実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


白い巨塔

 室内飼いの猫の必需品、キャットタワー。猫のジャングルジムみたいなものです。お値段はピンキリです。今までうちで活躍していたのは、猫友に教えてもらった1万円以下のお手頃タイプでした。

a0044136_13292513.jpg
 しかし6匹もいると(とくに破壊魔の黄色いヤツがいると)2年経った最近では、斜塔と化し、貼ってあるフリースももはや掃除不能、いつ崩壊してもおかしくない危険物件になっていました。

 掃除しやすくお手頃価格のものは人気があって、売り切れていたのですが、今回たまたまちょうどいいのが安く出てたので、即決。翌日来ました(はやっ)。

 今までのより1段高く、ハシゴもついて1万円
さっそく組立てましょう。
a0044136_13294537.jpg
 その前に、お約束の「ダンボール箱チェック」

 さて、さっそく組立て~…る前から、ハシゴに齧りついて破壊しようとする黄色いヤツ。
a0044136_13301388.jpg












 汗だくで完成っ…した頃には、すでに釘山にかぶせるプラスチックのキャップは3個ともひっぺがされていました。

 古いのは分解して、さようなら。別れを惜しむ宇治どん(本当はちょっと太りすぎて、最近キャットタワーに登れないのだった。専ら爪とぎとしてご利用になっとります)
a0044136_13304280.jpg


 さて、一段落して…最上段でくつろぐバブちん。正統派の使い方です。
a0044136_13312947.jpg


 登場しないサバ姉妹は…ビスコはちょっとだけ様子を見に来ました。グリコ様は、まったく顔も見せずじまい…付き合いの悪い猫です。

しかし今月は、犬猫ものの出費がかさみました。ダイきちのフレキシリードが壊れ、ダイきちのフィラリアの薬とノミダニよけスプレー、フードたくさん…。来月は旅行に行くための訓練所の預かり費用(思いがけず50%近い値上げがあってショック)と猫のペットシッターさんの費用が、出て行く予定です(人間の旅費より高いけど仕方ないですね)。しゃあない、私は今年の夏はスーツ買わずにすますか、と思っていたら、歩行中にいきなりちゃんとしたヒールのサンダル(1足しかない)が崩壊してしまいました。
[PR]

by cuora | 2006-06-30 13:32 | | Comments(4)

キュウリでサッカー

 最近、部屋のあちこちにキュウリのヘタが転がっている我が家。キュウリのヘタでサッカーをする猫がいるからです。

 朝市でイボイボキュウリを買った。ヘタは切ってリクガメのおやつにベランダに置く。しかし、カメより先に猫(とくにアメショのあいつ)に見つかると、ボールにされます。そして、ヘニョヘニョになったキュウリのへたが、あちこちで発見されます。

 この暑さに、遊んでいるのはアメショのあいつだけです。いや~若いっていいですね。

 この間読んだ「女いっぴき猫ふたり」というエッセイ漫画の登場猫紹介に笑ってしまいました。「ニャコ ♂9歳 ちょっとよくないアメショ」つまり売れ残るアメショ。海老蔵もそれ以来「ちょっとよくないアメショ」と呼ばれて喜んでます。

 ところで、海老蔵、ものすごくチビのままなんですけど(涙)。やっぱり成長期にフード小さじ2というのは、よくなかったんではないでしょうか、某ペットショップよ。
[PR]

by cuora | 2006-06-28 21:04 | | Comments(6)

B級映画のススメ

 今一番看たい映画、それは「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」です。ジョニー・デップの海賊ジャック・スパロー船長とタコおばけのオッサンの対決。実はB級映画大好き(ジョニー・デップも好き。しかしいつもメークが濃いので素顔は知らない)。しかもこれは遺伝です。うちの父が、B級映画に目がないのです。アホらしければアホらしいほどいいのです。巨大なタコ、蘇る地底人、突然現れるマンモス、大真面目に演じられる原始人(なのにアイラインばっちり)等など、たまりません。

 反対に苦手なものは、しみじみした真面目なありえそうな映画。今なら「明日の記憶」とか、ダメです。「ラストサムライ」は最初の20分でダメだと分かってやめました。

 深刻な映画は、たいていダメです。テーマが重くてもタッチが軽ければまだいいです。重いテーマに重いタッチは、押しつぶされてしまいます。また「火垂の墓」の季節が来るのもイケマセン。サクマドロップを見るたび心臓が痛くなるからです。ハッカ味をよけて食べてすみません。

 実家での正月は、しこたまB級映画のビデオを借りてきて、見ながら寝るというのが定番でした。幸いうちのダンナもB級好きなので、勿論パツレーツ・オブ・カリビアンは一緒に見に行きます。映画は、途中で寝ても話が分かるくらいでちょうどいい…と思うのであります。

 「シックス・センス」「アンブレイカブル」の監督(名前忘れた、インド人のオッチャン)の映画はお気に入りです。関西人なのでオチがあると妙に納得するのかもしれません。

 蛇足ながら、最近では「インサイド・マン」。これ、実はかなり脳が癒される話です。でももう上映終わりです…。これから見る方は、最初からよく、しっかり、注意深く見ましょう。
[PR]

by cuora | 2006-06-27 22:55 | その他 | Comments(7)

やっぱりカメが(も)好き

a0044136_20292214.jpg 仲良きことは美しきかな、と武者小路さんも言っていました。自然界では絶対!!に出会うことがないマルギナータリクガメとビルマホシガメが並んで青菜を食べています。雨で野草を摘みに行けなかったので、間に合わせのレタスとコマツナです。
 ところで、うちはとにかく動物だらけなせいでしょうか、カメも犬も猫も、見慣れない生き物に対する順応がめちゃめちゃ早いです。一々驚いていたら、やってられないせいかもしれません。

追記 うちのマルギは欧米生まれ、ビルマはまさにミャンマー生まれです。ミャンマーでは公的なホシガメ牧場のような施設があって、そこで殖やしたビルマホシガメをペット用に輸出しているのです。一度は絶滅したのではと言われていたビルマホシガメを私みたいな者が飼えるのはそのおかげ。謎の多い国ですが、カメ牧場計画は、なかなかいいことするやん、と思います。

a0044136_20293892.jpg

 そしてうちの大本命?コガネハコガメです。このヒトたちだけは未だに、私にすら慣れませんので、窓の隙間からそぉっっと撮りました。数日前、ふと見たらコーリー号♂が、つねちゃん♀相手に交尾の真似事をしていました。10センチを超えてつねちゃんも♀らしい体型になってきましたが、まだオトナとはいえないようで、真似だけでした。でも本能は失われていないことが分かっただけでも目出度し目出度しです。
a0044136_20295930.jpg
 3枚目は…あはははは~誰でしょう(汗)。しかも「双子」です(汗)

 カメとは関係ないですが、むんぷんのしっぽさんで紹介されていた猫缶「焼魚定食」を検索していたら、グリコが食べられそうなものが見つかりました。同じメーカーの「ふんわりムース」と高齢猫用のおかゆです。食べるかどうか分からないので、各種少しずつ注文してみました。
 子猫時代にアゴを骨折して、カリカリが食べられなかった時期が長かったせいで、(今は食べられるにもかかわらず)どうもカリカリは食べる時と食べない時があるグリコ様。最近また、食べないサイクルに突入しているので、軟らかい総合栄養食缶をやっているのですが…あまり美味しくないらしく、何かでごまかさないといけないのです。
 しかしこのアイシスというメーカーさん、猫缶の種類が驚くほどたくさんありました。まぐろ、かつお、あじという原材料でよくここまで作った!
[PR]

by cuora | 2006-06-26 20:30 | 爬虫類 | Comments(5)

宇治どんのプチ家出

 今日は私一人だし、晩ご飯は出来合いを買って簡単にすませて、本でも読もう、とお弁当やら本やらを抱えてご機嫌で帰宅したのが8時頃。両手いっぱいの買物袋でカギをあけたら…足元を白黒ぶちの猫がすりぬけて出て行く…。

 「う、宇治どん。待って!」と思うも、両手がふさがっていて阻止できなかった。そして闇に消えた宇治どん。

 猫諸君は何か興奮することがあったようで、他の猫も騒然としてました。フンギャーっという誰かの叫び声もしました。
 これがガビ蔵なら、ガレージの自動車の下で転がっていると相場は決まっているので心配しないのですが…。う、宇治どんは…居らんわ。楽しい気分は一気にしぼんで、懐中電灯と煮干を持って宇治どん探しに。宇治どんは悪さもしないので鈴をつけてないから、居場所は見当もつかない。居らん…。

 ものすごく怖がりなので、バス通りのほうに行くことはないと思うが…と探していると家の中からダイきちのバウ声が。何事かと帰って裏庭を照らすと猫が逃げて行った。でもまっすぐ尻尾だった。宇治どんのおだんご尻尾ではない。あれは誰?家の中の猫どもはますます騒然としている。

 色々と悪い想像が頭をグルグル~嗚呼、ダンナが明日帰ってきて、最愛の宇治どんが家出したと知ったら、ダンナも家出するかも~。しかも家の中の騒動に嫌気がさして出て行ったなんて…。宇治どんの性格からして、あまり騒いで探すと余計出てこないだろうが、私しゃもう1分も我慢できんよぉ~


 30分ほどして、宇治どんはあっさり帰ってきました。はあぁあぁ~。

 結局、騒動のもとは何なのか、何に興奮していたのか、そして裏庭にいた猫は誰か、何一つ分からないまま宇治どんは無事帰ってきたのです。

 いや~ビールの美味かったこと。

a0044136_21581538.jpg

(宇治どんを拾って間もない頃の写真。ハゲちょろけて何とも情けない顔です。でも可愛いのぉ←親ばか)
[PR]

by cuora | 2006-06-23 21:59 | | Comments(9)

ビワの木

 毎日の散歩コースにビワの木がある。近くにグミもあるので、昔々に誰かがゲリラ植樹したのだと思う(というか、史跡だけど長年放置されている間にゲリラ耕作されていたので、その場所はあぜ道だったのでしょう)。この木に今、実がなっている。鈴なりのビワ。くだもの好きなダイきちにはたまらない。油断していると落ちている実を拾って食べている。鳥もつつかない青い実でもお構いなし。散歩コースにあるイチジク、柿の木もダイきちにはたまらない「季節の恵み」。飼主にとっては「熟々になって落ちている虫のたかった果実」で勘弁してほしいものですが。
a0044136_11153561.jpg
 ダイきちが木になっている実を必死に取ろうとしていると、たまに、通りすがりの「親切な人」が、ダイきちが食べたがっているのを「見かねて」杖で叩き落してくれたりする。まあ、毒ではないので構わないといえば構わないのだけど、ダイきちの場合、お腹を壊すほど大量に食べようとするうえ、一度味わったものは人の庭に植わっているものでも平気で食べようとするので、出来ることなら自力で採って食べるのはやめてほしいのですが(笑)。おかげでダイきちは、杖やゴルフクラブを持っている人=いい人だと思いこんでいるようです。
a0044136_11155287.jpg
 あまりに青いイチジクをむしりとろうとするので、200円引きになっていたイチヂクを1パック買ってきました。カメと半分こです(私はイチジクを食べると口がかぶれるので)。
 
 ところで、毎朝の散歩のときにリクガメのご飯になる野草を摘んでくるのですが…草刈がされていて、今朝は不漁でした。今の季節は、なんといってもクズの葉とシロツメグサが豊富です。クズの葉の若いのをせっせと摘んでいるとよく聞かれます。「それ、食べられるんですか?」(笑)。
 休みの日に連れて行く川では、雑魚やエビを真剣にすくっているおとなを見かけます。「何かのエサにするんやろなぁ」と思って眺めているのですが、案外佃煮用かもしれませんね。

 佃煮といえば、今山椒の季節ですね。山椒の実を塩漬けにして冷凍しておくと、一年中使えて山椒の香りの塩も使えて便利だと教えてもらったので、さっそく買ってきました。枝を取るのがけっこう大変ですが、いい香りです。手順はこちら↓。山椒のことに一気に詳しくなります。
http://www.eonet.ne.jp/~ringo-do/syokumotu.htm
[PR]

by cuora | 2006-06-21 11:16 | 植物 | Comments(6)

だって可愛いんだもん

 猫6号の海老蔵は、もみもみ星人でチュパチュパ魔人でダッコちゃんです。8カ月になる今も、とにかくべったりへばりついてくるのです。まあ、そのこと自体は、ほかの♂3匹もそうだったので「♂猫っていつまでも親離れできないのね」と思うのですが。

 問題は、季節が夏に向かって私が薄着になっていることです。冬の間は、脇の下あたりの服をちゅぱちゅぱーっと吸っていたのですが(おかげでそこだけ真っ黒)、薄着になった私に海老蔵は「お、おがあぢゃん、毛(つまり服だな)がなくなってる。吸うとこがない…がびーん」と大変とまどっているようです。
 それでも無理やり、肉にかぶりついたり腹あたりの服をかきあつめて吸ったりしているのですが、爪を出してモミモミするので、正直痛い。めちゃくちゃ、痛い…。これは毛が生えている母猫でも痛いと思う。それでも極力我慢している私って、子離れできてないかもしれませんな。

 そういえば、一時グリコは「肩乗り」に凝ってました。人間が油断している時に背後から肩に飛び乗るのです。これがまた、夏には激烈に危険なのです。そういえば最近乗らないなぁ、飽きたのかな?

 ガビ蔵はといえば、洗面所に人がいるときに、棚の上に乗って、お風呂スリッパを頭の上に落とすのに凝っているのです。お風呂スリッパといえども、当たると痛い。しかも、絶対確信犯です。
 宇治どんはマウスパッドの上に寝るのに凝っているし(今も乗っている、のでマウスがほとんど動かせず写真もなしです。だっていつも「いいひと」の宇治どんですから、無碍に退けるようなことは出来ないのです)…ビスコは、私のポケットに入っている犬のおやつをねだるのに凝ってます。滅多にワガママを言わないビスコの「ちょうだい」が可愛いので、ダイきちにやらない時でも無理やり犬おやつを入れている私(猫おやつでは意外性がなくてダメらしい。硬い犬用のをしがんで食べるのが楽しいらしい)。
 バブちんは、今自立の時を迎えているので、なにやら自分の世界に閉じこもっています。

 まあ、6匹もいると猫も色々咲き乱れているわけです。
[PR]

by cuora | 2006-06-18 22:22 | | Comments(10)

新しいリンクです

「フランス日記」さんが新たにリンクに加わりました~。本場?フランスでのマルギナータリクガメ達とケヅメリクガメ達との暮らしが紹介されてます。ガラスばりのリクガメハウスはまるで動物園の展示のようで、とてもきれいです(しかも通路でバックヤードと繋がっているそうです。ここにもDIYの得意な方が…う、羨ましい)。
[PR]

by cuora | 2006-06-18 14:47 | その他 | Comments(2)

年寄りの冷や水

 休日の朝の散歩は、時々長い。高速に乗って大津まで行く。琵琶湖のほとりの遊歩道を1時間ほど歩く。段差も坂もないので、最近のダイきちの足にはちょうどいいのです。昔は近くの山道1周でしたが、股関節形成不全のダイきちは同じ距離でも山道だと足がガクガクのフニャフニャになるのです。
a0044136_10523183.jpg

 大津あたりだと、夏には藻が異常繁殖したり鯉ヘルペスで死んだ鯉が浮かんでいたりして、とても水遊びはできないが、先日はギリギリまだ入れる状態でした(と言っても、かなりの量の藻が打ち上げられていてなんとも嫌なにおい。地元の漁協のおじさん達がせっせと片付けているけど、手作業であれは大変だと思う)。

 この日はダイきち、お腹を冷やしただけで上がってしまいました。と思ったら、冷えたらしくお腹を壊しておった…まさに年寄りの冷や水です。

 2枚目の写真、新しい首輪です。冬にはフリースとダウンで散歩の時にはたいへんお世話になるモンベル(私の冬の普段着はモンベルとユニクロで構成されています。モンベルは登山系のスポーツウエア屋さん)。夏はどんな商品を売っているのかな?と覗いてみたら、新しく「life is good」というシリーズが展開されていまして、大型犬用のカラーやリード、ご飯皿などが出てました。
a0044136_10525493.jpg
 着脱が簡単で汚れても平気なナイロンのカラーが好きなので、即お買い上げです。この、煮しめたようなモンベル色がダイきちに妙に似合いました(あんまりスポーティな色は激しく浮く)。

 しかしこの「life is good」というフレーズ、能天気なダイきちにあまりにピッタリくるので笑ってしまいます。

(写真にすると、えらい白髪のように見えますが…実物はここまで白くはないような…それにこの首の「皮」の弛みはなんだ!いやー写真って現実をそのまま写すねぇ)
[PR]

by cuora | 2006-06-15 10:54 | | Comments(11)

季節はずれのローストチキン

 「いぬ道楽」さんで教えてもらった鶏肉のお取り寄せ、人間用、犬用猫用、カメ用とたくさん注文したのが届きました。冷凍なので、半調理品はいつでも食べられるのが便利です。丸ごとミンチは小分けにして冷凍してあるので、水棲カメの餌に具合がいい、今年は爬虫類用のお高い丸ごと冷凍ウズラは買わず、このミンチでいきます。

 そして、無難なものばかりでは面白くないので、頼んでみました。丸ごと1羽。
 届いたのは、予想外の巨大な鶏でした。重いっっ。猫より重いぞ。土鍋にも入らないので、サムゲタン作戦を変更して季節はずれのローストチキン作戦に(いや、サムゲタンもすでに季節はずれですが)。
a0044136_162781.jpg
(ばばーーん。調理前の鶏の記念撮影)

 詰め物はスライスしたリンゴとタマネギで甘めに。が、しかし、うちのオーブンは電子レンジのオーブン機能、しかも10年前のローエンド機種ですから、大きい鶏を焼くのは半日仕事でした。何とかかんとか出来上がり、いただきます。


 ん~夏のローストチキンもなかなかオツでしたよ。

 でも老体の電子レンジは過労のため、その後なんだか不調です。

a0044136_163164.jpg
(じゃじゃーん。焼き上がりを取り出したところ。)

 お取り寄せといえば、冬には毎日あれこれさんで紹介されていた毛ガニを頼んだことも。山盛りの茹でたてをキッチンばさみで切りながら食べていたら、やはり10年ものの粗品のキッチンばさみの要が突然崩壊したこともあります。(毛ガニはとても美味でした)

 毎日使うものは、いいものを買わないといけませんね~。

 そうそう料理といえば、最近野菜のパスタに凝ってます。ブロッコリー、キャベツ、アスパラ、ソラマメ、春なら菜の花などが甘みが出て美味しい。パスタが茹で上がる2分ほど前に一緒に茹でます。味のベースはペペロンチーノ。オリーブオイルとにんにく、鷹の爪、ベーコンなどをお好みにより熱しておいたフライパンにパスタと野菜を入れ、塩コショウしてゆで汁を足してあえます。あっさり味にするもよし、こってりペペロンチーノ寄りにするもよしの超簡単パスタです。
[PR]

by cuora | 2006-06-14 16:01 | その他 | Comments(10)