実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:植物( 32 )


ツメレンゲ

 私の趣味の一つである多肉植物と、もう一つの趣味である拾い物が融合した話である(大袈裟な…多肉を拾ったんです)

 散歩コースにある古ぅい長屋が取壊されて、学生マンションになるらしい。長屋はほとんど空き家で一軒だけ、おばあさんが住んでいた。どこへ引越したのか知らないけど、家の前に、植木が幾つか取り残されていた。めぼしいものは持って行った後らしく、土を掘り起こした跡がある。最後に残されたうちの一つが、崩壊しそうなプラスチックの鉢に植えられたツメレンゲ。何故か菊の挿し芽らしいものも一緒に…。

 持って帰ってツメレンゲだけ植え替えてみました。白い花が咲く多肉植物です。「古典的園芸植物」ですって。最近は逆になかなか売ってないので、ラッキー。多肉用土ではなく、ごく普通の花の土に植えてあったが元気そうです。
(こんな姿でしたが、スバヤク「ツメレンゲだ」と見分けた私の眼力はなかなかのものです・笑)
a0044136_2041633.jpg


一応植え替えてみた。
a0044136_2045927.jpg

 どこかにミセバヤも落ちてないかな。

 あ、「竜馬伝」見ていたら、竜馬の父上の趣味がサボテンでした。

 これは数年前に拾った猫(好きなものが落ちていたら見逃さないのが自慢です)。アメリカハコガメを拾ったぷーままさんには及びませんが。
a0044136_2055664.jpg

[PR]

by cuora | 2010-03-04 20:06 | 植物 | Comments(4)

シンボルツリーようやく決まる

 あっ…というまに、園芸の適期がやってきてしまいました。
 家が出来て、ちょっとだけ庭をゴソゴソしたら冬になってしまい、未だに外構工事中みたいな見た目なので、とにかく前庭だけでも何とかしないと。

 前庭といえばシンボルツリー。1本しか植えられないので、それはもう悩みに悩みました。落葉樹で、あまり困った虫がつかなくて、和洋どちらでもない雰囲気の木。花の時期以外が綺麗じゃないとか、冬の姿が丸太のようになるのも困る。

 普通のガーデニング本を読むと落葉でお勧めはエゴ(近所によくあるが、このあたりではいまひとつ上手く育たない)、ハナミズキ(すぐそこの遊歩道で見られる)、ナツツバキ(西日がひどいので無理)等。
 雑木の庭の本を読むと、最近のお勧めはコナラ。コナラもいいけど花もほしいなぁ。モミジもいいけど剪定が難しい。でも、雑木、いいかも。

 気持ちはどんどん雑木に傾いていって、ナンキンハゼに惚れましたが、「ナンキンハゼ 庭」で検索すると、出てくる体験談は大抵「毎年ノコギリでガンガン切らないといけない」という話。それは大変すぎる。公園で眺めることにします。

 ああでもないこうでもないと悩んだ末、注文しました。

 クマノミズキ。株立ち(今はやりらしい。根元から幹が何本も出ている自然な感じの仕立て方)

 泡みたいな白い花が咲く落葉樹で成長が速いらしい。でも、うちの植栽スペースは小さいから、目をむくような大木にはならないでしょう。剪定もそんなに難しくなさそう。

 低木は今持っているので十二分。フヨウ、チョークベリー(セイヨウカマツカ)、ミツバツツジ、キャラでいっぱいいっぱいになる。ミツバツツジは近所の造園店兼園芸店でなんと380円でした。枝ぶりが悪くなって処分価格になってた。どうせ私の手にかかれば枝ぶりは悪くなるので気にしません。とりあえずこれで、前庭のド真中の目立つところはそれなりになるハズ。

 建替え中に仮住まいした家の周りは、自宅と同じくらいの面積の家が立ち並んでいるのですが、どの家も植栽が素晴らしくて、緑が多くて素敵でした。犬の散歩中によく観察していると…どうも規約の多い自治会らしくて、自宅の改築などは事前に「自治会の許可!」を受けるように立て看板が立ってました(外壁の色などに「自治会の」制限があるらしい・汗。建築協定てやつやね)。
 …多分、植栽も自治会の決まりです。緑が多いのは素晴らしいけど、家の前で野菜を育てたり、子供の砂場にしたりしたいヒトにはちょっと迷惑だなぁ。自宅の周辺は、植栽の嫌いな人の家は何にもなくて、好きな人の家はジャングルで、コレクター気質の家は細々と鉢ばかり並んでいる家もあったりして、景観は劣りますが気楽でいいかも。

追記 クマノミズキとは↓
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/kumanomizuki/kumanomizuki.htm
[PR]

by cuora | 2010-02-16 11:55 | 植物 | Comments(5)

グレーフィンガーの女


 「花福日記」http://hanafukukozaru.blog98.fc2.com/を読んでいたら、なんでも枯らす「グレーフィンガーの女」というネタがありました。嗚呼、私もグレーフィンガーの女です。
(園芸好きな人が欲しいのはグリーンフィンガー、動物好きな人が欲しいのはソロモンの指輪。どっちも持ってないワタシ…)

 多肉植物の場合、枯らすというか腐らす?(←語尾上げで)腐敗の女王?どっちにしても、水遣りの適量がつかめないってことです。我が家は観葉植物の墓場です(涙)。


 それでも懲りずに買う。

a0044136_1950591.jpg

a0044136_19503945.jpg

 これは一番新しい「魅惑の宵」と「ラウリンゼ」(エケベリア)。エケベリアは私でも比較的腐らさずに育てられる、数少ない貴重な植物です。腐らず大きくなるといいなぁ。ラウリンゼのように白い粉をふいたような種類は、触ると粉が落ちて指紋がついてしまうそうです。

a0044136_19511422.jpg

 これは、ご近所さんに貰った多分「七福神」(エケベリア)。外でも雨ざらしでも元気!春には大きい鉢に植え替えなくては。

a0044136_19513629.jpg

 100均の鉢に植えたルビーネックレスとセダム。先日、倒してしまって今ヨロヨロです。こやつは、水遣りの適量が難しい。すぐ水切れします。植物も100円なのに難易度は高いのです。

a0044136_19515898.jpg

 これは「子持ち蓮華」。冬なのに子が沢山ついてます。ブリキのじょうろに植えられていて、「ブリキが錆びているから」と特価でした。しかし、持ち帰ってすぐに、じょうろが崩壊(涙)。高くついた。今流行のブリキの鉢は雨ざらしにしちゃあいけません。

a0044136_19521542.jpg

 これは何年もうちにいます。蝋みたいな黄色い花が咲いてます。名札がどっか行ってしまって、名前が分かりません。

a0044136_19524010.jpg

 これは名札に「クラッスラsp」としか書いてない。産毛が可愛いのですが、引越しのときに枯れかけ、今再生中。

 ところで、庭で土を触るとき、面倒なので素手でやることが多かったのですが…怖いことききました。近所のオッチャンは、川沿いを一人で緑化しているのですが、ずっと素手。いつの間にかバイキンが入ってしまったらしく、ケガもしてないお尻が化膿して危ないことになったそうです。土を触るときは面倒でもちゃんと手袋しないといけませんわね(怖っ)
[PR]

by cuora | 2010-01-19 19:52 | 植物 | Comments(4)

庭と呼べない庭の構想

 ようやく家の外側ができました。「そろそろ外構の打合せをして下さい」とハウスメーカーさんと組んで仕事をしている業者さんと現地で打合せをしました。

 予習として、近所の新しい住宅街を毎朝犬と一緒に見学して1週間。使えそうなアイデアはこっそり写真を撮らせていただきました。

 最近流行のは、地面は石、レンガ、洗い出しで模様をつけたもの。ブロックは洋風の茶色系、レンガ多用。ピンコロ石もよく使われてました。いやぁ、高そう。いやぁ「気合入れました」感ビシビシに植栽もプロがかなり手間暇かけて作ってあります。すごいなぁ。 門柱も凝ってる。200~300万くらいかかってるなぁ。違う?

 で、うち。まあ、打合せと言っても、限られた超狭い土地に、ポーチ、駐車、駐輪、流し、門柱が入るだけなのですぐ終わりました。

 以下は私の覚書き…

 事前に考えて行った私のコンセプトは、「とにかくアッサリ、飽きがこない。安い」この2点。機能門柱も既製品を型番指定。せめて道路との境はピンコロ石で飾りたい、と一点豪華な希望を述べたところ「そこだけ飾るのは、すごく変(意訳)」と却下されました。

 石を貼ったりレンガを貼ったりすると高いうえに、そんな空間はほぼないので、自動車の載る部分だけコンクリ打ちにして、あとは伊勢砂利敷きと植栽スペース。

 家の外観も超アッサリにしてもらったので、外構もスッキリと。
 なぜなら、しこたま植物を植えますし、水甕やら睡蓮鉢やらバリ島のカエルさんやら、手持ちのブツもてんこ盛りなので、それくらいでないとね(汗)。

 で、前の家の庭に植えていたもののうち、時間切れで大半は置き去りにして撤去されてしまったのですが、それでも掘り上げて持ってきた分だけでも、玄関先はいっぱいになることが分かりました。新しく買う余地はナシ。シンボルツリーと下草だけ買います。でも、実用としてユズは欲しいなぁ。鉢植えでも実はなるんだろうか?

 ハウチワカエデ(の予定)、キャラ、ニューサイラン(バリエガータ)、カシワバアジサイ、スイフヨウと睡蓮鉢

 裏庭は、とにかく水はけが悪いので、まずは穴掘って砂利を詰めた水抜きを作るとこから(自分でね)。前回の教訓として、裏庭で生き残れない植物は分かったので、生き残れる面々でカメの庭を作ります。そのうち…。あまりの水はけの悪さで、アジサイ、夏ツバキ、ツルアジサイは絶滅しました。あと覚えてないけど何十種類も消滅していきました。なので、もう珍しいもの、高価なものは植えません。そのかわり、今回の裏庭のテーマは「昔からある植物を綺麗に植える」こと。常緑を多くすること。

 斑入りアオキ、枝垂れモミジ、ヤツデ、シマトネリコ

 ヤツデ(手持ちの鉢)は地面に下ろしたことがないので、あのジメジメに耐えられるかちょっと心配です。地味だけど、綺麗に育てるとほんとに綺麗とポール・スミザーさんだったっけ?が絶賛してました。私も昔から綺麗だと思ってました。(とか言いながら風呂場の目隠しに植えようと思っているんですが)あとの面々は、前回植えて、その場所に耐えられることが実証済み。

 そのポールさんの本で初めて知ったのですが、斑入りのヤツデがあるそうです。それは綺麗だろうなぁ、最後はまた妄想で終わるのでした。
[PR]

by cuora | 2009-05-25 17:33 | 植物 | Comments(22)

多肉植物

 kanakoさんが素敵な多肉植物を育てているのを見て思い出した、うちの多肉@ホームセンター出身丸出し、です。それでも、やっぱり面白い形をしてます。前にも写真を載せた記憶が…何度も載せるほどのものでもありませんが、今年はこんなのしか植物ネタがありません。

 寄せ植え 貰い物の盆栽鉢に植えて1年くらい。顔ぶれは1種類増えて、モサモサです。
 去年の画像を発掘しました。同じ種類なんですが、風雨にさらされて、姿が変わってます!
a0044136_17595940.jpg
(去年)
a0044136_1803862.jpg
(今年)

 壁掛け ミズゴケに挿していきます。あちこちから落ちて寂しくなったので、寄せ植えの鉢から少し拝借して挿してみました。
a0044136_1811011.jpg


 こんな、柄にも無い「ガーデニング好きミセス」なことをしてしまいましたが、ほんとに好きな多肉の植え方…路地の植木鉢からはみ出して咲いている、一鉢1種類のモリモリ多肉。

 多肉の葉は、ポロポロ落ちますが、落ちたらある意味幸運。1枚の葉から殖えるんですよね。適当な余り鉢に撒いておくと、収穫が楽しめます。
a0044136_1813420.jpg

 多肉の水やりは、土が乾いたと思ってから1週間してやるといい、と読んだことがありますが、せっかちな私は、即日水をやってしまうので、膨大な量の多肉を消滅させてしまいました。

 そうそう、化成肥料の白い粒ってありますよね。ビニール袋に入っていて、一度開けると使いにくいと思っていたのですが…出先で買った缶コーヒーの缶が、何度も蓋を開け閉めできるタイプだったのでひらめきました。「これに入れたら便利やん」。100均の化成肥料一袋がちょうど収まりました。この缶、カメの餌入れにもちょうどよさそう。出先では駅のホームで缶コーヒーを飲むことが多いので、すぐにたくさん集まりそうです(いや、使う分だけでいいんですけどね)。エコというより、ただのケチケチ茂子さん…。
[PR]

by cuora | 2009-05-01 18:01 | 植物 | Comments(11)

多肉植物

 今年の夏には多肉植物を腐らせてしまいましたが、物欲が秋の訪れとともにまた…。園芸店にいくと、1ポット100円から200円くらいで、寄せ植え用の多肉植物が並んでいて、それがまたどれも可愛らしいのでついつい買ってしまいました。

a0044136_14373436.jpg

 近所のおっちゃんに盆栽用の鉢をもらったので、寄せ植えをしてみました。

a0044136_14375415.jpg

 もう一つは、寄せ植え用で売っていたけど、きっとすぐはびこりそうだったので、別の鉢に。プルプレア。

a0044136_14382583.jpg

 そして、プルメリア。グアムとかハワイとか沖縄の土産物屋さんで、袋に入った挿し木用の茎(ただの棒)が売られていて、「街で見たプルメリアが自宅で咲いている光景」を妄想して色々買って挿してみたものの、殆どは腐ったり、全くただの枯れ木になっていたのかそのまま朽ち果てたり。運のいいこれだけがここまで育ったのですが、何色の花の木だったのかもう全くワカリマセン。
 もう何色でもいいです。咲いてくれたら。(園芸店で苗から買ったほうが割安だったかも)

a0044136_14385791.jpg

 おまけ。多肉の写真を撮って家に入ると寝ていた猫。
 「海老蔵だって猫である」
[PR]

by cuora | 2008-08-30 14:39 | 植物 | Comments(7)

イヌビワ

a0044136_1732815.jpg
 

ビワといってもほんとはイチヂクみたいな実がなります。事務所の近くの観葉植物屋さんで一目ぼれして、家まで配達してもらいました。大きな照り葉の植木が欲しかったのです。そこらへんの雑木林にも生えている木だそうですが、掘ってくるわけにもいかないですよね。盆栽仕立てにもするようです。

 キツキツの植木鉢に植わっていて、すぐに乾いてしまうので、春になったら植え替えないといけないのですが。が、落葉樹と書いてあるのに、葉が落ちません。
 下のほうの、切り口から痛みそうなのも気になります。切り口に塗る保護剤を塗ったほうがいいのかも。切り口のない株もありましたが、枝ぶりはこちらのほうが気に入ったので。なにはともあれ、まずは無事冬越しさせないと。
[PR]

by cuora | 2007-12-12 17:04 | 植物 | Comments(3)

うずうず

 すっかり春の気配の毎日。あちこちで春の鉢植えが並ぶようになりました。ボケ、コデマリなんかの花木やら球根植物の鉢が、395円なんて値段で並んでいると、ついつい買ってしまいます。いかんいかん。

 また悪い虫が…園芸熱というやつです。もう置くところがないのに。

 …早く週末にならないかな。
[PR]

by cuora | 2007-02-22 11:27 | 植物 | Comments(2)

カラスノエンドウ狂い咲き

 春の陽気の今日、早くもベロ出し状態のダイきちと散歩していたら…カラスノエンドウがモシャモシャと生えてきてました。早い、ような気がするんですけど。

 このカラスノエンドウは、ととまる@マルギナータリクガメの好物。ということは、例年ととまるが冬眠から醒めてから生えてきているということです。
 地球温暖化か?といういつもの台詞の前に、まず浮かんだことは…

「ととまるが食べられないやん!」

 栄養面、嗜好面は勿論、毎日どんどん成長するカラスノエンドウは、汲めども尽きない素晴らしいお財布にも大変優しい餌なのに。しかしカラスノエンドウを食べさせるためにととまるを起こすというのも、変なので…。二度咲きすることを祈りましょう。

 ついでにイヌノフグリとノゲシの花も咲いてました(こちらは、季節的に妥当かも)。
[PR]

by cuora | 2007-02-20 16:23 | 植物 | Comments(5)

植物の造形って凄い

a0044136_13302416.jpg
 多肉植物、シダ。大好きなのにうまく育てられずに腐ったり逆に干からびさせてしまったり…で殆ど残っていません。多肉でがんばっているのがこれ。「多肉だけど水が好き」という店員さんの言葉以外に情報はありませんが、何とか生残ってます。ずっとミルクブッシュだと信じてきましたが、どうやら違うようです。どこの、なんという植物なんでしょうか??
 室内に入れたら、季節を勘違いして?黄色い花をつけました。蝋梅のような透き通った花です。
 事務所に置いていたのですが、邪魔になったので家に持ってきました。上方向へどんどん伸びてしまうのです。どこまで伸びるか楽しみ。

a0044136_13285715.jpg

 シダも随分だめにしました。リュウビンタイ、ヘゴ、諦めきれず2回も挑戦してすぐに腐らせてしまった…。そして、ビカクシダだけは、殆どダメになりながらも辛うじて枯れてません(辛うじてというところがポイント)。今4つあります。私、乾燥と水遣りのリズムが間違っているみたい。
 で、懲りずに先日オークションで手に入れたのがこれ。「森の王冠」という商品名で、種類はグランデと書いてあるのですが、グランデは少し前まで小さくても何万円もする種類でした。これは1000円也、グランデを使った園芸品種なのか、安い栽培法が確立されて本当にグランデなのかよく分かりません。何とか緑色のうちに写真を撮っておくことにしました。
 もう1つ持っている小さいグランデは、秋に傷めてしまって、お見せできないお姿です(勿論、値崩れしてから買いました・笑)。

a0044136_132927100.jpg

 それから、これは沖縄の海で拾ったサンゴのかけら。大きいボタンくらいの大きさに精密な模様がついていて、実物はとてもきれいです。(サンゴのかけらがくすんだ色をしている場合は、キッチンハイターにつけておくと白くなります)

 嗚呼、温室、ほしいなぁ~。それでホシガメを放し飼い~。(とまた妄想の世界に入っていくのであった)

 さて、今晩はイモリマンションの着工です(そんな本格的なものではありません。今年急激に増やしてしまった両生類たち。今の季節はいいのですが、夏の暑さには弱いので、今のうちにウパ水槽を置いている、うちで一番薄暗いところに事務用のスチール棚を置いてイモリたちをまとめてしまおうという企みです。何故今晩かというと、ダンナが忘年会でいないから。ゲリラ的に設置して、後から文句が出ても「重くてもう動かせない」と反論しようという戦法です。それに今ウパ水槽が乗っている水槽台、実はもう何年もネジが何本もないうえに錆びていて怖いのです…倒壊の危機…あ勿論これも内緒です)[
[PR]

by cuora | 2006-12-27 13:30 | 植物 | Comments(2)