実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


やっぱり迷走中

 今年も残すところあと1日と少し、というのに、ちっとも「片付いた感」なくダラダラしています。

 イモリマンション計画は、夜中までかかって水槽2個(ウーパーのとポリプテルスの60センチ水槽2個)の水を抜いて撤去→業務用スチールラック幅90センチを組立→設置して水槽を戻して水を入れて、とりあえず片付いた。と思われたのですが、翌日見たら棚板の中央が思いっきりたわんで沈んでました(と指摘されました)。うわっ、耐震強度どころか、ちょっと揺れたら水槽の底が割れそうです。こんなことなら、メタルラックにしておけばよかった(涙)。また水抜いて撤去して補強して戻して水入れないといけないです。 というわけで、イモリは元のラックの小さいプラケにいます。
 でもいいこともあり、年末だということで、あるお店が活きアカムシをたくさんくれました。多分、正月休みにダメにするよりは、ということだと思いますが、本当に沢山あったのでアカムシ好きそうな奴らに大盤振る舞いしました。激烈に喜んで食べてましたが、食べ過ぎたらしく翌日は「またアカムシかー。げふっ」と食べ残してました(普段は餌は毎日やりませんから)。

 今朝はダイきちをやっとシャンプー。近所の犬たちが、美容院に行ったり家でお風呂に入るなか、あとはヒート中でお風呂に入れない犬や洗うと風邪をひく老犬しか、風呂に入ってない犬が残ってないということになり、さすがに洗いました。あんまり代わり映えしませんが。

 来年、といっても明後日ですから、来年になれば劇的に賢くなるとも思われない私は、2007年もこの調子だと思います。
 2006年は、ブログをしていてよかった、楽しかった、ということがいっぱいあったので、2007年も迷走日記を地味にダラダラと続けていきます。どうか、ご贔屓に。
[PR]

by cuora | 2006-12-30 19:17 | その他 | Comments(13)

貰ってください→決まりました~

※無事貰い手がつきました~。ヨカッタヨカッタ。ありがとうございました~!

a0044136_12135597.jpg
 
a0044136_12133799.jpg

本棚の整理をしていて、こんな本たちをみつけました。
 欲しい方がおられたら、お送りします。どれもカメ飼育の基本書です。定価は1500円~2600円くらいの本ですが、ものによっては私が熟読して、ヨレっとしています。
 一番下の「リクガメの飼い方」は、昔の本なので、今の通説とはちょっと違うと思いますが…。

「リクガメが100%喜ぶ飼い方 遊ばせ方」(青春出版社)
「カメの飼い方がよくわかる本 ミドリガメからリクガメまで」(成美堂出版)
「ミドリガメ、ゼニガメの医食住」(どうぶつ出版)
「リクガメの飼い方」(創芸社)

 メールアドレス入れて「欲しい」とコメントして下さい。1月くらいまでに欲しい人がなければ、ブックオフに持っていきます。

(付箋が写ってますが、ちゃんと外して送ります)
[PR]

by cuora | 2006-12-28 12:13 | 爬虫類 | Comments(3)

植物の造形って凄い

a0044136_13302416.jpg
 多肉植物、シダ。大好きなのにうまく育てられずに腐ったり逆に干からびさせてしまったり…で殆ど残っていません。多肉でがんばっているのがこれ。「多肉だけど水が好き」という店員さんの言葉以外に情報はありませんが、何とか生残ってます。ずっとミルクブッシュだと信じてきましたが、どうやら違うようです。どこの、なんという植物なんでしょうか??
 室内に入れたら、季節を勘違いして?黄色い花をつけました。蝋梅のような透き通った花です。
 事務所に置いていたのですが、邪魔になったので家に持ってきました。上方向へどんどん伸びてしまうのです。どこまで伸びるか楽しみ。

a0044136_13285715.jpg

 シダも随分だめにしました。リュウビンタイ、ヘゴ、諦めきれず2回も挑戦してすぐに腐らせてしまった…。そして、ビカクシダだけは、殆どダメになりながらも辛うじて枯れてません(辛うじてというところがポイント)。今4つあります。私、乾燥と水遣りのリズムが間違っているみたい。
 で、懲りずに先日オークションで手に入れたのがこれ。「森の王冠」という商品名で、種類はグランデと書いてあるのですが、グランデは少し前まで小さくても何万円もする種類でした。これは1000円也、グランデを使った園芸品種なのか、安い栽培法が確立されて本当にグランデなのかよく分かりません。何とか緑色のうちに写真を撮っておくことにしました。
 もう1つ持っている小さいグランデは、秋に傷めてしまって、お見せできないお姿です(勿論、値崩れしてから買いました・笑)。

a0044136_132927100.jpg

 それから、これは沖縄の海で拾ったサンゴのかけら。大きいボタンくらいの大きさに精密な模様がついていて、実物はとてもきれいです。(サンゴのかけらがくすんだ色をしている場合は、キッチンハイターにつけておくと白くなります)

 嗚呼、温室、ほしいなぁ~。それでホシガメを放し飼い~。(とまた妄想の世界に入っていくのであった)

 さて、今晩はイモリマンションの着工です(そんな本格的なものではありません。今年急激に増やしてしまった両生類たち。今の季節はいいのですが、夏の暑さには弱いので、今のうちにウパ水槽を置いている、うちで一番薄暗いところに事務用のスチール棚を置いてイモリたちをまとめてしまおうという企みです。何故今晩かというと、ダンナが忘年会でいないから。ゲリラ的に設置して、後から文句が出ても「重くてもう動かせない」と反論しようという戦法です。それに今ウパ水槽が乗っている水槽台、実はもう何年もネジが何本もないうえに錆びていて怖いのです…倒壊の危機…あ勿論これも内緒です)[
[PR]

by cuora | 2006-12-27 13:30 | 植物 | Comments(2)

ただいま…

予想どおりただいま飲んだくれております。
もう風呂はいって寝ます。うー胃がおもい。またあした、あーへんかんできない。
ぐりこの怪人かアルジャーノンか。
のみすぎたー。

も あかん
[PR]

by cuora | 2006-12-25 22:40 | その他 | Comments(0)

そういえば

ダイきちが来て9年、海老蔵が来て1年

 ダイきちが札幌からひとり航空貨物に入って伊丹に降り立ってから、年が明けると早9年になろうとしています。早い…。えーと、第一印象は「ゴツい。くさい。ガサい」でした。とくに冬なので風呂に入ってないとは聞いていたのですが、どうも飛行機のなかで更に自らとどめを刺したらしく、とんでもないニオイになってまして、クルマの窓を全開にして帰りました。
 写真だけで決めて実際に会うのはその日初めてだったわけですが…ほら、よく写真写りのほうがいいコいるでしょ?そういう気持ちでした(笑)
 その後、育児ノイローゼや股関節形成不全「歩けなくなるよ宣告」を経て、今に至るわけですが、ようやく犬らしくなったし恐ろしい「人格B」も何年も現れないので、あと6年くらいはガンバってもらいたいです。だって飼主だって、あの苦労の元を取りたいですから(笑)。

 海老蔵も、ずっと後ですが、同じ頃うちに来ました。「ダイきちで慣れてるから、猫に噛まれるくらい屁でもないもんね」と思ってましたが、1週間で普通の猫になって拍子抜けしました。まあ~あんな騒々しい店で何カ月もトイレと寝床しかないガラスケースに居たらおかしくもなりますわ。猫は寿命も長いし、海老蔵とは後22年くらいは一緒にいられると思うと、こっちが長生きしなきゃと思います。
 しかしさすがアメショ、チビとはいえ手足のバネが違います。度胸もいいです(このふたつは、うちではまったく役立ちません)

 この間、同い年の犬の飼主さんと「次も犬を飼うか分からないよね」という話をしていて、「だって同じ種類だと、ついつい比べてしまうだろうし」「扱いにくい犬だったら大変だし」なんて話になって、その人が「でも、気の荒い犬でも、飼ってしまったら仕方ないよね」(どんな性格の犬にあたるかは博打みたいなもんだから、それが荒い犬でも交換とか返品とか処分とかは出来ない、という意味)と言われて、「この人、とっても真っ当だ」と思いました。

 犬を飼うって、そうでしょ?
 私は、他の猫もそうだけど、産んでくれた母親からの預かり物だと思ってます。あの世に行ったときに、母犬母猫に会っても「それなりですけど、ちゃんとお預かりしました」と言えるようにしたいと思って(…でも、猫の育児放棄もあり得るなあ…)。あ、父犬父猫は、たいした苦労はしてませんから、いいんです(笑)

 馬鹿力の有り余ったオスに当たっちゃった人も、6年も待てば物足りないほどになりますから、どうか手放したりしないで下さいね。
[PR]

by cuora | 2006-12-25 01:07 | | Comments(10)

犬の社会

 先日、散歩中にBちゃん♂というワンコに会った。Bちゃんは年は近いが体重はダイきちの3倍くらいあって、ダイきちは完全にBちゃんを格上と認めて目すら合わさない。Bちゃんもダイきちは完全に格下と認めて悠然としているわけです。
 工事中の公園を迂回して二人と2頭がてくてくと歩道を歩いていると、向うからLちゃんのお父さんが犬抜きで歩いてきました。オヤツをくれるわけでもないのに犬に絶大な人気を誇るお父さん、Bちゃんはさっそくお父さんに「撫でてけれ」と密着。
 それを見たダイきち、「ワシも撫でて」と、その瞬間Bくんを立てるというルールを忘れて割り込んだ。とたんにBくん、「お前、格下のくせに何厚かましい」とすごんだ。

 ダイきち、とっさのことに驚いたあまり、跳び退って車道に出てしまって(必要以上に驚くクセがあるが、この時はまさに後ろ八艘跳び)そこで腰を抜かしている。交通量はわりと多い道。私は目の前の情景がスローモーションで見えるという体験を久々にしてしまった。まあ、無理やり引っ張り上げて歩道に戻したわけですが、ほんとにキモが冷えました。
 その後すっかり恐れ入ったダイきちは、「す、すんません。ワシが悪かった、兄貴」とおとなしく順番を待って撫でてもらって、何事もなく散歩は続行されたのです。

 犬社会のルールがいまだにあやしいダイきち。温厚だけど犬のルールにうるさいBちゃん。もっと早くにBちゃんに出会っていたら、もっとよく躾けてもらえだだろうに、と思うのでした。(犬どうしで喧嘩ではなくて、叱るときのあの絶妙のイミングは真似できない)
[PR]

by cuora | 2006-12-23 21:08 | | Comments(6)

クロ再び…なのか?

 うちには以前、クロ(♂)と呼んでいた黒い野良猫がよく現れた。クロはよそでご飯を貰っている半野良で、私とは敵同士だったのですが、クロが疥癬に罹り、あれよあれよという間に重症になって全身ハゲちょろけて目も塞がり、あまりの不気味さにご飯ももらえなくなった。うちに疥癬のカサブタを落としていくのが困ったのと、敵ながらあまりの哀れさに、ダンナも何とかならんのかとせっつくので、餌付けして疥癬の飲み薬を仕込んだ(クロは半径1メートルに近づけないアンタッチャブルな野生児だった)。薬は効いて疥癬は治ったのだけれど、妙な親しみが湧いた頃、台頭してきたブチ(♂)に負けて縄張りを去った。

これがクロ

 当時、若いほうのクロ(♂)と呼んでいたもう1匹の黒猫がいて、こっちのクロはまだ人生経験も浅いらしく人間に愛想がよかった。若い方のクロとブチとの関係は分からないが、最近はブチもクロも見かけなくなって、めっきり野良の姿も見ないので「嗚呼これで、弱った子猫がヨロヨロ歩いてて拾ってしまうこともなくなったわ」と大変ホッとしていた。

 ところが、今晩、数件先の家具屋の庭先で、若クロらしき猫を見かけた。思わず「クロか?」と聞いてみたけど、確かなことは分からない。♀のにおいでもするのか、岩をしつこく舐めていた(♂ってやつは…)。ここ数日、外に猫の気配がしているのは知っていたけど、うーん、若クロ、戻ってきたんか?それとも、クロ一族の別の猫か?

*野良の♂♀を見分けるコツは、頭のデカさです。頭が夏みかんみたいにデカくてふてぶてしい顔をしているのは大抵♂。子猫のうちに去勢してしまうと、このデカ頭化は起こらないそうです。うちの♂猫が皆上品に見えるのはそのせいだったのですねー(あーら、最後は親ばかでシツレイ)
[PR]

by cuora | 2006-12-21 23:50 | | Comments(15)

たった今気付いた

 猫が宇治どんだけだった時、宇治どんは犬のおさがりのケージで寝てました。「寝るときは猫をしまう」というシステムだったのです。グリコが来た時、もう一つケージを買いました。紀律正しく、夜はそれぞれのケージで寝ていました。ガビ蔵、ビスコまでは、l律儀に買いましたよ。ケージを。おかげでケージだらけです。(このあたりまで紀律正しい生活)

 その後バブのときは置くところがなかったので、買いませんでした(このへんから紀律崩れる)。今は猫6匹にケージ4個です(冬の猫ヒーターも4個あります)。それでも最初は、夜猫をしまっていたのですが、そうすると海老がひんぱんに寝ションベンをするのでスノコが乾かなくなって、いつの間にか猫は猫部屋で自由に寝てもらうことになりました(寝ションベンは最近ほぼしなくなりました。ほぼ)。グリコだけは特別扱いで人間と寝ているし。

 今よく見たら、使われているケージはたった2個。あとの2つは放置です。ラブでも無理したら入れるほど(現に昔ダイきちのハウスだった)ですから猫6匹にケージ2個で充分。夏は暑いのでそこらへんで寝てますし。そもそも冬はケージにカバーをかけるから保温になるとしても、夏はケージ自体要らなくて、ベッドだけ置けばいのだ。

 2個、たたみます。広くなるわー(もっと早よ気付けよ私)

追記 こんなことを書いたバチ?今朝起きたら、昼寝用の座布団に水溜りが…夜中に冷えて誰かチッコしちゃったみたい。もっと暖かくせにゃあ…。
[PR]

by cuora | 2006-12-19 22:30 | | Comments(8)

おまけ 本日の猫団子

いつもより多めにかたまっております。
a0044136_1972255.jpg

[PR]

by cuora | 2006-12-18 19:07 | | Comments(5)

まだまだ若いモンにはまけへんで

最近雨が続いて、ダイきちはすっかりフテてます。
「ふーんっっふんがーっっ」とピーピー玩具のヤケ鳴らし連発。

日曜日は珍しく晴れたので「よし、それならいっちょ、脚がくがくになるまで歩きに行くで!」と山まで徒歩で歩いていきました。往復3時間弱の長い散歩です。

 それが…ダイきち、やけに元気です。絶好調。そう、ラブラドールにとってはようやく「暑くない季節」なのです。涼しいのが好きという点でサンショウウオたちと気が合いそうです。
a0044136_18461093.jpg
それでも途中の川に浸かってクールダウン…年寄りの冷や水でちょっと冷たかったらしい。

この後、山歩きのおっちゃんたちに「ほらあのテレビに出てる…まさおくん」と言われました(笑)。


a0044136_18463238.jpg

 結局家に辿り着いても、まだまだ行けそうなダイきち。私のほうが脚がくがくにされてしまいました。


a0044136_18465052.jpg

(お疲れさま)
[PR]

by cuora | 2006-12-18 18:48 | | Comments(4)