫そうです。獣医さんでは絶大な人気を誇っています。
 オシッコも、さらにウンチもペットシーツでするようになってきました。(明け方にトイレをなさる習慣があり、なさった後、「トイレ片付けて~」とヒンヒン言いますが、行って片付けると納得して静かになります)。雨の日も散歩に行けます(行かなくてはならない…かも・笑)。

 最初の数日ひどかった夜啼きは、慣れたらなくなりました。ただ、きのこだけ連れ出した時など、ひとり取り残された~とヒンヒン鳴きます。

 早食いなので、きのこ(超遅食い)のご飯が残っているのが羨ましくて狙ってますが、ご飯時に手を出しても噛んだりしませんし、普通に食欲があるという程度です。
 ボール遊びやダッシュで発散させると、けっこう留守番もできて、4時間くらいなら楽勝で被害ゼロです。

 破壊魔と書きましたが、ラブのように「家の階段や畳まで食っちゃった」ていうのと比べれば、可愛いもんです。ただ猫のウンチ食うのは勘弁してほしいです。

 よその犬とも仲良くできます。が、一緒に散歩している「群れの犬」がよその犬に吠えたりすると、待ってましたとばかりに参加して吠えます。攻撃的になるというより、「祭りだワッショイ」みたいな感じです。あっ、これはいいことじゃないけど。きのこも、案外、群れの犬がいると強気なタイプなのです。

 オスワリもまだできませんが、これは私の教え方が下手なせいです。まがりなりにも、ご飯でマテをさせてますが、腰は浮いてますが待つ気はあるのが分かります。

 つまり、まだ子犬ってことですね。

 何よりの美点は、ほんとうに人が好きなこと。可愛くって、このままうちの犬にしちゃえと悪魔が囁くのですが、近所の人も囁くのですが…多分きのこがいなかったら迷いなく飼ってます、きのこがもう少し違う犬の好みだったら飼ってます。きのこは、ピンガのこと嫌いじゃない、いてもいいけどあんまり興味ない。きのこは、好きな犬には自分から寄って行って、ほんとに優しい態度になるので分かり易いのですが、ピンガのことは、好きでも嫌いでもないんです(涙)。ビンガも、きのこのそんな気持ちが分かっているみたいで、全然寄って行かない。家庭内別居なんです。困ったねぇ(笑)
[PR]

by cuora | 2011-06-17 20:37 | | Comments(4)

嗚呼今日もまた

 仕方なく留守番をさせて帰宅したら…昨日危惧した宇治どんのお骨が床一面に散らばっていたのでした。避難させかたが甘かった。しかも、頭蓋骨がない。多分食っちゃったのじゃないかと。
花瓶も倒して中の花を自分のハウスと、きのこのハウスにも持ち込んで食っていた。カーネーションは美味いのかな(いつまでも苦労をかけるね、宇治どん…)。細かいものはこの際もういい。

 脱力と怒りで、ざっと片付けた後、二頭で散歩させる気力がわかず、きのこだけ先に行こうとしたら、ピンガが我勝ちについてきて、結局二頭で出かけた。

 Gくんちの前を通ると、運よくおじさんがいたので、ピンガのリードはおじさんが持って散歩してくれた。私のあまりの怒りぶりにビックリして、というところかも。ずっとビチビチ跳ねているか草を食べている。生後半年の紀州犬の子犬のほうがはるかに落ち着いている。まだまだあと10kmは行けそうな様子だけど、公園だけで帰宅。(ちなみに散歩は平日朝1時間、夕方30~40分は行ってるけど、全然っ足りない。実はきのこも、これでも足りない。おばちゃん疲れるかもよぉ)

 とにかく、ピンガは留守番ができない。2,3時間なら問題ないんだけど。ハウスも、人がいれば一応入っていられるけど、人がいなくなると、たちまちヒーンヒーーンと町内に響き渡る(防音サッシ完敗)声で鳴き続けなさる。しかたなくフリーにしておくと、破壊の神が降臨するらしい。椅子を蹴倒して壁が陥没していた。壁紙を部分的に剥がして下地をパテか何かで埋めないとだめかな。食べ物に執着するわけではなく、それだけがまだ救いといえば言える(逆にダイきちは食べ物以外は何も破壊しない良い子だった)。夜啼きと粗相は、ほぼおさまった。

 とりあえず、金曜日の夕方まで頑張れば、その後はしばらく、よく見てやれる予定だけど。一体今までどういう生活をしてきたのか?甘えん坊でベッドで寝たがる、散歩したことがないような生まれたてのような肉球などから推察するに、室内でアマアマに躾もせずに飼っていた様子が伺える。留守番はほとんどなかったんだろうか??

 ダイきちもきのこもそうだけど、訳ありで途中から来た犬は、どういう生活をしていたのか知りようがなく、生まれ持った性格なのか生活習慣による悪癖なのか分からないのが厄介です。

 あ、そんな毎日ですが、今年もマレーハコガメのどきんちゃん、立派な無精卵を生みました。マレーの卵は本当に大きい。どうも、どきんちゃんは大きすぎて、♂どもは歯が立たないらしく毎年無精卵なのだ。また放し飼いのセマル♀の産卵に気をつける季節になりました~。庭がジャングル化しているので見つけるのは一苦労そうです。待望の…は、兆しなし。
[PR]

by cuora | 2011-06-15 21:47 | | Comments(14)

すごい女だ

 ピンガ、うちに慣れて遠慮がなくなり…ワルさ全開です。
 昨日今日と留守番させたら…帰ったら部屋が荒らされてまして。

 昨日は、きのこのふとんにしている「お昼寝マット」@西松屋の布の取っ手に頭をつっこみ、ぐるぐるねじって首が締まりかけてました。ハサミで切って助け出しましたら、30秒後にはパワー全開でした。椅子に上らないように置いてた「猫よけイガイガ」@ダイソーは端が食われてました。竹のカゴも食ってた。木製品が好きなのは私と好みが似ているのか、バリ島のコースターとか、布団叩きとか、食ってました。洗濯バサミも全滅。

 今日は、テレビ台に置いてたカゴの取っ手だけ食われてましたので、テレビ台に乗れるようです。沖縄のシーサーの耳がなくなってんですが、焼き物のシーサーの耳も食っちゃったんでしょうか。
 散歩でも、パワー全開でビチビチはねてます。本物のジャックも「こいつ何?」と敬遠するビチビチぶりです。鳥なんか見つけたら、大変です。

 猫のウンチも食っちゃうので、わざと1個、猫トイレに残してトンガラシをまぶしておきましたら…しばらくして人間の叡智の勝利を確信して覗いてみたら、なかった(トンガラシも食うのか・涙)。どこにもなかった(敗北)

 というわけで、受動的に断捨離決行中。宇治どんのお骨を食われないよう、避難でございます。
[PR]

by cuora | 2011-06-14 18:20 | | Comments(11)

嗚呼あああ…

 さて、下の記事の続きの一日です。

 Gくんちに遊びに行って帰ってきて、きのこを温泉に入れて乾かして、そうこうするうち夕方散歩の時間になったので、「いつもの公園を越えたところの田んぼコースにしよう」とピンちゃん初めての道に行ったのがいかんかった。

 田んぼのなかを通る細い道。向こうから犬が来るので、舗装されたあぜ道に曲がったのですが…あっ…と思ったときには、ピンガがびちっと水を張ったばかりの田んぼに転落してました。

 どろどろの犬が、洗いたてのビューテイホーきのこにくっつかないよう、ハイテンションになったピンをひきずるようにし「とほほほ」で帰り、ピンを風呂場に放り込んで全身洗いました。

 ぐったり疲れたので、ちょっと昼寝と思って寝転んでいたら、隣の部屋から、ピンがおもちゃを持って走り回るのが見えました。このおもちゃ、色違いが2個あって、ピンクのはピンの(はず)なので「まあオモチャで遊ぶなんて、やっぱり子供ね」と微笑ましく昼寝を続行していたら、突然けたたましい喧嘩の声(というより、きのこ鳴き本気モード)が聞こえてきて…やれやれと見に行ったら、きのことピンが団子になってとっくみあってました。

 そして、きのこの耳の先がちょっと切れて血が出ている。犬の耳の先って、ちょっとしたことで血がたくさん出るんですが、キズは全然たいしたことない程度だったので、ほっとして血を拭こうとしたら、またきのこ鳴き。

 きのこをなだめていたら、ピンがやってきて「きのこちゃん、耳切れてる」と舐めている。悪かったと思っているのだろうか。きのこも、もう怒ってないので、よかった。

 ピンクのはピンガの、水色のはきのこの、…とは二頭は思ってなかったみたいで、「なんで勝手にあたちのおもちゃで遊んでんのよっっ」「これは、あたちのよっっ」てな感じで喧嘩になったと思われます。

 とりあえずおもちゃは没収しました。普段は見向きもしないくせに、他にもあるのに、難しいのね。
[PR]

by cuora | 2011-06-11 23:15 | | Comments(4)

きのこの不満「ちょっとぉ、あの犬いつまでいるのぉっ」

 大雨の予報でしたが昼頃、雨が止んだので、きのことピンガの散歩に行きまして、Gくんのお父さんちの前を通って帰りました。

 Gくんとは、何度か登場してますが、近所の黒ラブくん。妹は和犬ミックスでSちゃんといい山菜とりに行って山道に捨てられていた子犬を拾ってきたコです。数年前に相次いで病気で亡くなった後、犬養分の足りないGくんのお父さんは、よその犬で犬養分補給をしているのです。

 で、過去に、シロくん(関東の迷子犬。後「ぽちたま」に出て無事飼い主さんと再会)というコを勧めてみたり(これはさすがに、遠方すぎて、写真だけで決められないと断られました)。
 うちのきのこのことも実は欲しかったと後から知ったり(その時は私「ああ犬拾ったうれしいなぁ。うちの犬にするんだぁ」と浮かれまくっていたので気づかなかった・笑)。 その後、ちょっとだけ預かってもらった犬のことも数日にして情がわきまくり、いまだに「あれはいい犬やった」と言ってます(いや、だから「Gくんちで飼いますか」と何度か念押ししたのだけど)。

 それで今回も、勧めてみたら、かなり「欲しい」気持ちはあると珍しくハッキリ言うので、これは脈ありとちょくちょく通ってます。

 その隣近所も犬好きな家が多くて、きのピンが行くと人がわさわさ出てくるのですが、そのたびに「Gくんちで飼ったらいいのに」と言われて(みんな同じ気持ち・笑)、けっこう真顔で「うちで飼ってみようかな」「犬がいるとええなぁ」「うちの犬にしようかな」「うち入ってみるか」と言って、ひとしきりピンガのリードを持って歩かせてみたりして、ものすごく期待させてくれるのですが、どうもフンギリがつかず

「またおいで」「いつでも散歩したげるわ」ということになり、なかなか「ほんなら、うちで飼うわ」というファイナルアンサーが出ません。今日はてっきり、決まるかと勘違いするとこまで行きましたのに。

 何故Gくんちにこだわるかといえば、ここは犬にとってとってもいい家だから。おじさんは犬欠乏症だし。もしピンちゃんを拾ったのがおじさんなら、迷わず飼うと思うんですが、そこがオジサン心の複雑なとこです。(おばさんは、そこまで犬欠乏症ではないが、飼ったらすごく大事にするタイプ。)

 もし「Tさん(私cuora)が自分で飼いたがっているように見えるから遠慮しとこう」だったらいけないなぁ…と思って、
 「もう二頭は、私大変でぇ!(←)」などと言ってみるのですが、本心はうちにいてもらってもいいと思っているので、もっと演技に磨きをかけないといけないなぁと思う複雑なオバサン心なのです。

 ところで、ピンちゃんは、ジャックラッセルテリアとビーグルの雑種ではないか説が浮上。そう言われてみれば、毛色はビーグル。兄弟犬は体型もジャックですがピンガは妙に丸っこいと思ったら、後ろから見た姿が「ビーグルのお尻」なんです。目もビーグルっぽい。(まあミニピンにしてもビーグルにしても、活発なことに変わりない)でも、見た目が「なんか分からないが、珍しい純血種」みたいなんです(笑)

 今日も獣医に行ったら待合室で、「まぁ拾ったの?買うと高いのに、よかったわね」と言われました。「なんか分からないが、珍しい純血種」と思われていると分かったので「でもこの犬雑種ですよ」と言ったら、そのオバサン「あらほんとぉ…うちの犬は10年前で10万円くらいでしたよ」だって(苦)。

 しかし、漏れ聞こえてきた会話から、その犬というのは、かなり進んだフィラリアみたいなんです!(中型犬らしいシルエットがケージからちらっと見えていた)

 なんだかねぇ。こういう人は苦手だ。
[PR]

by cuora | 2011-06-11 15:28 | | Comments(0)

含アルミニウム泉に望みを託すきのこ母であった

http://xbrand.yahoo.co.jp/category/lifestyle/6758/1.html
 トップページに設定しているヤフージャパンで目についた…美しく見えない本棚、私の本棚かと思いました。

 色は違うけど、無印のオサレなのを選んだのに、まさに、これ。しかも猫のゲロの跡がついてるし。

 なんだか分からないモノが横に積まれた手前に、なんだか分からないものが並んでいる。嗚呼まさに。分かっているんです。「片付けられないオンナ」なんです。元職場の机は魔窟と化していたし、今は一人事務所をいいことに、地層はますます厚くなる。しかも事務所以外に自宅にも置き放題(収納力二倍にばーい、ではないぞ自分)。嗚呼お客様の大切な機密情報の上に猫が寝ているという状態に。さらに猫ごと山が崩壊←訴えられないうちになんとかしよう。

 というわけで、この記事読んだほうがいいですかね。読んでみましたが、無理でした。はい。

 ※この体質の特徴として、1年に1回くらい徹底的に掃除したろうと思い立つわけですが、地層の底から「これでバッチリ!整理整頓特集」みたいな雑誌が出てきたときの無力感たら(とほほほほほほ)


 ※「断捨離」ブーム以前の「捨てる技術」とか「超整理法」の時代から、そーゆー本だけは買っているが、いまだかつて片付いたことがないんですけど、どうしたらいいでしょう?

 というのはどうでもいいんですが…きのこに「湯の花」注文してみました。もう、「内また真っ赤で痛々しい」とか「眼のふちがピンクで見るからにアレルギー」(後ろから見たらお尻の周りの粘膜もピンクだよ・涙)とか、言われます。現代獣医学でできることは、1年ずっとやってますけど、最近ますますひどい気がする。それで「明礬泉」(含アルミニウム泉の一種)という種類の温泉の素を注文しました。

 さてどんなもんでしょう。皮膚弱い仲間のMちゃんは、ニンニク浴とノニを飲んでいるそうです(獣医のお薬のほかにね)。うちは今、便秘解消に「ミドリムシ」を飲んでますが、確かに毎日出るようになりましたが、皮膚には効果なし。JMさんから「ムトーハップが効いた」と聞いて調べてみたら、ムトーハップは自殺に使う人が多くて生産中止になってました。それで湯の花に行きついたわけです。
[PR]

by cuora | 2011-06-06 21:26 | | Comments(0)