実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


親ばか

 最近散歩に行くと「可愛くてしかたないんでしょう」と言われます。

 な、何故分かってしまったのだ!

 …飼い主が「こんな可愛い犬がいるのだろうか」と自分の犬に見とれながら歩いているから?
 …毎日違う首輪をしているから?

 年とってからの子は可愛いというではありませんか。

 毛が薄くて、これから冬は寒いのではないかと指摘され、とうとう犬の洋服まで注文してしまった…。小さい犬の服は沢山あって選ぶのも楽しいわ。(寒くなってきてから、めっきり毛が密になってきたのだがボアのジャケットは果たして必要なのだろうか。まあ備えあれば憂いなしだ)川島なおみさんが愛犬シナモンちゃんにフリフリの服を着せているのを笑ったりして悪かったと思う。着せたくなる気持ち、今分かったよ。
 着せなくてもこれだけ可愛いんだから、あれもこれも買って着せてあげたいんだよ!分かるよ、なおみさーん(まあ、貧乏なので、半額セールのをあれとこれくらいです)

 そのわりに、ハウス(サークル)はダイきちのを借りたまま。入口の敷居がきのこには高すぎるんだけどね。入口の高さとサークルの広さは比例しているのか?(構造上の問題なのか?ちょうどいいのがない)
[PR]

by cuora | 2010-10-28 22:35 | | Comments(5)

お取り込み中

 急に寒くなって、屋外では越冬できない植物とカメの取り込みに勤しんでます。驚いたのは、観葉植物のウンベラータの鉢を砂利の上に置いておいたら、根が鉢底から伸びて地面にくいこんでたこと。
 リビングはこれから一冬どうやって過ごすのか?という混み具合です。

 猫が来る前(11年前?)は観葉植物に凝っていたのですが、猫にやられて、生き残ったのは猫の入らない陽の当たる一室に押し込められ、邪魔にならないように刈り込まれて、春夏は外にほうりだされるという、何が「葉を鑑賞する」なのか分からない扱いです。それでも枯れないと捨てられない。優しいから、ではなく貧乏性だから。

 そんなことを毎日せっせとしていたら…ギックリ腰再発(くしゃみが響くぜ)
[PR]

by cuora | 2010-10-27 14:31 | 植物 | Comments(3)

給食のおばちゃん

 きのこのご飯を手作りにして、猫のご飯も少し変わりました。今まではカリカリ+猫缶(魚とか、たまに肉の、お安いの。)少々。でも、海老蔵がストルバイト結石になって猫缶はやめるよう言われました。ささみや煮干もよくないとかで、オヤツのささみと煮干もほぼ廃止。煮干は、瓶に入れてドカーンと置いてあるのを気前よくやってましたが、あれはいかんかったかも。

 かわりに、きのこ飯の肉や魚とそのスープ、野菜少々やカッテージチーズなどは猫のトッピングにも流用してます。とくに海老蔵はほんの気持ちだけね。スープだと、カリカリが湿っていても完食なのです。水分を摂らない猫なので、これでかなり尿が増えました。血尿も最近出てないです。

 市販の加工品のおやつは、犬猫ともに前からほとんど買わないのです。犬のビスケットやガム代わりのアキレスくらいは買うけど、ジャーキーとか猫ちゃんカニカマとか。おやつは高いし肥満の気になる猫も増えたし。かわりにペットの牛乳をたまに飲ませることにしました。

 ずっと前に買ったまま「面倒だし」と放置してあった手作り猫ご飯の本を引っ張り出して読んでみたら、食材は犬のと共通するものを流用できることが分かって本気で読みました。

 さらに、きのこ用の野菜は、切るときに別にリクガメ用のも切ってしまうことにして、リクガメのご飯の品目も少しは増えたかも。なんだか完全に「動物の給食のおばさん」です。

 さらにさらに、犬の本にすりゴマは酸化が早いと書いてあったので、「きのこに酸化したゴマを食べさせないように」人間も消費に協力することにしました。(今までほとんど食べてなかった)おから、カッテージチーズ、ヨーグルト、雑穀ご飯なども協力してます。
[PR]

by cuora | 2010-10-20 23:03 | | Comments(5)

柴ミックスわんこ、和洋のココロ

 きのこ、体重がちょっと増えて、今ベスト体重かもしれません。8.8kg。毛艶もそれなりによくなったと言われます。それとともに、元気全開。とにかく歩く歩く、遊ぶ遊ぶ。走る走る。エンドレス。長らく老犬とまったり散歩だった私には、時々きつい。
 犬の登録は7歳ということにしたのですが、もっと若いかも。根拠は歯石のつき方だったのですが、カリカリを食べない犬は歯石がつきやすいらしいので、5歳くらいかも。

 そして、遠慮深くて控えめなコと思ってましたが…ありゃ、猫かぶってただけでした。だまされたわ~。控えめに見せかけて自己主張が激しくて実はわがままで頑固なきのこも可愛いからいいんだけど。

 ちなみに、きのこ、明らかに日本犬と洋犬の雑種ですが、たまに「柴?」と言われます。実は私も、今まで柴犬と柴系の識別がつかなかったですが。今は分かります。かつ、柴犬の個体識別もできるようになりました。柴は若犬から成熟すると、年齢とともに、外見がかな~りガッシリと変わりますね!

a0044136_11164286.jpg

これ、きのこ。顔が細くて耳が大きくて、眼がくりくり潤んだ黒目(まぶしくて細くなってるけど)

a0044136_1117753.jpg

これ、豆柴@特別ゲストT君。全然っ違うでしょ?声も違います。
[PR]

by cuora | 2010-10-18 11:17 | | Comments(6)

もったいないオハゲ

 毎日手作りご飯を食べて、シルエットは細いままなのに、手触りが「ぷよぷよ」になってしまったきのこ。炭水化物多かったかなぁ。

 で、ホームセンターに買出しに行ったときに、小型犬用の小さい袋のフードを見つけて、またチャレンジしてみました。見るからに食の細い犬も食いつきまっせ~風の美味しそうなの。これを手作り食の上に20粒ほど乗せて出したところ…

 フリーズして、眉間にしわを寄せて振り返りました。

きのこ「これ、なに…」
おばちゃん「食べてみ。美味しいよ」
きのこ「(匂いを嗅いでみる)これ、私嫌いって知ってるでしょ」(ますます睨む)

 最終的に超嫌々食べましたが…。ガックシ。

「うちの拾った犬が食べなかったフードですが」と開封済みのをよそのワンコさんに差し上げることによる、人間関係の悪化を恐れて誰にもあげられず。ストッカーいっぱいの酸化しているだろうカリカリ、もう今の季節カメも食べない。

 オヤツも好き嫌いが激しく、よその飼い主さんがくれたボーロを、しばらく考えた後口から吐き出した、とっても感じ悪いきのこさん。(そのボーロは、また別の家の犬が食べなかったので、みんなで食べてと預かってきたものらしく、人間関係的にはセーフか?)しかし、実は直前に同じボーロを買ってきてしまったことは、きのこにはまだ言ってない。未開封なら誰かにあげられるかも。
[PR]

by cuora | 2010-10-11 12:24 | | Comments(7)

ぶりくら行ったよ

 日曜日は爬虫類ブリーダーのイベントぶりくら市に行ってきました。金曜日から体調激烈に悪くて、行けるかなぁと危ぶんでましたが、なんとかたどり着きました。

 11時開場でしたが、私がついた11時過ぎには、お目当ての種類はすっかり売り切れ。それでも1頭だけカメのベビーさんを確保。

 そのほか有尾類のブースでシナコブイモリの超可愛いベビーさんを超破格のお値段(なんと1匹200円。さらにまけてもらった)で入手。(有尾類は、絶対CBしか買わないと心に誓う出来事があり…有尾類の飼育自体もうやめよう、私には向いてないと思ってテンション下がってましたが、ちょこっとだけ復活。現金なのだ)ブリーダーさんに色々とコツを伺ったら、「なんぼでも殖えます」と仰ってました。さすが凄腕!有尾はそのほかイベリアトゲイモリ、ウーパー、アカハラと爬虫類倶楽部さんにはスベイモリ、アルプス、アメイロ、ミナミクシ、マダラなどのベビーさんがいました。とっても破格のお値段でしたが、色々いすぎて決められず、断念。

 そのブースで隣に来た孫連れの方が「うちのイモリは息子(その孫のお父さん)が子供のとき採ってきてから、まだ元気だ」と言ってました。上手く飼えばカメほど寿命があるのですね。初めて知りました。

 終了間際に、たまたま立っていたブースでハカラメ(セイロンベンケイソウ)の苗をタダでいただきました。

 延々と冷やかし、だべり、夜景を見ながらお食事して帰宅。

 が、今朝ぶりくらのホームページを見たら…出展していたヘビを黙って持って帰った盗難事件があったらしい(涙)。魔がさしただけで、無事戻ってくることを祈るばかりです。
[PR]

by cuora | 2010-10-04 12:04 | 爬虫類 | Comments(15)