実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

これがダイきちの真実の姿だ!

 このブログではダイきちが癒し系とか、好々爺とかいうイメージが定着している昨今ですが、それは違うということを、今日は書いてみたいと思います。

 ダイきちは、一言でいうと、まあややこしい犬です。穏やかなわけではなく単に喧嘩に弱い下っ端体質のために、他に強そうな犬がいるところでは猫かぶってますが、実は喧嘩っ早く「こいつはいける」と思った♂犬には10歳を超えた今も喧嘩売りますし。家では馬鹿っ吠え連発ですし(いやそれは躾の問題か)。超のつく興奮症で、プチっといってしまうと目付きがギラギラに変わって人格Bに変身してしまいますし。そうなるともう、人の声どころか存在さえ飛んでますし。

 なのに、ものすごく人懐っこくて人間性善説です。ですが人格Bになると我を忘れて飼主の手もマジ咬みして病院送りにしてしまったし。よその犬に咬まれたことも多々あるかわり、よその犬をマジで咬んだことも2回あります。これもスイツチが分かったので、今後はダイきちが痴呆にでもならない限り、咬むことはないと思いますけど。

 なので、どちらのダイきちを見ているかで評価は真っ二つ。

「ダイちゃん、おだやかで喧嘩なんかするの?」「少しはやられたらやりかえしや」「やっぱりラブは賢いねぇ」と言う人がいる一方で「野獣」「少しは犬らしくなったか」という人も、ダイきちを見ると自分の犬を連れてスタコラ逃げていく人もいるわけです。

 さすがに10年ちかく一緒に暮らしているので、スイッチがどこにあるかということが分かってきたため、ここ数年は「スイッチが入らないように」暮らしているので、人格Bは出てこないのですが、興奮状態になると馬鹿力を出すことはしょっちゅうです(但し人格Aに戻ると「ワシ、なんでこんなに疲れてるんやろか」とブっ倒れます)。

 若い頃、問題行動カウンセラーに相談した時「この犬はとーってもエネルギーレベルが高い」と言われました(いや、相談しなくても見たら分かるけどさ)(笑)。普通は発散させてやれば問題は解決するのですが、ダイきちには股関節形成不全(重度)のため運動できないという地雷もあります。そのアンバランスさがダイきち自身も「頭のなかでの自分の力」と「でも走ると脚が外れるし」というギャップになって苛立つということも若い頃はあったわけです。それも最近は10歳をすぎて、それほど運動したいという欲求がなくなって落ち着いてきたようです(しかし逆に「運動したくない」という不精根性が出てきました)。

 このようにややこしいダイきちは、その経歴もややこしく、最初の飼主のもとで生後半年までの可愛いさかりを放置&虐待ですごし(そのせいで性格がさらに入り組んだのか、問題行動のせいで放置されたのかは今となっては謎)、その後一転して保護された家では「アルファ」として勘違いしたまま君臨し、さらに問題を複雑化した状態でうちに来たわけです。残念ながらうちの家族も、躾のド素人だったため、更に更に複雑な性格を醸造してしまったわけです。

「なんちゃって癒し系」になって、ダイきちに癒されることが出来るようになったのはここ4、5年くらいのことで、それ以前は「育児鬱」というか「また仕出かさないか」とピリピリしてましたから。

 個人から(しかも遠方から)引取って「返品不可」だったので仕方なく耐えたわけですが、もしこれが愛護団体から引取ったりして「返品可」だったら1カ月もたたないうちに返品して平和な生活を送ったことと思われます。

 しかし…この「濃い、これでもかという濃いキャラクター」に慣れてしまった我々二人は、お利口なおとなしい犬を「物足りない」と思ってしまう変態さんになってしまったのです!どうしてくれる、ダイきちめ。
[PR]

by cuora | 2007-05-07 18:36 | | Comments(12)
Commented by kabamii at 2007-05-07 20:51
ぎゃは~!!「それは違う」の文字がデカすぎぃ~!
それだけで本文の8割が理解できました(爆)

イロイロあっただろうけどさ、スイッチの加減もわかったことだし
今の生活にダイきちさんも満足してるから、優しい顔になったんだよ
母さん家に落ち着く運命だったのさぁ~♪
Commented by demi_zo at 2007-05-08 00:00
ダイ吉つぁ〜ん!ばんざ〜〜〜い!!!
この出会いを運命と言わずしてなんというのでしょうかぁ?。。。
Commented by ぷーまま at 2007-05-08 02:44 x
ついつい、ダイ吉さんの、癒し系の写真を載せたくなる、かあさまの気持ちも分かるわ・・・
願望がついつい出てしまうのよね。

手のかかる子ほどかわいい・・・いやいや、そんなことを思ってはいけないんだ・・・、
ああ、手のかからない良い子を一頭だけ飼ったら、楽しいだろうなあ。
・・・と、思う毎日です。
(そうなったらそうなったで物足りないに決まっているのに・・・)

いずこも同じです。
Commented by totozfactory at 2007-05-08 09:47
母様・・・なんかありましたか(笑)。
カチョー、なんとなく「ふくよか」になられたような感じがここ最近してるのですが、「この貫禄、ブチョー昇進も間近だな」なんてノンキに見てるなんて私もアレですか。

「物足りない」と思うまでに、我が家はあと何年この辛い苦行お腹一杯状態を続けたら悟りが開けるのでしょうか。お釈迦様教えてください。

すごいなあ・・達観してるなあ・・到達したんですね。うらやましい限りです(ものすごく論点がズレてますか。そうですか)。
Commented by たろいも at 2007-05-08 10:33 x
でも「変態さん」にしてくれただいきちさんは、やっぱりエライ!?cuoraさんを癒せるのはだいきちさんなんですよっ・・・
Commented by ティアラ姉 at 2007-05-08 15:16 x
ダイきちさん、なにかやらかしたんですか(笑)?
人格Bのスイッチを見つけるまで、大変だったでしょう^^;
スイッチは永遠に封印しておきましょう。。

動物病院にもスイッチがあるんだろうな~ってこの時期は切々と思います(涙)
しかたないけどさー。。。いたい(涙)
Commented by cuora at 2007-05-08 19:51
かばみーさん…今日もまたしでかしました。拾い食い…。もう勘弁ならん。

demi zoさん…「運命のイタズラ」だわね~(涙)

ぷーままさん…ほんとに手がかかりますね、彼らは(あ、のえちん、仲間にしてごめんよ)

ぱぷりかさん…太ったですよ~(爆)。でも「太ったカチョー」なだけ。

たろいもさん…変態さんは今また怒ってますよーバカ犬めー。

ティアラ姉さん…動物病院では嬉しいほうのスイッチが入って人格Cになるダイきちであった(係留金具をぶち壊した怪力犬)

というわけで、私、この瞬間うちのアホ犬に怒ってます(そして心配しています)。詳細はまた…チクショーっっ
Commented by ada at 2007-05-08 22:11 x
ダイちゃん、何食べたの?
リューも真の姿(悪悪)をなかなか皆様に理解していただけないので、わかるような。
リューもさっき、マズイ物を口にして、「なんでいつまでも!」とガッカリしたところです。
Commented by なち at 2007-05-09 10:52 x
だいきちさんのスイッチ見つかってよかったですね★

だいきちさんは、だいきちさんで楽しんでるんですかね?
きっと母さんの優しさが伝わってるんですねぇ。

だから、癒しな顔もしてくれるんですね♪
Commented by ゆっきー+ニッキー+α at 2007-05-09 12:25 x
基本仕様はニッキーとおんなじだ~。
でも出力がでかいタイプなのね、ダイきちさんは。
共にだらだらと生きていきましょう、同類よっ!

2代目があまりにテンションが低いので、病気じゃないかと思っていたら、「これが平均的な子で、ニッキーさんは特別テンションが高かったんですよ」と指摘されました(-_-;;
Commented by kazu at 2007-05-09 18:58 x
ダイちゃん、今度はナニを食べたの....???。
あまり変なモノを食べると最後には、死ぬヨ!。

我が家にも、2~3回死に掛けた食い意地の張った兄貴がいるから、かあさんの気持ちは良く解ります......。
兄貴は、食べ物(と本人が思っているモノ)によってスイッチが入るのです.....とほほほほっ。
ちなみに、最近の兄貴のマイブームは、地面から頭を出している筍の丸齧りです........、蕁麻疹できるのにーーーーーっ!!!。
キィーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!。
Commented by cuora at 2007-05-09 19:10
adaさん…それが、不自然に路上に置かれたおにぎりを、立ち話をしている間に食べてて…吹田だったかの農薬おにぎり事件があった後だから、もう青ざめてしまいました。結局それは野良猫用か小鳥用かお供えかの善意のおにぎりだったのですが…。

なちさん…ダイきち、「釣った魚に餌はやらない」タイプの男らしく、飼主以外にはとても愛想がいいです(チクショー)。怒っても、最終的には許されるのが分かっているらしく(笑)

ゆっきー+ニッキー+αさん…幾つになってもテンション「だけは」高いですよね。体力は確実に10歳すぎの白髪のシニアなのに。うちは、ゆっきー家の逆で、もとから実家にいたメスのモモが1歳くらいで平均的になったので「こんなものなら2頭でも楽勝」とダイを引取ったら、とんでもなかったのです。

kazuさん…うえのとおりで(汗)。本気で獣医さんに駆け込む用意をして観察してましたよ。兄貴、ダイきちもタケノコかじります。昔タケノコ地帯に住んでいたとき、近所の人が戯れにマメタケノコを「ほら」と鼻先に突き出したら反射的に食べて以来「食べ物」の範疇に入ったらしく…エグいのにねぇ。ドングリも同様(汗)
<< ダイきちが食べてしまったのは… ポジティブシンキング >>