実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

白イシガメ


 カメ好きで有名な外交官の故・平原毅さんのエッセイを読んで知ったのですが、昔はミナミイシガメのことを白イシガメと呼んでいたようです。確かにミナミイシガメにはグレーの甲羅の、見方によっては白っぽいのがいます。黄色いニホンイシガメと比べたら確かに白い。

 何故近畿にミナミイシガメが分布しているのか、多分大陸から人が持ち込んだものだろうと言われているのは知ってましたが、平原説によると、白っぽいカメが縁起物として持ち込まれたのだろうということでした。なるほど、それなら合点がいきます。

 私はミナミイシガメに縁がないのか、最初に飼ったベビーは死んでしまい、その後飼った大きい♂は冬眠明けに油断した数分の隙に逃げられてしまいました。その頃はカメの運動能力をあまく見ていたのです。大きなカメがかき消したように消えてしまいました。そんなこんなで、また何かよくないことが起こるのではという気がして飼う気になれないのですが、いいカメです。
[PR]

by cuora | 2007-05-29 17:01 | 爬虫類 | Comments(5)
Commented by yasan at 2007-05-29 18:39 x
ミナミイシガメ、近畿では京都と大阪に滋賀。ということは淀川水系ですね。勝手な想像をすると京都のお寺と関係があり遠い昔にミナミイシガメを中国南部か東南アジアあたりから持ち込んだのが淀川に流れ定着したのかな?と考えています。
沖縄や八重山のヤエヤマイシガメとは別種かと思います。ペットとして流通しているのは東南アジア産、本物のミナミイシガメでしょうね。逃げ出したミナミイシガメ、またもや淀川水系に定着ですね。
Commented by withcat at 2007-05-30 00:09 x
カメって難しいんですね。
飼ってみたいけど私には無理そうです。
淀川水系でブラブラして探してみます。
お寺の池にはカメってつきものですが、縁起物だから飼われてるものだったのですね〜
Commented by cuora at 2007-05-30 09:37
yasanさん…淀川水系ですね~。古代にはニホンイシガメを食用にしていた(ほどたくさんいた?)そうですが、ミナミイシガメは「見たことない外国産希少種」だったんでしょうかね。うちから逃げたのはヤエヤマだと思います(汗)

withcatさん…いや難しくないです。当時私がカメを知らなかっただけ。今も知らないけど(汗)。お寺の亀はお参りした人が功徳のために放したものとか便乗して捨てられたものか?奈良の猿沢の池でしたっけ?あそこもすごいです。
Commented by パクパク at 2007-05-30 21:39 x
うちの周りはアカミミガメに侵食されてます。ミナミイシガメって見たこと無いなぁ。
イシガメを拾ったところの川は、カメを見つけると大抵アカミミガメ・・・
まさブーが一匹拾っちゃいました(爆)
結構大きいミドリガメ・・・
外来種なので逃がすわけにも行かず、うちのイシガメペアと一緒に泳いでます。
別にした方がいいかなぁ?
Commented by cuora at 2007-05-31 08:54
パクパクさん…ここらも9割はアカミミさんです。で、まさぶーさん、また拾ったんですか?見たい見たい~。イシとアカミミは交雑しないみたいだから大丈夫なんじゃないかな?(実はアカミミ飼ったことないから分からない。ハムスターと並んでペットの基本中の基本なのにね)
<< いない フトイモリ >>