実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ステファニーになるため臨時休業

仮住まいをやっと決めてきました。思いのほか、取り壊しが目前に迫ってしまい、またまた引越し臨時休業とさせていただきます。
事務所のPCは全然無事なんですけどね。ステファニーに加速がかかってきました。ステファンは…足を痛めたとか胃を壊したとか…知らん。猫の手を借りようとしたら、グリコ様が洟を出されて、この時期に(フィラリアで込み始めるこの時期に)獣医通い…。とほほほほほ。

4月半ばにまた開店とさせていただきまーす。

店主
[PR]

by cuora | 2009-03-23 20:12 | その他 | Comments(6)

お役御免

急に暖かくなった今日、あれほどダッコちゃんだった文太に見限られました。

「食堂のおばちゃん、もう暑いし、ええわ」

チ、チクショー(涙)
[PR]

by cuora | 2009-03-17 23:31 | | Comments(7)

ステファニーに変身中

 さあ、荷物をまとめていかなくては!今週末には建て直し中の仮住まいを見に行く予定です。

 そして、この際不用品を捨ててしまおう、いや捨てなくては!と毎日ちょこちょこ捨ててます。

 「これは引越し屋さんに頼んでまで持って行って、果たして使うか」という目で見ると、物はどんどん減りますね。2年間使わなかったモノという基準でも、これまたどんどんと。

 というより、要らないものを溜め込みすぎの夫婦のようです。

 どんなものかというと…

 いつか何かに貼るかも、と思っていた包装紙の余りがたくさん→何に?
 いつかまた、晴れた日なら穿けるかも、と思っていた水が沁みる防水靴→足が蒸れるだけでは?
 いつか何かにつけるかも、と思っていた、パーツが取れたりガラスが欠けたりしているストラップが山ほど→ガラスが欠けてて手を切る縁起物の韓国風魔よけトウガラシは、魔を避けてくれるとも思われず。
 2005年に賞味期限の切れたオリーブオイル、しかも4本もあった→存在自体知らなかったので、発見したときは新鮮な驚きでした。
 その後法改正が3回くらいあった法律の解説書→こんなものをもとにして書類を作ったら、訴えられます。
 いつかまとめようと思っていた新語単語帳の束→もはや死語の束。
 薄めたら使えるかもと置いてあったネイルエナメル大量と同じく使いかけの口紅大量→こんな色、昔の石原真理子みたい。口紅は、賞味期限ないのだろうか。
 猫に人気がなかった、気の抜けたマタタビ
 大量の、某資格予備校の昔の講義テープ→テープを再生するデッキはとっくに捨ててますが?
 一度も作ったことがない、やたら手間のかかる料理の本
 吸着力が弱くてすぐ落ちる「魔法の吸盤」セット
 賞味期限切れのホウサン団子
 いつかまた流行が一巡して使えるかもと置いてあった、就職活動用風のバッグ→カビてます。
 ダイきちに買ったら不評で、中で嫌がらせシッコまでされたビニールプール→最近は雨に濡れるのも嫌がる爺さんが、いつ入るのか?

 逆に、ブルガリのネックレスが出てきました!やった~
 
 ダンナのものには手をつけてませんが、同じような状況だと思われます。
 なかには、ダンナの実家で結婚前に封印→新婚仮住まい→今の家と開封しないまま持ち歩き、今に至る開かずのダンボールもみかけました。中身は本やらナンやら、みたいです。「大変重たい、危険」と書いてあります。ダンナもステファンに変身してくれないかな。

その後発掘された要らないモノたち

 昔、視察団などで中国人ビジネスマン達からお土産としてもらった自筆の「書」の山。たった一回名刺交換しただけのオッサンの「敬天愛人」とか「一衣帯水」なんていうありがちな書。
 本体はもうない水槽器具のパーツ。
 キャンプで1回使って不便だった便利グッズの山。
 旅先で買った、いかにも土産物感あふれる絵。
 どこかで貰った置物(陶器の馬とか)や器。

 
[PR]

by cuora | 2009-03-16 15:21 | その他 | Comments(11)

怒りのオカン

「詳しくない」とぷーままさんにツッコミいただきました。
話せば長くなります。

 住宅密集地にあるうちの2階のベランダには、10年の経験が蓄積された「猫脱走防止構造」が構築されとります。素通しだった手すりにラティスをくくりつけ、さらに上の部分には猫よけのイガイガがびっしりとつけられてます。これがないと、隣の家のひさしだの、うちの大屋根だのに飛び移られてしまうからです。
 何日か前、一番飛び移り易い「黄金ポイント」のイガイガが海老様によって壊されていました。海老様が隣りのひさしに乗っているのを見たのですが、不精してちゃんと直さずにいました。(←最大の原因)

 最近、文太はオトナになりかけていて、ワル文太になってました。が、根がヘタレなので無茶はしないと思い込んでました。

 昨晩は一人だったので、早々とご飯を食べ、確定申告の伝票入力もゴールが見えてきたので、カメの水槽の掃除などしていました。途中、家の外から「ドガン」という、猫が屋根に飛び乗ったような音がしてましたが、私はてっきり、2階のベランダの手すりに飛び乗った音だと油断してました。

 しばらくして、1匹足りないことに気がついて、慌てて点呼をとったところ、いないのは文太でした。

 嗚呼、さっきの「ドガン」は文太だったか…。

 間の悪いことに、文太は子猫用の首輪をしていたのですが、それも小さくなってきて一番外のベルト穴で留めていたのを器用に外して床にほっぽってあったのがその日の朝。ということで今は鈴もない裸の黒猫状態。鈴がついていれば、音で居所が分かるので、うちではワル猫には鈴をつけているのですが。

 ということで、ニボシの瓶を手に探しに行くと、どうやら東隣の家のベランダの屋根にいるようです。が、脚立を取りにいっているうちに遁走してました。

 しばし休憩。

 今度はうちの猫が玄関に集まっていて、学級委員のビスコが「外になんかいます」と教えてくれました。表に移動しているらしい。

 うーん、気配はするんだけど、黒くて見えません。

 2時間半経過、そろそろ帰りたくなってきたらしい文太がゴソゴソ出てきました。

 猫缶、ニボシ、猫じゃらしで完全武装。猫缶でおびきよせたら出てきました!が、半分野生に帰っていて、5センチの距離まで来て、餌だけ盗って逃げます。タックル2回失敗。
(文太「だって、おかちゃん、怖くないよ~て猫なで声で言うけど、怒りのオーラが出てて、コワイんだもん」)

 よし作戦変更、と家の中の猫を猫部屋に押し込めに行っている隙に、猫じゃらし盗って逃げてました。ガレージからは、猫缶食べて元気になって楽しくなった文太が猫じゃらしで遊ぶ音が聞こえてくるのが、虚しい限りです。

 薄暗くした玄関の戸をあけて、見えるところに美味しいもの山盛りの皿を置いて、入ってきたところをドアを閉めてしまおうという作戦です。

 何度も覗きにきてはやめる文太。

 そしてとうとう、その時はやってきました!

 うかうかと入ってきた文太。今だ!立ち上がる私!

 バーン!

 驚いて二階にすっとんで逃げる文太。

 はあぁあぁあ~

 戻ってきた文太は、野生の顔から飼い猫の顔に戻って、平気で触らせてくれます。速攻で、予備の大人用鈴つき首輪をガッチリつけました。

 いやー、他の猫なら、怒りはするけどここまで心配しないと思うんです。

 なんせ、文太は筋金入りの「弱い、怖がり」猫で、長引くと外の猫にやられるか追いやられるか、さらに怖い場面では飼主さえも怖いという猫なので、帰りたくても帰れない猫になる可能性が大きいからです。

 文太的には、「ぼく、また一つオトナになった」と満足そうですけど。

 途中、隣りのひさしの上に文太らしいシルエットをみつけ、長いこと、それに向かって「文太」と呼びかけたり猫じゃらしを振ったりしていたのですが、実はそれは電気のナンかだったことは秘密です。
[PR]

by cuora | 2009-03-12 09:40 | | Comments(10)

ぶんたが帰ってきました

帰ってきました。どっと疲れました。
お騒がせしました。
[PR]

by cuora | 2009-03-11 23:29 | | Comments(3)

ぶんたが

 文太が家出をしてしまいました(涙)。

 どうしよう…。
[PR]

by cuora | 2009-03-11 22:02 | | Comments(2)

どふっ

どふっ! 終わったおわった!(一応)

いや~ほんとに、物理的に、吐きそうになってました。
もう、追加追加で、一体幾らになるのか不明(笑)。
もう、ここの仕事は受けないぞ。

さて、通常業務が滞っておったのを片付けて、確定申告して、家具のサイズを測って、掃除して、ほったらかしのダイきちのブラシをかけたら休もうっと(明日まで)。
[PR]

by cuora | 2009-03-05 11:47 | その他 | Comments(6)