実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ミクシイ始めました

 たった今、ミクシイ始めました。嘘、登録しただけで使い方も分かりません。
 でも、何人もが口を揃えて「面白い」っていうからさ、面白いのかと思って。
 招待するとかされるとか、まだよく分かっていません。
 誰か招待して下さい(何に?ってとこからまず分かってませんが、異世界に?)
 アチラには何があるんだろうか?
 
[PR]

by cuora | 2006-09-30 21:50 | その他

理屈は抜きで腹が立つ

臨時休業中ですが、あまりの怒りに出てきました。

 先日書いた、犬の繁殖業者の崩壊で放置された犬たちを大阪の団体が保護している事件ですが、今までに現場から助け出された犬のほかに、なんとまだ500頭近くが取り残されているそうです。勿論1頭でも500頭でも同じに腹は立ちますが、これはあまりにもあまりです。
(*これを書いた後で確認したところ、現場での保護活動が始められるようになったとのことで、まずは本当によかったです…)

 が、500頭。どれくらいのものか想像もつかない数です。ペットショップで売れ残った犬猫たちはこんなところに送られていたのでしょうか!ここの犬達は繁殖用ということは、一体どれだけの子犬を<出荷>していたのでしょうか。そしてこれも氷山の一角でしょうか。

 うちの実家犬モモや、海老蔵はこんな所で生まれたのでしょうか?(まだしも、ただの素人繁殖であることを祈る気持ちです)。
 そして業者は、さんざん、儲けさせてもらってこの仕打ちですか?

 ペットショップビジネスの裏を「知ってしまった」というようなことを書きましたが、全然まだまだ闇の大きさを知りませんでした。

 理屈を言い出すと長くなるのですが、文字通り、今こうしている時にも力尽きている犬がいるかもしれないと思うと、ハラワタが煮えくり返るような気持ちです。

 詳しくはこちらをご覧ください。http://ark-angels.com/
[PR]

by cuora | 2006-09-27 18:10 |

臨時休業のお知らせ

 毎度、のぞいていただいてありがとうございます。

 秋刀魚の美味しい今日この頃。そろそろ開店1周年セールでもすべきところでございますが、家族の者が週明けからしばらく入院することになりました。
 まあ~お粥食べて安静にしておればいいのですが毎日様子を見に行かんと拗ねるでしょうし、家では秋の到来とともにハイパーじいちゃんとなったダイきちがワホワホ待っているし、これは入院とは関係なく私の怠慢で溜めてしまったお仕事も月末には片付けてしまわんとお客さんが逃げるわ、ということで、記事のアップは暫しのお休みとさせていただきます。
 1週間強しましたら、心機一転、リニューアル開店セールを致しますので(ほんまか?)、どうかご贔屓に。

 といいつつ、休業中も店主の気が向きましたら、書き捨て御免でアップするかも、です(だってほら、ジャイアンとしずちゃんも見せたいし・笑)。
[PR]

by cuora | 2006-09-24 22:23 | その他

ペットショップの裏側に

 ペットショップで子犬や子猫を並べて売る、その裏側の事情を見聞きするにつけて、「可愛いわね」と無心で見ることができなくなった。このお正月に、そのなかから海老蔵を連れて来たわけですが、その後、どちらが言うともなく、子犬や子猫が陳列されている店には全く行かなくなった我が家。
 
 最近は、パピーミル(子犬工場)破綻とか、大量放棄とか、よく耳にするようになり、憂鬱な気持ちがしていましたが…またしても、こんなことが

 写真を見ると、どの犬も信じられないほどに痩せ細って、可哀相で涙が出ます。しかもまだ現場には犬が取り残されているというではありませんか。

 こんなことをしたのは人間だと思うと、本当に人間の一人であることに嫌気がさしてしまいます。人間というのは、どうして「ほどほど」でとどめておくことができないのでしょうか。

 里親募集中の犬たちの数の多さにも驚きです。1つの団体だけでもこれだけ居るんですよ!それでもこの犬達はまだ運がいい一握りなのでしょう。私が子供の時から、もちろん子犬を展示して売る店はありましたが、今のように常時数え切れないほど居るというのではなく、欲しい犬種が生まれるのを何カ月か待った記憶があります。工業製品ではないのですから、それくらいで、ちょうどいいんではないでしょうか?
[PR]

by cuora | 2006-09-20 13:34 |

レオパ来る

 これはニシアフリカトカゲモドキのニシ男。ハンドリング中です。
a0044136_18175862.jpg

 ハンドリング=爬虫類を手に乗っけること。でも私は棉手袋をしているので、なんちゃってハンドリングです。実物はもっと可愛いです。

 ニシ男はとってもおとなしいのですが…。ヘルメットゲッコーは未だに触らせてくれません。それでもたまに仕方なく触ろうとすると「しゃーっ」「ぎゃっぎゃっ」とそれはもう、何事かと思うような怖がりぶりです。挙句の果てに、「ちゃーっ」と言いながら噛み付いてきます。500円玉くらいのヤモリに噛み付かれても屁でもないのでしょうが、やっぱりちょっと怖い(笑)

 そんなうちのゲッコー界に新顔が登場しました。ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のペア、ジャイアン(デッカい)としずちゃん(可愛い)です。Hさんからいただきました。うちの猫たちは初日、ケース越しにかぶりつきで見物していたのですが、翌日には飽きたようで、よかったです。
 今カメラが手元にないので、戻ってきたら写真を撮ろうと思います。

 レオパたちはコオロギを食べてます。体が大きくてコオロギだとかなりの数が要るので、ピンクマウスを解凍して食べてもらおうとしたら…

 「パクっ…うっ、ぺっぺっ」と出されてしまいました。ちょっと鮮度が落ちている古い冷凍ものの残りだったのですが、なかなかジャイアンはグルメな違いの分かるレオパなのかピンクマウスをあんまり食べなれてなかったのか。とにかくこれを食べてくれると楽なので、諦めずにまたやってみよ(ジャイアンが出したピンクマウスは、ニシ男が美味しそうに食べました)。
[PR]

by cuora | 2006-09-18 18:19 | 爬虫類

鼻息の荒いヤツ

 甲羅干し日和のある朝、ベランダにリクガメたちを放牧しました。
 最近、やたらとウロウロ歩き回って挙動不審だったマルギナータリクガメ♂のととまる、ビルマホシガメの天々丸の匂いをやたらに嗅いで、尻尾をびこびこ動かしています。

「色気づいてるんかな?種類が全然違うでしょ、アンタたちはー」
 と思ったものの、深刻な様子はなかったのでそのまま忘れていました。

 それからしばらくして、ベランダから
 ぶーっぷーっぶーっぷーっ
 というような、ひどい鼻づまりのような音が聞こえたので、てっきりグリコが鼻詰まりを起こしていると思って様子を見に行くと…
 声の主は、ととまるでした。
 ぶーぷーいいながら、天々丸相手に交尾の真似事をしていたのです。

 ととまる、すっかりお年頃、みたいです。

 でも、マルギナータリクガメの♀は日本には殆ど輸入されてこないし、たまにいても目の玉が飛び出るようなお値段ですし、さらにマルギはととまる1頭でも、とてつもなく騒がしいし、大きくなるので♀を飼って万一殖えたりしたらそれこそグレムリン状態なので、お相手が来る見込みはゼロなんです。残念、ととまる。

 ※ととまるがとくに騒々しいガサ男君なのかもしれませんが、発情してなくても本当に休みなく歩き回ってます。1年のうち半分は冬眠してもらうことにしたのも、冬の間室内でこの落ち着きのないヤツと同居するのが辛いからなんです。カメ的には、男らしくて素敵なお方なのかもしれませんが、広い庭に放し飼いにするのが向いているカメだと思います。

 あ、勿論、ととまるを愛してないわけではありませんよ!(笑)
[PR]

by cuora | 2006-09-15 11:25 | 爬虫類

ほんとに生えてきました

 ウーパールーパーの「のりたま」の腕がちぎれたのが8月上旬。「また再生するからね」なんて余裕ぶってましたが、内心「でも、もう若くない?し、生えてこないかも」とも思っていたのです。

 が、9月に入ってから、丸くなった傷跡から何やら突起が生えてきたように見えました。そしてそれから数日、確かに手らしい形になってきて…。

 今朝見たら、ちゃんと指の形になってました!早っ!

a0044136_1319831.jpg


 飼うのは(ほかの生き物に比べたら)簡単なウーパーですが、まーだまだ奥が深いようです~。
 奥が深いといえば、うぱるーむさんの記事も、これまた「へーっっ!」です。
 実はうちのウパの指の先がいつもちょこんと黒ずんでいて、「砂利を敷いてないから、汚れが指先にくっついて沁み込んだんだろうなぁ」と思っていたのですが、なんとこれは、「オトナの証し」なんだそうです。

 侮れないヤツ…
[PR]

by cuora | 2006-09-14 13:20 | 両生類

庭の面々2 こんなものまで!おそるべし、ナメクジ

 私は蚊取り線香を愛用している。なんせ草ぼうぼうなので蚊が多い。ちょっと玄関先に出るのも命がけなので、蚊取り線香は欠かせない(うちでは殺虫スプレーに弱い面々が目白押しなので)。しかし化学合成されたものは何故か吸い込むとのどが痛くなって呼吸困難になるので、気休めかもしれないが天然ピレトリンとやらの蚊取り線香を使っている。

 で、使いかけの蚊取り線香の先をぽっきり折って、残りを皿に置いてそのまま玄関先に出してあった。それから数日、ちょこっと着けようかと思って私は「うぎゃー」と叫んでしまいました。

 なんと、蚊取り線香一面に白いナメクジの這った跡がついている。だけでなく、何カ所も齧りとられているではありませんか!

 食うか?食うか!殺虫剤を食うのか!?

 これを食べたナメクジの運命は分かりませんが、おそるべしナメクジであります。
[PR]

by cuora | 2006-09-11 18:48 | その他

ひさしぶり

 おひさしぶり~。うちの狭い薄暗い裏庭に住み着いて3年目くらいのカエル「ゲロりん」です。飼っているわけではないですが、しばらく見かけないと「ゲロりんどうしてるかな…」と心配になります。
a0044136_19584654.jpg


 外に放り出しっぱなしのクワズイモの鉢植えがあって、その葉っぱの上が好きなようです(しかしいつも糞がしてあるので、クワズイモはゲロりんのトイレなのかも)。鉢の置き場所を変えてもちゃんと見つけて登っています。

 今年は、虫とり部隊候補生としてオタマジャクシを庭のカメやメダカの容器に入れて飼ってみたのですが、無事カエルになって上陸してはや数カ月(上陸しててんでに散って行きました)。何ガエルかも分からないまま彼らのことはすっかり忘れていたのですが、先日小さいなりに少し育った茶色いカエルを見ました。目をこらしてよーく見ると、アカガエルでした。

 そして合点がいきました。「あの早い時期にオタマジャクシがいる。そのことが彼らがアカガエルだった証拠やんか」と。アカガエルはこのあたりにいる他のカエルより産卵が早いのを、すっかり忘れてました。推理力がなさすぎます、私。

 去年だったか、大きいアカガエルも住み着いていたのですが、ある日あまりにも接近して驚かせてしまい、びょーーんと裏の敷地に跳んでいったきり帰ってきません。
 
[PR]

by cuora | 2006-09-10 20:02 | 両生類

季節の変わり目は要注意

 ベランダに放し飼いのマルギナータリクガメのととまるの目が炎症を起こしてしまいました。
瞬膜が出たままになって、赤くなってしまいました。

 ととまるは、うちに来た当初から目が弱く、体調が悪いとすぐ目に出ます。ここ数日、雨が多くて急に涼しくなったので、調子が悪いのだと思います。抗菌目薬をさすとすぐ治るのですが、季節の変わり目は爬虫類には要注意です(むしろ冬の最中のほうが、安定しているので安心)。

 そして、腕を食べられてしまったウーパールーパーののりたまは…なんと早くも小さい指が生えてきました。うまく写真を撮れたら載せます。いやービックリ。
[PR]

by cuora | 2006-09-07 10:25 | 爬虫類