実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自分で自分を褒めてあげたい(大袈裟)


 土曜日は降水確率90%ということだったので、金曜日に「土曜日の乗馬はキャンセルします」と乗馬クラブに電話しました。その日の予定は専用馬(指名です)だったので、キャンセルするならば前日までにしないと指名料が戻ってこないのです。
 が、土曜日、予約した時間ならギリギリ降ってなかった(とほほ)。乗ればよかった。
 そして日曜日、ビギナー駈歩ウン回目。予習復習怠りなく、柔軟体操もしていざ出陣。
 そして向かった先は…乗馬クラブの売店。

 長鞭お買い上げ。

 ダイヤ嬢は短鞭では集中してくれません。長鞭は、当てなくても、視界の隅で動かすと集中してくれます。(ちなみにダイヤは馬洗い場で、嫌いな馬のむかいや隣りに入るのは拒否します。ダイヤは首をグネグネ伸ばして柱に擦りつけたり、縄を物色してみたり、洗い場ではある意味落ち着きがないので、首でも伸ばして隣りの馬に噛まれたことでもあるのでしょうか。白い馬はだいたい嫌い。とくに嫌いな白い馬がいるみたい。ぼんやりしているようで、気にすることは気にするオンナなのです)

 はい。ではレッスンです。

 気合です!箇条書きにしていった「今日はここだけ死守」ポイントを実行しましたよ。

 …

 …

 続いているじゃ、ありませんか!何周も続きます!

 続くと、姿勢を直す余地も生まれ、事態はよい方向に向かうものです。

 私の最大の問題点、踵も今日は下がってます。何回か上がりましたが、踏みしめ方が飲み込めたので、もう「嗚呼膝があがって、鐙が浮いて、このままじゃ落ちるかも~」という、体を固くする不安要素がなくなりました。するとお尻もボコボコ浮かず楽に乗れます。すると手綱も馬に合わせる余裕が出ます。すると、馬が速歩に落とそうとしている予兆も感じられ、落とす前に「だめだめ、もっと駈歩だよ」と合図を送る余地も生まれてくるのです。踵が下がっているので、合図もちゃんと伝わるのです(と以下無限良性連鎖)

 ああ~「これが駈歩」ってちゃんと分かりました。(初めて)

 しばらく続いたスランプを打破するヒントをくれたまみさん、ありがとっ。

 そして、前回に続いて「あと1回くらいこの調子でいけたら、初心者駈歩にいっていいです」って。嗚呼嬉ぢい(滂沱のうれし涙)
[PR]

by cuora | 2008-05-25 20:11 |
<< マイボーム腺腫て知っとるけ? もう子供ぢゃないぜ >>