実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

男ダイきち、12歳目前、元気です

 最近ごぶさたのダイきちですが、元気にしてます!
 目のほうは相変わらずですが。

 結局、マイボーム腺腫を切り取って縫合した跡が、ほんの0.何ミリ飛び出していて、それが眼球に当たっているので、炎症が治らないということです。
 これを解決しようとすれば、再手術しかないそうですが…それもねぇ(苦)。

a0044136_1429471.jpg


 さて、古い話ですが、連休に琵琶湖に長い散歩に連れていきました。
 往年の半分くらいの距離ですが、遊歩道てくてく歩いてダイきちを激写する、といういつもの企画です。
 夏日になって暑かったので、犬との遭遇率は低く、残念でした(私が)。ダイきちは、構ってくれる人がたくさんいて、独り占め状態のほうが好きなんです。

a0044136_1435740.jpg

(目が腫れているように撮れてしまいましたが、涙と眼軟膏で濡れているだけです)

 新しい「ダイきち号2号」は、またまた後部座席はダイきち専用席に。慣れなくて滑りそうになってましたが(笑)、2日で慣れました。

 JRで犬も(ケージなしで、働いてないニートな犬も)乗れるようにしてくれば、もっと手軽に行けるんですがねぇ…(←後進国日本では、あと百年くらいかかるかのぅ・苦。ま、ダイきちは大騒ぎするだろうから無理だな)

 あ、帰りに道の駅で鮒寿司もゲット。これが当たりでした。


 そうそう、犬といえば、実家犬モモ(12歳)が、とうとう、段差を登れなくなってしまいました。

ある日、東京に出張中の父から携帯に電話があり(よほどのことでないと電話なんかしない)
「弟が、モモの脚がおかしいって言っているので、一度様子を聞いてやって」
弟にかけると、軽くパニクっており(むさい三十男である)
「モモが、急にソファと玄関の段差を登れなくなったので、病院につれて行ったら、失禁した。こんなこと初めて」

内心「年も年だし、あんなに太らしていたら、そりゃあ、ソファにも登れなくなるわな。もともと獣医さん苦手だし、オチッコたまっていたのと違うのぉ」
と思いつつ、次の日の昼の薬を飲ませる人がいないというので、行ってきましたよ、片道2時間の実家に(そりゃ、そこまで言われたら、年も年だし、心配)。

行ってみると、拍子抜けするくらい元気なモモに、暑苦しい歓迎を受けました。
確かに段差は登れなくなってはいるけど…散歩で平坦な道をてくてく歩く分には20分くらいは平気で歩くし。やっぱり年(と太りすぎ!)のせいじゃないのかな。仕方ないですよね。

犬といえば2

 散歩で会った♀のコリー。飼主さんが「もうおばあちゃん、人間でいうと80歳くらい」というので、先日獣医さんで見た年齢換算表(12歳→70何歳)が頭に浮かび「じゃあ15歳くらいなのかな(←計算が合わない?ツッコまないで)」と思ったら、「9歳です」って。

 そ、それならば、ダイきちは一体何歳になるのだ!
 一緒にいた15歳のラブはとっくに100歳超えだし!

 何度も書きますが、いろんな換算表が出回っていて、ほんとのところは、「種類の差、個体の差」の部分が大きいんじゃないかな…と混乱してしまいました。

 ちなみに「80歳のおばあちゃん」は、それはそれは元気でした(笑)
[PR]

by cuora | 2008-10-22 14:23 | | Comments(15)
Commented by やまね at 2008-10-22 21:54 x
久々のダイきち君元気そうなお姿で安心。それにしても縫合した跡が飛び出して炎症だなんて医者の手術が下手なのでは~(-_-メ)
ダイちゃん負けないでね~。
Commented by たろいも at 2008-10-23 12:16 x
目んめは辛そうだけど、人からも見えて注意できるもんね。元気で何より!ニート犬(笑)もJRに乗せて欲しいに賛成、でも大騒ぎするから無理に同感(爆)

モモさん、お太りになってたら足腰にきちゃいますよねぇ。2時間かけてでも見てあげるcuoraさんのいう事(食事をかえる)をお父さん聞いてくれるといいんだけどね。
Commented by cuora at 2008-10-23 20:03
やまねさん…ずばりヘタなんですね~。困りました。

たろいもさん…角膜潰瘍にならないか、それが心配なんだけどね。よし、JR、特別列車でもチャーターしますか。
 父には、くれぐれもダイエットするよう言ったのですが、さてどうなっていることか(オヤツも山盛り置いてあったし)
Commented by パクパク at 2008-10-23 21:15 x
ありゃ~
ダイきち君、災難だね・・・
手術なんて何回も出来ないよね。
ガルの足の傷、治ってきたと思って気を抜いてたらまた昨日舐め壊されました・・・
口輪生活逆戻り。
Commented by cuora at 2008-10-24 10:03
パクパクさん…ほんと、「イボの表面だけとる簡単な手術」のほうにしとけばよかったよ。それを選択したモモは、もうどこを切ったか分からない完治っぷりよ。ガルちゃんも、また舐めたか!脚の先はエリザベスしても届くし、困ったわねぇ。強迫観念みたいになって舐め続けたら、まずいですよねぇ。
Commented by えぞっ子 at 2008-10-25 22:28 x
おっと、久しぶりに見るダイきち君の笑顔...、可愛いです。
そうですか、折角手術して治ったと思いきや傷跡が厄介のタネ
になっているんですね。 場所が目なだけに再手術も難しいの
しょうね。
             
モモちゃんも大事に至ってなくて良かったですね。
ひょっとして、年齢的なことより運動不足でしょうか。
Commented by cuora at 2008-10-26 21:50 x
えぞっ子さん…今日は涙も出ずに快調でした。このまま快癒してほしいです。でも、元気だと他所の♂に喧嘩売るんですよ(苦)。モモは、実家父(犬のシアワセについて一昔前のヒト)が「シニア用フードなんて可愛そう」というヒトなので、何より「食いすぎ」だと思います。案外多い、この世代のヒトで「ダイきちくん、痩せすぎ」と言うヒト。でも獣医的には「ダイきちくん、ぎりぎりセーフ(もっと痩せてもいいよ)」だそうで。見た目痩せすぎくらいでちょうどいいらしいす。
Commented by ユウパコ at 2008-10-27 19:19 x
おひさです〜
なかなか治らないのは本人(本犬)も辛いでしょうし、早く良くなって欲しいですね。
ダイちゃんの写真ポストカードみたいやわ。
ワンコは一緒に旅が出来て楽しいですよね。
ペットホテルでお会いする人たちはマナーがキッチリしている方々が多いので、電車乗れたらいいのにとも思いますが、電車と言えば、この前シートに座っていたら目の前に立っているお姉さんのトートバッグの中からチワワが顔出してました。
目の前30センチの距離で、十数分見つめあう…。
大人しい子でかわいかったし、私は犬が好きなので面食らっただけですが、嫌いな人(アレルギーとか)だったら相当不愉快だったかも?
日本人のモラルがどうにかならない限り無理なのかなぁ?
(それは人間の子供のしつけにも通ずるかも)
Commented by cuora at 2008-10-27 21:07 x
ユウパコさん…ほんとーにおひさです!(笑)。ダイは昨日から涙の量が減ってきたので、ひょっとして治ってきたのかも。
 しかし電車のなか、現状でも満員なのに幼児に平気で飲み食いさせたり、靴を脱がせず座席に立たせたり、「可愛いから何でもありでしょ」みたいなとんでも親が多いので、大きいワンコ解禁になったら、とんでもないでしょうねぇ~。靴のあとをシートに残して平然と降りていった親がおったよ(涙)呆然としました。綺麗な服着せてるのにあれじゃあ。
Commented by kanako at 2008-10-29 13:37 x
海外で犬と飼主と優雅にカフェでくつろぐ写真など素敵ですが、
(バスに乗っていたり)日本ではどうなんでしょう。
上も下も柄の服をきた厚化粧の日本のおばちゃんたちが犬と電車で下町に・・・ってちょっと想像してしまいました(笑)
Commented by cuora at 2008-10-30 11:36 x
kanakoはん…城ちゃん、元気にしてますか?赤子ちゃんとの相性は?(ダイきちは赤子は性別に関係なく大好きなんですが、幼稚園児くらいになると女子は好きで男子はウザイらしい・精神年齢が同じくらいで男子どうしだから・笑)。
 上が豹柄で下がラメいり花柄パンツで、ピンクに毛染めしたトイプーなどを連れている大阪のおばちゃんは、身近に実在します(汗)
Commented by よしみ at 2008-10-30 14:59 x
ダイきちたん災難でしたね・・・・。
炎症で辛いけど負けずに頑張れ~っ!!
Commented by cuora at 2008-10-30 19:19
よしみさん…私の財布もつらいのよぉ~(涙)。
Commented by kanako at 2008-10-30 21:48 x
城はハキがなく、じっと寝ていることが多くなってきました。
目が見えなくなってから、耳も遠くなってしまってきたようで、
反応も遅いです。
でも、散歩も餌も大好き!!
赤子は城が近づいてくると、毛をひっぱったりしてしまうので、
みんなで気をつけています。
城も気配を感じて近づかないようにしてますし・・・。

しかし、その大阪のおばちゃん、強烈!
ある意味みがいちょりますねぇ~。
Commented by cuora at 2008-10-31 09:09 x
kanakoさん…引っ張りたくなる立派な長毛ですもんね(笑)。刺激があって、却って若返るんじゃないでしょうか。
 大阪のおばちゃん、パンツではなく「スパッツ」というのか…伸縮自在ののびのびパンツというのか…です。
<< Bちゃん、またね ぶんぶん文太のササミジャーキー >>