実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


いない

 ミナミイシガメを脱走させてしまった話などを書いた呪いが早くも…。

 私の一番のお気に入りが忽然と姿を消してしまいました。探しておりますが、見つからなかったら立ち直れません。やっぱりミナミイシガメは鬼門だ。
[PR]

by cuora | 2007-05-31 08:57 | 爬虫類

白イシガメ


 カメ好きで有名な外交官の故・平原毅さんのエッセイを読んで知ったのですが、昔はミナミイシガメのことを白イシガメと呼んでいたようです。確かにミナミイシガメにはグレーの甲羅の、見方によっては白っぽいのがいます。黄色いニホンイシガメと比べたら確かに白い。

 何故近畿にミナミイシガメが分布しているのか、多分大陸から人が持ち込んだものだろうと言われているのは知ってましたが、平原説によると、白っぽいカメが縁起物として持ち込まれたのだろうということでした。なるほど、それなら合点がいきます。

 私はミナミイシガメに縁がないのか、最初に飼ったベビーは死んでしまい、その後飼った大きい♂は冬眠明けに油断した数分の隙に逃げられてしまいました。その頃はカメの運動能力をあまく見ていたのです。大きなカメがかき消したように消えてしまいました。そんなこんなで、また何かよくないことが起こるのではという気がして飼う気になれないのですが、いいカメです。
[PR]

by cuora | 2007-05-29 17:01 | 爬虫類

フトイモリ


a0044136_1528953.jpg
 

 真っ黒けで何がなにやらよくわからないこの生き物、ブログには登場してなかったと思いますが、もう半年以上前からいます。フトイモリの♂です。たまにイトミミズを買いに行く熱帯魚屋さんにいたのですが、見つけたときは残念ながら♂ばっかり残っていました。
 中国産の完全水棲で肉食、なので飼うのは簡単です。産地が違うのか、色がもっと薄い(赤い)のや大きいのや…をたまに見かけますが、同じタイプのはいまだ見つけてません。

 この熱帯魚屋さん、黒っぽい生き物を得意としていて、普通「熱帯魚屋さん」と聞いたときに想像するような色とりどりの魚よりも、怪しい、黒い、強い、渋い水棲の生き物が目白押しです。店頭展示も実用本位というか色気のない並べ方。でも、とてもお世話が行き届いているので、見た目の素っ気なさにくらべて売られている生き物の状態はどれもいいのです。シーズンにはウパも売られてますが、買うのが可哀相になるくらい、いい水といい活き餌をたっぷり貰って「ごんぶとさん」です。

そのお店のホームページに今シナコブイモリが出ています。す、すごく可愛いです。困った…。見るだけ見てこよかな。シナコブイモリ、なんだか苔みたいな色と質感をしていて、目が凶悪なんです。興味のない人には、ただのイモリだと思うけど(笑)
[PR]

by cuora | 2007-05-28 15:28 | 両生類

色白美人


 ミスジハコガメの九九ちゃん、ようやく本格的に庭に出しました。

a0044136_19365555.jpg


 で、この写真、色白美人に写ってますよね。実物はこんなに白くないですが、光の加減か色変みたいに撮れました。でも後ろにちょこっと写っているのもミスジですから、比べるとやはり色白なのが分かります。

 成長が楽しみです。(そのわりに甲羅にコケがついているのは…汗)

 (しかも背景がもろにトロ舟なのも…汗)
[PR]

by cuora | 2007-05-23 19:37 | 爬虫類

庭をいじったり猫を梳いたりののどかな土日です

 珍しく陽だまりでガビとビスコがくっついて寝てました。可愛い。
後ろには餌皿に上半身つっこんで好物のカボチャを食べるととまるの姿が。

 今年は五月晴れの日が少なくて、冬みたいに寒い雨の日や強風の日が多く、屋外組のカメの調子が今ひとつあがらず困ってます。例年なら、今の季節は驚くほど食べるのに、今年は好物のレバーやハツも残してあったり。こんな調子では、今年の冬は冬眠できるか分からないです(ということは室内に大量のカメが起きたまま冬越しということで…想像するだけで失神しそうです)。今朝もやたらと寒くて河原で風邪引きそうでした。

 そんななかで、ととまるだけは完全屋外飼育でも食欲爆発!(とはいえ、例年に比べると消化が遅いのか、糞が少ない)朝採ってきたタンポポとシロツメグサでは全然足りなかったようなので、キャベツとカボチャを出しました。

 そして今朝は、注文していた投げ込み式ろ過器「フィッシュレット」が届きました。親ウパ水槽で糞やら食べ残しが激しく水を汚すので買ってみました。糞を集める力が強いと評判のこのろ過器、半日でけっこう溜まりました。溜まった糞が見えるので、取れた実感があります(笑)
 親ウパのうち、もうダメと思っていたのりたまですが、少々怪しいですがまだがんばってます。そしてごま塩は、年をとった有尾類独特の怪物的なゴツゴツした容姿になってきて…とにかく強い、とにかく貪欲、です。
 oikyさんからいただいた3匹のゴールデンは、金平、銀平、銅平(命名時には識別不能)と呼んでましたが、名前がいけなかったのか、やたらと成長のいいのと、普通のと、やたらと痩せたのになってしまい、必然的に大きいのが金平、普通のが銀平、痩せたのが銅平ということに落ち着きました。金と銅の差が、だんだんと捕食者と餌くらいに開いてきたので、隔離間近というところです。
[PR]

by cuora | 2007-05-20 16:07 | その他

無くて七癖なんていいますが、猫にもそれぞれ癖があります。

宇治どんの場合、これ。
a0044136_21575534.jpg

(この写真はかなり進出してきてますねー。)

気が付くとPCを打っている私のすぐ横、マウスパッドに半分くらい乗って、待っています。何を?

 アゴさすさす、を。

 アゴさすさす、とは猫の好きなアゴの下から耳の後ろあたりにかけて、指でマッサージしてもらうこと。人間とのスキンシップがたいして好きではない宇治どん、たまに無闇と「アゴさすさす」の気分になるらしい。

「お客様、痒いところはございませんか?」
さすさすしてやると、自分で頭を回して、痒いところを押し付けてきます。

 気持ちいい顔の宇治どん、とても不細工です。
 それに、ふと気が付くと、なんだか随分老けてます。ついこのあいだまで、タンスの後ろに入り込むようなチビだったのにねぇ(いやそれはかなり前のことだ)。

 ちなみに
 ガビ蔵の場合は、膝ちょんちょん。「膝あいてますか?」と手でちょんちょんして確かめて、おもむろに乗ってきて丸くなって寝ます。
 グリ蔵は、肩乗り。いきなり肩に飛び乗って「この人間は上のほうまでワタシの」とニオイ付けをします。
 海老蔵はストレートにニャーニャーいいながらしがみついて乳吸いをします。
 ビっすんは玄関先に出たいときだけ愛想がいい。

 …バブ男は?バブ男は、食事のときだけ飼い猫のふり。あとは「触るな寄るな見るな」。昔はあんなに甘えただったのに(涙)
 
[PR]

by cuora | 2007-05-18 21:58 |

玉様

 トラックバック、毎日のように不要なものがぺたぺたついていてイヤなのですが、「坂東玉三郎」というのもくっついていて、これはイイです(笑)。大事に残してます。

 坂東玉三郎のファンですから。

 彼は「NHKお気に入り」の一人なのか、先日テレビをつけたらたまたま南の海で潜っている玉様の番組をやってました。彼は一年の半分くらいは海外で潜り三昧らしいです。その間は髪の毛も金髪のツンツンで顔は真っ赤に日焼けして、ちょっと年のいったサーファーのにいちゃんみたいなので、会っても絶対分からないと思います(ほんまにファンかというツッコミはなしね)。

 いや~美しい女形の玉様もいいし、鏡獅子の凛々しい玉様もいいし(実はそんな役もやる)、ばあさんメイクの「婆玉」もいいし、潜る玉様もいいですねー。リフレッシュしてまた美しい姿を見せていただきたいものです(くれぐれもエイに刺されて死んだりしないでほしいです)。
[PR]

by cuora | 2007-05-17 21:39 | その他

キャットタワー崩壊

 今使っているキャットタワー(猫のジャングルジム)は3代目で、某通販で安く売っていたものです。2台目もこのシリーズを使っていて、ボロボロになって買い換えました(どこで買ったかは忘れたけど)。

 ところが、3代目は、どうも欠陥商品のようです。何ヶ月か前に一番上のポールと板が突然倒れてきて、その時は「ネジがゆるんでいたか」と締めなおしたのです。が、その後また別のポールと板が倒れ…そしてとうとう今朝のことです。

 がごーーん

 という音に驚いて行ってみると、キャツトタワー上半分が捻じ曲がって倒れていたのです。ボルトが抜けて全体のバランスが崩れてメリメリと崩壊したみたいで、パーツもひん曲がってます。

 一見誰もケガはないようですが…下手したら死んでます(怒)(あとから具合悪くなったりもするのでまだ油断できない)

 とりあえず全部のポールを取り外して分解しておきましたが、もうここのキャットタワーは怖くて買えない(よくペット通販でお買い得品として1万円くらいで売っているベージュのヤツ!)

 ムカムカ!
[PR]

by cuora | 2007-05-16 14:01 |

渋滞を起こした話

土曜日は晴天だというのに、打ち合わせと無料相談会でさびしーく暮れていき、日曜日はあいにくの曇天…。日曜日は「遮光カーテン(まぶしくて夜明けに目が覚めると不評なので)」を買いに行き、その足でホームセンターとスポーツ用品店に道草してきました。嗚呼自堕落な日曜日万歳。

 ホームセンターでオオサンショウモなどを入手し、レジのおばちゃんと「えーとオオサンショウウオじゃなくてぇ」などというゆるい会話を楽しみ、ウキウキとダンナのクルマに乗り込んで100メートルほど走ったとき、


「あっクルマとまった」


とダンナが絶句したまま…ガス欠で路上走行中に突然動かなくなる、という超危険&超顰蹙な出来事が起きてしまいました。ぎょへ~。

 ガソリンがもうすぐなくなりますよ~というオイルランプが点滅しなかったのだとダンナは言います。幸運にも50メートルほど後ろにガソリンスタンドがあったので、携帯タンクに3リットルだけ入れてもらって走って戻ったら、脇のビルの人が出てきて押してくれたらしく、路肩には寄せられていて、大渋滞は解消されてました。

 Uターンしてガソリンスタンドで満タンにしてもらい、「まいったまいった」と帰ってきたのですが…いや、マジに危ないですね。

 ソーラーカーだん吉じゃないんだからさ…高速だったら死んでますから。古い自動車は、ビミョーなところから壊れていくもんですねー。危うし、ダイ吉号。
[PR]

by cuora | 2007-05-14 13:45 | その他

虫の知らせ

 今朝、なぜか突然思い出したことがあります。

 …スズムシの卵、買ったままになってる。
 はい、以前に虫専門店のことを書きましたが、その時に買ったお買い物とは、予想どおり「スズムシの卵とプラケース」だったのです。カラカラに乾燥させた赤玉土に卵が50個くらい入っているというもので、孵化させたくなったら土を湿らせることになっていたのですが、もっと先でもいいだろうと思ったまま、忘れていたのです。

 それがなぜか今朝突然

「あ、スズムシの卵、湿らせなきゃ」

 と思ったわけです。

 で、箱を開けてみたら、なんと…孵化してました(笑)

 多分今朝孵化したばかりだと思われる第一陣10匹くらいがピョコピョコとパックの中を歩き回っていたのです。

 「虫の知らせ」は、こいつらが
 「今もう孵化しましたから、早く気がついてちょ。でないと干からびて死んでしまうちょ」
 という命がけの信号を送っていたのを、ギリギリ受信したものだったのです。

 虫の知らせ、危なかった~(早く準備しろよアンタというツッコミはなしね・笑)
[PR]

by cuora | 2007-05-11 12:07 | ほかの動物