実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

文太、もうオトナ


 うちの末っ猫、黒猫文太がうちにきたのは去年の9月、ということは、そろそろ1歳です。相変わらずヒョロっと細いけど、周りの猫もまだ子猫扱いして、文太が寄っていって「頭舐めてください」と言われれば「よちよち、頭舐めたげますよ」と可愛がってますけど…そのなかにも、なーんとなく

「そろそろ声変わりしてきてるし、ヒゲも生えてきてるし、いつまでお年玉あげなきゃなんないのかねぇ」

的な雰囲気も感じられる今日この頃です。

ちなみに、文太は自分のお皿はほっといて他の猫のご飯を食べる悪癖があるので、子猫用フードはほとんど食べてません(だって、肥満で悩むほかの猫が子猫用を食べてしまうことになるからね)。

 そういえば、文太の里親募集って、形だけはしたけど、最初から「もう飼っちゃえ」という気持ちがあったせいか、少ないお問合せにも気のない返事をしてしまいました。ポスターも作ってないし。

 これがもっと美形(パプリカさんが描いてくれたイラストみたいな)で人懐こい猫だったら、もっと本気で探したかもしれないけど、なんせ家庭内野良猫、私が触れたのが1カ月後、ダンナは未だに数回しか触ったことがないシャイ男。とてもひと様にお勧めできませんから(等と言訳してみる)だいたい、お見合いに来てくれても、きっと姿さえ見られない猫を飼いたいなどという奇特な人がいるとは思えませんし(いないよね)。

注: そんなわけで私はこの世でただ一人、文太を撫でくりして、ムっチュんできる食堂のおばさんなのだ。世界で一番(もしくは唯一)文太に(割合と)好かれているニンゲンなのだ!羨ましいだろ!(自分で書いてて少し虚しいデス)

 それにひきかえション・ベン太郎くん(海老原所長こと海老蔵の新しい名前)は、火災保険のお兄さんにも「いらっしゃいませ」とスリスリ愛想を振りまいてました。これでションベンたれさえなければねぇ(最近またション太郎なのだ。便ではないよ)。

 そうそう、あと1週間ほどで新しく建った自宅に戻ります!また引越しのため、暫くお休みします。家に戻ったらまた写真とろうっと!…真夏の引越し!…ブログ復活してなかったら倒れたと思って下さい。
[PR]

by cuora | 2009-07-21 19:20 |
<< 絶賛売出し中! 一生躾なのじゃ >>