実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ツボカビ病

こんなニュースが出ていました。

<カエル・ツボカビ症>国内で初確認 両生類絶滅の危険性
1月12日12時14分配信 毎日新聞

 世界各地でカエルなどの両生類を絶滅に追いやっているカエル・ツボカビ症が昨年12月に国内で初めて確認されていたことが分かった。アジアで公式に感染が確認されたのは初めて。感染力が強く、致死率も90%以上で、野外に広がると根絶は不可能で両生類の絶滅が危ぐされる。
 日本野生動物医学会や日本爬虫両棲(はちゅうりょうせい)類学会、世界自然保護基金(WWF)ジャパンなど16団体は12日に検疫強化や販売・流通の管理、情報提供などを訴える緊急事態宣言を公表した。
 ツボカビ症が確認されたのは、東京都内で昨年11~12月に個人がペットとして飼っていた中南米産のカエル。11種35匹中14匹が死んだため、麻布大学で調べたところ、昨年12月25日にツボカビ症と確認された。
 ツボカビは真菌の一種。もともとアフリカ固有の菌だったとみられ、90年代に豪州でカエル激減を招いた病気として98年に初めて発見された。すでに豪州や中南米の両生類が壊滅的被害を受けているという。ヒトへの感染は確認されていない。
 麻生大の宇根有美助教授(獣医病理学)は「飼っているカエルなどの両生類に異変があれば、すぐに獣医師などに相談してほしい。水の管理が最も重要で、水槽の水を排水溝や野外に流さないでほしい」と訴えている。
 ツボカビ症に関する情報は、以下のホームページに掲載している。WWFジャパン(http://www.wwf.or.jp)、麻布大学(http://www.azabu-u.ac.jp)【山本建、田中泰義】

 うーーん、こんな病気があることさえ知りませんでした。うちにはカエルはいませんが、外国産の両生類もいるので、このなかの「水の管理が最も重要で、水槽の水を排水溝や野外に流さないでほしい」という部分、万全ではないですが気をつけたいと思います。

 ついつい、夏なんかは道路でジャブジャブと飼育器具を洗ったりするのですが、その時に外国産の(すでに帰化して問題になっているような)水草の切れ端やそれについている巻貝なども雨水の流れる排水溝に流れていっているのではないか…と心配していたのですが…目に見えない脅威を撒き散らしていたのかも。
 両生類のいなくなった日本、想像したくないですが、現実になってしまうのでしょうか。
 

 麻布大学のホームページから、Q&Aに飛べます。
http://www.azabu-u.ac.jp/wnew/detail07/pdf/070111_2.pdf

追記 この解説によると、今飼っている両生類については、感染しているかどうか無料で検査が受けられるようです。感染していても治療法があるそうですし、器具の消毒法も上記のQ&Aに紹介されています(専門店ペポニさんのホームページhttp://www.remix-net.co.jp/Peponi/によると、新しく飼った両生類は60日程度は隔離して様子をみること、飼育水は塩素系漂白剤で消毒してから捨てるとよいようです)。
 ただ、感染はしない熱帯魚の輸入の際の水の中にも菌がいる可能性があるようです。輸入されたときの水がどうなっているのか知りませんが、水草や貝も同じように輸入されているのではないかな?アロワナの餌に売られているカエルなんかは、観賞用のカエルと違って一々検査もしないでしょうから、熱帯魚の飼育水の扱いにも注意が必要かな、と思います。熱帯魚と両生類用のバケツや掃除用スポンジを共用したり、そういうのも注意したほうがいいのかな?
[PR]

by cuora | 2007-01-12 15:19 | 両生類 | Comments(12)
Commented by ラピプリ母 at 2007-01-12 21:40 x
こわいですねぇ・・・特効薬はあるのかなぁ。広がらなきゃいいけど。
Commented by tiaraupa at 2007-01-12 21:51
うわ・・・私もはじめて知りました(><;)
様々な生き物がペットとして入ってくる反面、招かざるモノまで入ってくる。
そうは思っていても、いざ、こんな危険なモノが入ってきていたとは。。。
ただでさえ、日本の両生類は危機に瀕している種類も多いのに・・・
水槽の水かぁ・・・そこから気をつけないとね。
Commented by パクパク at 2007-01-12 22:03 x
このニュース、めざましテレビでやってたみたいだね。
会社に行ったらいきなりうちがカエルを飼ってることを知っている同僚が「カエルの病気のことやってたよ!ちゃんと調べなよ。」と言われました。
外来種は本当に気を付けないといけないね。
Commented by cuora at 2007-01-12 23:47
ラビブリ母さん…病気になった個体自体は治療をすれば治るそうなのですが、いったん菌が野生に広がると根絶は不可能だということです。うーーん。

ティアラ姉さん…熱帯魚店では、餌用のカエルが逃げ出して床を歩き回ったりしてますから…複雑な気持ちですが、野生の両生類にしてみれば「冗談じゃないよ」てとこですよね。レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の病気にしても、犬や鶏の病気ほど世間の関心はないだけに、じわじわって忍び寄ってきているのね。

パクパクさん…調べたいのはやまやまだけど、調べられる獣医さんがない!んですよね。これで便乗して放逐されるカエルが増えなきゃいいけど(ミドリガメと違って、敢えてカエルを飼う人にはそんな人はほぼいないと思うけどね。両生類って地味だし)。いや、ほんと、ムズカシイ。
Commented by kazu at 2007-01-13 07:37 x
我が家が取っている地方紙にも載ってましたぁ~。
鳥フルの隣に、かなり大きく載っていたヨぬ。

なんでも、30℃で死ぬカビだとか......、ちょこっと吃驚しました。
両生類って、やはり、30℃ないんだねぇ~。
不思議な生き物だねぇ~。
Commented by cuora at 2007-01-13 13:47
kazuさん…哺乳類とかの両生類以外にとっては直接脅威になることはないようですが、それだけに、広がっていても分からないという恐ろしさがあると思います。元々人目につきにくい両生類は、死んでいても気が付かれないことが殆ど→気が付いたときにはカエルもイモリもサンショウウオもいなくなっていたら…取り返しが付きませんよね。たくさん両生類を飼っている私がいうのもなんですが、餌用のカエルも含めてすぐにでも輸入を規制してもやりすぎではないと思います~。
Commented by あいざわ at 2007-01-13 14:00 x
本当にやばいですよね。
これは本当にやばい。

僕も輸入規制は早急に必要だと思います。

正直僕の趣味である動物飼育を国から奪われてもしょうがないと思えるくらいの事ですよね。
Commented by cuora at 2007-01-13 14:17
あいざわさん…こうなると、両生類に興味のない人(飼わない、獲らない、放さない人)ではなくて、「両生類が好き」な人が両生類に絶滅の脅威を与えていると言い切ってしまえるわけで…。今後のことはともかく、今飼っているものはきちんと衛生的に飼わないと…。
Commented by あいざわ at 2007-01-13 14:42 x
おっしゃる通りですね、生き物好きが生き物や環境に多大な影響を与えるんですよね。
生き物を飼うって行為自体を根底から考えさせられます。
Commented by tiaraupa at 2007-01-13 15:49
メールもしましたが、一応こちらでもお知らせしておきま~す^^
ブログ、引越しました~。
http://tiaraupa.blog88.fc2.com/ です。
遊びにきてくださいね~♪
ちなみに「むんぷん」はひっこしませんよ~☆
Commented by えぞっ子 at 2007-01-13 21:45 x
ツボカビ症、初めて知りました。


恐ろしい疫病ですね。

クワ・カブブームで外国産昆虫が多数輸入されるようになって
から未知の外来ダニについて問われたことがありましたが...、
こちらも外来生物の輸入頻度、個体数が増えたことに起因する
のでしょうか? それとも、渡り鳥や風、或いはそもそも日本
国内にも昔から存在していて、それが偶然発見されたとか(’’?

ただ、これを機に外国産生物が危険だとか飼育禁止にすべき等
といった変な風評が広まらないことを切に願います。
いずれにせよ、生き物に触れた後は必ず手洗いするなどの予防
措置は当然の事として心掛ける必要はあるでしょうね。
Commented by cuora at 2007-01-14 14:23
ティアラ姉さん…素早いっす!使い勝手はどうですか?リンク先、替えてきますねー。

えぞっ子さん…私もニュースで初めて知りました。どうやって日本に来たのかはよく分からないです。このツボカビの存在自体が最近になって知られたそうです。
 風評というか、誤解に基づいたヒステリックな論調は、人間にうつらないだけに世間的にはあまり起きないのではないかと思います。「なーんだ、カエルの病気か」という薄い反応のような。それはそれで怖いけど。
 でもこれからは、一度飼育したらたとえ地元の水場で採取したものでも、放せなくなりますね。飼育個体は飼育環境のままで完結しないと…。
<< 新しいリンク こんなに大きくなりました >>