実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:植物( 32 )


ナニワイバラ

a0044136_1439931.jpg私のもう一つの趣味「園芸」。ナニワイバラがやっとそれらしく大きく育ちました。が、しかし大きな誤算が。手前に植えた木で隠れてしまって家の正面から全く見えません(涙)。

裏庭のセマルハコガメも冬眠からさめました。官兵衛が「あやしいカメが出ました」と大騒ぎです。それとももしや、「あのカメ旨いのに」なのか?
a0044136_14394354.jpg

[PR]

by cuora | 2014-04-27 14:39 | 植物 | Comments(0)

ハートカズラ

メルオーが山では保護色なのがどれくらいかというと、こんなに保護色です。
お山の犬なんですね。
a0044136_11562984.jpg


最近のお気に入り観葉、ハートカズラです。早くもしゃもしゃにならないかな。
a0044136_1157745.jpg

[PR]

by cuora | 2014-01-07 11:57 | 植物 | Comments(0)

宝塚の庭園存続のために

宝塚ガーデンフィールズの庭園があと1年ほどで閉園、そして再開発になるのだって。

ポール・スミザーさんというガーデナーに直接お会いしたことはないですが、著書は愛読していて、

「とにかく今を恰好よく見せればいい」というガーデニングではない、面白い、まっとうな庭とか街路樹作りをされる人だなぁと心服しています。
その彼の作った(作っている途中というか)庭園がたった10年でなくなるという話を聞いて、とても残念に思いました。
うちの近所の史跡が、味もそっけもない「お役所センス」で「整備」されてしまったのと重なって、つくづく残念だなーと。

宝塚市民ではありませんが、関西人として、できることをしてみようと思います。

興味のある人はのぞいてみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/momorogue/46758257.html
[PR]

by cuora | 2012-11-05 11:00 | 植物 | Comments(4)

やっと植え替えた

今朝から涼しくて快適です。嗚呼長い夏だった。
夏の間はする気力もなかった庭いじりも、涼しくなると途端にホームセンターに苗を見に行ってしまいます。同類さんがたくさんいらっしゃいました。

今朝は雨の中を朝の散歩して、何カ月も放置していた玄関先の植え込みの剪定をして、枯れた鉢の植物を捨てて、昼の散歩して、出前一丁食べて、昨日買ったコエビソウの黄色いのに植え替えた。
今年の夏は、植木はほったらかしだったので、鉢植えのは枯れたり痛んだり。地植えのははびこり放題。

チェリーセージの紫も植えた。チェリーセージ、よくある紅白のを間に合わせに植えたら、とにかく丈夫。気をよくして足した黄色はどちらかというと白だし、花のつき方も少し違うけど丈夫。もう一色欲しいと思っていたら紫がありました。鉢植えだからどうかなーと思いますが、場所的に、動かせる鉢にしておきたかったので。

よそのブログで見てほしくなったテイカカズラも、斑入り葉のが元気そうだったのでお買い上げ。

植えて後悔した植物というのもありますが…どんなに切りつめてもすばらしい生命力で毎年しげるコバノランタナ。細かいトゲがチクチクして痛いので失敗でした。あれは地面に植えてはいけません。
さすが侵略的外来生物。

多肉植物は、ほぼ全滅です。お肉が煮えて腐ってしまいました。
[PR]

by cuora | 2012-09-23 13:23 | 植物 | Comments(2)

薔薇サマーソング

以前に植木を買ったショップから届いていたDM。
http://item.rakuten.co.jp/shikinosato/c/0000000462/

薔薇マダムではありませんが、サマーソングという種類、素敵。

鉢植えでもいいと書いてある。
しかし、素人が植えてこんな花が咲くのか?
←無理無理

以前「紛粧楼」に惚れて植えたらミニバラだった痛い経験もあり…
←今は野良化している。←それとも、素人だからミニバラ化したのか??

サマーソング、どうなんだー?

無理無理と天使がささやくのですが。
[PR]

by cuora | 2011-01-10 21:14 | 植物 | Comments(8)

吉か凶かナニワイバラ

 今年の猛暑で、あれこれ枯れた植物があったのですが、暑すぎてそのまま放置しておりました。ようやく、それを抜いて丈夫そうな種類に植え替えました。

 そして、これ。ナニワイバラの苗。私はしこたま手のかかるバラを育てるマメさがないうえ、殺虫剤を使わないのですが、見るのは好き。以前はモッコウバラとノイバラを植えてました。
 ノイバラは、ものすごく虫にたかられてダメでした。家を建替えた後、何か違う種類を植えてみたいと思って、ウンウン唸って検討した末、原種に近くて丈夫で常緑のナニワイバラにしました。椿の花に似た大きい白い花がとっても綺麗です。

 が、ナニワイバラで検索すると、棘がものすごい、旺盛に茂るという狭い庭では「植えてはいけない」という深い後悔の記事も多々あるのでした。迷った末、だめなら切ればいいやと苗を購入。数カ月で1メートル以上も伸びたことにそこはかとなく不吉な予感もしつつ、初の誘引をしました。


 棘といえば、去年植えたコバノランタナという匍匐性のランタナ。殖えたのはいいんだけど、実は細かい棘があって素手で触ると痛い…。かなり後悔。今年はちっとも売られてなかったのは棘が不人気なのか?苗のときは棘なんかなかったような気がします。
[PR]

by cuora | 2010-11-21 11:59 | 植物 | Comments(2)

お取り込み中

 急に寒くなって、屋外では越冬できない植物とカメの取り込みに勤しんでます。驚いたのは、観葉植物のウンベラータの鉢を砂利の上に置いておいたら、根が鉢底から伸びて地面にくいこんでたこと。
 リビングはこれから一冬どうやって過ごすのか?という混み具合です。

 猫が来る前(11年前?)は観葉植物に凝っていたのですが、猫にやられて、生き残ったのは猫の入らない陽の当たる一室に押し込められ、邪魔にならないように刈り込まれて、春夏は外にほうりだされるという、何が「葉を鑑賞する」なのか分からない扱いです。それでも枯れないと捨てられない。優しいから、ではなく貧乏性だから。

 そんなことを毎日せっせとしていたら…ギックリ腰再発(くしゃみが響くぜ)
[PR]

by cuora | 2010-10-27 14:31 | 植物 | Comments(3)

モモタマナ発芽

4月末の西表島旅行で持って帰ったタネ。全然っ芽が出ないので、もうダメだ捨てようと思いつつ、得意の不精で放置していたら、2ヵ月半もたって2種類発芽しました。発芽温度が足りなかったのね。

モモタマナとアダン。捨てなくてよかった。モモタマナの実は食べても美味しいらしい。
大阪で育つかどうか…。(熱帯植物は、ハワイの豆科の木のタネも発芽まではしたけど、二冬目くらいで「も、ダメ」と枯れてしまうのだった。)

一番はりこんで買った庭の大きいクロモジの樹(ほりあげて根巻きしたのをオークションで落札した)が根付かず、見事に立ち枯れてしまって涙…。こちらは「まだ生きているかも」と未練がましく置いておいたら、枯れた上に変なカビまで(涙)。秋になったら掘り返して、ぷーままさんお勧めのジューンベリーに挑戦しようかなと思案中。裏庭は放し飼いのカメがほじくりかえして、下草全滅。いいの、もう(涙)。飛び石にしようと買った石板もそのまま積んである。見ないふり。
[PR]

by cuora | 2010-07-28 20:37 | 植物 | Comments(8)

ロシアンオリーブ

 玄関先の、吹きさらしカンカン照りの過酷な場所に、鉢植えにしても平気な目隠しの木が欲しくて買ったロシアンオリーブ。
 本物のオリーブは高価で成長が遅いけど、ロシアン君は砂漠緑化に使われるらしいほど成長が早くて丈夫という。即採用。本当はオリーブの仲間ではない。
a0044136_12552837.jpg

 常緑樹と書いてあったけど冬の一番寒い時期は葉が落ちてしまった。けど春にはいち早く芽吹いて、今は蕾がついている。

 これがいい香り。キンモクセイの仲間らしい。

 クマノミズキも葉が出てきました。彼のミッションは、早く育って日陰をつくること。
 
a0044136_12465741.jpg


なーんとなく植えたミント。枯れたかと思わせて、25倍くらい殖えて出てきました。
a0044136_12525027.jpg


ブリムストン。黄色い産毛の生えたような可愛い草。
a0044136_12501117.jpg


 カメも起きてきたし、植物は爆発的に育つし、犬猫は冬毛を落とすし、お世話係は嬉しい悲鳴。
[PR]

by cuora | 2010-04-10 12:55 | 植物 | Comments(3)

懲りないヒト

 植え替えてないのや買ってきたプラスチックの鉢のままの植物がゴロゴロしているので、鉢と土だけ買うぞ!と園芸店に行ったのに、何故か行く前より「買ってきたままの鉢」の数が増えている今日この頃です。

 先日、レオパの餌を買いにいったら、「アマミシリケンイモリはいってますよ」と…。一応見るだけ、と思って見たら…10匹のうち想像よりはるかに小さい、しかも消滅寸前に痩せたのが半分くらい。「1匹150円にします」(厄介払い価格ですね・笑)といわれて、このまま店で消滅してしまうよりはと買ってしまいました。

 ええ、全部。(懲りないですね・汗)

追記 朝アカムシを放り込んでおいたら食べたみたいで、消滅はしないそうです。痩せた半分のうちの半分くらいは、ちょい痩せくらいに戻りました(有尾は食べるとすぐ脹らんで、空腹になるとぺたんこになるのです。肉付きは手足の太さを見たら確かです。食べてもすぐに手足まで肉はつかないので)。今回は、検疫しますよ。
[PR]

by cuora | 2010-03-18 11:32 | 植物 | Comments(6)