実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シンボルツリーようやく決まる

 あっ…というまに、園芸の適期がやってきてしまいました。
 家が出来て、ちょっとだけ庭をゴソゴソしたら冬になってしまい、未だに外構工事中みたいな見た目なので、とにかく前庭だけでも何とかしないと。

 前庭といえばシンボルツリー。1本しか植えられないので、それはもう悩みに悩みました。落葉樹で、あまり困った虫がつかなくて、和洋どちらでもない雰囲気の木。花の時期以外が綺麗じゃないとか、冬の姿が丸太のようになるのも困る。

 普通のガーデニング本を読むと落葉でお勧めはエゴ(近所によくあるが、このあたりではいまひとつ上手く育たない)、ハナミズキ(すぐそこの遊歩道で見られる)、ナツツバキ(西日がひどいので無理)等。
 雑木の庭の本を読むと、最近のお勧めはコナラ。コナラもいいけど花もほしいなぁ。モミジもいいけど剪定が難しい。でも、雑木、いいかも。

 気持ちはどんどん雑木に傾いていって、ナンキンハゼに惚れましたが、「ナンキンハゼ 庭」で検索すると、出てくる体験談は大抵「毎年ノコギリでガンガン切らないといけない」という話。それは大変すぎる。公園で眺めることにします。

 ああでもないこうでもないと悩んだ末、注文しました。

 クマノミズキ。株立ち(今はやりらしい。根元から幹が何本も出ている自然な感じの仕立て方)

 泡みたいな白い花が咲く落葉樹で成長が速いらしい。でも、うちの植栽スペースは小さいから、目をむくような大木にはならないでしょう。剪定もそんなに難しくなさそう。

 低木は今持っているので十二分。フヨウ、チョークベリー(セイヨウカマツカ)、ミツバツツジ、キャラでいっぱいいっぱいになる。ミツバツツジは近所の造園店兼園芸店でなんと380円でした。枝ぶりが悪くなって処分価格になってた。どうせ私の手にかかれば枝ぶりは悪くなるので気にしません。とりあえずこれで、前庭のド真中の目立つところはそれなりになるハズ。

 建替え中に仮住まいした家の周りは、自宅と同じくらいの面積の家が立ち並んでいるのですが、どの家も植栽が素晴らしくて、緑が多くて素敵でした。犬の散歩中によく観察していると…どうも規約の多い自治会らしくて、自宅の改築などは事前に「自治会の許可!」を受けるように立て看板が立ってました(外壁の色などに「自治会の」制限があるらしい・汗。建築協定てやつやね)。
 …多分、植栽も自治会の決まりです。緑が多いのは素晴らしいけど、家の前で野菜を育てたり、子供の砂場にしたりしたいヒトにはちょっと迷惑だなぁ。自宅の周辺は、植栽の嫌いな人の家は何にもなくて、好きな人の家はジャングルで、コレクター気質の家は細々と鉢ばかり並んでいる家もあったりして、景観は劣りますが気楽でいいかも。

追記 クマノミズキとは↓
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/kumanomizuki/kumanomizuki.htm
[PR]

by cuora | 2010-02-16 11:55 | 植物
<< ドナドナ ウパの飼育の終焉 >>