実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:両生類( 83 )


う、産んでる

う、産んでる…と書くのは何度目でしょうか。

今朝起きたら…と書くのも何度目?

今朝起きたら、ウーパーが産卵してました。脱力。

なぜ、この忙しい時期に?(答:季節だから)

一応隔離します。有精卵だったら、卵の時点から欲しい方、5個くらいから差し上げます(但し、近場で面識のある人限定←貴女とか貴方のことです)

YMさんは、こないだ生まれたから貰ってくれないわね。

親は不明。

ぷーままさん、産卵促進電波、送りました?

(ぷーままさんちの、エンゼル産卵祭りも大変そうです)
[PR]

by cuora | 2009-01-24 09:42 | 両生類 | Comments(8)

シリケンイモリの住い


a0044136_15405217.jpg
 

オキナワシリケンイモリのチビたちは、まだ泳ぎが下手で陸上で暮らしているので、こんなふうに飼ってます。プラケに観賞魚用上部フィルターのスポンジを敷いて陸と水場を作り、陸には隠れ家と身体を乾燥させるときに乗る人工のツタを入れてます。隠れ家は余っていたウェットシェルター。スポンジで陸を作るアイディアはyassanを真似しました。有尾類ベビーが水棲から変態して上陸するときにも便利です。
 あんまり繊維が密なワタ状のものは、餌にくっついて口に入ったりするので使いにくく、適度に目の粗いものが使いやすいです。


a0044136_15412378.jpg

 親は、水棲傾向が高いので、水を張ったプラケに陸を入れる方法です。台所用の水切りケースにハイドロカルチャーを入れたものが陸。適度に湿っていて、洗い流すのも楽です。水草は、繁殖期以外は人工の水草です。

 どちらも見た目は全然ですが、メンテが楽です。

 一応「ビバリウムの本」でレイアウトケージの作り方も見てみましたが…私には無理!DIY能力がゼロ以下(何か作ろうとすると、必ず何かが壊れる)ですから。
[PR]

by cuora | 2008-11-19 15:41 | 両生類 | Comments(8)

イベリアトゲイモリ


a0044136_22534751.jpg
 卵です。勝手に「チューリップ」と呼んでいる段階。この後イモリらしい形に変化していくのですが、ウパでもイモリでも、このチューリップの時期が一番愛らしい造形だと思っています。

a0044136_22541428.jpg

 孵化して数日のベビー。ウーパーのベビーとよく似ていますが、アップにするとちゃんと模様があるんですね。
 周りに点々としているのがブラインシュリンプ。配合飼料を溶かしたもので代用できないかやってみましたが、食べなかったので結局ブラインを沸かすことになりました。

a0044136_22562832.jpg

 こちらは最近のマダライモリ。去年の末にカレンダー用に撮った写真と比べると横幅が倍増しているのですが、こんなものでしょうか?(汗)
 今年の冬は水場も作ってみようっと。
[PR]

by cuora | 2008-10-07 22:56 | 両生類 | Comments(11)

イベリアトゲイモリのその後

 今朝見ると、また産んでありました。ざっと取れる分だけ回収しましたが30~50個ほどありました。じっと見ると中ですでに分裂が始まっていて、有精卵のようです。

 第一陣の卵は、受精率が低く、受精した卵が途中で死んでしまう率も高かったので、4匹ほどしか孵化しない見込み(2匹孵化済み)。♀が2匹いるので、どちらかがまだ未成熟な♀なのかもしれません。

 これ以上殖えても大変なのですが、新しい水草を放り込んでおきました。心ゆくまで産むがいい!

 心配していたセマルの弱々しいちびですが、今朝くらいからようやく食欲が出てきて、レプトミンと乾燥ミミズを食べました。後ろ脚は相変わらず、右足が動き難いようですが、それなりに元気です。元気なちびはよく食べるので、早くも体格差がついてきましたが、なんとか育ってほしいものです。


 写真を取り込もうかと思ってましたが、先ほどたべたヤマイモすりおろしのせいか、玄関先の毛虫の毛か分かりませんが、アルコールに反応したのか、全身とんでもなく痛痒いことになってきましたので、洗濯して風呂はいります。また明日。
[PR]

by cuora | 2008-10-06 20:48 | 両生類 | Comments(5)

うぱの悲劇

 朝っぱらから気持ちの悪い話ですみません。(本当に気持ち悪いです)



 うちの、ウーパー・ごま塩ジュニア2008年生まれを3匹、次世代として残しておき、45センチほどの容器に入れておりました。1匹、若干小さかったのですが、丸のみされるほどの体格差でもなかったので、まあいいかと思ってそのままにしていました。

 そして、土日と餌を抜いていて、今朝見たら…

 一番小さいウーパーが無残に食べられてしまっていました。

 齧られたとか、丸呑みされたとか、そんなことはよく聞きますが…

 去年生まれたごま塩ジュニア2007のうち、残した1匹の♀も、かなり凶暴で危ないのでいまだに1匹だけ隔離してますが、今後どうしようか(実はもっと小さい時期にも1匹喰いちぎられた・暗)。その前の年のジュニア達は、そんなことはなかったです。

 両生類では同種で食べあうこともあるのは知っているし、別に悪意があるわけでもなく、単に本能だとは思うのですが、いつもいつも満腹にしておくわけにもいかないし。中2日抜きって、うちでは普通です。成長したら週1回くらいのペースでもう10年くらいになりますが、そんな事故はなかったです。

 ごま塩は、貪欲でしたが、餌を入れたときに間違った場合以外は、他のウパを襲うようなことはなかったのに。アルビノ組も、そういう事故はないです。

 思い当たることといえば、金曜日にディスカスハンバーグをやりました。もろに肉ですので、血のニオイで凶暴化したのかも??
[PR]

by cuora | 2008-08-04 08:26 | 両生類 | Comments(2)

もう子供ぢゃないぜ

 数日前まで、今年孵化したうぱチビは、「何かの両生類の幼生」というたたずまいでした。
 昨日の夜見たとき「もう惣菜パック卒業間近だ」と感じました。
 そして今朝見たら、もうウーパーになってました。

 この感じ、繁殖した方なら分かっていただけると思いますが、ある日突然、体型だとか目の飛び出し方だとか肌の質感が変わっていて、「イモリになっている」とか「サンショウウオになっている」と感じる日があるのですが、終生水棲のウーパーにも、そこはかとなく「本日をもってベビーの時代は終わったぜ」という日があるようです。
 まず餌の採り方が、昨日までは動くものを反射的に飲み込んでいるだけ、という感じだったのに、今日からは、私が近づくと配合飼料が落ちてくるのを理解したように寄ってきて、底に落ちたのも探して食べました。

 さて、そうなると、困ったのが容器です。30センチキューブ水槽が空いてますが、ここにベアタンクで収容すると食い合いになるのは去年のoiky組で経験済み。まあ、とりあえず空いているプラケと100均の米びつに入ってもらいましょうか。

 今年のウパは、孵化当初ブラックに見えたものも、黒い体に黄色っぽいブチが入った「ごま塩に瓜二つ」の個体ばかりでした。恐るべし、ごま塩。現役引退とか言って悪かった。アンタの遺伝子は強いよ。

 ウパ収容能力の限界を超えたので、今年は抜本的改革をしたいと目論んでいます。

 そうそう、今朝はもう一つショックな出来事が。デシ一を落としてレンズ保護カバーが割れてしまいました。さらに、歪んだのか、外せませんでした。レンズ自体がどうなっているのか、今晩じっくり確認するのが大変恐ろしいです。
[PR]

by cuora | 2008-05-23 16:17 | 両生類 | Comments(4)

150匹ウパちゃん大行進 間近

きっと明日、150匹ウパちゃんが孵化します。もう、準備万端で、ピクピク動き回っております。

なんと、目指していた黒ウパちゃん150匹となりそうですが…どないしょ(汗)

150匹全員黒ウパ。壮観やろな。
[PR]

by cuora | 2008-04-12 23:47 | 両生類 | Comments(6)

みんな大好きディスカスハンバーグ

 ディスカスハンバーグとは、熱帯魚のディスカス用の冷凍餌で、牛ハツやら何やらに、ビタミンやら色上げやらの機能強化食品が入れられた板状のもの。「秘伝」具合によって値段もピンきりだけど、総じて高い。
 このディスカスハンバーグ、イモリ諸君(水棲)に大変受けがいい。配合飼料を食べない気難しいやつも、これを投入すると豹変する。
 難点は、ミンチ状(というよりもペースト状)なので、食べかすで水が汚れること。手も汚れるけど。

 いつもは、うちの両生類諸君の主食は「ひかりクレスト・キャット」というナマズ用の餌。ウパとイベリアトゲイモリは、ほぼこれだけ。ほかの面々は冷凍アカムシとか、乾燥ミミズとか、虫とかも食べている。まあ、その日の私の気分で、それなりにバリエーションはある。基本的に「乾き物」をポイポイ投入するだけ。

 で、冬の間屋外で過ごしたシリケンたちがちょっと痩せてしまったので、栄養補給のために久しぶりにディスカスハンバーグを解凍して、イモリたちに適当にふるまった。ついでに冬眠明けの小さいカメたちにもふるまった(大きいカメにやると、1枚やっても全く足りないから)。きっと夜には、家中の水が生臭くなって、全部取り替えないといけないだろうけど。どうせもう換え時だから、いいか。

 これを常食にするのは、栄養がありすぎるような気がするけど、体力をつけるにはなかなかよさそう。

 それにしても、両生類ってやっぱり肉食だなぁ。

a0044136_15365580.jpg

(「私もこれならいただきます」)
[PR]

by cuora | 2008-04-08 15:26 | 両生類 | Comments(5)

う、産んでる

 というタイトル。見覚えがありますか?

 そうなんです。ウパが生んでいたんです。さっき見たら。今朝は水槽を見なかったけど、多分今朝はなかった。もう4月だし、今年はなしかと思っていたのですが。

 誰の?

 ワカリマセン。

 黒っぽい卵が200個ほど。一応隔離しましたとも。

 果たして、ゴマ塩の最後っ屁で受精したのか?それとも無精卵か?それとも、性別不明のチビのなかに実は♂がいるのか?なんともアバウトな雑居水槽なのでした。

 え?最初の年の感動が失われているって?

 やっぱり、孵化したときの大変さを知るとね(苦笑)。それに今、私「ぎうぎう(c)くるねこ大和さん」なんです。

 あ、イベリアトゲイモリのたった数個の卵は、全滅しました(涙)。
[PR]

by cuora | 2008-04-04 22:22 | 両生類 | Comments(9)

イベリアトゲイモリの産卵

 今、イベリアトゲイモリ♀2号の水を換えようとして、よーく見ると…水草に卵が3個ついてました。わりと発生が進んでいる卵が3個だけ。
 ということは…気付かないうちに生んで、食べちゃったのでしょうか。思いのほか小さい卵だったので見落としていたのか。
 いや、この♀は♂との同居がたった数時間だったので、そしてそれからかなり日数が経つのに気配もなかったので、まさかと油断していたのです。

 ♂(婿殿)とラブラブなもう1匹も隔離しておこうか。
[PR]

by cuora | 2008-03-12 20:32 | 両生類 | Comments(7)