実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:馬( 31 )


早くもカベにぶち当たる

 ちょっと前になりますが、専用馬に指定したマドンナに乗っていたとき、ちょこっと暴れさせてしまいました。どうも、脚では発進の合図を出したのに、手が手綱を引いてブレーキをかけていたのか、前脚を持ち上げて少し立ち上がり気味に。それ以降、やや暴走気味。そういう場合はインストラクターが別の馬場で乗って馬の調子を整えるらしく、馬から降ろされてしまいました。
 「脚の合図が効きすぎるようになっているので、注意して下さい」と言われて再度乗ったものの、どうも怖さが残って、ボロボロでした。そんな時に限って90分レッスンだし。

 それで、怖さが残っている馬に乗るとよくないというので専用馬をデージー君に変更。デージーの予約が取れなかったので次の4回はトーマス君に。トーマス君はよい子ですが、発進の合図を聞かないので有名(一度発進すると、後は乗り易い)。初心者複合くらいまでは、馬が発進しないと先生がお尻を叩いてくれますが、初心者馬場では自力で発進するまで参加できません。そこで拍車を勧められ、昨日は初拍車。

 さて、風邪で休んだり雨で休んだりで昨日は久しぶりの乗馬だったのですが、前日の雪で馬場は田んぼのよう。馬も足元が悪くて歩き難いので、出だしからやや波乱気味。メンバーのなかにはマドンナもいたのですが、何かの拍子にまたマドンナが立ち気味になってしまい、隣の馬場に調整に。けり癖のある馬が蹴りそうになったり、私の後ろの馬は休憩中に花壇に行って草を食べようとしたり。トーマスが止まったり…(だんだんとペースダウンしそうになったときに、合図を送り続けないとトーマスは止まってしまうのです)。レッスン自体が混乱気味だったので、私の下手っぷりも紛れてよかったのですが…。

 初心者複合クラスの参加者は、全体的に初心者馬場の参加者より素人だと思うのですが、何故か初心者複合で暴れたり勝手に歩いたりする馬はいませんでした(初心者複合でマドンナに乗ったときも、なんともなかった)。馬場が狭くて自由に歩く余地がないから?先生との距離が近くて馬も「しっかりやらないと」と思っているから?せいぜい馬間距離が開きすぎたり詰まりすぎたりするくらい。
 これでは、柵も何もない外乗までは、まだまだだ…と壁にブチ当たっている今日この頃です。
[PR]

by cuora | 2008-02-11 15:33 | | Comments(4)

初心者馬場だ!

 6日の朝いちで、初の「初心者馬場」に参加しました。馬場が広い(感激)。嗚呼、乗馬って感じ。しかも最初の4回は専用馬(普通はどの馬に乗るか30分前に決まるけど、前もって指名予約できるシステムもある)を奮発したので、賢い優しいマドンナに乗ることが決まっているから気が楽です。

 29日に最後の初心者複合で当たった椿ちゃんは馬房を出てから帰るまであらゆる場面でツワモノでしたから、それに比べたら、マドンナは文字どおりマドンナです。ヒヅメの手入れも馬装もおとなしくしてくれて、馬場に出たら脚できゅっと締めて合図を送るだけで、ビシっと速歩してくれます(血統を見たら、サラブレッドでした)。おかげで「蹴らずに発進できる」に印がつきました(笑)。ブレーキもよく効きます。難点は、賢すぎて、先生の「はやあし、よ~い」の声だけで「あ、はやあしね」と速歩してくれちゃうことくらい。

 でも、あんまり「よい子」ばかり乗っていると、難しい子に乗れなくなりそうなので、慣れたら専用馬はやめなくては。

 初心者複合までは、先生の教え方も懇切丁寧、お客様って感じでしたが、初心者馬場からは何となく「先生と生徒」って感じです(馬場が広いので、先生も声を出すのが大変なんです)。馬場が広いから前の馬の尻尾に齧りついたり、蹴られたりするほど馬間距離がつまることも気にしなくてよくて、自分の姿勢に集中できるから、楽しい楽しい。でも、速歩もかなり続くのと、レッスン開始時刻にはもうウォーミングアップが始まっているので、レッスン時間正味45分動いていることになり、初回なので疲れました。

 さて、体験乗馬のときから前回まで、グローブは100均のドライブ手袋、ダンナは軍手でしたが、私のドライブ手袋がヘロヘロになって手綱が滑るようになったので、通販で「滑らない」が売り物の乗馬用グローブを買いました。

 違う!しっかり持てます!鞭の持ち手が指に擦れても痛くないし。早く買えばよかったよ(早く買えよ)。道具は大事ですね。

 さて次回は、初の90分ぶっ通しレッスンに挑戦!(初心者馬場クラスは時間が選べるほどないので仕方ない)。うーん大丈夫かね。

 そうそう、乗馬センターのあるH緑地公園は年末年始と駐車料金が無料でした。なので、正月にはダイきちもH公園に出陣いたしました。その時の写真はまた今度。

参考
椿ちゃんの場合…食事中なのよっっとブリブリ怒って、これみよがしに通路に落ちている干草を拾い食いする。ヒヅメの手入れはイヤなので脚は断固上げない。ブラシがけは体を柵にくっつけて拒否。馬装はイヤなので暴れるぞこら、と目を剥いて私を試す(スタッフが手伝ってくれたけど最後まで抵抗)。引き綱を食う。馬場に行く道で道草を食う。そして、馬場では、断固走りません。
 溜息とともに終わり、馬洗い馬につれていったら…「はやく帰らしてねっ」と可愛く鼻づらをスリスリしてくるではありませんか!むむむむ、ムカつくけど可愛い(私の負け)

マドンナの場合…食事中だけどまあいいわよ、とおとなしく無口もつけさせてくれる。脚は自分から上げる。馬装もじっとしてます。馬場にはまっすぐ行きます。下手な素人の合図でもちゃんと汲み取って走ってあげます。ほらっ、先生の掛け声は全部分かるから、わたしがちゃっとやったげるわよ。で、でも、血が騒ぐのでちょっと走りそうになりますっ(やっぱり私の負け)。
[PR]

by cuora | 2008-01-07 18:51 | | Comments(6)

祝!初心者複合卒業

 苦節数カ月、年内に初心者複合卒業という目標は、ぎりぎり(ほんとギリギリ)達成され、本日無事、卒業しました(先生の温情で。いや、しつこく頼み込んだので根負けして)。次は初心者馬場(はい、まだ初心者であることは変わりないのです)。

 これでまたひとつ、ちょっとだけ広い馬場に移れます。ビギナー→初心者複合→初心者馬場と、馬場が倍々に広くなるのです。次のビギナー駈足でまた超狭くなるのですが。

 まあ、初心者複合の課題が全部できるようになったわけではないのですがね。去年から、課題表に、出来たことから先生がサインをしてくれて、全部埋まったら卒業を考えてもいいというシステムに変わったのですが、最後の一つが1カ月も埋まらなかったのです。今日乗った馬が、私が苦手としていることが得意な馬だったので助かりました。

 明日もう一回、初心者複合に乗って、1月4日から初心者馬場に進みます!嬉しい!嬉しさのあまり、その後の餅つき大会で、浴びるように餅を食べてしまい、全然お腹が減らないです。(初めて見たんですが、桜えびを混ぜてついたえび餅、乾燥えびが砕けてきれいな赤い餅になるんです。日が経ったのを焙っても美味しそう)。
[PR]

by cuora | 2007-12-29 19:54 | | Comments(8)

馬のほうが上手だった

 昨日は落馬後はじめて乗馬に行ってきました。尾てい骨が響かなくなったので。
最初に当たったマドンナは、おっとりしたよい馬でした。が、馬装のときに隣りにいた白馬が、いきなり首を伸ばしてマドンナちゃんを脅かしてきた。白馬の人はベテランさんみたいで、ちゃんと白馬を叱ってひっこめてくれたので、本当に噛まれたわけではないですが、…ビックリしたらしく脱糞しました。

 いや~馬も相性があるみたいですね。前を歩いている馬の尻尾に無性に食いつきたくなるヤツとか、いるらしいです。

 そして、2こまめに当たった馬は、馬装嫌いでちょっと有名らしく、スタッフが手伝ってくれました。「噛もうとしたら目を睨んで下さい」だって。やっぱり動物は「目力」ですわね。乗っているときは、とてもいいコでしたが、下馬して、マ…何とか(マルチン・ルターに似た響きだった)という補助の紐を外そうとしたら、また「イヤじゃい」と暴れてくるっと回られて、6頭同じ向きを向いているべきところ、私だけ反対向きになっちゃいました。

 素人はこういうとき、制御できないんですね。で、手入れもモタついていたら、周りの馬が馬房に帰って餌を食べ始めた気配がしたんでしょう。タオルで拭こうとしたら「いつまでモタモタとろとろやっとるんじゃい」と蹴りを入れられそうになったので、もういいやと。馬は自分の部屋をよく知ってますから、ズンズンすごい勢いで歩いていって、私のことは完全無視でいきなり干草に突進してしまいました。

 レッスン自体は「やっぱり楽しいわ」でしたが、全体として「馬が主導権を握っている」感の否めない数時間でございました。

 常歩から速歩、速歩から常歩への切替の練習でも、馬のほうが「知ってる知ってる。このコーンのとこまできたら速歩やろ」と先にやってしまいます。一見馬を操っている風でいて、実際は数歩手前で早くも速歩を始めてしまう馬に「まだまだもうちょっと」と必死にブレーキをかけている初心者6人。ビギナーのときみたいに、談笑しながら、という余裕はゼロでございます。

 そして、速歩。乗っている本人には、ものすごく速く感じられるのですが。鏡で見ると、全然遅いです。こんなんで速いと感じているようでは、かけあしなんてまーだまだ。あ、かけあしは難しいみたいで、マンツーマンで練習してました。

 夏の間、馬っておとなしいと漠然と思っていたのは、暑くてダレていただけのようです。秋の馬は活発で、ちょっとヤンチャです。個性も強~く出てきます。注意注意です。
[PR]

by cuora | 2007-10-21 17:13 | | Comments(4)

どっかーん!と落馬しました

 土曜日、曇りだったので、昼間でも暑くないだろうと1回早い昼間のレッスンに変更しました。馬は一度乗ったことがあるキャンサー。少し神経質らしく、虫除けスプレーをかけてもらう時も「キャンサーは暴れるから」と一人が抑えてスプレー、その後もちょっと落ち着かないそぶりでしたが、速歩の合図もよく聞いてくれて、今日は上手く乗れるわぁと楽しく「図形」(馬を誘導する)をしていたとき…、少し離れた道路から響き渡る大型トラックのクラクション。

 どの馬も程度の差はあれ驚いたらしいのですが、キャンサーはとても驚いた。たまたま一番道路側にいたので大きく聞こえたのかも。それでも前後が詰まっていれば、その場で少々暴れるくらいだったと思うのです。が、運の悪いことに、直角に曲がる練習をしていて、たまたまキャンサーは柵の開いたところにいたので、馬場の真ん中に走り出てちょこっと立ち上がってしまったのです。

 あれ~と思ったときには、どっかーんと腰から地面に落っこちておりました、私。丸い馬場のド真ん中で転がる私。放り出された時頭に浮かんだのは「あ~やっちまった~」でした。

 電気が走って立ち上がれずに転がっていたら、次々と先生が心配して寄ってきて「担架いりますか?」なんて大事に。

 馬はスタッフが戻してくれ、なんとか自力でロビーまで戻って、シップを貼ったのですが、とても次のレッスンは乗れそうもないので引き上げてきました。

 乗馬を始める時に「年に一人二人は落馬します」と聞いて「あー、それくらいなら大丈夫」(その一人二人には自分は入るまい)と思っていたのに、早々にその一人二人になるとは。しかも走ってないときに。とほほほほ(c)kazuさん、です。

 どうも尾てい骨とその周辺(つまり尻)をしこたま打ったようなので、帰りに薬局で打ち身の塗り薬を買い(「打ちたてならこれがお勧め」という薬、本当によく効きました)、お尻を上にして寝ていたら、弱り目に祟り目というのでしょうか、急な寒さで熱までぶりぶりと出てしまい、さんざんでした。いや、一晩寝たら治りましたけどね。

 しかし今日も、くしゃみをすると尾てい骨にビリビリ響いて困ります。こんな時に限ってダンナは今日から出張だし。ダイきち、絶対引っ張るなよ。

 しかし不思議と、全然馬がいやにならない自分にもビックリですわ。
[PR]

by cuora | 2007-09-30 11:58 | | Comments(9)

いよいよ「初心者複合」だ!気合だ!

 昨日はダイきちサービスデイということで、また川遊びに行ってきました。さすがにかなり空いてます。まだまだ泳げるのに。でも空いててラッキー。ダイきちは11歳を前に、泳げるようになったのですが、いや実はかなり上手いじゃないか。パニックになるような情況じゃなければ、ちゃんと泳げると自分でも分かったみたいで、むしろ泳ぐの好きな部類になってます。

 今日は朝から、2週間ぶりの乗馬。しかも今日から、いよいよ「初心者複合」コースに。つまり、自分で馬を引き出して、ヒヅメの裏を掃除して、鞍をつけて、頭らくもつけて、馬場まで行って自分であぶみも調整して乗るってことです。終わったらその逆です(しかも制限時間は短い)。

「もう1回ビギナー受けとこうかなー」などという後ろ向きかつ不経済なことを言うダンナを叱咤激励して、いざ。

 あ、案外、必要に迫られれば出来る(笑)。まあ、まだまだ時間ギリギリかつ顔が必死で怖いけど。

 私が当たった馬は、とても「当り」な馬で、道具を手に持つと自分から脚を上げて「さあ、裏につまったオガクズ取って」と差し出してくれる(嬉しい~)。隣りのダンナの馬は逆に、何故か知らないが怒り狂って脚をダンダン踏み鳴らして抵抗しているが(間一髪、当たらなくてよかったと思いつつ、口では「大丈夫?」と言ってみる私。が、自分のことだけで手一杯で、どうなったか後は知らない)

(あ、今気付いたけど、落としたオガクズ掃除するの忘れてるわ)

 乗ってみても、本当に素直でよいコでした。気をよくして続けてもう1クラス受けることに。今度の馬も当りでした。嬉しい~(ダンナの馬はまたくせのある馬なのに)

 ビギナーより、ちょこっとだけ広い馬場で、ジグザグと左右に馬を誘導する練習と、速歩をちょっとしました。嗚呼やっぱり面白いわ。でも、馬装で消耗しすぎて2レッスンが限界だったので、これにて終了、引上げてきました。

 初心者クラスの馬場には横に大きい鏡があるので、はじめて自分の乗馬姿勢を見ましたが、…頭の中でイメージしていた自分とはかけ離れた姿勢の悪さでした(adaさん、まだ見に来たらダメよぉ~・涙)。
[PR]

by cuora | 2007-09-23 16:25 | | Comments(5)

人馬一体

 またまた乗馬ネタです。

 「人馬一体」という額が乗馬クラブにかけてありました。乗馬の極意?らしいです。

 たった1カ月のド素人の私の今の悟りを書いておきます。1年後、どうかな?

○馬はデカい。力任せでは動かせない。なので、馬に動いてもらうしかない。
○手綱や脚による合図は「馬との共通言語」、馬と人の意思疎通は、中国人と日本人がお互い知っている外国語である英語で話しているようなもの。
○馬に歩いてほしいときは「まず心のなかで、それを思いうかべる」→身体が自然とそのような体勢になる、というのが理想。つまり英語が無意識になめらかに出てくるようになれ、ちゅうこと。(まずは思い浮かべるとこからね)
○馬が分かってくれたときは「そう、私はそう言ったの。私の訛り聞き取ってくれたのねー」ということも伝える。
○英語がうまくなれば、小声で囁いても相手には通じる。今はまだ、私の英語が片言未満なので馬は「はぁ?進めなのか止まれなのかよう分からんから無視無視」と適当に歩いているだけ。よっぽど困ったら先生が通訳してくれてる。
○馬にとっても「外国語」なので、馬が知っている文法で喋ること(すでに先人が文法=乗馬法を編み出し、調教師が馬に文法を教えてくれているので、私がうまく英語を喋れるようになるだけでいい)。「だけ」でも難しいけど。
○そうはいっても哺乳類どうし、お互い表情や声の調子やしぐさでなんとなく気持ちは読み取れる。片言を補うために、身振り手振りを駆使して、相手のしぐさもよーく見ること。


 ああそうね、犬ともお互い第三国語(馬とは英語なら犬とはドイツ語か。ドイツ語と英語は基本は似ているけどちょっと違う)で話しているわけだ。ずっと一緒にいるから、犬については意識してなかったけど(まあ犬の場合は「日本語もけっこう分かる外国人」みたいなもんだけど、日本語が母国語とまではいえない)。

 おおそうか、私は動物も外国語も好き(でもどちらも下手)なのは、こういう共通点があったのかー。

 ということで、これからは「通じない部分を楽しむ」くらいの気持ちでやってみます(「できない」とか「ダメだ」とかネガティブな気持ちになると馬に伝わってだめだめスパイラルにはまるらしい)。うまく出来ないときもスマイルだす。嘘でも笑うと緊張がほぐれるんだす。

 猫とは?猫とは猫語と日本語で喋ってます。猫たちは英語習得しようとかいう気持ちないですから。というか、猫は猫側の要求が人間に通じたらそれでいいみたい。人間が何をしてほしいかなんて関係ないもんねー、だそうです。
[PR]

by cuora | 2007-09-06 10:47 | | Comments(5)

祝 ビギナー卒業

 苦節1カ月、とうとうビギナーを卒業いたしました。おめでとう、私。

 次からは、初心者複合コースです。

 が、初心者からは、開始時間までに自分で馬装をすませて馬場まで行って待ってないと、レッスンに参加できません。タイムリミットは30分、できるか。
[PR]

by cuora | 2007-09-03 08:48 | | Comments(5)

めざせビギナー卒業!

盆休み、堪能しました。堪能しすぎて疲れました。簡単にまとめると、

 一泊で温泉旅行に行き、乗馬に行き、ダイきちと川に行き、乗馬に行った。

 乗馬、ビギナーコース6回目まで進み、馬装手入れ講習2回を受けました。
 最初の2回くらいは頭が真っ白で、とにかく乗っているだけで必死でしたが、ようやく、馬上で物が考えられるように。最初は「これはラオウの馬か。この脚を持ち上げて足の裏を手入れする?ありえん」と思うほど巨大に見えた馬も、ようやく普通の草食動物に見えてきました。

 そして馬は、実によく人を見ていることも分かってきました。たいてい4~5人(頭)のグループレッスンなのですが、

先生が若くて新米さんのとき→全頭だらけて、「速歩よーい」と号令がかかっても誰もヤル気にならない。トイレをするふりをしてたびたび止まる。運よく速歩になっても乗り手がリズムをくずして鞍にお尻がぶつかったりすると3歩くらいでやめてしまう。先生が個別に馬の近くにくると、数秒だけヤル気を見せてくれる。全頭を止めずに歩かせるのに先生もロープやら鞭やら、色んなものに頼って走り回っている。あまりレッスンにならない。

 先生がベテランのとき→先生は何も持たずに円の中心に立っているだけ。なのに全頭キビキビしている。速歩も全頭ちゃんとやる。乗り手もキビキビしている(笑)。ちゃっとレッスンになる。
 という構図が、あまりにもあからさまです。ちなみに、ビギナー(つまり私ら)のことは、眼中にもないようです。

 そんなこんなで、すっかり乗馬にはまってます。

 今の目標 めざせ10回でビギナー卒業!(これがなかなか難しいみたいだ…)
[PR]

by cuora | 2007-08-16 12:02 | | Comments(6)

本日のお相手

 土曜日、初めてのグループレッスン「ビギナー 馬装講習つき」に行ってきました。

 いや~馬に馬具をつけたりはずしたりするのが難しいです。乗ることより、そちらが問題です。いや乗るのも問題ですけどね。

 この日のお相手はデイジー。革紐でも金具でも、前を歩く馬のボロ(ウンちゃんの専門用語)でも、とりあえず口に入れてみようとする、これまた癖のある馬でした。

 「なかなかおもろい癖のあるお嬢さんだわ」と思っていて、最後の最後に気がつきました。いや目につきました。

「デイジーというから♀だと思い込んでいたが、♂だったのか」

 まだまだ修行の足りない私でした。
[PR]

by cuora | 2007-07-30 15:57 | | Comments(4)