実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


連休明けまでお休みします


えーと、ペットロスではありませんのでご安心下さい(笑)

風邪をひいたり、宇治猫のタンコブが破れたり、家族旅行をしたり、仕事が溜まりに溜まったり、諸々です。
[PR]

by cuora | 2010-04-25 18:03 | その他 | Comments(2)

ダイきち永眠しました

月曜日の昼過ぎに、あっという間に息をひきとりました。

若い頃は、しこたま手のかかる犬でしたが、晩年はいい犬になり、最後はほんとに手のかからない良い子でした。

皆様、色々とご心配をいただきありがとうございました。

飼主、落ち着きましたらまた復活します。


…いや、この1週間、ダイきちにかかりっきりで、他の生き物ほったらかしでしたので、落ち込んでいる間もありません(汗)
[PR]

by cuora | 2010-04-19 19:05 | | Comments(34)

ダイきち号到着

ダイきち号は、なりゆきで真っ赤なドッグカートになりました。
a0044136_943615.jpg

月曜日の夜中に急に具合が悪くなってから、「胃腸炎かも」と思って翌朝獣医に連れていき、結果は手遅れの癌ということでした。検査や点滴で疲れてしまい、帰り道に倒れて抱えて帰ってきました。その日は、缶詰少々を食べたのですが、それ以来何も食べなくなってしまいました。

水曜日は、なんとか歩いていけるかと外に出たものの数軒先でダウン。台車や犬用カートを通販で買おうとネットで見てみるが、細部がわからず悩んでいるうちにお客さんのところへ行く時間になった。そこで初めて通る道で、犬用カートの問屋を通りかかり、初めてカートの現物を見て、店主の経験談を聞き、「22kgのラブならこれでいける」ということで、展示品の25kgまで用のカートを送ってもらうことにしました。天の采配でしょうか(大袈裟?)強力トイレシートと激励の言葉をおまけにもらいました。

木曜日の朝、カートが届いたのでさっそく乗せて、獣医へGO!さすが乗り物好きだけあっておとなしく乗っています。点滴と吐き気どめ、痛み止めの注射をしてもらって帰宅。

ベランダにトイレに行こうとして窓が閉まっていたらしい。普段なら、吠えて呼ぶんだけど、声が出ないらしく、窓際でしちゃった。それが何回か続いて、トイレシートをその場所に敷いておいたら、もうそこがトイレと認識して、ちゃんと使ってありました。さすが鉄のお尻癖の男です。他の場所ではしないし、まだ歩いていけるのでオムツは免れてます。

目は覚めているんだけど、とにかく一日中寝転がってます。そして砂糖水しか飲まず、他のものはミルクさえ拒否してます。無理に勧めると吐き気で胃液を吐いてしまいます。金曜日は休診なので一日安静にしているしかありません。

という具合で、ほんとにもう長いことないようです。でも、基本的には普通にしていて、料理をしていると台所の入り口から覗いたりしてます。食べない以外は、数日中にも死んでしまうようには見えないのが哀しいことです。

さて、猫ずですが、宇治猫がまた挙動不審。今朝は、猫部屋からフギャーっっという声がしたのでとんでいってみると…海老蔵を叩こうとした宇治が、海老蔵の首輪に爪がひっかかったまま身動きとれずに激怒してました。外してやると、逆ギレ全開で「こいつ、こいつ」と海老蔵に飛び掛って廊下に転がって行きました。

ダンナが「宇治、おまえが悪い」と仲裁のつもりで、脚を入れたもんだから、理性ぶっとびの宇治猫にひっかかれたのは言うまでもありません。

宇治猫は神経質なところがあるから、リビングに入れてもらえないとか、人間がかまってやらないとか、何かしらいつもと違うのを感じてイライラしているのかもしれないけど、どうしようもないなぁ。

迷走は続くよどこまでも。
[PR]

by cuora | 2010-04-16 09:04 | | Comments(12)

それなりに平和な日

皆様にご心配いただきダイきちはシアワセ者です。ありがとうございます。

ダイきちは、とにかくしんどいらしく、水を飲んだら水の傍で、トイレから帰ったら窓の傍で適当に寝てしまいます。月曜の夜中に急に具合が悪くなったのがハウスだったからなのかなんなのか、ハウスには帰ろうとしません。柵も取り払ったんだけど。

高栄養の軟らかい缶詰を、半分くらい舐めるように食べ、高齢犬用ミルクを少し飲み、甘いヨーグルトを3分の1カップくらい舐めるのを朝晩二回。ブドウ糖を溶かした水はわりとよく飲みます。それも今朝は

「気がすすみません」と言ってました。吐き気止めが効いてきたのか、吐かないですが、グフグフと吐きそうにはなってます。ヨーグルトを前にして鼻にシワが寄るなんて、カチョー!的にはあり得ません。

 「もう好きなものだけ食べさせる」と思って、今までカップに残ったのを舐めさせるだけだったプリンやら加糖ヨーグルトやら、買い込んできたんですけど。

触ると痛いのか、「あんまり撫でていらん」そうです。「ひとりで静かに寝てたい」そうです。

構われるの命、獣医は天国、好き嫌いはありません、というダイきちがこの3つを「要らない」というのは、よほどのことだと思います。

好きなようにさせることにしました。嫌なら散歩にも獣医にも行かなくてよろしい。

実家犬モモも、週に1回、貧血改善の注射を打たないと死んでしまうというギリギリのところを彷徨っていて、こんなときだけ仲がいいのでありました。

犬介護疲れという意味では、何カ月も続けている実家の弟がいちばん参っていると思うのですが、父だけは空元気で「死んだ後のことも決めときや。うちはもう(葬儀業者を)決めたで」などという、いつもの乗り切り方にシフトしたようです。(父は事務的なことをしているとその場は元気が出る性格なのです)
[PR]

by cuora | 2010-04-14 12:38 | | Comments(7)

カチョー、癌でした(涙)

 先ほど獣医に行ってきました。

 徒歩5分の距離を30分ほどかけて。

 触診でひっかかり、血液検査でひっかかり、レントゲンでひっかかり、エコーでダメ押しでした。

 肝臓のあたりに大きな腫瘍ができていて、消化器官を圧迫して通りが悪くなっているので吐いたようです。つまり癌です。すでに転移している可能性が大きいのと、年齢的に開腹手術に耐えられないのと、開腹しても取りきれないのとで、手術は勧められませんと言われました。

 私自身、13歳になったときに「今後癌になっても手術はせず、痛みを取り除くことに専念する」と決めたのですが、悩む必要もありませんでした。

 点滴と注射をしてもらって、流動食をもらって帰ってきましたが、弱り方が尋常でなく、帰りは疲れてへたりこみ、半分くらい抱えて帰ってきました。

 明日からの通院、どうしたものでしょう。

 「最近老けたね。散歩もあんまり行きたがらないし」とは言っていたものの、快食快便で、日曜日の朝は、少し離れた河原でいつもの距離を歩いたし、昨日の夜中までは全然そんなこと思いもしなかっただけに、現実のこととは思えません。
[PR]

by cuora | 2010-04-13 11:47 | | Comments(14)

季節の変わり目?

 昨晩12時頃、ダイきちが突然ゲロりました。夕方食べたフードが消化されないまま全部。

 あらら、と思っているとさらに挙動不審になり、また突然のシッコ。

 惚けたか!と驚いていると、さらに気分が悪くなったようにへたりこんでいる、お尻のあたりが怪しい。

 ウンしてるよ。

 その後もさらに気分が悪そうになり、部屋の隅までいって、立ち尽くしていたと思ったら、水下痢。

 まだまだ出したい素振りだけど、もう出すものがなくなり、ハウスまでの3mの距離も歩けずその場で一晩寝ました。

 一晩寝たら少しは気分がよくなったみたいですが、何しろ出すもの出して力が出ないのかまだへたってます。

 朝一で獣医行きだな。歩いて、帰ってこられるか心配だけど。

 ここ数日、季節の変わり目なのか、とても調子が悪そうだったけど、こんなことは初めてなので、ちょっと心配。

 それに、昨晩は遅い晩ご飯の最中に↑のようなことで、人間はあまりご飯が食べられてなくて、眠りも浅くて、眠たい。

 こんな時に限って、超急ぎの相談が入って、午後から出かけないといけない。

 昨日は、このまま死んでしまうのかという勢いだったので、まあ贅沢な悩みということ。
[PR]

by cuora | 2010-04-13 07:52 | | Comments(1)

ロシアンオリーブ

 玄関先の、吹きさらしカンカン照りの過酷な場所に、鉢植えにしても平気な目隠しの木が欲しくて買ったロシアンオリーブ。
 本物のオリーブは高価で成長が遅いけど、ロシアン君は砂漠緑化に使われるらしいほど成長が早くて丈夫という。即採用。本当はオリーブの仲間ではない。
a0044136_12552837.jpg

 常緑樹と書いてあったけど冬の一番寒い時期は葉が落ちてしまった。けど春にはいち早く芽吹いて、今は蕾がついている。

 これがいい香り。キンモクセイの仲間らしい。

 クマノミズキも葉が出てきました。彼のミッションは、早く育って日陰をつくること。
 
a0044136_12465741.jpg


なーんとなく植えたミント。枯れたかと思わせて、25倍くらい殖えて出てきました。
a0044136_12525027.jpg


ブリムストン。黄色い産毛の生えたような可愛い草。
a0044136_12501117.jpg


 カメも起きてきたし、植物は爆発的に育つし、犬猫は冬毛を落とすし、お世話係は嬉しい悲鳴。
[PR]

by cuora | 2010-04-10 12:55 | 植物 | Comments(3)

初めてのお漏らし

 我が家のカチョーことダイきち、13歳半にしては若いと自信を持っていたのですが…。

 先日、キャットシッターさんが打ち合わせに来られたとき。熟睡していたダイきちは(最近少し耳が遠いので、部屋に入るまで気が付かなかったらしい)、部屋に突然動物好きの人が来たもので嬉しくて大興奮。が、寝ぼけていたので、床に置いてあった鉢を倒してしまいました。それはいいのです。(それはいつものこと)

 自分自身もなんだか変な姿勢で寝そべっているので、脚でもくじいたかと思ったら…

 突然体の下に広がるシッコの海。

 ダイきち、数々の欠点はあれど、お尻癖だけは完璧だし、興奮症だけど嬉ションはなかったので、初めてです。こんなことは。

 実は大のほうも、最近一度に全部出なくて、小分けに何度もするようになったのですが、先日、散歩から帰ってから、家に入ってすぐに、ポロポロと残りのウンをしたのでたまげたことがありました。

 飼主の贔屓目で若く見えても、よその人から見ると「老犬」らしく、つい数日前に、仲良くしていた同じラブ飼い(すでに大往生)の方が「うちのBのために買ったけど使わなかったから」と大型犬用オムツをくれました。

 そのときは「うちはオムツなんてまだ早いわよぉっ」と大笑いしたのですが…うーーむ。老犬介護の先輩の目から見て、ダイきち「そろそろ下の問題が出てきそう」に見えたんですね。

 冷静に考えると、白髪が増えた。散歩は近所をちょこっと、歩く速度は往年の倍以上かかるようになった。食べても痩せてる。イビキがすごい。すぐむせる。絵に描いたようなおじいさんではありませんか。

 あ、でも抜け毛だけは若い者に負けません。

 写真は後ほど…。
[PR]

by cuora | 2010-04-09 15:20 | | Comments(4)

迷子の黒ラブくん、嬉しいお知らせ

 乗馬クラブに保護されていた黒ラブくんは、会員さんのお家のコになることが決まったそうです。会えなくなるのはちょっと寂しいけど、オメデトウ!心配してくださった皆様、ありがとう!

 (私が内心「どうしてもアレならうちに連れて帰るか」とか目論んでいたことは、皆様お見通しのことと思いますが…我が家の平和的にもよかったよかった、です)

 今日も歓迎の頭突き&ヨダレ塗りたくり攻撃で出迎えてくれたH君(←新しい名前)、ほんとに陽気で可愛いです(ラブ特有の、人間好きすぎゆえの暑苦しさはありますけど)。幸せになってよかった。もうしばらくはクラブにいるそうなので、もう一度くらい会えるかな?

 頭突きされたとき、新飼主さんが咄嗟に「あ、ごめん」と言ったのにウルウルきちゃいましたよ。
[PR]

by cuora | 2010-04-04 17:49 | | Comments(3)