実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

クロ(仮名)


 文字どおり黒い猫です。
 ♂、体重800グラム、尻尾まっすぐ、毛は黒光りするほんとのカラス猫。美男子。

 ウパ友Yさんの住む団地の風呂場に迷い込んできた猫です。
 今日、うちに来ました。

 その足で獣医さんに行って検査してもらったところ、猫エイズと猫白血病は陰性、ノミがわんさかいましたが駆除薬をさしてもらったので明日には死滅するはず、お腹に虫も飼っていたので錠剤をもらいました。

 用心深い性格とは聞いてましたが、まだキャリーケースから出てきません。うちに来てから一歩も歩いてません。一声も鳴いてません。生きているのか覗くと、ちゃんと居ります。

 静かなので、うちの猫たちは、完全に「どうでもいい」とスルー。

 まあ、もう少し慣れてみないとほんとの性格は分かりませんが、お調子者ではないようです。

 こんなクールな黒猫、是非うちで飼ってみたいですが、さすがに1犬6猫で定員いっぱいいっぱいです。里親さん、大募集!連絡お待ちしています!

 黒い猫が黒いケースに入って出てこないので、まだ写真が撮れません。ですが、容姿は保証します。

 追記 一夜明けた土曜日、キャリーからはこそーっと出てきてました。ひっそりとご飯を平らげた後、黒いラックに篭城中のため、まだまだ写真は撮れません。

 昨晩、会社帰りに吉本新喜劇の観劇?ご招待で大変機嫌よく帰宅したダンナは…「♂?♂やったらうちで飼ってやってもえーで」と、また猫馬鹿発言。なぜ♂なら飼ってもいいのか、♀ならいやなのか、意味不明(ヨッパライですからね)。
 でもうちも狭いから、うちの猫ども、クロ、私たちのためにも勿論、良縁募集!なのです。
 ま、その前に、もっと慣れてもらわないとね。

 ◆土曜日晩のクロ 「うちはご飯時には、遠慮してると食いそびれるぞ~」と警告したら、クロがどこかから出てきてワシワシ食べました。私との距離50センチ。

 「そうよ、食堂のおばさんは怖くないんよ~」
 「うーん、食べてから考える」

 一応、他の猫に混じってご飯を食べて、またどこか黒い所に同化して消えました・。

 猫どもの反応 「遊べないから興味ない」

 クロよ、出てこないと遊べないぞ。

 食堂のおばさんは、怖くない、ということと
 太った大きい猫どもは怖くない

 ということだけ、はよ覚えよ!

 ◆日曜日昼のクロ
 乗馬から帰ってきたら納戸に篭城中。でしたが、ようやく!鳴き声を聞きました。今まで声を出すこともできないほど怖かったのでしょうか。
 そして、一瞬でしたけど、海老蔵にくっついているのを見ました。
 問題は、私のことが怖いこと(笑)。
 無理もないす。この1週間ほど、クロのためによかれと思ってのこととはいえ、人間には随分怖い目に合いましたもんね。追い回され、捕まえられ、押し込まれて、轟音の電車に乗せられ、自転車のカゴで揺すられ、獣医さんでは血を抜かれてお尻に検便の棒をつっこまれ、大きい猫だらけのところにつれてこられて(獣医さんで虚脱してましたから)。

 でも、こうしてパソコンを打っていると、扉の陰からじっと観察してました(笑)。私がじっとしてていると何とか我慢できるらしい。他の猫が私に触られても平気なところを見せて、安心させようと思います。無害な巨大生物だと早く理解してちょ~よ。ウロチョロして探検も始めたみたい。
 まだ子供なので、じきに馴染むことでしょう。
 トイレは完璧です。
 無理強いは禁物の性格のようですので、日にちがたつのを待ちます。

 
[PR]

by cuora | 2008-09-05 17:48 |
<< 今朝の文太くん ハンター海老蔵 >>