実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


大脱走Ⅱ

朝、ダンナに起こされました。

「トイレの窓が開いてた。猫、全員いるか?」

点呼したら全員いました。

トイレを見たら…網戸が落とされて窓が全開になっていて、床のマットには泥の足跡、枯葉と血がちょびっと。窓の下の壁には泥の爪跡と血がちびっと、宇治猫の毛が。

夜明けに猫がむぎゃ~っぎゃわ~っといっている音が聞こえたそうです。私は前の夜の飲み会のせいで沈没してました。

推理 窓が開いていてドアが風で開いたので、ガビ蔵が網戸を外した。その後が分からないのですが…誰か(ガビ蔵)が外に出た。が、雨は降っているし、またブチに遭遇したのでたまげて窓に飛び乗って帰ってきた。が、窓枠に宇治猫が乗っていて衝突した。二匹はもつれあってトイレの床に落下。そのときにむぎゃ~っと鳴いた。
「嗚呼恐ろしい」とその後トイレには近づかない…。

しかし、我々が起きたときには猫どもはすっかり毛づくろいしていたので、犯人は特定できず。真相は永遠に闇の中、なのでした。

なお、そもそも窓を開けていた犯人は、私でした。
[PR]

by cuora | 2009-06-30 07:57 | | Comments(4)

うかうかしてたら


 再引越しまであと1カ月なかった(笑)。ひゃ~暑い最中の引越し、想像したくない。 自宅はかなり出来上がり、クロス貼りの段階まで辿り着きました。

 そして、猫どもによる仮住まいのキズをどう誤魔化すか思案もしないといけません。

 主に
1 ビニールクロスの引掻きえぐれキズ
2 引戸の角が丸くなったとこ
3 合板に猫よけを貼った両面テープの跡
4 パンチカーペットが爪でモケモケになったとこ
5 和室の砂壁の傷跡(じゅらくっていうの?キラキラの入った壁)

4は、地道にカミソリでショリショリと毛玉取りのようにして取るしかないか。
3は、そんなような補修テープがあるらしい。

問題は1と2と5。もともと誰かに齧られた跡やら、子供の落書きやらが残っていたし、障子もあちこち破れていて、お世辞にも綺麗な物件とは言えなかった。とはいえ、さらにボロっちくしてしまった。うーーん、返ってくるのか保証金。

どーしよっ、どーしよっ、みーつけられたら怒られる~♪と歌っている場合ではないです。誰か、いい智恵を貸して下さい。

ちなみに、ダイきちによるダメージは今のところない。さすが犬!話せば分かるのである。
[PR]

by cuora | 2009-06-29 12:27 | その他 | Comments(9)

購物(ショッピング)

毎日暑いですね。湿度200%でしんどいです。
(いつものことですが)ヤル気が起きず、仕事は滞り家は荒れてます。

気分転換に買物に行く気にもなれず、ネットショップを覗いていたら、私のツボにはまるお店を見つけました。

香港雑貨 叉焼猫
魔法瓶とホーローのお弁当箱を買いました。

手書きの花がついた魔法瓶は、私が初めて中国に行くようになった頃まだ現役で使われていたものです。中国の古いホテルに泊まると、(その頃まだ外資系ホテルはなかったので国営ホテル)大きい魔法瓶にお湯が入れて置いてありました。それがちょうどこんな感じ。

ホーローのお弁当箱は、家から持ってくためというより、お昼に食堂でご飯とおかずをこれによそってもらって食べるようなの。菓子盆にちょうどよさそう。

懐かしさと、叉焼猫さんのセレクト眼に惚れて(さらにニャゴ店長が海老蔵に似ていたことに受けて)買いました。

で、魔法瓶は半ば飾りと思っているので、下に敷くレースのドイリーを突貫作業で編みました。生成の糸で、遠くから目を細めて見ればまあ、味はある…かも(生まれて初めて編んだので勘弁してほしい)←家は荒れているのにレースは編んでます。

明日届く予定なので楽しみです。

a0044136_15165132.jpg


届きました。下に敷いているのが例のレース編み。薄暗くてよく分からない、のが狙いです(嘘・笑)。
[PR]

by cuora | 2009-06-24 18:47 | | Comments(12)

学級委員のピンチ

 数日前、私は深酒で早く寝た。
 テレビを見ているダンナの横をすり抜け、網戸を開けてガビ蔵が脱走した。
 それにくっついて、ビスコも出て行った。
 何故かいつも、ガビ蔵のあとにくっついて出て行くのはビスコ。
 でもビスコはすぐ帰ってくるから。

 と安心していたのですが…。

 ダンナに起こされて探しに出ると…

 北隣の家の庭先から「ふぎゃおんっ」という声とともに、白黒ブチの猫と黒っぽい猫がもつれあうように転がり出てきました!

 ああっビスコだっ、と思う間もなく、ブチに踏みつけられた黒っぽい猫が、南隣の家のほうにすっ飛んで逃げていきました。嗚呼、あれはビスコだ…(溜息)。蜜柑色の猫も、どたどたと逃げていきます。嗚呼ガビだ。

 ダンナが様子を見に行ったところ、数軒先の家の表でブチが見張っていて、その奥に出るに出られぬうちの2匹がいるらしい。

 しばらくして、ブチが持ち場を離れた隙に、蜜柑色の猫が常にない、まっすぐな足取りで走ってきました。

 捕獲!

 その後またブチの見張りがついて、戻るに戻れないビスコを待つこと30分、なんとか監視の目をかいくぐってビスコが情けない声で鳴きながら、ブロック塀の陰に隠れて帰ってきました。猫の涙目って初めて見ました。

 ブチ、縄張りに急に2匹も現れて、焦ったでしょうねぇ!

 ビスコはとくにケガもなかったです。ブチ、手加減してくれてありがとう!
[PR]

by cuora | 2009-06-11 21:18 | | Comments(12)

ヤレヤレ…

 ダイきちのフィラリアと狂犬病に(←正しくない日本語です。猫缶と同じくらい間違ってる)獣医さんに行った日。ものすごい混雑ぶりでした。

 それでなくても狭い待合室に、タオルケットにくるまれてオバチャンにだっこされた大っきいコーギーが。
 「あら、重病で慌てて抱えて連れて来たのかしら」と話を聞いていると…
 肛門腺がつまった、だけらしい。なぜタオルケットにノーリードかは不明。

 そして、お会計の隙に表に飛び出した…。そりゃ元気だからね。
 無事捕獲されたけど、表はバス通りだからねぇ。

 ヤレヤレと思っていると、今度は、待合室に入りきれずに外で待っていた猫の飼主さんが

「駐車場で猫に逃げられた人がいます!」と飛び込んできて、看護婦さんが猛獣捕獲網を持って出て行きました。が、私が帰るときもまだ
「塀の上に逃げたらしい」
とかやってました。

 どうも、野良猫が風邪をひいたのでダッコして連れて来た、らしい。

 こんなに立て続けにヤレヤレな人に遭遇するとは。

 ダイきちは、痩せてました。♂のラブで21kgちょっと。爺さんだ。

 ちなみに、ダイきちは、相変わらず一刻も早く診察室に入りたく、終わっても帰りたくなく、暑苦しく騒いでいたので、他の患者さんにとってはヤレヤレのうちの一組です。

 あ、猛獣捕獲網って正式にはなんというのでしょう?虫とり網の大きいようなもので、頑丈なロープで出来ている。あんなものが常備されているとは、獣医さんも大変です。
[PR]

by cuora | 2009-06-08 21:14 | | Comments(9)