実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


関東関西合同ウパミーティング開催さる

 先週の金曜日、うぱるーむのティアラ姉さん、ほんのりアクアな日記のkiyさんの大阪襲撃訪問がありました。大阪からはうぱお日記のユウパコさん、パレアナクラブのadaさんと私で迎え撃ち晩ご飯を食べに行きました。

 ワインを飲んで洋食を食べながら「ウーパーの便秘」「餌昆虫の宅配」などについてアツく語り合いました(yasanやkeikoさんたちと飲んだ時の「某黒い餌昆虫の名前連呼」よりは穏当だったと思いますが)。

 ひとつ分かったことは、「両生類の方々は、カメの方々に比べてほぼ例外なく酒が強い」ということです。ティアラ姉さんは想像したよりずっと華奢だ、とかユウパコさんはとてもマニアックにウパ道を突き詰めている、とかkiyさんはブログのイメージよりオトナだとか、まあそのようなことも分かりました。

 お二人は近畿三都を次々と襲撃されたそうで、旅行の様子はうぱるーむさんに連載中です。
[PR]

by cuora | 2008-01-29 16:58 | その他 | Comments(15)

うちのシーサーと魚

a0044136_16362860.jpg
 以前、沖縄でダンナが気に入って買ってきたシーサーです。
 横にある壷は、先日観葉植物屋で一目ぼれして買った壷型植木鉢。何度も枯らしている(というよりは過湿で腐らせている)リュウビンタイを、またまた植えてみました。水は好きだけど株のところに水をかけてはいけないそうです。

 20代の頃は、アジアでも東アジアの乾いた感じが好きだったのに、いつのまにか湿潤、亜熱帯なアジアのほうが好きになってきました。身体が寒さに弱くなってきたのと関係あるような。

a0044136_16365226.jpg

 熱帯魚水槽は、丈夫な水草と流木をちょろっと買い足して、糸でくくりつけてみました。魚はゴールデンドワーフハニーグラミーを3匹追加。この3匹は今まで何を食べていたのか、安売りのフレークフードを食べない(苦)ので、乾燥イトミミズとかアカムシをやっています。1匹300円という値段に似合わないグルメです。突然の小魚の出現に怯えていたラスト・エンゼルも出てきました。
[PR]

by cuora | 2008-01-29 16:37 | ほかの動物 | Comments(0)

最高級いちごを食われた話


 うちの親戚に、京都の錦市場にある老舗八百屋さんがいる。錦市場で老舗、一般売りもしているけど一流料亭やホテルに青果を納入している、八百屋さんというよりも会社である。
 その人から正月に贈答用のいちごをいただいた。箱にうやうやしく、専用のくぼみを成型した発泡トレイが入っており、9つの窪みに9つの超大きい赤いいちごが燦然と輝いていた。

 ケチな私は、二人で二粒だけ食べて、残りは箱ごと寒い和室の棚の上にしまっておいた。が、それをヤツはしっかり見ていた。

 次の日、家に帰ってみると…空箱が床に落ちていて、いちごの残り香だけがほのかに漂っていた。

 後日、デパ地下で売値を見ると、だいたい五千円から七千円相当のものだった(この時点で目眩で倒れそうになった。ウンコを拾い食いするような犬に五千円のいちご。まさに豚に真珠だ)。

 さらに後日、スーパーに行くと同じ品種(のずっと小粒の)いちごが580円で売られていた。ダンナと私は未練たらしく、それを買ってきて「ダイきちにはやらん!」と全部食べてしまった。

 しかし、敗北感が漂うのは何故?


 それとも…贈答用の桃を3個食われて、獣医さんでタネを出してもらうのに一万五千円かかったことを考えると、まだましと思うべきか。
[PR]

by cuora | 2008-01-22 17:19 | | Comments(12)

育猫の悩み相談室

 縞々軍団の一員、アメショの海老蔵ももういいオトナです。そろそろ、団十郎になってもいいくらい。なのに、なのに…乳吸いがなおらないんです。

a0044136_20264993.jpg

 乳吸いとは…私の左手の脇の下あたりに顔をつっこんで、袖をちゅーーーっっっっと吸いながら、爪を出して腕を揉むこと。これをされると、服に洗ってもとれない吸い染みができる。服が爪でケバだつ。服が薄いと腕にキバや爪がくいこんで痛い。

 それはまあいいとして、海老蔵の乳吸いは、ちょっと「ライナスの毛布吸い」とか「幼児の指しゃぶり」みたいに、どんどんエスカレートして直らない。これではいかんと思いひっぺがしても、めげずに吸い付いてくるので、しまいにこちらが根負けして吸い付かせてしまいます。すると、うっとりした顔をして、いつまでも吸い付いているのです。

 指しゃぶりなら、指にからしを塗ればいいけど、腕にからしを塗って生活するわけにもいかないしなぁ。他の猫は、おとなになると直ったのになぁ…。

 とくに甘ったれた性格というのでもなくて、♂猫の中ではなかなか偉そうにしてるんだけどなぁ。

 そうそう、うちの猫は、自慢じゃないですが、6匹もいるけど、今まで本気で喧嘩をしたことがありません。みんな穏やかでよかった。
[PR]

by cuora | 2008-01-21 20:27 | | Comments(3)

なぜかプラティ買いました

 うちの食卓の横に90センチ水槽があり、今まではエンゼルフィッシュ軍団が泳いでいた。一時は三世代同居する一大勢力に。が、寄る年波(長老は10歳だった)と血の濃い繁殖(そもそもうちに来た世代が自家繁殖何代目かだった)(と去年夏の大量死事件)には勝てず、とうとう1匹だけになったのが正月のこと。荒廃した90センチ水槽に黒っぽい並エンゼル崩れが1匹とヤマトヌマエビが3匹だけ、という殺伐した光景は「何とかせんといかんなぁ」感が漂っていた。

 次もエンゼルかなぁ…と欲しい品種を探したけど全然見つからず。そうこうしているうちに地下鉄N駅にある大型水槽で小魚が泳いでいるのを見て(水草の茂みには稚魚がいっぱいいた)、急に「むふーっ」と鼻息が荒くなってしまい、とりあえず次の日、熱帯魚店に行ってみた。
 魚を買うのは8年ぶりくらい。あれこれ目移りしたけど、「これから10年クラスの寿命の魚を飼うのはちょっとしんどいかな」というのと、「リビングに置くのに私の趣味に走った黒いニョロっとした肉食魚やらを飼うのはちょっとね」ということで、初心に返って、レッドプラティ、テトラ2種類各6匹に決定。コリドラスとかオトシンクルスのお掃除屋、華やかなグラミーも欲しいところだけど、電車だったので水物はもう持てないから断念。

 ここの店の魚はとても健康なので安心。さらに各3匹ずつ♂♀を入れてくれたので、プラティは繁殖も楽しみ。家の水槽に入れてみると、もっと水草がほしくなった。水草なら別の店がいいので、近々行って水草用の蛍光灯と水草を買ってこよう。今の蛍光灯は普通の、台所の手元を照らすような蛍光灯なのだ(いつか臨時のつもりでつけてそのままウン年)。

 久しぶりの熱帯魚、熱は冷めたと思ってたけど、やりはじめるとやっぱり楽しい。でも、難易度の高い種類(水質にうるさかったり性質が荒かったりするの)に挑戦する気持ちはないので、今回のコンセプトは魚も水草も「安い入門種狙い」。安い種類は丈夫だからね。とはいえ、私自身の入門種はネオンテトラだったので、プラティは初めてなのだ。殖えるかな(いやその前にまだ成長させなきゃ)。

 しかし、一応主役(というか一番大きい)の先住エンゼルが、環境の激変についていけずパイプの陰に隠れたきり出てこない。うーーむ。

 そして真っ赤なプラティは、ちょっと金魚っぽい。「小赤じゃないぞ」と自己暗示をかけたが、ダンナに一言「金魚?」と言われた(涙)。

a0044136_17502837.jpg

(こうやって見ると我ながら荒れ果てた水槽だ・汗)
[PR]

by cuora | 2008-01-17 17:31 | ほかの動物 | Comments(6)

初心者馬場だ!

 6日の朝いちで、初の「初心者馬場」に参加しました。馬場が広い(感激)。嗚呼、乗馬って感じ。しかも最初の4回は専用馬(普通はどの馬に乗るか30分前に決まるけど、前もって指名予約できるシステムもある)を奮発したので、賢い優しいマドンナに乗ることが決まっているから気が楽です。

 29日に最後の初心者複合で当たった椿ちゃんは馬房を出てから帰るまであらゆる場面でツワモノでしたから、それに比べたら、マドンナは文字どおりマドンナです。ヒヅメの手入れも馬装もおとなしくしてくれて、馬場に出たら脚できゅっと締めて合図を送るだけで、ビシっと速歩してくれます(血統を見たら、サラブレッドでした)。おかげで「蹴らずに発進できる」に印がつきました(笑)。ブレーキもよく効きます。難点は、賢すぎて、先生の「はやあし、よ~い」の声だけで「あ、はやあしね」と速歩してくれちゃうことくらい。

 でも、あんまり「よい子」ばかり乗っていると、難しい子に乗れなくなりそうなので、慣れたら専用馬はやめなくては。

 初心者複合までは、先生の教え方も懇切丁寧、お客様って感じでしたが、初心者馬場からは何となく「先生と生徒」って感じです(馬場が広いので、先生も声を出すのが大変なんです)。馬場が広いから前の馬の尻尾に齧りついたり、蹴られたりするほど馬間距離がつまることも気にしなくてよくて、自分の姿勢に集中できるから、楽しい楽しい。でも、速歩もかなり続くのと、レッスン開始時刻にはもうウォーミングアップが始まっているので、レッスン時間正味45分動いていることになり、初回なので疲れました。

 さて、体験乗馬のときから前回まで、グローブは100均のドライブ手袋、ダンナは軍手でしたが、私のドライブ手袋がヘロヘロになって手綱が滑るようになったので、通販で「滑らない」が売り物の乗馬用グローブを買いました。

 違う!しっかり持てます!鞭の持ち手が指に擦れても痛くないし。早く買えばよかったよ(早く買えよ)。道具は大事ですね。

 さて次回は、初の90分ぶっ通しレッスンに挑戦!(初心者馬場クラスは時間が選べるほどないので仕方ない)。うーん大丈夫かね。

 そうそう、乗馬センターのあるH緑地公園は年末年始と駐車料金が無料でした。なので、正月にはダイきちもH公園に出陣いたしました。その時の写真はまた今度。

参考
椿ちゃんの場合…食事中なのよっっとブリブリ怒って、これみよがしに通路に落ちている干草を拾い食いする。ヒヅメの手入れはイヤなので脚は断固上げない。ブラシがけは体を柵にくっつけて拒否。馬装はイヤなので暴れるぞこら、と目を剥いて私を試す(スタッフが手伝ってくれたけど最後まで抵抗)。引き綱を食う。馬場に行く道で道草を食う。そして、馬場では、断固走りません。
 溜息とともに終わり、馬洗い馬につれていったら…「はやく帰らしてねっ」と可愛く鼻づらをスリスリしてくるではありませんか!むむむむ、ムカつくけど可愛い(私の負け)

マドンナの場合…食事中だけどまあいいわよ、とおとなしく無口もつけさせてくれる。脚は自分から上げる。馬装もじっとしてます。馬場にはまっすぐ行きます。下手な素人の合図でもちゃんと汲み取って走ってあげます。ほらっ、先生の掛け声は全部分かるから、わたしがちゃっとやったげるわよ。で、でも、血が騒ぐのでちょっと走りそうになりますっ(やっぱり私の負け)。
[PR]

by cuora | 2008-01-07 18:51 | | Comments(6)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もうちの動物たちともども「実録!迷走日記」を宜しくお願いします。

ダイ、宇治、グリコ、ガビ、ビスコ、バブ、海老蔵
カメ一同、ヤモリ一同、両生類一同、魚一同(全部書くのがしんどいので…)

 さて、1月3日はうちの実家にダイきち連れて行ってきました。

 モモさんとご対面。お互い11歳になり、白髪が多くなったほかは相変わらず。加茂川に散歩に行きました。足腰も丈夫で大変ヨロシイ。
a0044136_13202414.jpg

(うちの父の横の王座を奪い合う二頭。「どうや」と勝ち誇った顔のダイきちと鼻の下長く伸ばしたうちの父)

a0044136_13204980.jpg
(白髪が増えて皮がますます弛んだ以外は元気なモモやん)

 しかし私は体力が衰えていて、散歩の最後に一人で二頭引き(合計55キロ)したら、犬も弱っているにもかかわらず(私が)かなりヘロヘロのヨレヨレに。昔はどうやって散歩させていたのか我ながら不思議でした。

 今年は、是非セマルハコガメの「あ。歩いてる」じゃないちゃんとした繁殖成功!他のカメも無精卵じゃない産卵成功、そして両生類も「う、産んでる」じゃない計画的繁殖成功!めざします。
[PR]

by cuora | 2008-01-05 13:20 | その他 | Comments(12)