実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


朗報 卵は煮えてなかった!

セマルハコガメの卵6個のうち、ちょこ丸の生んだ卵2個は亀裂が入って白身が出ちゃって、ほんとにダメみたいですが…

もう1匹の♀の卵4個(途中で発生が止まったと思っていた分)は、今朝見たら…4個とも、中からつついて開けようとしている小さな穴が!

うれしいっっ、生きてた!

今日中に出てくると思うのですが…たぶん私の留守中に孵化しちゃうと思います。決定的瞬間を見たいのに。

孵化日数から考えると、私の思ったほど卵の温度は上がってなかったということで。

大きい卵2個が「爆発」しちゃった原因は、水分過多?

4匹は出てきました。まだデベソが完全にひっこまないのでミズゴケに潜ってますけど、明日には水場に移せると思います。超可愛い…すぐデカくなるけど。
[PR]

by cuora | 2010-08-31 06:51 | 爬虫類

卵が煮えてしまった…

夏ばて気味ながらも、なんとかやってます。

…が…。セマルハコガメの卵がダメになったようです(号泣)。

ミズゴケを湿らせて惣菜カップに入れていたのですが…水分が多すぎたのか、ちょこ丸の生んだ大きい卵2個に思いっきり亀裂が入り、白身が漏れてきてしまいました。

もう1匹の生んだ小ぶりの卵4個は逆に途中で発生が止まってしまったぽいです。(白濁の帯が途中で止まってます)

頭数も少ないので孵化器はなく、室内では涼しそうな所に置いてあったのですが…冷房の部屋ではなかったので室温が上がりすぎたのでしょう。

本当なら可愛い子亀が出てくるはずだったのに。一応諦めずに置いてありますが…生んでくれた2匹に済まないです。残念。
[PR]

by cuora | 2010-08-25 19:33 | 爬虫類

セミ(おえっ~な話なので要注意)

 文太はベランダでセミを捕るのが上手い。そして、ミンミン鳴いたまま咥えて家の中に持ってきて、見せびらかす。猫がわーっと寄ってきて「文太ちゃん、すごいね」と絶賛されるのが好き。セミは、サンボにくれる。いつの間にか死んでしまったセミをしつこく咥えて、チャイチャイして走り回るサンボ。セミでなかったらほのぼのした光景だ。
 しかも、海老蔵は硬いムシが好き。コガネムシくらいなら食べてしまう。

 近所のジャックラッセル♂は、飛んでいるセミを跳躍して咥えて、ミンミン言っているのをそのまま飲み込んだらしい。きのこも、セミにはおおいに関心があるらしい。

 実は美味しいのだろうか、セミ(おえっ~)
 
 家の中でセミの死骸を踏んづけそうになったとしても、宇治どんが若いときの事件よりは、ましだ。

 その日、床に大きなセミが落ちていた。ティッシュでつまんで捨てようとしたら…恨めしそうなネズミみたいな顔がついてた。…コウモリだった。そこから先の記憶が途切れている。
[PR]

by cuora | 2010-08-14 10:16 |

きのこも元気

 受動的に完全手作り食派になったcuoraです(涙)。人間のご飯も作りたくないほど暑いのに、毎日せっせと「きのこ飯」を作ってます。日替わりです。きのこは「これよ、これ」と毎食完食するようになり、体重も増えてきました(それでもまだ痩せすぎだけど)。

 真菌の通院もラストスパートを迎えてきました。秋にはいい毛がふきますように。

 きのこ用の小さいピーピーボールは、5分で壊すきのこ。ダイきちのお下がりのカメきちも、風前の灯。的確に笛の部分を狙ってます(涙)

 黒いワルいチビも元気です。ワルいです。

a0044136_16101376.jpg

[PR]

by cuora | 2010-08-07 16:10 |

透明標本

おばかなプーたろう さんの、父上の原生生物のスケッチの記事で思い出しました。最近存在を知って衝撃的だった「生物もの」。

透明標本

で検索したら色々出てきます。骨格標本とホルマリン漬け標本の機能がひとつになって、さらに美しさが加わったもの。透明標本界の第一人者の作品の写真集が出ているそうなので、是非入手したいと思ってます。標本なので、恐ろしい、けど美しい、です。

 骨格標本(つまり白骨?)も、恐ろしいけど美しい。でも、オークションを冷やかしていると美しくないものもある。趣味の問題ですが、狩猟の獲物だったとおぼしい鹿の頭骨と角の標本を「暖炉の上に掛けるような感じ」に仕上げたものは、完全だけど美しくない(だって自分の獲物じゃないし)。ニスたっぷり塗られた海がめの剥製も怖いばかり。亀の甲羅だけ、も怖いけど美しい(種類によっては、身近すぎて怖いばかりだけど)。魚の骨はなぜか平気だ。見慣れているから?形として美しいのは鳥の骨格標本。

 とはいえ、標本=死骸なので、家に飾る勇気はなかなか出ないですが、自然に抜けた鹿の角は、死骸ではなくて「落ちた爪」みたいなものなので、怖くないので、ちょっと欲しい。
[PR]

by cuora | 2010-08-04 23:28 | ほかの動物