実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ほかの動物( 20 )


馬鹿馬鹿自分の馬鹿

運動量が半端ではない活動的なシマシマ隊(しかも水は嫌いなので泳がせて疲れさせる手は使えない)、運動量は普通の中型犬の上くらいの官兵衛、猫ず、冬眠から覚めたカメ、何気に増えて(殖えてもいる)イモリ、一周年を迎えたサワガニ。もうお腹いっぱい手いっぱい。

なのに、近所のオッチャンが『メダカをあげよう』と言うのです。そんなん言われてもらわないわけがない。

しかもボウフラ対策隊のヒメダカだけのつもりが、『シロメダカもいるよ』と言うのです。そんなん言われて我慢できる私ではない。

というわけで、雨降りですが、これからシロメダカの水槽立ち上げようっと。(もれなく水換えもついてくる)

オッチャンの声が背中に聞こえました『あと楊貴妃メダカとグッピーもいるよ!』
[PR]

by cuora | 2014-05-05 10:42 | ほかの動物 | Comments(2)

カマキリちゃん

 うちの庭先に住み着いているカマキリが1匹います。春先に見たときは、作り物のように小さくて可愛かったカマキリも、今では年季の入ったオバサン。これが玄関先のフヨウに住み着いているので、フヨウを剪定できないのです。

 カマキリちゃん(すでにちゃん付け)の餌なのかも?と思うと、フヨウの葉についている派手なイモムシ(毛虫?)も、「全部捕ってしまっては餌がなくなるのかも」と心配になって、残してあります。カマキリちゃんのために殺虫剤もまかず。

 元々は「害虫を食べてくれるカマキリが住み着いてくれてラッキー」と思っていたはずが、なんだか本末転倒なことになってます。毎朝見ては、まだ生きてるとホッとするのですが…心配は、♂らしいのを見たことがないこと。来年も孵化してくれるのでしょうか?

ハっ、それとも、カマキリは♂を食べてしまうというのが本当で、もう食べられた後なのか?
[PR]

by cuora | 2011-10-31 09:48 | ほかの動物 | Comments(0)

透明標本

おばかなプーたろう さんの、父上の原生生物のスケッチの記事で思い出しました。最近存在を知って衝撃的だった「生物もの」。

透明標本

で検索したら色々出てきます。骨格標本とホルマリン漬け標本の機能がひとつになって、さらに美しさが加わったもの。透明標本界の第一人者の作品の写真集が出ているそうなので、是非入手したいと思ってます。標本なので、恐ろしい、けど美しい、です。

 骨格標本(つまり白骨?)も、恐ろしいけど美しい。でも、オークションを冷やかしていると美しくないものもある。趣味の問題ですが、狩猟の獲物だったとおぼしい鹿の頭骨と角の標本を「暖炉の上に掛けるような感じ」に仕上げたものは、完全だけど美しくない(だって自分の獲物じゃないし)。ニスたっぷり塗られた海がめの剥製も怖いばかり。亀の甲羅だけ、も怖いけど美しい(種類によっては、身近すぎて怖いばかりだけど)。魚の骨はなぜか平気だ。見慣れているから?形として美しいのは鳥の骨格標本。

 とはいえ、標本=死骸なので、家に飾る勇気はなかなか出ないですが、自然に抜けた鹿の角は、死骸ではなくて「落ちた爪」みたいなものなので、怖くないので、ちょっと欲しい。
[PR]

by cuora | 2010-08-04 23:28 | ほかの動物 | Comments(12)

スズムシ

 去年の卵から孵化したスズムシが、昨日くらいから鳴き始めました。最初は下手くそなんですが、2日くらいで上手になります。

 血が濃くなるというのを読んで、追加で買ってきた「鈴虫の卵50個いり」は、古かったのか何なのか、3匹しか孵化しませんでした。

 よく言われているスズムシの飼い方をすると、粉ダニやら線のような虫が湧き易いようなので、去年からうちではやや乾燥気味にして、餌はコオロギフードか熱帯魚のフレークフード、野菜はニンジンを、それにニボシを爪楊枝に刺したものと、好きかどうか不明ですがカブトムシゼリーをやってます。楽しみもないと気の毒なので、たまにスイカのきれっぱしも(全部ありあわせともいう)。産卵数は少ないですが、一応ちゃんと成長して産卵までします。

 爬虫類の餌を買いに行って「鈴虫が…」というと「スズムシも飼ってるんすか?」とさすがに呆れられてしまいました。
[PR]

by cuora | 2008-08-07 09:08 | ほかの動物 | Comments(3)

衝動飼いはイケマセン

 ある日、ホームセンターにパセリの苗を買いに寄って…猫缶も犬缶もカメ餌も足りているけど、スズムシの土も魚の餌も足りているけど、なんとなく、習慣で、ペット用品売場に行ってみると…カブトムシの幼虫のとなりに、お惣菜カップに入った「オカヤドカリ3匹450円」を発見しました(この先の展開は分かりますね)。

 ひからびていたりしたらイヤだなぁ…と覗いてみると、幸い元気です。五色石を少し湿らせたところに3センチほどの貝に入ったチビこいのが入ってます。飼ったことはないけど、家には40センチのプラケやらサンゴ砂やら隠れ家やら食べ物やらカルシウムやら冬のフィルムヒーターは、余っているなぁ。yasanが飼っているから、困ったら聞けるわねぇ…むふふふふ。一応「ヤドカリの餌」と一緒にお買い上げ。

 さっそく、帰って検索してみると、サンゴ砂ではなく、もっと目の細かい砂を厚く敷かないとならないようですが(砂もどこかにあったはずだけど見つからない)、さしあたり、サンゴ砂を敷いて水入れとシェルターと流木などを投入。見た目は冴えないけど、週末までこれで我慢してもらいましょう。

 数年前のヤドカリブームのときに、某百貨店の屋上に赤や紫の美しい大きいヤドカリが、かなりのお値段で売られていて「いいなぁ」と眺めていたのです。その後沖縄のホテルの敷地内にも今回買ったほどのがウロウロしていて「可愛いなぁ」と(天然記念物なので勝手に採ってはいけないそうです。でも絶滅するほどではないので許可があれば採っていいらしいです。昔は釣りの餌にしていたとか)。

 プラケが古くてキズだらけでうまく撮れないので、タオルの上に置いたらすごい勢いで走り去られました。
(可愛く撮れたので後ほど写真アップします)

 そうそう、ウパは無事孵化して、成長中です。鈴虫の卵も、そろそろ水気を与えてみました。そういえば、ウパもスズムシも最初はホームセンターやスーパーで衝動飼いしたんだっけ(汗)数百円の衝動飼いは、その後の出費がかさむという例であります。

(これが新顔のオカヤドカリ)
a0044136_19244351.jpg


 オカヤドカリ愛好家の間では@がヤドカリを指す、らしいです。そういわれれば、ヤドカリに見えてきます。
[PR]

by cuora | 2008-04-23 16:46 | ほかの動物 | Comments(12)

うちのシーサーと魚

a0044136_16362860.jpg
 以前、沖縄でダンナが気に入って買ってきたシーサーです。
 横にある壷は、先日観葉植物屋で一目ぼれして買った壷型植木鉢。何度も枯らしている(というよりは過湿で腐らせている)リュウビンタイを、またまた植えてみました。水は好きだけど株のところに水をかけてはいけないそうです。

 20代の頃は、アジアでも東アジアの乾いた感じが好きだったのに、いつのまにか湿潤、亜熱帯なアジアのほうが好きになってきました。身体が寒さに弱くなってきたのと関係あるような。

a0044136_16365226.jpg

 熱帯魚水槽は、丈夫な水草と流木をちょろっと買い足して、糸でくくりつけてみました。魚はゴールデンドワーフハニーグラミーを3匹追加。この3匹は今まで何を食べていたのか、安売りのフレークフードを食べない(苦)ので、乾燥イトミミズとかアカムシをやっています。1匹300円という値段に似合わないグルメです。突然の小魚の出現に怯えていたラスト・エンゼルも出てきました。
[PR]

by cuora | 2008-01-29 16:37 | ほかの動物 | Comments(0)

なぜかプラティ買いました

 うちの食卓の横に90センチ水槽があり、今まではエンゼルフィッシュ軍団が泳いでいた。一時は三世代同居する一大勢力に。が、寄る年波(長老は10歳だった)と血の濃い繁殖(そもそもうちに来た世代が自家繁殖何代目かだった)(と去年夏の大量死事件)には勝てず、とうとう1匹だけになったのが正月のこと。荒廃した90センチ水槽に黒っぽい並エンゼル崩れが1匹とヤマトヌマエビが3匹だけ、という殺伐した光景は「何とかせんといかんなぁ」感が漂っていた。

 次もエンゼルかなぁ…と欲しい品種を探したけど全然見つからず。そうこうしているうちに地下鉄N駅にある大型水槽で小魚が泳いでいるのを見て(水草の茂みには稚魚がいっぱいいた)、急に「むふーっ」と鼻息が荒くなってしまい、とりあえず次の日、熱帯魚店に行ってみた。
 魚を買うのは8年ぶりくらい。あれこれ目移りしたけど、「これから10年クラスの寿命の魚を飼うのはちょっとしんどいかな」というのと、「リビングに置くのに私の趣味に走った黒いニョロっとした肉食魚やらを飼うのはちょっとね」ということで、初心に返って、レッドプラティ、テトラ2種類各6匹に決定。コリドラスとかオトシンクルスのお掃除屋、華やかなグラミーも欲しいところだけど、電車だったので水物はもう持てないから断念。

 ここの店の魚はとても健康なので安心。さらに各3匹ずつ♂♀を入れてくれたので、プラティは繁殖も楽しみ。家の水槽に入れてみると、もっと水草がほしくなった。水草なら別の店がいいので、近々行って水草用の蛍光灯と水草を買ってこよう。今の蛍光灯は普通の、台所の手元を照らすような蛍光灯なのだ(いつか臨時のつもりでつけてそのままウン年)。

 久しぶりの熱帯魚、熱は冷めたと思ってたけど、やりはじめるとやっぱり楽しい。でも、難易度の高い種類(水質にうるさかったり性質が荒かったりするの)に挑戦する気持ちはないので、今回のコンセプトは魚も水草も「安い入門種狙い」。安い種類は丈夫だからね。とはいえ、私自身の入門種はネオンテトラだったので、プラティは初めてなのだ。殖えるかな(いやその前にまだ成長させなきゃ)。

 しかし、一応主役(というか一番大きい)の先住エンゼルが、環境の激変についていけずパイプの陰に隠れたきり出てこない。うーーむ。

 そして真っ赤なプラティは、ちょっと金魚っぽい。「小赤じゃないぞ」と自己暗示をかけたが、ダンナに一言「金魚?」と言われた(涙)。

a0044136_17502837.jpg

(こうやって見ると我ながら荒れ果てた水槽だ・汗)
[PR]

by cuora | 2008-01-17 17:31 | ほかの動物 | Comments(6)

虫の知らせ

 今朝、なぜか突然思い出したことがあります。

 …スズムシの卵、買ったままになってる。
 はい、以前に虫専門店のことを書きましたが、その時に買ったお買い物とは、予想どおり「スズムシの卵とプラケース」だったのです。カラカラに乾燥させた赤玉土に卵が50個くらい入っているというもので、孵化させたくなったら土を湿らせることになっていたのですが、もっと先でもいいだろうと思ったまま、忘れていたのです。

 それがなぜか今朝突然

「あ、スズムシの卵、湿らせなきゃ」

 と思ったわけです。

 で、箱を開けてみたら、なんと…孵化してました(笑)

 多分今朝孵化したばかりだと思われる第一陣10匹くらいがピョコピョコとパックの中を歩き回っていたのです。

 「虫の知らせ」は、こいつらが
 「今もう孵化しましたから、早く気がついてちょ。でないと干からびて死んでしまうちょ」
 という命がけの信号を送っていたのを、ギリギリ受信したものだったのです。

 虫の知らせ、危なかった~(早く準備しろよアンタというツッコミはなしね・笑)
[PR]

by cuora | 2007-05-11 12:07 | ほかの動物 | Comments(8)

干からびていた…

 去年、スーパーで買ったスズムシが産んだ卵。といっても少ししかなかったのですが、久しぶりに「そういえば、どうなったかな」と様子を見たところ…

 見事に干からびさせておりました。中身もぺっしゃんこに消滅して…。

 うーーん、干からびた卵を後生大事にしまってあったかと思うと、ちょっと我ながら寒いものを感じました。

 やっぱり虫は向いてないなぁ。
[PR]

by cuora | 2007-03-30 15:39 | ほかの動物 | Comments(11)

「白いの」死亡

 エンゼルフィッシュの「白いの」の具合が悪かったが、昨日はかなり良さそうだったので、危機は乗り切ったと思っていたのですが…今朝見たら水に漂っていました。魚が死ぬと、具合の悪かった箇所が内出血したり変色したりして「嗚呼、ここが悪かったのか」と思ったりするものですが、白いのはきれいに白いままでしたので、また謎は深まるばかりです。とにかく、麦飯石の液体を買ってこようと思っています(まだ買ってない…)。水槽に魚用薬を入れるとバクテリアも死滅し、水草やエビは隔離しなければならず、魚にもきつく、本当に大変なことになるので、何とか薬品でないもので被害を食い止めたいものです。
[PR]

by cuora | 2006-07-04 12:14 | ほかの動物 | Comments(3)