実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海老原所長の近況

 なぜ所長になったかというと、2階の猫本部を離れて、1階分室に赴任してきたからです。

 つまり、最近、宇治猫が海老蔵をいじめるので、海老蔵は居所がなくなり1階に避難してきたまま、住み着いてしまいそうな勢いだということです。

 そもそも引越し時に海老蔵が馴染めず挙動不審になったのがきっかけなのか、それも宇治どん自身偽発情期で挙動不審になったせいか、とにかく、宇治どんが海老蔵を部屋の隅に追い詰めて海老蔵が困っていたりすることが何度もありました。いじめるといっても、噛んだりするわけではなく、ただネチネチとしつこくいつまででも小言のような声で唸っているばかりです。宇治どんは猫本部の名誉会長なので、所長ごときでは反論できません。
 
 海老蔵が1階のリビングに入りたがって戸をガリガリやったりするのに耐え切れず入れてしまってから、1階が生活拠点になり、ダイきちは「うざい」と言ってますがそれなりに許容して、分室ができてしまったわけです。

 昨晩は猫部屋で寝ずに、洗濯機の上の洗濯物のうえで寝ていたそうです。

ダンナ「1階に小屋作ってやったら?」

うーん、それしかないのか?困ったなぁ。獣医さんにも、引越しのときの受診で

「海老蔵ちゃんはひとりになりたい猫」と言われたのですが、それは当たっているようです。うちの猫男子は仲良くやってきたのに、環境の変化でパワーバランスがもろくも崩れ去ったのか。
 早く自宅に戻りたい。今度はベランダに自由に出入りできるようにしたし、窓から外も見られるし、階段下に猫の隠れ家も作りました(設計上できた、ただのデッドスペースともいう)。

 グリコの洟もいまひとつ完治せず、通院が続いています。猫用ミルクに薬を混ぜて食後に飲ませているのですが、猫ミルク命のグリコは、数日で
「私は特別待遇で毎日猫ミルクが出てくることになったのね」
と覚えてしまい、毎日
「ミルクがまだよ」
とだみ声で催促します。しかも…

昨晩なんか、飲んだことを忘れて11時頃もう一度

「ミルク、ミルクがまだよぉっ」

と怒られました。いや、もう飲みましたよ、おばさん。
[PR]

by cuora | 2009-05-22 09:21 | | Comments(6)
Commented by たろいも at 2009-05-22 13:16 x
もう仮住居に馴染んだのかなとっ思ってたけど、大変なんだ・・・仲たがいされるのも辛いし、体調を崩されるのも辛い。気をもみすぎてcuoraさんまで体調崩しませんように。

にしても、小言にダミ声。。。ふふ、猫って大変よね(^^)
Commented by えぞっ子 at 2009-05-22 21:40 x
仮住まいになってから複雑な猫関係になったんですね。 
でも、数ヶ月後には新居になるわけですから、今出来つつある
序列が崩れると・・・・
んまあ、その時はその時に考えればいいのかな。(^^;
中心にいる母さんが一番大変ですね。 
 
Commented by やまね at 2009-05-23 10:31 x
宇治どんと海老蔵さんの間で何があったのか?ねちねちとやられるっていうのが昨今のサラリーマン社会をあらわしているようで、う~ん笑えない。「海老蔵ちゃんはひとりになりたい猫」って獣医さんに言われたそうですが、なんでそんなことわかるの???びっくりよ~。
それにしても海老蔵ちゃん貫禄付いてきましたね(下の写真)、PC打つ姿も様になってるわ~。
文太は縦に長くなってうらやましいったらありゃしない。
Commented by cuora at 2009-05-23 19:34
たろいもさん…宇治どんも、ビスコ相手に発情しちゃったり変なんすよ。仲違いというほど深刻な感じでもないんやけど、海老蔵はもともと猫団子に入らない猫やったし、宇治猫は年とともにちょっと偏屈になってるからかなぁ。
 猫って、大変よね(と同意を激しく求める)

えぞっ子さん…日光に直接あたれないので猫ども、鬱屈してるんやと思うけど。登れるような家具も今はないしねぇ。あと2カ月、我慢してもらうしかありません。

やまねさん…宇治どんは年とともに少し偏屈になって、ちょっかいかけられると怒ったりするようになったから、海老猫が変な声で徘徊してたりするのがウザいんやろうけど。宇治猫の偽発情もウザイと私は思うんだがなぁ。
 文太は、案外神経太かったのでよかった。顔も小さいので、スリムな猫の血が入っているのかもしれないです。「シャムネコの血でも入ってるんかもしれんね」と言ったら、ダンナに「それ、外で言わんほうがええで」と呆れられました。
Commented by やまね at 2009-05-24 18:07 x
そうそうタイの猫って顔が小さくて手足が長いよね~。もしかしてほんとにシャム猫の血が入ってたりして~。でもただ若いだけで年取ってきたら貫禄付いてメタボな体形になるんでしょうか・・・ヤダ~、考えたくないっす。ラッセルクロウとディカプリオ思い出しちゃった・・・((+_+))
Commented by cuora at 2009-05-25 16:47 x
やまねさん…メタボになった文ちゃん…それはそれで可愛いよ。ディカプリオさんは、いやぁ豹変しましたね。でっぷり太ったオッサンの路線に驀進されてますが、チョウ・ユンファさんも昔は惚れ惚れするようなスリムな美青年だったのに。嗚呼無常。
<< 庭と呼べない庭の構想 海老原所長、残業ちう >>