実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


おいしさ保証の敗北

猫4号のビスコちゃんは、これまで食べ続けていた某メーカーのフードに飽きてハンストに突入したため、おいしさ保証付きの某高価なカリカリと日替わり猫缶にしたのですが、…数日でおいしさ保証の神通力も半減、今日は8割しか食べませんでした(涙)。というわけで、明日からは茹でたレバーやカツオブシ、カッテージチーズの最終兵器投入となりました。

 …他の猫にはナイショよ。

 昔、群ようこの「おかめなふたり」という猫エッセイで、気難しい♀猫が、フードをあれこれ買ってきても食べないという話を読んだとき、「甘やかしすぎなんじゃないの?」と思ったバチが数年後に来たのでしょうか。

 すみません、群さん。気難しい♀は、お腹が少々空いたくらいでは簡単に降伏しないことがよく分かりました。

 ビっすんは空き地に捨てられていた古典的捨て猫で、これまた古典的に中華料理屋さんが皿に入れてくれるチャーハンなどで暮らしていたのですが、脂っこかったのでしょうか、緑色の下痢ぴーになって泣きついてきました。その幼児体験のせいか、味が濃いものが好きなんでしょうか?

 気難しい♀猫が喜びそうなメニューをご存知の方、是非教えて下さい。あ、ネズミとかはナシで。

〔この写真は、04年にビスコの貰い手を捜そうと作った「可愛い子猫もらってください」の張り紙の写真。写真がボケボケなのはともかく、子猫らしくない生真面目な顔…これではとても「可愛い子猫」には見えず、問い合わせさえなかったのです。しかし、写真はもっとショボかったデビ子はよい家に貰われていったことを考えると、うちの近所でサバトラは圧倒的に供給過多で不利だ。〕
a0044136_21264533.jpg

[PR]

by cuora | 2007-01-31 21:30 | | Comments(5)

ここはどこやねん

 裏庭にアライグマが出たのに続き、川にヌートリアが泳いでました。ビーバーみたいな大型ネズミです。
 外来生物として名前だけは聞いてましたが、ほんとに大阪にもいたんですね(川が拓けた場所になってすぐ下流の、土砂が堆積した中州のあたり、田畑の多い場所におりました)。
 買ったばかりの「外来生物事典」でヌートリアを引いてみると…利用の方法として「毛皮・皮革」のほかに「食べられる」マークがついてました!どんなお味なんでしょうか?

(この事典、池田清彦さんという生物学者さんが書いておられて、「独特の外来生物観」なのだそうですが、私の理解によると「外来種が棲み付いているというのは事実なのであり、その事実をゼロにしようとしても現実的ではないでしょ?だったらその事実から出発しましょう」ということで(曲解していたらすみません)、きわめて現実的に思われるのですが。
 そしてこの本、見た目が可愛い種類には「とても可愛い」マークがついているのがお茶目です。タイワンリスには「とても可愛い」マークがついているのに、トウブハイイロリスには付いてないとか、池田氏の嗜好がうかがえて楽しいです。)
[PR]

by cuora | 2007-01-29 16:19 | その他 | Comments(17)

動いた

 先日産卵されたウーパー卵、その後、数個は無精卵、数個は途中で発生が止まりましたが、残りは成長を続け、今朝見たら小さいウーパーの形になって、目玉も黒く形作られていました。そして、酸素をとめてじっと見ていると…1個、2個と卵の中でピクっと動いています。孵化は近いようです。(そして、改めて数えてみると、孵化しそうなのは40個ほどありました。また子沢山の予感。)
 シリケンイモリの卵も、イモリらしい形が出来てきています。ウーパーより少しずんぐりしている感じ。そろそろブラインシュリンプの卵を買っておかなくては。
 なのに…デジカメのマクロにすると他の機能の調節ができなくなっていて、写真がとれませんでした。悔しいっ。
[PR]

by cuora | 2007-01-27 16:14 | 両生類 | Comments(7)

実は「お嬢」だ

 猫4号のビスコ♀。性格は地味、生真面目、慎重、人間も猫も犬もそんなに嫌いではないけど好きでもない、いつも真面目くさった顔をした笑わない猫です。さらに容姿も、中肉中背のサバトラで美人だけど目立たない、今まで病院のお世話になったのはワクチンや避妊手術の時だけ、という肉体的にもとっても目立たない猫です。
a0044136_10153719.jpg

(ビスコとバブ男。ビスコはいつもこんな生真面目な学級委員顔をしているのです)

 そんなビッちゅんの最近の密かな自己主張…ご飯の好き嫌いが激しい。うちの猫ご飯はカリカリに猫缶、銘柄は手頃価格のなかでは信頼できて身体に悪くなく、毛玉がたまらず肥満せず、全員食べられるという基準で選んだ某メーカーのものを、もう何年も続けて食べています。♂たちは、それでも「うわー、こんなの食べたことない。うまうま」と毎日新鮮な気持ちで群がってくれます。
 しかし、とうとうビスコさん「私、もうこれは食べ飽きました」と数日前からハンストに突入。手をつけていないご飯のお皿が、フリースの敷物の中に埋めてある日が続いていました。
 仕方ないので、スーパーで売っている1回分ずつパックされた4つの味のカリカリ(おいしさ保証付き「食べなければ返金します」と書いてある)を購入。缶詰も、カツオ、カニカマ、チーズ、ササミなどがぐちゃぐちゃと入った如何にも猫が喜びそうなのを何種類か購入。今朝、さっそくビスコだけの特別メニューをお皿に入れてお出ししました。

 「美味しさ保証」は伊達ではありませんでした。気難しいビっすん、モリモリと完食です。やっぱり飽きていたようです。しばらくは小袋の、気難しそうな猫の絵がついたのを選んで買おうと思います。

 キャットフードの包装に関する考察:カリカリ プレミアムフードの場合、身体によい素材を使いましたというお高いフードの包装にはリアルなイラストや写真はついていない。文字やシンプルなシルエットのみ。身体にはいいかもしれないが、猫には不評である。
 その次のランクのフードのパッケージは、写真やイラストがついているが色はアッサリ。描かれている猫はアメショやツートンカラーのミックスなど、親しみやすいなかにもお上品。フード自体はそれなりに嗜好性はあるが、どぎついニオイや色はついていない。うちはこれを愛用。
 その次のランクは、安売りフード。包装はピンクや黄色の派手な色に可愛らしい猫の写真がデッかく印刷され(白系猫の確率が高い)、ガチャガチャと絵や文字が満載。カリカリはお魚やお星様形で色とりどり。ニオイは強烈。猫は大変喜ぶが、こればかり食べていると栄養が偏る(宇治どんは昔、こればかり食べて、特定の栄養素が不足して脱毛、治療費が大変高くついた。完全栄養食ではなかったのだ)

 猫の大好きな猫缶は、カリカリ以上に種類が多いのですが、お安い缶詰にはよく、白黒ブチ猫(宇治どんだ)や茶トラ(ガビ蔵そっくり)が登場します。お安いイメージなのでしょうか?あまり安いものは、中を開けるとカツオの血合9割に申し訳程度に白身が乗っていたりするので要注意だ(割安なのかどうか分からない)。長毛猫の写真付き缶詰は、量が少なくゼリー寄せである確率が高い。大きい缶はお得なようでいて、開けると中身がギッチリではなくゆるく詰めてあったりして、やっぱり割安なのかどうかよく分からないのもある。
 お弁当風に一缶にちまちまと綺麗に詰めてある猫缶があって、買いたい買いたいと思うのですが、6匹いると…いまだに見てるだけです。
[PR]

by cuora | 2007-01-25 10:12 | | Comments(7)

ツボカビ病について2(記事紹介)

http://152.teacup.com/aretha/bbs
(ツボカビについては1月17日の投稿からお読み下さい)

 カメ界(だけではありませんが)の大御所GUAUさんが、カメの掲示板に書かれた説明が、分かりやすかったのでご紹介しておきます。ご自身も飼育者である立場だからでしょうか、「どうしたらいいのか」という一番興味あるところが、具体的に書かれていて、納得です。「発症しないが保菌している者がいる」というところが、目に見えないカビなだけに要注意かと思いました。
 (実は、うちの熱帯魚水槽に何かの病原菌が入り込み、水槽全滅の危機にあるだけに、器具の共有や飼育水による伝染には余計納得)

*他人の褌ですが、「そのニュースはもう聞いた」という方も、熱帯魚ファンの方なども、できれば是非お読み下さればと思います。
[PR]

by cuora | 2007-01-22 15:05 | 両生類 | Comments(4)

速報

 うちのウパ卵、今朝見たら「チューリップ」になってました。受精卵でした~。何色のウパが生まれるんでしょうか?ゴールデンだといいな。
 
[PR]

by cuora | 2007-01-20 09:36 | 両生類 | Comments(10)

馬鹿な子ほど可愛い…

…かどうかは大いに疑問ですが、見ていて飽きないことは確かです。

 キラキラマウスというおもちゃがあります(ありました)。キラキラした化繊でできた猫の玩具です。一時、うちの猫界で大ブレイクしましたが、最近は売っていないのです。それが2個、戸棚の下から発掘されて、またプチブームを起こしています。

 ガビちゃん、昔はこれを食っちゃう、野性に返るなどの理由で遊べませんでしたが、歳月はガビ蔵をも変えていたのです。もう食わないし野性にも返りません。しかし何時間でも遊んでいます。こんな一人遊びを延々とするのは、ガビとグリコだけです。
a0044136_14222020.jpg

 「うはうはうはうはうはーうはうは」と転がってヨロコぶガビ蔵
 それをじとーっと見ているグリコ(ネズミは他にもあるのに)

 グリコはその後、遊びすぎてゲロを吐きました(涙)
[PR]

by cuora | 2007-01-19 14:22 | | Comments(5)

う、産んでる…2007

 …というような記事を去年の今頃も書いた覚えがありますが、今年も「う、産んでる」です。

まずはこちら
a0044136_1334025.jpg


 正月休みも終わろうとする頃、数日ぶりにシリケンイモリの水を換えようとケースのふたを開けてみると…入れてあった水草と流木に卵がたくさんついてました。
 「ありゃ~親に食べられてしまう~」と慌てて隔離。ウパと違ってイモリの卵は1粒ずつ、水草の葉を2枚合わせた中に包まれています。流木に産んであるものも、流木の窪みに上手くつけてあって、取れません。イモリ母さんはウパより色々考えてるね!(その後の観察では、そのままにしておいても、親にも取れないようにしっかり隠されているので、卵は無事であることが判明)
 その後も、新しく入れた水草に産んであったりで、♀2匹で合計30個ほどは産んだでしょうか。有精卵だったようで、卵のなかで順調に育っています。
a0044136_1341268.jpg

(だんだんイモリの形になってきてます)

a0044136_1362791.jpg

(ちなみに親はこちらの方々です。シリケンイモリ。隠していたわけではないですが紹介のチャンスを逃してました~汗)

 でも、孵化してからの世話が、ウパよりデリケートで難しそうです。うまく育つかな?

 初のイモリ卵に浮かれていたら、今度はウーパールーパーが「う、産んでる」

 …ウパの水槽に、ある朝、精子の包みが、タンポポの綿毛のようにホワホワと漂っておりました。これは去年も見たので、去年のようにゴミと間違えて捨てることなくそのままにしておきました。「これで何週間かしたら、♀が産卵するかもなー」と暢気にかまえていたら…
 その翌日、水槽に白い卵が点々と落ちてました。白い卵=ゴールデンのたらこが産んだようです。たらこは去年も、水草に産みつけるのが下手で、パラパラと撒いてあったのですが、今年もそうでした。撒いてある卵は無精卵のことがある、とどこかで読んだので、これは無精卵かもしれませんが、4匹で必死に拾って食べている(をい、たらこちゃんも食べてるさ)ので、慌てて隔離しました。たらこさんは、産卵下手なんでしょうか。
 今のところ30個くらいあります。あとは、黒豆のお腹もパンパンに膨らんでいるので、ひょっとしたら黒豆もそのうち産むかもしれません。
a0044136_1345721.jpg


 そして期待の星、イベリアトゲイモリのペアはというと…だんだん成長してきた2匹をお腹側からじっくり観察した結果、どうも両方とも♀なんじゃないか?と思うようになりました(笑)。大きい♀と小さい♀。

 なんだか最近、両生類ネタが多いですが、カメは半分は冬眠し、残りの面々は淡々と暮らしておりまして、とくにネタがないのです。ネタのないマンネリ生活万歳(と、過去の冬のトラブルを思い返してシミジミ思うのであります)
[PR]

by cuora | 2007-01-17 13:06 | 両生類 | Comments(11)

またまた新しいリンク

kzyさんの「うぴブログ」とリンクしました!ウパ、サンショウウオ、イモリを飼っておられます。ラーメンの記事も見ているだけで、ラーメンが食べたくなります。ウパの故・うぱおさんは、エラがふさふさもさもさしていることでギョーカイでは有名なウパでした。
[PR]

by cuora | 2007-01-16 10:30 | その他 | Comments(6)

予告!イモリ産卵とウパ精嚢放出

 我が家のシリケンイモリが1週間前に産卵、順調に卵の中で育っています。
 さらに、今朝はウパの水槽に、精子がフワフワと漂っていましたので、しばらくするとウパも産卵するかもしれません。

 毎日あれこれpart3のoikyさんちのウパコたちも盛んに産卵しているそうです。いやー冬来たりなば春遠からじ、でございます。
[PR]

by cuora | 2007-01-15 10:15 | 両生類 | Comments(12)