実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

弱点

 夜中に雷が鳴り響いた夜のこと。12時半くらい。風邪気味で早く寝た夫婦の耳に…
「ふぎゃあぁ~ん」「ぎゃわぎゃわっ」と向かいの猫部屋から喧嘩のような声が。

 様子を見に行ったダンナがなかなか戻ってこないので、何事かと行ってみると…

 雷にパニックになった海老蔵が、宇治どんの後ろ足を踏んだか何かで、宇治どんは、すんすん鳴きながらぴこぴこと歩いており、海老蔵は互い違いの目をしたまま階下の暗闇に消えていきましたとさ。

 海老蔵を探したけど、いない。いない。うーーむ。

 いました。洗濯機の後ろに潜りこんで気配を消してました。
 野生に返っていて捕獲不能なので、ほっとくことにしました。

 今朝は快晴!

 宇治どんの足は、まだ痛いようだけど腫れてもいないので、様子見。

 問題は海老です。

 ようやく洗濯機の後ろからは出てきましたが(どうやって入ったんでしょう)
 廊下でションしました。
 朝ごはんも食べたくないそうです。
 まだ怖いのでタンスの上に立て籠もります。

 毎朝、人一倍うるさい猫が、とても静かです。

 意外な弱点でした。

*その後、海老蔵は、バブ男のようなびびり猫になってしまったのか、ずっとタンスの上で暮らしてます。顔つきもなんだか暗いです。ご飯は食べにきますけど、全然騒がないし。猫じゃらしにも食いつきません。人生変わるほどの経験とも思えないんですけどね。困った困った。
[PR]

by cuora | 2008-05-14 11:59 |
<< 海老蔵のトラウマ 1歩進んで3歩下がる >>