実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Bちゃん、またね

ダンボールの爪とぎの枠を、ガビ蔵が噛んで破壊していた。

しばらくしてみたら、ガビ蔵はそばで見守っていて、文太がせっせと枠を噛み壊しているところでした。

ガビ蔵「そう、その調子。うまいうまい」
文太「コーチ、ぼくガンバリます!」

いらんことばかり教えるガビ兄いであった。




さて、ご近所の長老ラブBちゃんが今朝亡くなった。
 最近は足腰も弱っていたし、数日前から、口の中に腫瘍ができて出血がとまらないけど診せてくれないと言っていたけど、そのほかはそりゃあ元気だった。

 同腹の兄弟が近所に3頭いて、1頭は1年ほど前に癌でなくなり「それでも14歳て大往生」だった。もう1頭は癌に罹りつつも、老犬で進行が遅いせいか、毎日元気に散歩して、ダイきちより強い。

 Bちゃんは今朝も少し散歩して、ご飯も平らげて、寝ていると思ったらもう息をしていなかったらしい。だれもが「こういう風に死にたい」と思う、ポックリというやつだ。

 お布団に包まれて陽だまりで寝ているBちゃんは、普段のまますぎて泣けてきちゃった。

 15歳と7カ月。

 ワンコの寿命が、もう10年長かったらいいのに、と思う、11歳と11カ月のオッサンの母であった。
[PR]

by cuora | 2008-10-30 19:16 | | Comments(7)
Commented by ティアラ姉 at 2008-10-30 23:15 x
Bちゃん、大往生でしたね。お疲れ様でした。
どんなに長生きしたって、やっぱり別れはさびしいですね。
あと50年くらい生きたっていいんだよ、とうちのワンコ達にも言っておりますが。。。(それじゃ、自分がどうだか)
Bちゃん、飼い主さん孝行な子でしたね。
きっと幸せな気持ちで旅立ったんでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

ダイちゃんもまだまだ!がんばって!
Commented by cuora at 2008-10-31 09:12 x
ティアラ姉さん…そうよね、自分のほうが先に死ぬのは絶対困ります。Bちゃんは、穏やかな、味のあるワンコでした。そして、生れ落ちてから死ぬまで、毎日とってもシアワセな一生だったのです。あやかりたい~。
Commented by kazu at 2008-10-31 11:50 x
Bちゃん、良い最後でした........。
今、やままめの最愛の姉妹わんこの姉の方・黒ラブのアリスちゃんが末期の癌で最終期になってしまっています......頭ははっきりしているのに、体が機能しなくなっている模様........飼い主さんも、つらそうです.......。
ウチもね先代の柴・ケンさんの最後を思い出してしまいます.......。
なるべく苦しくない様に.......と祈るばかりです.........。
Commented by やまね at 2008-10-31 22:24 x
ガビ兄もっとごまさんの役に立ちそうなこと教えてくださいな~(泣)。
Bちゃんの文章しみじみとしますね。生きていたら死ぬ時は当たり前に来るけどそれまでの思い出がいっぱいありすぎて・・・。
Bちゃんはすごく幸せな犬だったんですね、きっと。また姿を変えて飼い主さんのところへ戻ってくるのではないかしら。
Commented by cuora at 2008-11-01 19:03
kazuさん…癌になったりしたときのことは、時々考えてしまいますね。色々、決めてはいても、その場になると、割り切れないと思うけど。Bちゃんとは毎日のように会っていたから、寂しくなるよ。

やまねさん…ガビ蔵のたった一つよいところは、一緒に寝ていても、とても寝相がよくて朝も静かなとこです。Bちゃんは、お母さんのストーカーだったので、きっとまたいつか戻ってくるんでしょうね。違う犬の姿でも絶対分かると思う(味のあるワンコですから~)
Commented by やまね at 2008-11-06 23:04 x
いえいえガビさんの一番いいところは文太の子守りをするところ・・・かも。でないと今もひきこもりになってた・・・かな?
Commented by cuora at 2008-11-07 13:24 x
やまねさん…2匹目以降、子猫育てはほとんど猫たちが自分たちでやっているのです。猫と言うのは、案外犬よりも社会性、協調性があるのかもしれません。
<< カメを仕舞う 男ダイきち、12歳目前、元気です >>