実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:猫( 199 )


ぐりぐりグリコ

a0044136_12415458.jpg 今、グリコが熱い。ここ1カ月ほど、やたらと元気で、やたらと遊びたがる。
 グリコのとくに好きな遊びは「ひも遊び」。棒の先にフリースのリボンがついた新体操のリボンみたいなおもちゃを振ってやると、獲物にみたてて捕まえる。
 リビングに置いてある猫のおもちゃ入れから、自分でひものおもちゃを咥えて、和室に運んで「んぎゃー」遊べと催促する。遊ぶ場所は和室と決めているらしい。これがまた際限なく遊んでいる。人間が飽きて終わるわけだが、グリコは全然納得していない。

 子猫のときに顔面を大怪我して鼻の骨が陥没しているので、鼻の通りが悪くあまり興奮すると、すごい鼻づまり音がするし呼吸もしにくそうだが、とにかく元気だ。

 そして最近、グリコは怒りっぽい。昼寝の邪魔をしたとか、些細なことで他の猫を「しゃ~っ」と般若のような顔で怒っている。そして頑固だ。高い所が好きでエアコンの上がとくにお気に入りだが、呼んでも絶対降りてこない。さらにわがままになって、人間に「あれしろこれしろ」と要求が多い。

 誰かに似てきたと思ったら、もう亡くなったうちの母だ。ダンナも「似てきた」と言うから間違いない。
a0044136_124214100.jpg
 でも以前は好き嫌いが激しく、カリカリだけでは食べないとか、フードの銘柄の好みが突然変るとか、色々と目新しい猫缶を探すのに苦労したけど、最近は普通のカリカリだけでもパクパク平らげる。前は食欲のわかない日は、ご飯皿を持っていくとすっとんで逃げたりしたが、今は他の猫に混じって催促している。これはありがたい。

 でもなんせ「うちの母似」なのでいつ何時また突然気が変るかもしれないのだった。

 写真は「猫の手じゃらし」を狙うグリおばさん。
[PR]

by cuora | 2005-12-06 12:45 | | Comments(4)

う~さぶ

 猫はとにかく寒がりだ。夏の暑い時期には5匹はそれぞれ涼しい場所を探して、1匹ずつ寝ているが、寒くなると大同団結、普段は仲のよくない組み合わせでも「暖かければいいの」と団子になって寝ている。

 しかし観察していると、どうもいつもガビ蔵はひとりはぐれていることが多い。騒がしいので嫌われているのか…猫用ホットカーペットの入っていないケージでぽつんと寝ていたりする。
a0044136_10214021.jpg
 猫に相手にされないので、私の膝の上に乗ってくる。椅子に座っていると、覗き込んで先客がいないのを確かめ、必ず手で「ちょいちょい」と何かを確かめてから乗ってくる。これが、重い。でも、降ろしても降ろしても乗ってくるので、根負けしてしまう。夏には、触ろうとしても「暑い、うざい、触るな」という態度だったのに。私はヒーターか。

写真は、朝オイルヒーターをつけると、どこからともなくやってくるガビ。顔が「う~さぶ…」というふうに、かなり不機嫌な感じ。
[PR]

by cuora | 2005-12-02 10:22 | | Comments(5)

野生のクロ

a0044136_16494671.jpg写真の猫は「クロ」。今年の初夏にうちの裏庭を縄張りにしていた野良猫だ。当時、我が家を含めた近所一体のボスだったらしい。野良らしいゴツい野良で、近寄るとシャーっと威嚇するわ、目付きは悪いわ、玄関先をトイレするわで困った猫だったが、庭のカメに悪さをするわけでもないのでそのままにしていた。
 ある時、頭にポチっとハゲが出来たと思ったら、あれよあれよと写真のような状態になり、本で調べると「疥癬」の症状だった。またあれよあれよといううちに疥癬は頭から身体に広がり、全身の毛が抜けてカサブタになり、目もふさがったような状態になってしまった。とても猫とは思えない。あまりの不気味さによそで餌をもらえなくなったせいか、食欲がないせいか、お腹だけが膨らんで(妊娠かと思ったが、よく見るとオスだった)痩せてきた。疥癬以外にも悪いところがありそうだ。

 そんな猫が、窓の外に座っているのはあらゆる意味で具合が悪かったので、獣医に訳を話して疥癬に効く飲み薬をもらってきた。塗り薬なら効きすぎることもないというが、なんせ触らせてはくれないので仕方ない。薬の副作用よりも疥癬で弱って死にそうだった。
 猫缶に混ぜて出したら、疑いもせずよく食べた。1週間服用して1週間休み。その間に来なくなると困るので、途切れず餌をやったらちゃんと通ってきて、2クール目も飲み終えた。今まで薬を飲んだことがないからか、薬は劇的に効いて、だんだんカサブタから落ちるフケが少なくなり、目がパッチリしてきて、産毛が生えて猫らしくなった。

 毎日来ると自然と情が移るのが、我々猫馬鹿夫婦。来ない日は「クロ来てないで」と心配するようになった。クロの昼寝用のタオルも敷いたし、ご飯皿もクロの分ができた。このままうちの通い猫になるかと思われたのだが…。

 あるとき、若いオスの「ブチ」が進出してきて、クロと大喧嘩をした。挙句、クロは負けたらしく、裏庭にはブチが居るようになった。ブチを見かけると「ブチめーっ」と追い払うがクロは本格的に縄張りを追い出されたようで戻ってこなかった。

 獣医に連れていくなんて絶対無理なので、頭のハゲを撮ったのが唯一の写真になってしまった。

 さらば、野生のクロ。
[PR]

by cuora | 2005-11-17 16:51 | | Comments(4)

手のかからない猫

a0044136_10555962.jpg
うちの猫4号ビスコと、オトナになりかけの妙に細長い5号バブ。

 ビスコはうちの猫のなかで一番、影が薄い。
 拾った時に激しくお腹をこわしていて自分でも困りはてていたらしいこと以外、今まで何ひとつ手がかかったこともないし、イタズラをしたこともない。うちの猫は、子猫時代に1回は2階のベランダから落ちたりするのがお決まりだけど、ビスコは1回も落ちてない。子猫のときから自己管理が行き届いた猫だった。変な物を食べて詰まらせたり、物を壊したりケガをしたりしたこともない。爪はちゃんと爪とぎで研ぐ。ゲロも吐かない。

 たまにガビの開けた窓から、後について脱走したりするが、同じ窓から自分で帰ろうとする律儀さだ。太りすぎず痩せすぎず身体もいたって健康なので獣医とも縁がない。鳴声は控え目で、静かすぎず騒がしすぎず、自分で適度に遊ぶがおもちゃに興奮しすぎることもない。子猫の時からオトナのような分別くさい顔付きをしていた。

 他の猫が交代で何かしらしでかすので、自然と問題のないビスコは影が薄くなってしまうが、人間にベタベタするのもされるのもあまり好きではないので、苦にならないみたい。
 たまたまビスコの子猫時代にデジカメが壊れていたこともあって、子猫時代の写真は「可愛い子猫もらってください」の貼り紙に使おうと撮った1枚きり。それも、あまりにも冷静な顔で写っているせいか、このあたりで一番ありふれているキジトラ柄のせいか、希望者もなく、淡々とうちの猫になった。

 夏休みに1週間家を空けたとき、猫の世話をペットシッターさんに頼んでいった。5匹のうち、懐いたのは1匹(グリコ)だけ。後のは遠巻きに見ていた。ビスコは、とうとう目撃できなかったらしい。

 他の猫は、生き別れになっても首輪が変わっても見分ける自信があるが、ビスコは鳴声にも特徴がないので、見分けられるか正直自信がない。あ、勿論、愛してないわけではないんですが…。
[PR]

by cuora | 2005-11-14 10:56 | | Comments(4)

さらばデビ子

 このブログでも何回か登場した、白黒の子猫「暗黒卿デビ子」に里親があらわれた。ペットフード屋さんに貼らせてもらった貼り紙が縁でお見合いをして、土曜日にもらわれていった。
 柄はいいけど顔立ちはちょっとブチャイクだと思っていたが「可愛い可愛い」と連発してもらい、大勢のお出迎えでにぎやかに旅立っていった。
 「デビ子」という名前は隠して「名前はパピコです。でも好きな名前をつけてくださいね」と言ったけど、きっとすぐにデビルであることがばれるだろう。
a0044136_772153.jpg
 すっかり情が移っていた私らは、貼り紙はしたけど(写真もすごい不鮮明だったし)欲しいという人はもう現れないと思っていた。お見合いをした後も、向うは貰うと即決していたのに、私は考え中なのだと思いこんで、しばらく電話がないのを、「やっぱり気に入らなかったんだ」と勘違いしていた。実はその間に向うは準備を進めていたのだった。

 というような些細な行き違いはあったが、無事もらわれていった。残った5匹の猫達は、何事もなかったかのように普段どおりだ。デビ子を探すやつもいない。なんて淡白、なんてアッサリした生き物だろうか。
 人間はそうもいかない。きっと、どちらかが「デビ子はどうしているかなぁ」と言っては二人でしんみりする、という展開がしばらく続く。いつまで続くかというと、次の子猫を拾うまで…。

写真は、古株の2号グリコさま
[PR]

by cuora | 2005-10-31 07:08 | | Comments(8)

食欲と睡眠の秋

天津甘栗
 新栗の季節。中国から船に乗って新栗が日本にやってくる。今の甘栗は美味しい。スーパーの表で炒りたてを売っていたので一袋買ってきた。食後に食べていたら、宇治@猫1号が「にゃわっ、お一つ下さいな」とやってきた。(他の猫は力づくで強奪していくので1階には出入り禁止、ダイきちは只今躾け直し中なのでハウス)。
 一口あげたら「うまうま」と食べて、美味すぎたらしく「ヴにゃ~っ」と変な声になった。結局1個分ほど食べたけど、猫にしたら焼き芋1本食べたくらいのボリュームじゃあないだろうか。
 ちなみに宇治どんが目がないものは、シュークリームの中のカスタード、茹でた枝豆など。当然のように太りすぎている。

ひろいもの
 私は拾い物が好き。つい拾ってしまう。猫とか台風の後のスズメのヒナとか。
 粗大ゴミの日の朝の散歩は楽しい。最近の拾い物中の傑作は、中・高生が木工の時間に作ったらしい木製の脚立。いい木材を使っているし作りもしっかりしていて、毎日活躍している。
 いつだったか、新品同様の水棲カメ用ヒーター・水槽付きを拾った。「子ガメを飼ったけどすぐに死んでしまったのね」と思いつついただいて帰って使った。
 昨日また、子ガメ用のプラケースにエアポンプ、フィルターにカメの島が2個入ったものが捨ててあった。ちょうどプラケースがほしかったので迷わず拾った。島は2つともしっかりした作りのもので、子ガメを飼うにあたって出費を惜しまず「ちゃんと揃えたけど上陸しないので別のを買ってみた」感が漂っている。
 「器具も揃えて飼い始めてみたけど、甲羅干しをせずにひと夏で死んでしまったゼニガメ(またはミドリガメ)」と「それで切なくなって飼育をやめてしまった飼い主」が浮かんでくる(想像しすぎ?)。うちのカメには小さすぎるんだけど、また子ガメを飼わないとも限らないし…。拾い食いはするなと言いながら自分は色んなものを拾う飼い主を、ダイきちはどう思っているんだろうか。

同じ柄どうし
a0044136_18383956.jpg

 ふと見ると、宇治とデビ子がくっついて寝ている。白黒どうしで可愛いったら。とカメラを構えて下を見ると、下ではガビとバブがくっついて寝ている。茶トラどうしでめちゃ可愛い。姿が見えないグリコとビスコもキジトラどうしでくっついてたらコンプリートだわ、と探しに行ったけど、別々に寝ていた(正確にはグリコはベランダに締め出されたままカギを掛けられ、ものすごく怒っていた)。

写真は、白黒組の宇治とデビ子。寝ている時は可愛い。
[PR]

by cuora | 2005-10-25 18:41 | | Comments(5)

猫は犯人じゃなかった

a0044136_1111530.jpg 少し前、新聞やネットで特養入居者の老人が足の指を野良猫に食いちぎられた、というニュースが流れていた。猫に詳しい団体からは「猫に骨を食いちぎる力があるとは考えられない」というような反論が出たようだが、やはりこのニュースは間違いだったという。
 ワニやヘビやカメやサソリがあちこちで見つかり、動物バッシング的風潮が出ていたのに便乗して、予断を持って取材したための勇み足だと思う。
 しかし「間違いだった」という話は、ネットで小さく流れていただけで、猫犯人説を信じたままの人も多いと思う。

 と、ここからマスコミ批判論とか、そもそも動物を飼育するとは、とかを書こうとしてみたけれど、簡単に書けるはずもなく、私の想像力は

「だけど、もし猫がライオンとかトラみたいに大きかったら」「いや、うちのダイきち@ラブラドールくらいでも大きかったら」という方向に向かってしまった。うちの猫2号グリコは人間の肩に乗るのがお好きだが、25キロの猫に乗られたら死ぬよな。壁で爪とぎなんかされた日にゃあ…トイレも巨大な砂場みたいなのが必要だし。
 …小さくてよかった。

  写真は猫1号宇治(ブチ)と2号グリコ(キジトラ)。宇治は♂のくせに子猫たちにお乳をやるのが趣味という、変な猫(でも時々スケベ)
[PR]

by cuora | 2005-10-22 11:13 | | Comments(2)

暗黒卿のちから~早くも迷走の兆し

 a0044136_14006.jpg昨日の深夜、自宅のPCから突然ネット接続ができなくなった。「ウイルスか」と(一丁前に)思ったが、よく見るとモデムの電源アダプタの線が、猫に噛み切られていた。やられた!犯人はデビ子(もうパピコなんて呼んでやらん!)やっぱりヤツは暗黒卿だった。
 というわけでサービスマンに新品のアダプタを持ってきてもらって、あっさり解決したのだけど、その間数時間、自宅で待っていなくてはならない。また切ったときのために予備を幾つかもらっておこうかと思った。
 電器屋ですぐ買える線も隣にあったのだが…おそるべし暗黒卿。

 写真は、問題のデビ子。黒猫には注意が必要よ
[PR]

by cuora | 2005-10-19 14:01 | | Comments(0)

しっかりしたメス

 さて記念すべき初日記は、昨日の出来事。晩ご飯はカレーだった。脂身があったのでそれをお皿の上に残してカウンターに置きテレビを見ていた。そこに猫1号(中年・宇治)、5号(子猫卒業間近・バブ)、6号(子猫・パピコ改めデビ子)が乱入してきた。あっと思ったとき、バブが脂身をくわえていくのが見えた。取り上げようと近寄ると…その場に呆然と立っているだけだった。あれ?持ってないぞ。
 ふと見ると、テレビ台の陰に隠れるようにして脂身を食べているオンナがいるではないか。あー一瞬にして掠め取られたのね、バブちんにぶいよ、あんたは。
 パピコははじめての脂身カレー味に興奮して野生に帰ってフーフー言いながら肉をしがんでいる。ここは必殺兵器掃除機だ、と「強」にしてノズルを近づける。他の猫はこれで100%、口のなかのものを落として跳んで逃げるんだが…。さすがデビ子は強かった。脂身をくちゃくちゃ噛んだまま悠々と逃げていった。「もう、勝手にせい。明日下痢ピーでもわしゃ知らんよ」と思ったが、今朝も快便なデビ子であった。

 うちの猫構成はオス3、メス3ときれいに分かれているのだが、総じてオスは気がよくいつまでも子供、いざとなると気が弱い。メスは3匹とも子猫のときから大変しっかりしていて、自己主張もキッチリ、自分の分を取りはぐれることもなく淡々としつつ、損はしない。「これは絶対哺乳類に共通の特徴だ」とダンナは私の顔を見てそう断言するのだった。

 写真は、典型的なオスの例、バブちん。もっと自己主張せな!a0044136_1240307.jpg
[PR]

by cuora | 2005-10-17 12:42 | | Comments(8)