実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ラストスパート、冬眠まであと…

a0044136_1393915.jpg
 

ベランダ放し飼いのマルギナータリクガメととまる、11月になったというのに、暖かい日は餌を食べてます。でも排泄がないので、そろそろ餌をやめて温浴して体内の未消化のものを出したほうがいいかも。
 そして、約半年の長い冬眠に備えて、太陽の光をめいっぱい浴びようと首を伸ばしております。
 去年はバカスカ成長しましたが、今年は微増でした。これからは年数ミリの速さでじわじわ成長していくのでしょうか。

 それにしても、今年は本当に放し飼いでした。小さい頃は頻繁に温浴してましたが、だんだんと自力でうまく排泄するようになり、今年は冬眠明けに1、2回、秋に1回しただけ。あとは勝手に水盆に入ったり雨に打たれたりしておりました。

 一緒に放していたビルマホシ2頭も、今年は全然温浴しませんでした。1カ月に1回するかしないか、それでもいいウンといい尿酸でした。これから半年は室内の木製ケージで暮らすのですが、電気保温器具で暖めるので空気がカラカラになるのが悩みです。久々に温浴用のたらいに入れてみたら、天々丸はきちきち、満腹丸も去年の天々丸くらい狭くなっていて、近々水切りかごにでも買い換えないといけないようです。

 あ、久しぶりにケージに入れたら、半年で随分成長したやつらは、保温器具の線をひっぱってスイッチを踏み潰して壊してありました。感電しなくてよかった!おとなしい小さい?部類のビルマでもこれですから(いやそれほど小さくもないな)…。

 ととまるの暴れっぷりも、かなりのものになってきました。私にはとてもとても、大きいリクガメ(ケヅメとかゾウガメとか)は飼えません。これから20センチ以上のリクガメを飼いたいと思っている人は、図鑑でサイズを見るだけでなくて、是非、本物の成長したカメを見て、できたら持ち上げてみてからにしたほうがいいと思います(あと、ウンの量もその目で見てから~)。
 …歩き回るととまる、食べまくるととまる、猫と同じ大きさのウンをするととまる、ビルマに体当たり噛み付くととまる、ビルマに乗っかって「ぶひーっ」と鼻声をあげるととまる、脱走を諦めないととまる、とにかく騒々しいととまるに、時々、そこはかとなく後悔することがあります。嗚呼何故クモノスとかヒラオとかパンケーキとか、おとなしくて小さいカメに惚れなかったのかと。カメって年とともにおとなしくなったり、性格が丸くなったり、するんでしょうか?穏やかになるアロマはカメにも効くんでしょうか?教えて下さい、ダックス先生。

 しかし、こうやって写真を見ると、ととまるはそれほど立派な甲羅ではないけどそれでも格好いいなぁ。「ドイツ軍のヘルメット」(てどんなん?)みたいな甲羅。冨水さんのこの言葉と写真で人生誤ったよ。
[PR]

by cuora | 2007-11-05 23:11 | 爬虫類
<< ヘルメットゲッコー☆になる シリケンイモリたちの近況 >>