実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧


ホネ

 ハモの骨格標本というものを作った人がいるらしい。「こんなに骨だらけ」というニュースになってました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060530-00000027-kyt-l26.view-000

 夏といえば冷たく冷やしたハモの湯引き(おとし)に、梅肉か酢味噌をつけていただくと「はあ~夏やね」という気分になる。風流なハモも実はこんなホネホネなのだった。

 ホネといえば昨日の散歩中、よそのワンコがサギの脚のホネを見つけてきた。きれいに白骨化していて、気味悪いというより「ほぉっこんなになっていたのか」と一同感心したのでした。そんなときに限ってデジカメがなかった。残念
[PR]

by cuora | 2006-05-31 10:07 | その他 | Comments(8)

これこれ、これを待っていたのよ(ニシアフリカトカゲモドキ)

 うちのニシアフリカトカゲモドキ。うちに来たのは去年の冬。餌はコオロギをやっていたのだけど、どうもあまり興味を持たず、痩せている。冬の間は、食欲の薄いのもまた自然なのだろうと思っていたが、暖かくなり、ヘルメットゲッコーはバクバク食べ始めても相変わらず痩せている。

 さすがにおかしいと思い、ビタミン剤を舐めさせたりしてみた。シルクワーム(カイコ)をやってみたら、見違えるようによく食べたが、カイコを買い続ける(そして飼い続ける)のは実現困難だった(蒸し暑いところでカイコを飼うと蒸れて死ぬのだった。しかも信州から宅急便で餌ごと取寄せないといけない)。
a0044136_9285114.jpg

 またもや困って、でも、コオロギ以外は食べるのが分かったので、いざとなったらハニーワーム(ブドウムシ)を買ってやればいいと少し気が楽になり、色々と読んでいると、飼い方の餌のところに「ピンクマウス」と書いてあるのに気付いた。ピンクマウスを食べるの?と半信半疑で、冷凍ピンクマウスを買って来て、解凍してピンセットで近づけてみる。

 あっ、巣から出てきた。ふんふんニオイを嗅いでいる!舐めてる!でもさすがに大きすぎるよねぇ?困ってるし…と思ったら、頭から丸呑みしました。あらまぁ!そしてまた巣に引っ込んでいった。

 そうか、君はそういうジューシーなのが好きだったんやねぇ。ピンクマウスは栄養があるから食事の間隔を考えないといけないけど、拒食ではなく好き嫌いだったことが分かって一安心。

 ところで、イメージとしてどうしても草食動物=穏やか、肉食動物=獰猛という固定観念があるのですが、うちの爬虫類の顔ぶれを見ていると、草食のマルギナータリクガメが一番凶暴凶悪です。
[PR]

by cuora | 2006-05-30 09:30 | 爬虫類 | Comments(9)

初蚊を観測

 今年の初蚊を観測いたしました。発生地は裏庭、観測部位は私の手の甲と耳たぶとアゴでした。くぅ~、これまた蚊に刺されるとイヤなとこばっかり。初蚊はなかなか凄腕です。

 最近は蚊に刺されるのも痒いだけですまないことがあるらしい。が、裏庭には爬虫類、魚類、両生類がいるため殺虫剤をまくのは大変困難。さらに我が家の人間は呼吸器がそろって弱いため、蚊取り線香も苦しい。水場にはボウフラ防止のメダカを放してあるものの、排水桝や溜まった雨水にもボウフラは沸くのです。

 蚊が出ると外に出るのも命がけ、スプレー式の虫除けも、水棲動物の水に触れない腕の上のほうまでしか使えない。顔も無理。嗚呼、思いのほか早く、蚊の季節が来てちょっとショックです。

 何かよい対策はないものでしょうか。

 オマケ ボウフラ退治に外国から連れてこられたカダヤシという魚、知ってます?見た目はメダカのようですが、卵ではなく稚魚を生みます。大阪城のお堀にもいます。そうとは知らない人から「メダカをあげる」と言われて数年前に貰ったのです。なんだか形が違う…と思いつつ水槽に入れて観察していた私は、ある朝おったまげました。ぽこんと稚魚が出てきたのです。そう、地味なグッピーだつたのです。カダヤシは日本のメダカより寒さに弱いらしく、その秋に私の怠慢から全滅してしまったのですが。そのカダヤシ、特定外来生物に指定されてしまいました。ある地域では今まで毎年放流していたそうです。いや、ボウフラなら在来種の魚でも食べます。なぜ外来魚のカダヤシだったのか、今となっては謎です。
[PR]

by cuora | 2006-05-29 19:50 | その他 | Comments(7)

新しいリンクです

あびこ自然倶楽部」さんがリンクに加わりました。

 ホタル、サンショウウオ、ビオトープ…動物好きならたまらない内容が目白押しです。ウーパーの孵化もあります。写真もとてもきれいです。
[PR]

by cuora | 2006-05-29 09:23 | その他 | Comments(3)

亜熱帯トイレ

 昨日、トイレの床が濡れていたとダンナが言った。またガビ蔵かと思ったら、ウォシュレットが漏れてた。ホームセンターに修理を頼みに行ったら、メーカーに直接頼むほうが安いという。が、とりあえずそのままほったらかしていた。

 夜。トイレに行こうとしたらドアが開かない。無理やり引いて開けたら、そこは亜熱帯のジャングルだった。上からしたたる水、べちゃべちゃの床、湿度100%。水を吸ったドアは膨張して開け閉めができないほど。

 ウォシュレットはさらに症状が悪化して、誰もいないのに勝手にノズルを延ばして水を噴き上げていたのだった。木製のドアにはめ込んだガラス窓の隙間から廊下にも染み出すほどの勢いだった。ここまでやられると、笑えてしまう。

 大阪発世界的家電メーカーの製品だ。修理サービスは大繁盛しているようで数日待ち。早く来て下さい。
[PR]

by cuora | 2006-05-28 13:24 | その他 | Comments(8)

ダイきち、久しぶりに腰が抜ける

 ダイきちは股関節形成不全です。レントゲンで見ると後ろ脚の股関節が全くはまっていません。普通は丸くボールとお椀のようになっているべき関節が両方とも平らなのです。筋肉の力だけで歩いているわけで、獣医さんにも「なんで歩けているんでしょうねぇ」と不思議がられるくらい(前脚が立派なのだ)。
 走ったり跳んだり坂道を長く歩いたりすると、後ろ脚がつっぱって棒のようになってしまう。なので普段はテクテクと平らなところを歩いているのですが。

 たまにはダイきちだってはじけます(いや、もともと性格は興奮症)。この間は、久しぶりに会ったラブ♀(しかも若い)のNちゃんを見て張り切り、遊ぼう遊ぼうと飛び跳ねたり跳び退ったり。その間たった数分ですが、Nちゃんが立ち去った後で電池が切れました。有り得ない角度で脚をねじって座っているので、ヤバいと思ったのですが案の定。

 その後グラグラふらふらと歩いて帰ってきましたが、どうもそれ以来、歩き方が不安定です。これから年とともに筋力が衰えて、カバーできなくなってくるのかなぁ、とちょっと心配です。腰を吊るパンツ、念のために今から買っておこうか、とか考えてしまいました。いや、それより筋肉をつけなきゃ!(飼主ともどもね)
[PR]

by cuora | 2006-05-27 13:28 | | Comments(6)

最先端技術の原始的な端末

a0044136_10143643.jpg
(←イワフジ) 
 自宅はいままでADSLだったのですが、光にしてみました。「インターネットが早くなる」というセールスについふらふらと。調べもののためによく検索するのですが、最近は重たいページが増えてなかなか表示されないこともしばしば。

 で、光になったのですが、早いと実感できるほどではありません。PCの問題なのか?某国の接続の問題なのか?(某国のサイトは検閲?があるので繋がりにくいというのは事実)よう分かりません。

 そして問題が一つ。モジュラージャックの下のほうから「光回線」とかいう線がびろーんと出たままなのです。線をレンタルの端末に繋ぐため、出たままでないといけないようなのです。工事のお兄さんは「この線を折ったりしないで下さい」と言い残して帰っていきました。
 嗚呼しかし、その部屋は猫の部屋でもあるのです。

 「猫の皆さん、この線は高価で取替えが大変なので触ってはいけませんよ~」

 最新のテクノロジーも、末端ではこのように猫まみれの部屋に回線がべろんとはみ出している、案外原始的なのでした。
a0044136_10152829.jpg

 写真は、最近うちで咲いている植物です。イワフジは、先日買ってきたポット苗を鉢に植えました。本物のフジは植えられないのでミニチュア版で気分だけ藤棚。円錐山萩という達筆な名札がついていたヤマハギ。葉が丸いのです。ユキノシタの花。地味なユキノシタもよく見ると凝った花をつけていました。知らなかった。
a0044136_10155675.jpg

[PR]

by cuora | 2006-05-26 10:16 | 植物 | Comments(5)

食べてはいけない

 ダイきちのドッグフードはいつも通販で買っている。ふと、キャットフードも買ってみようと思い、某ブランドのドライフード(並行輸入もの)の大袋を一緒に注文しました。

 「これならしばらく買いにいかなくていいや、これはいい」と思った…のですが…このフード、激烈に人気がありません。うちの猫は犬食いで、ご飯にわーっと群がってきて、一気にガツガツ食べる(グリコ様でも、一般的にみれば一気食い)のですが…このフードを皿に入れて持っていっても、気乗りのしない食べ方で、ほぼ全員残しています(前代未聞だ)。グリコは逃げていきます。ビスコまで、やや逃げていきます。

 これは、変質している?「食べてはいけない」フードなのかもしれません。でもまだ大量に残っているんですけど…捨てるのは勿体ないおばけが出そうですが、私は食べたくありません。うーん、また銭失いをしてしまったようです。

 ところで、ドライフードというとお魚用の配合飼料、これも開封したら酸化が始まります。今まで食べ切れなくて勿体ないと思っていたのですが、Yさんは、食べない分は袋に入れて冷凍室に入れていました。私も真似しよ。
a0044136_9205538.jpg

(写真は、エアプランツの花。ひっそりと咲いていました。エアプランツ、昔色々持っていましたが、大半は猫にタマネギの皮のように剥かれて消滅してしまいました)
[PR]

by cuora | 2006-05-25 09:12 | | Comments(6)

近況

 ブチイモリのぶちお、淡々と元気にしています。すごい食欲です!この種類は「マメな給餌がポイント」と書かれていたのも納得!乾燥餌でもなんでも、放り込むと一気に食べてしまいます。大きくなれよ~
a0044136_915215.jpg
 ウーパーちびの黒豆も、すごい食欲です。すごい太鼓腹です。二匹とも成長期まっさかりです(勿論、別々の水槽で飼っています)。

 庭のセマルハコガメとモエギハコガメ、ようやく食欲が出てきました。この面々の食餌は、…なんといいますか…ねっちゃり系の雑食なので、食事風景はあまり美しくありません。↓のモエギは、私の前は飼育のプロが飼っていたので、うちに来た日から平気で餌を食べてました。そろそろ名前をつけないと。

a0044136_9153226.jpg

[PR]

by cuora | 2006-05-24 09:16 | 爬虫類 | Comments(7)

またお前か

 うちの猫3号ガビ蔵は、たいへん器用です。引き戸なら、窓からふすま、板戸まで何でも開けられます。そして課題を与えられると、素晴らしい集中力を発揮して次々とクリアしていく「プロジェクトX」のようなやつです。

 ベランダに張り巡らせたガビ脱走防止のヨシズに、素晴らしい穴を開けることにも成功しました。そこでルーバーラティスを張ったのが日曜日のこと。ベランダ方面の攻略を一旦断念したガビ蔵は、落胆しているように見えました。

 見えただけでした。目先を変えて、前後に開くドアを開けるという課題に挑戦していたのです。朝起きたら、1階のリビングにガビ蔵がいて、ふた付きのカゴに入れてあった食パンが食べられてました(このカゴも過去にガビ対策として買ったが、あっさり攻略された)。

 リビングと廊下の間のドアは、ダイきちが中から押して出ると戻れないので、留守中は廊下側からカギをかけているのですが、これからは自宅にいるときも掛けておかないと…。

 そしてガビ蔵は、ベランダから屋根を見上げて、何やら考え込んでおりました。次は屋根かい!
(バッテリー不調につき写真はないのよ~)
[PR]

by cuora | 2006-05-23 09:10 | | Comments(7)