実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


多肉植物

 今年の夏には多肉植物を腐らせてしまいましたが、物欲が秋の訪れとともにまた…。園芸店にいくと、1ポット100円から200円くらいで、寄せ植え用の多肉植物が並んでいて、それがまたどれも可愛らしいのでついつい買ってしまいました。

a0044136_14373436.jpg

 近所のおっちゃんに盆栽用の鉢をもらったので、寄せ植えをしてみました。

a0044136_14375415.jpg

 もう一つは、寄せ植え用で売っていたけど、きっとすぐはびこりそうだったので、別の鉢に。プルプレア。

a0044136_14382583.jpg

 そして、プルメリア。グアムとかハワイとか沖縄の土産物屋さんで、袋に入った挿し木用の茎(ただの棒)が売られていて、「街で見たプルメリアが自宅で咲いている光景」を妄想して色々買って挿してみたものの、殆どは腐ったり、全くただの枯れ木になっていたのかそのまま朽ち果てたり。運のいいこれだけがここまで育ったのですが、何色の花の木だったのかもう全くワカリマセン。
 もう何色でもいいです。咲いてくれたら。(園芸店で苗から買ったほうが割安だったかも)

a0044136_14385791.jpg

 おまけ。多肉の写真を撮って家に入ると寝ていた猫。
 「海老蔵だって猫である」
[PR]

by cuora | 2008-08-30 14:39 | 植物 | Comments(7)

近況

 少し涼しくなって、あれこれ鉢植えをいじったり、する気になってきました。ブログの更新も、暑すぎてさぼってましたが、またボツボツと書きます。

 さて、急に涼しくなって、ベランダのマルギナータとビルマホシも昼間にも出てくるようになりました。
 去年までは夏ばてをしていたマルギのととまるは、大阪の夏に順応したのか、梅雨にも酷暑にも食欲が衰えず。ビルマホシガメも、春からずっとベランダに放り出したまま風呂も入れてませんが、適当に雨にあたり、とても元気です。最初の1年間のあの苦労はなんだったのか、という感じ。

 涼しくなって、ととまるはプチ発情しましたが春のようなしつこさはなし。地中海のカメなので涼しくなると食欲も増すかと思えば、逆に少し食べる量が減りました。逆に、暑い国のビルマホシは食欲が落ちるかと思えば、全く変わらず、競争相手の減った分いつまでもいつまでも根気よく食べています。
 体が大きくなった分、3匹で食べる量は対前年比かなり増えてます。オヤツのトマト、去年は3匹で4分の1個くらい→今年はまるまる1個。青菜は一把丸ごと、カルシウムを振りかけて置いておくと、綺麗さっぱりなくなっています(細かく刻んでいたのが嘘のよう)。野草の採れる場所がなくなったのが、つくづく痛いです。

 水ガメも、今年は早くから暑かったせいか、すごい食欲で、勢いよく成長しました。とくに成長著しかったのは、グァテマラアカスジヤマガメ。15センチ近くになりました。鯉の餌でもくず野菜でも何でも食べてすくすく大きくなり、あっという間に甲羅干しの島に乗り切らなくなりました。
 その他のカメも成長著しいので、来年は、抜本的改革をしないとだめです。

去年の9月にミスジのすみちゃんが9センチになった、と書いてありました。今13.5センチ。1年(正味半年は冬眠)で4.5センチ成長しています。冬眠から覚めてからひと夏で3センチは育ってます。2歳で13.5センチ、速い。

 昨日は家で焼肉をしたのですが、ついでにカメ用に牛レバー焼肉用を買って来ました。去年まで、100gも買えば充分だったのですが、今年は200gでもオヤツ程度にしかなりません。犬用の鶏肉缶詰も食べますが、生肉はやっぱり違います。
a0044136_12183411.jpg

(写真はアウロのつねちゃん。)

 暑すぎたせいか、ニホンイシガメは隠れてばかりでした。餌をまくとひょこひょこ頭が出てくるので、庭にはいるみたい(アバウト・笑)。囲っても出てしまうので放し飼いにしちゃいましたが、もうこの庭に住み着いているので、出て行ったりはしないようです(今のところは・汗)。

 暑くて喜んでいるのは、アダンの苗。沖縄物産店の通販でヤドカリ用品を買うとおまけに、落ちた実から発芽したのをつけてくれました。沖縄好きな人のツボを心得ておられますねぇ~。さっそく川砂に植えてみると、幸いうまく着いてくれて、カンカンの日向の石段の上で元気に生きています。只今3苗あります。問題は冬ですね。トゲトゲの葉っぱでもよければ、お近くのかた1鉢いかがですか?
a0044136_12185529.jpg

 土産物の挿し木から1本だけ生き残ったプルメリアも大きくなりました。取り木したウンベラータは一気に2本になり、予想に反してどちらも成長中。クワズイモは見事に再生してきました。うーーん、問題は冬ですね(猫にやられるので1階の一部屋に密集して冬越しするのですが、ダンナに大変不評なんです)。
 多肉植物は、夏の暑さで壊滅状態となってしまいました。アロエディコトマと、あと名前の分からないのと、多肉のオブジェみたいなのが生き残ってます。サボテンは、どうも煮えてしまったと思われます(とほほ)。
[PR]

by cuora | 2008-08-24 12:19 | Comments(7)

猫のオシッコの上に寝た女

 37.5度という、一番ダルうっとうしい微熱でおでこアイスノンを乗せて自分のベッドに寝転がった私。

 嗚呼、アイスノン気持ちいい…ひんやりぃ

 嗚呼、それに(タオルケットの丸めたのに乗っけた)足もひんやりして気持ちいい…


 …

 ん?

 なんで足が「ひんやり」なんや?

 むむむむむ…

 もうお分かりですね?

 丸めたタオルケットに、たくさんシッコした猫がいて、私はそのシッコの上に足を乗っけて寝ていたんですね(脱力)。

 勿論犯人は(見てないけど間違いない)、海老蔵、別名海老丸、またの名はション太郎です。ション太郎は布の上にシッコするのが好きなのです。

 畜生!敷物にまで染みるほどするとは!

 ヤツは、気のいい陽気な、ほんとにいい猫ですけど、ション癖だけは最悪や。寝室立入り禁止や。


 それに比べて、その他のことはかなり最悪なガビ蔵は、寝相だけはエクセレント。一緒に寝ても絶対、夜明けに目が覚めて騒いだり人間を起こしたり人のオデコやアゴを噛んだりせず、静かにじっとまどろみ、付かず離れずそっと寄り添い、トイレ癖は完璧。ゲロも吐かない。

 うちの猫のそれぞれのいいところをとって1匹の猫にしたら、完璧な猫になるでしょう。
[PR]

by cuora | 2008-08-21 20:11 | | Comments(5)

おとこダイきち64歳

 夏休みも終わっちゃいましたね…。ポニョを見て、乗馬センターの夏祭りに行って、実家に行って、あと微熱で寝込んで終わってしまいました(涙)。ポニョは、点数でいうと「68点」くらいでした。

 地味ですがこの休みに、水槽の入れ替えをしました。熱帯魚は小さい水槽に、ウパはまとめて90センチ水槽に、ちびウパはジャンボプラケから小型水槽に、イベリアトゲイモリはジャンボプラケから60センチ水槽に…と両生類もそれぞれ地味ぃに引越しました。

 90センチ水槽に入ったウパたちは…全く、置物のようです。大きくなると泳がないどころか、歩きもしませんね。でも、水量も増えたし、ろ過も何百倍の性能になりました。マーブルでも引取るというショップも現れ…たのですが、♀ばかりになってしまいました。
 そうそう、獣医さんの待合室に、犬と人の年齢換算表が置いてありました。それを見ると、ダイきちは64歳くらい、だそうです。うーん、手持ちの換算表だともっと高齢ですが、いつの間にかそういうことになっていたんですね。「もうおじいさんだし」とあまあまにしていたのですが、64歳なら若いやん!これから第二の人生という年やん!だまされた。

 ダンナもあまあまになっていて、この間買ってきた、ふくさ屋のカステラなんか、3切れ切って皿に載せてあるんで「あら、私に2切れくれようという優しい心遣いやねぇ」と思って食べていたら

「それ、ダイきちのん」

 ですと。
[PR]

by cuora | 2008-08-19 19:39 | | Comments(5)

こんにちは~こんにちは~(←五輪音頭)

 毎日煮えるように暑い大阪の住宅街からこんにちは。

 ただいま夏休み中です。といっても、ダラダラしてます。

 実家犬モモとダイきちのじじいの星とばばあの星対決(オリンピック馬場馬術も放送せんかい!)、とか。ダイきちの目はいまだ完治せず!(涙)川遊びどころか風呂も入れないぞ、とか。ウパ、魚水槽一つずつ引越ししたらすごい大変だった、とか。殺虫剤中毒になった私、とか。こねたは色々ありますが、パソのある部屋が暑すぎるのでブログも夏休みです。

 それでは皆様よい夏休みを!

 さて、オリンピック見てこよ。

 加油!日本隊!加油!中国隊!加油!大家!

 あ、古本屋でダンナが買ってきたタッチを全巻読んでしまいました。いや~そうか、そういう話だったか(かなり忘れてた&同年代の頃は分からなかったことが多々あった。)。

 あ、釣りキチ三平の実写版できるって。20世紀少年の実写版ももうすぐ。

 でも、なんで衣装や髪型までコスプレのように原作どおりにするんだろう。

 プルートも実写版になるのだろうか。

 あ、カメのことも少し。

 今年は早くから暑かったためか、カメが例年になく成長しております。面白いのでどんどん餌をやっています。
[PR]

by cuora | 2008-08-15 16:06 | その他 | Comments(5)

スズムシ

 去年の卵から孵化したスズムシが、昨日くらいから鳴き始めました。最初は下手くそなんですが、2日くらいで上手になります。

 血が濃くなるというのを読んで、追加で買ってきた「鈴虫の卵50個いり」は、古かったのか何なのか、3匹しか孵化しませんでした。

 よく言われているスズムシの飼い方をすると、粉ダニやら線のような虫が湧き易いようなので、去年からうちではやや乾燥気味にして、餌はコオロギフードか熱帯魚のフレークフード、野菜はニンジンを、それにニボシを爪楊枝に刺したものと、好きかどうか不明ですがカブトムシゼリーをやってます。楽しみもないと気の毒なので、たまにスイカのきれっぱしも(全部ありあわせともいう)。産卵数は少ないですが、一応ちゃんと成長して産卵までします。

 爬虫類の餌を買いに行って「鈴虫が…」というと「スズムシも飼ってるんすか?」とさすがに呆れられてしまいました。
[PR]

by cuora | 2008-08-07 09:08 | ほかの動物 | Comments(3)

ジャパンレプタイルズショー2008

 気を取り直して

 土曜日は静岡のジャパンレプタイルズショー2008に行ってきました。

 初日10時半に突入。気合はいってます。が、カメラ忘れました。今年はカメの展示もなく、「展示即売会」という趣きでしたので、なくても支障ありませんでした。

 密かに「いたら無理しても買おう」と思っていたカメがいますが、いませんでした。

 密かに狙っていたヤモリもいませんでした。

(その種類自体はいましたけど、**の種類の、色はこれ、大きさはこれくらいの♂がいたら…なんて具合なので滅多にそんな幸運はありません)

 今年は、ビルマホシガメが沢山いました。ミャンマーでたくさん生まれてどんどん輸出しているのでしょうか。お値段も、天々丸の頃と比べて安いです。絶滅したという噂が出ていた頃に比べたら、天国のようです。とても飼いやすいし穏やかなカメなので、嬉しいです。
 素敵にデッカいマルギナータリクガメも居ましたが、当然のように♂でした。

 アジアハコガメは、セマルハコガメとマレーハコガメとミスジハコガメとマッコードハコガメが何匹かいました。ミスジは全部見ましたが、全員♀でした(それに、うちのミスジのほうが綺麗でした)。マッコードは、素晴らしいコが割と(マッコードにしては)手の届くお値段でいましたが、目の前で完売してしまいました。それでも500円玉ほどのサイズで20万円。ひえぇえ~。

 そして何故かハリネズミが沢山。どこかの業者さんが仕入れたのでしょうか。あっちにもこっちにもハリハリハリハリ…凄く可愛いですが、肉食獣(猫)とは共存できないと散々言われているので見てるだけ。気配がするだけで気が休まらないのだとか。

 さて、カメとヤモリを堪能した後は両生類探し。

 ミナミイボイモリの♀を買ってしまいました。今年は保冷材と保冷バッグも持って行ったので、♂♀で欲しかったのですが、♀しかいませんでした。

 素敵な多肉植物やカエルのレイアウト用のミズゴケなど、うっとり眺めてしまいました。

 その他、餌や器具を買い込み、昼間からビール飲んで土産物も買い込み、うはうはでした。私、旅行先での買物大好きなんです。

 それでは、また来年。
[PR]

by cuora | 2008-08-05 08:41 | 爬虫類 | Comments(8)

うぱの悲劇

 朝っぱらから気持ちの悪い話ですみません。(本当に気持ち悪いです)



 うちの、ウーパー・ごま塩ジュニア2008年生まれを3匹、次世代として残しておき、45センチほどの容器に入れておりました。1匹、若干小さかったのですが、丸のみされるほどの体格差でもなかったので、まあいいかと思ってそのままにしていました。

 そして、土日と餌を抜いていて、今朝見たら…

 一番小さいウーパーが無残に食べられてしまっていました。

 齧られたとか、丸呑みされたとか、そんなことはよく聞きますが…

 去年生まれたごま塩ジュニア2007のうち、残した1匹の♀も、かなり凶暴で危ないのでいまだに1匹だけ隔離してますが、今後どうしようか(実はもっと小さい時期にも1匹喰いちぎられた・暗)。その前の年のジュニア達は、そんなことはなかったです。

 両生類では同種で食べあうこともあるのは知っているし、別に悪意があるわけでもなく、単に本能だとは思うのですが、いつもいつも満腹にしておくわけにもいかないし。中2日抜きって、うちでは普通です。成長したら週1回くらいのペースでもう10年くらいになりますが、そんな事故はなかったです。

 ごま塩は、貪欲でしたが、餌を入れたときに間違った場合以外は、他のウパを襲うようなことはなかったのに。アルビノ組も、そういう事故はないです。

 思い当たることといえば、金曜日にディスカスハンバーグをやりました。もろに肉ですので、血のニオイで凶暴化したのかも??
[PR]

by cuora | 2008-08-04 08:26 | 両生類 | Comments(2)