実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今日の文太くん

 とうとう、今日は文太くんの食事中に背中にタッチできました。
 昨日までは、食事中でも50センチ以上近づくと逃げていたのですが。
 相変わらず納戸にひきこもってますが、私が居ないときは結構出ているのかも。またガビに頭を舐めてもらってました。ビスコにも認めてもらったようです。
 さあ、勇気を出して長老のところへ行こう!(長老=宇治どん)

 さて、実家犬モモにかかったメイボの呪いは解けることなく、ダイきちと同じく広範囲に取ってまぶたを縫い合わせる手術を勧められたそうですが、年のこととか、ダイきちの例を考えて、表面だけ取る簡単な手術をすることに決めました。イボということなら、肥満脂肪腫でしたっけ?もできているのですが、そちらも様子見です。若い犬なら迷わないことでも、年をとった犬だと、取るメリットと取らないメリットを天秤にかけるのが難しいです。
 ダイきちと違いモモさんは筋金入りの獣医嫌いですので、当日はどうなることか…。
[PR]

by cuora | 2008-09-09 19:38 | | Comments(3)
Commented by やまね at 2008-09-09 21:45 x
すご~い、触れたんですね。文太という粋な名前までつけてもらい兄さんたちに認めてもらってきたようでよかったです。あの怖がりを知ってるだけに心配していました。なぜ10階にいたかの謎はやっぱり一番の謎です。あの怖がり知ってたら誰かに連れられてなんてとても無理、階段を上まで上ってくるなんて考えられないし。追いかけられてうちの風呂場に逃げ込んでひっそりと隠れてましたが実は全体像をちゃんと見たことがない。振り向くとお風呂場の中から目から上だけ出して見てる姿とか風呂桶と壁の隙間に戻っていくおしりとかしか見てないんです。大きめの洗面器に新聞ちぎって入れたらちゃんとトイレにしていました。
はじめはうちのだんなが呼んだら返事してて「まだいる」ってわかったんですが(いつでも出ていけるように窓を開けていました)返事しなくなって・・・いないのかと懐中電灯で見たらいる。一度は夜玄関マットの上に横ずわりになって外をぼ~っと眺めていました。みてたらこちらに気がついて風呂場に帰っていくし。なんかすごく遠慮してて不思議な猫だなぁと思っていました。ここで様子見れてだんだん子猫らしく(?)なっていくのがうれしいです。文太がんばれ~。
Commented by munpun at 2008-09-09 22:01
文太~(感涙) だんだん「猫」になっていきますね~。
ずっと一人で生きてきたんでしょうね(といっても何ヶ月でもないでしょうけど)。
母さんちで猫社会を教わって、良い里親さん見つかるといいですね。
あぁ・・モモちゃん、無事に終わりますように。
ラブは比較的イボ系ができやすいので、高齢になるとなおさら悩んじゃいますね。「脂肪腫」もただの「脂肪」のままならいいですね~。
がんばれ~モモちゃん!
Commented by cuora at 2008-09-10 09:37 x
やまねさん…怖がりなので、一足飛びにはいかないけど、だんだん近づいてきてますよ。今朝は、食事中背中に触っていても、平気だった。ただ、ちっこいので、納戸のガラクタ置きの棚下に潜ったりして、猫モップになってます。うちってこんなに汚かったのね(涙)

ティアラ姉さん…そうなんですよ。だんだん猫科の野生動物の仔から猫に進化中。モモは体が脂肪の塊なので(苦)、脂肪種ってそれが溢れてきたんじゃ…(いまのとこ良性でした)。なんとか、シニアフードのほうが「かわいそう」じゃないことを理解してほしいけど、うちのオヤジも頑固だしな。
<< 文太、遊ぶ 今朝の文太くん >>