実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


ありがとうございました

a0044136_15125913.jpg


 みなさまのコメントに助けられて3日坊主に終わることなく、なんとかブログ書きも続いております。うちの動物の顔ぶれもあらかた紹介できたと思います。来年は全員登場と、春になったら植物の話もしたいなぁ~と思っています。

 大掃除は超適当に片付けました。今年はおせちもよそから強奪します。とくに遠くに帰省も、旅行もないダラダラ、いや淡々とした正月になりそうですが、お出かけのみなさまお気をつけて!自宅でまったり組のみなさまも胃をお大事に、お仕事の方も風邪などひかないように、また正月あけにお会いしましょう~!
[PR]

by cuora | 2005-12-30 15:19 | その他 | Comments(20)

ホネ

a0044136_18152474.jpg
 
このスマートな骨格は、何の骨だと思いますか?

 答えは「ウーパールーパー」。「ぼーっ」としたイメージのある、ずんぐりむっくりととらえどころのない生き物、ウーパーも、案外骨は格好いいのです。

 これはずいぶん前にニューヨークに行ったうちのダンナが、仕事の合間(というかなんちゅうか)に行った博物館で見つけた展示品。エラにもちゃんと骨が入っているのがわかります?

a0044136_18154296.jpg

 次。これはマッコウクジラの骨格標本のフィギア。東京科学博物館で展示されている骨格だそうです。全長でも人差し指くらいの小ささなのに、本当によくできてます。作ったのは、「あの」海洋堂です(やっぱりぃ)。新聞に紹介されていて、速攻でネット検索して取寄せた愛着の一品です。
[PR]

by cuora | 2005-12-27 18:17 | 爬虫類 | Comments(8)

カメ水槽の一例

 今はマレーハコガメ2匹とハラスジヤマガメ1匹が暮らしています。
 大きいほうのマレーハコガメ「どきんちゃん」♀は4本とも手足の先がありません。野生のカメを現地の人が捕ったのらしいですが、子ガメの時に鳥につつかれて食べられたのではないかと思います。前足の付け根の腹甲もえぐれているからです。商品にならないというので、ショップの人がくれました(タダに弱いのです)。

 そんなカメがペット用として輸出、輸入されてショップにまで来たのは、ひとえに彼女が「ハコガメ」だったせいでしょう。ぴったり箱になると手足も顔も見えませんから分からなかったのだと思います。
 フィリピンのレイテ島で獲れたということですが、甲羅が細長くてオリーブ色で綺麗です。
a0044136_10512719.jpg
(しかし、水槽も大掃除しないとイケマセンね・汗)

 どきんちゃんは。さすが野生で生き延びていたたげあって、生活に支障はありませんが、指がないので泳ぎは下手です。なので水深も水棲のカメにしては浅くしてあります。この水深が、あまり泳ぎの達者でないハラスジヤマガメの腹筋子さんにちょうどいいので、同居してもらっています。ゆくゆくは筋子ちゃんはもっとハラスジ向きのケージに引越してもらいます。

 指がなくて困るもう一つのことは、硬い大きな餌を押さえて引きちぎれないことですが、乾燥エビなどは私がちぎってやればいいのでやはり問題はありません。
a0044136_10522012.jpg
(再度登場腹筋子さん、首から手にかけての模様見えます?)


以下は、カメ飼いさんには興味のあると思われる器具の紹介です。

水槽 「勉強屋」さんで注文したアクリル水槽。ラックにあわせて注文した水槽は背も低くて使いやすいです。幅は約80センチほど。
甲羅干し台 「かめねこ屋」さんでサイズを言って焼いてもらった焼き物の台です。コケが落ちやすく、表面がからっと乾くので腹甲にもいいです。
エアストーン 「いぶきエアストーン」の18センチくらいのサイズ。ここのエアスートンはちょっと高いですが半永久的に使えて気泡もきれいです。うちのお魚とウーパーも全部同じメーカーのものを使っています。
ヒーター 熱帯魚用の60センチ水槽用ヒーター。25~26度に設定しています。
外部濾過器 「パワーボックス45」という外部式ろ過をつけてます。
ライト 「カミハタ」の爬虫類用ハロゲンランプ。水滴がかかっても少々なら割れないものです(本当に紫外線が出ているのかは不明)
 固形フードはレプトミン、咲ひかり、プレコ用のタブレット。乾燥餌は乾燥川エビ、乾燥ミミズ。そのほか鶏レバー(血抜き)、青菜、ササミなど人間の食卓からのお裾分け。頓死してしまった餌用コオロギなど、食べそうなものは何でも一応放り込んでみる。
[PR]

by cuora | 2005-12-26 10:55 | 爬虫類 | Comments(13)

レニングラードの肉屋

 今年のクリスマスは3連休ということで、23日にはダンナと二人、優雅にクリスマスの買物に行き、ヨドバシカメラに突入したところ、あまりの客の多さに店員さんが切れていた。
 これに懲りて24日は朝の10時からケーキと肉を買いに行った。「この時間なら並ばずに買えるでしょう」という予想は、甘かった。
 1軒目のケーキ屋さん。すでに整列用のロープが張られていて、しかも皆さん大量に買うのでなかなか大変なのだった。でもまあ、夕方行くよりはるかにマシだろう。

 次。肉屋。奮発してヒレステーキを食べようということになり、最寄り駅近くの地元では有名な肉屋へGO。ところが、すでに店の裏まで列が出来ていて、しかも店頭で客の注文を聞き、肉を量って切って勘定をするのは、正味1人だけ、あとの店の人は黙々と肉をスライスしている。年末年始用の帰省客用や贈答用で、皆さん3万円とか豪快な買いっぷりなので、1人当たりの接客時間が異様に長い。「30分待ちか」と並んだけど、30分で1メートルしか進まずまだまだ店の角さえ見えない。こんなことになるとは思ってなかったので薄着してきたのが悔やまれる。雪までちらついてきたぜ。

 気分はすっかり、旧ソ連で肉屋に並ぶ市民。ダンナと交代で並んで1時間半、ようやく肉が見えてきた。こんだけ並んでステーキ2枚で引き下がれるか!とアドレナリンが出てしまい、結局私も豚バラ塊肉だのシチュー用だの山盛り買いこんでしまった。

 次は花屋。恒例のシクラメン購入。年々花色も葉柄もバリエーションが増えていて選びきれないくらい。しかし私は夏を越す技量がないので勿体無いから、セール600円のを1鉢だけ。ここでようやく、ゆっくり買物ができた。

 嗚呼しかし…肉屋ですっかり冷えた私は、次の朝しっかり風邪をひいてしまっていたのだった。

 勿論、ステーキは大変美味でした。
[PR]

by cuora | 2005-12-26 09:06 | その他 | Comments(10)

やっぱり雪が好き

a0044136_11501352.jpg
 今朝起きたら大阪も雪景色だった。この年になると、雪が降ってもワクワクしたりはしないけど、ダイきちはさすが先祖代々北国の犬、さらに自分も北国育ちで、雪を見たら張り切ってしまった。雨降りだと「どよーん」となるのに…。

  外に出ると、あちこちからクラクションやサイレンやらが響いている。ほうぼうでスリップ事故などが起こっているらしい。すぐそばの通りは片側ぎりぎり1車線で歩道も自転車専用道もないところにバスまで通っている、そのうえ近くでマンション建設中なので、見なくても大混乱が予想できる。

 やたらと張り切りズンズン歩く犬、フリースと防水シューズとホッカイロで完全武装しても寒い私。テンションはかみあわないまま「散歩に付き合った」。
a0044136_11495140.jpg
 猫にも雪を見せてやろう、とベランダのドアを開けたが…5匹中、見に来たのは2匹だけ。それも首だけ出してガビは2秒ほど、ビスコは10秒ほどで「もういいです」とヒーターの前に戻っていった。シベリアトラを見習え!

 バブの去勢手術は無事終わり、昨日の晩は少し顔がむくんでいたけど、今朝はそれもおさまり食欲もある。でも病院嫌いなので、人間不信に陥ったらしく昨日は帰ってきても棚の上に隠れていた。
 バブに限らず猫はたいてい病院が嫌いだ。獣医さんの手にはよく猫の引っかき傷(それもかなり本気)がついている。でもガビは何故か病院好きで、診察台の上で病院のスタッフ相手に遊んだりしているので、病院では人気がある。やっぱり変な猫だ。
[PR]

by cuora | 2005-12-22 11:53 | その他 | Comments(5)

ピンポンパンポーン♪

 リンクしているoikyさんの「毎日あれこれ」は、なんとなんと早くもpart2が満杯になりpart3にお引越しされましたのでお知らせします。
[PR]

by cuora | 2005-12-21 00:00 | その他 | Comments(1)

「へっちゃん」はね~♪

 「ヘッちゃん」、この脱力するような名前の魚、種類はポリプテルス・デルヘッジ。古代魚の仲間だ。数年前にDさんからいただいた。
 そのとき私は古代魚熱に浮かされていて、しかしアロワナを飼う根性も肺魚を飼う気力もない、という中途半端な熱だった。熱帯魚屋さんには、ドジョウの稚魚のようなポリプテルスの仲間のベビーが色々いたが、1メートルになるような種類は却下していくとデルヘッジ他数種類しか候補は残らなかった。
 そんな話をどこかに書いたご縁で、Dさんちからヘッちゃんをいただいて今日に至るまで、淡々と1匹だけで飼っている。

 1日の大半をヒーターカバーと岩の間で隠れて過ごしているので、(ヤモリのケージ同様)大半は空しく一見カラの水槽を眺めることになる。

 なぜ水槽の顔ぶれが増えないか、というと、相性のよさそうなヤツが見つからないのだ。喧嘩してボロボロになるのはいや、喰うのも喰われるのもいや、見た目でよさそうと思った古代の貝は、水質と水温が合わなかった。ポリプテルス・セネガルスのプラチナカラーというのには惚れたけど値段が可愛くないうえにデルヘッジとの相性はよくないみたいだった。

 そして1匹だけで飼っていると、トラブルがないから本人も私も至って楽ちんなのだった。餌をどれだけ食べているかも一目瞭然。安物のろ過器でも1匹だけなら何とか水の汚れが遅らせられる(手を入れると暴れて鼻をぶつけたりするので極力手を入れたくない)。すっかり、水槽をにぎやかにする案は忘れ去られている(エンゼルフィッシュ水槽が過剰に騒がしいのでちょうどいい)。
a0044136_195428.jpg

 そしてヘッちゃんは肉食なのだが、わりとグルメだ。肉食ナマズ用の固形フードだと、いやいや食べるが、牛のハツの切ったのなんかは素早く丸呑み。ピンクマウスも大好きのようだ。昆虫はゴミが浮いているとしか思わないようで、結局すくってカメにやるはめになる。

 狭い水槽だと20センチちょっとで成長がとまる、と書いてあるサイトが多いが、60センチ水槽では1匹でもやはり水槽が狭すぎるのか、ここのところ成長が鈍い。どーんと、丸く太く長く、巻き寿司のようになってほしいのに。

 ところで明日は猫5号バブちんの去勢手術の日。朝ごはん抜き、という事実をどう納得させるか、今から頭が痛い。
[PR]

by cuora | 2005-12-20 19:56 | ほかの動物 | Comments(4)

ポイポイ生活!

 ここのところ、土日も半分仕事のような役が色々とあって気忙しかったのですが、この週末はダンナもいない、会合もない、外は寒いということで、引越しするつもりで家中の要らないものをポイポイと捨てました。いや~洋服の半分はもう2年は着てない(この先も絶対着ない)、本(実用本)の半分は、中身が古すぎ。賞味期限切れの乾物(2001年3月までのフリカケとか。食べる勇気なし)や、変色しちゃってもう絶対使いたくないタッパーウエアの山、セットだったのが1つだけ残った食器、超昔の歌謡曲のカセットテープの山(いつ聞くつもりで取っておいたのか、恥ずかしやアイドル歌謡曲山盛り)、粗品、壊れてはいないけどもう絶対使わない今となっては低性能OA機器、同じく今や読み込むこともできない(そして中身はゴミ同然)のフロッピーディスクの山、資格試験のテキストなどを集めたら一部屋埋まるほどありました。気分爽快~。すっきりしました。
a0044136_1755163.jpg
 ダイきちのお腹はなおり、猫に食べられていたダンボール箱は廃棄(箱の半分くらい完食されていて愕然)、魚のろ過で目詰まりして却って水質を悪くしていたスポンジもポイ。

 冬眠組のカメのうちミスジハコガメのすみちゃんのまぶたに嫌な白い肥厚した皮がついているのも発見。冬眠中はこうなると絶対よくなることはないので、冬眠を中断して只今「解凍」中ですが、これもなんとかうまくいきそうです。成長が早いので乱暴に冬眠組に入れてしまいましたが、まだ子ガメですし、割合南方に棲息しているのでちょっと無理があったかもしれません。

 そして同時に、何となく来年の展望が開けるような話があり(どうなるかは分からないけど)、気分も晴れました。
a0044136_17551581.jpg
 今週の水曜日にはバブ@猫5号の去勢手術の予約が入れてあります。これも人間の都合で年内にすませたかったのを延び延びにしていたのですが、ようやく健康診断に行って予約してきました。ここの病院は麻酔の技術も設備もいいので、とくに不安はないのも嬉しいです。
 しかしバブっちももう生後8カ月(推定)。早いわねぇ~。
(注 すっきりサッパリと勢いで金玉まで取ってしまおうということではなく、拾った時から決めてました、ハイ)
[PR]

by cuora | 2005-12-19 17:58 | その他 | Comments(8)

週末いっぱいお休みします

 ブログを始めて以来、私としてはマメに日記をつけてきましたが、ここに来て動物諸君の運気が一斉に下がってしまいました。(といっても大きなトラブルではありません)
 犬のおなかの調子が悪く、猫3号がまた異物(ゴムぞうりの底とビニール袋とダンボール)を食べてしまいまだ全部出てません。お魚と爬虫類は手抜きお世話が続いたので絶好調とはいえません。家の中の掃除もさぼりぎみで、どことなくとっちらかっています。OA機器もメンテ不足です。忘年会に行き過ぎて仕事も溜まってしまいました。自分自身も、爪のエナメルが剥げたままのお手入れ不足サボテン女です。
 最低限ラインを維持している動物たちを見ても、すっきり片付いていない家の中を見ても、ヨレヨレの自分自身を見ても、どうも楽しい話題が湧いてきません。というわけで、週末まで運気の立て直しに務めます。家中こざっぱりしたら、また来週からブログを書きます。
 遊びに来てくださっている皆様、どうか来週、またのお越しをお待ちしています~(忘れないでね~)
[PR]

by cuora | 2005-12-15 10:12 | その他 | Comments(6)

オウムガイ(妄想だけ)

 水族館の売店や海辺のお土産物屋さんで時々見かけるオウムガイの殻。うちにあるのは鳥羽水族館で買いました。水族館で飼育されていたもの…ではないでしょう(それだったらちょっと怖い)。

 本屋で今月号の「アクアライフ」(熱帯魚雑誌)を見たら、「オウムガイの飼育」という記事が載っていたのでつい買ってしまいました。鳥羽水族館はオウムガイ飼育・繁殖の権威らしく、記事は鳥羽水族館の執筆でした。
 数カ月前「オウムガイってペットとして売られている」てな話題が出て以来、密かに「家にオウムガイが泳いでいたら素敵(というか何ちゅうか)だろうなぁ」と妄想していたのです。
a0044136_1711814.jpg


 でも記事を読むと、飼育技術が分かってきたとはいえ、広~い水槽に少数、餌は生餌、水質悪化と高温に弱いと書かれていて、どれも無理だわ~と思いました。とくに高温、です。水温27度を超えると47時間で死ぬ!そうです。夏はぬるま湯のようになってしまううちの水槽で飼えるわけがありません。たとえ水槽用クーラーをつけたって、家庭用のものでは気休めでしょう。

 というわけで、雑誌の記事と殻だけで我慢しときましょう。あ、オウムガイのポスターというのもあります。かなり好きなんですね、私(今気がつきましたわ)。

 今月号の「アクアライフ」には、野生で捕れたアホロートル(ウーパールーパー)の写真も出てましたが、やまねさん情報のとおり、泥んこのハゼどんみたいな状態で写ってました。「日の当たらない洞窟でひっそり生きている」という説は、一体どこで聞いたのか…うちのアホ~ずももうちょっと日に当ててやってもよいかも、と思いました。
[PR]

by cuora | 2005-12-13 17:13 | ほかの動物 | Comments(11)