実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ツボカビ病

こんなニュースが出ていました。

<カエル・ツボカビ症>国内で初確認 両生類絶滅の危険性
1月12日12時14分配信 毎日新聞

 世界各地でカエルなどの両生類を絶滅に追いやっているカエル・ツボカビ症が昨年12月に国内で初めて確認されていたことが分かった。アジアで公式に感染が確認されたのは初めて。感染力が強く、致死率も90%以上で、野外に広がると根絶は不可能で両生類の絶滅が危ぐされる。
 日本野生動物医学会や日本爬虫両棲(はちゅうりょうせい)類学会、世界自然保護基金(WWF)ジャパンなど16団体は12日に検疫強化や販売・流通の管理、情報提供などを訴える緊急事態宣言を公表した。
 ツボカビ症が確認されたのは、東京都内で昨年11~12月に個人がペットとして飼っていた中南米産のカエル。11種35匹中14匹が死んだため、麻布大学で調べたところ、昨年12月25日にツボカビ症と確認された。
 ツボカビは真菌の一種。もともとアフリカ固有の菌だったとみられ、90年代に豪州でカエル激減を招いた病気として98年に初めて発見された。すでに豪州や中南米の両生類が壊滅的被害を受けているという。ヒトへの感染は確認されていない。
 麻生大の宇根有美助教授(獣医病理学)は「飼っているカエルなどの両生類に異変があれば、すぐに獣医師などに相談してほしい。水の管理が最も重要で、水槽の水を排水溝や野外に流さないでほしい」と訴えている。
 ツボカビ症に関する情報は、以下のホームページに掲載している。WWFジャパン(http://www.wwf.or.jp)、麻布大学(http://www.azabu-u.ac.jp)【山本建、田中泰義】

 うーーん、こんな病気があることさえ知りませんでした。うちにはカエルはいませんが、外国産の両生類もいるので、このなかの「水の管理が最も重要で、水槽の水を排水溝や野外に流さないでほしい」という部分、万全ではないですが気をつけたいと思います。

 ついつい、夏なんかは道路でジャブジャブと飼育器具を洗ったりするのですが、その時に外国産の(すでに帰化して問題になっているような)水草の切れ端やそれについている巻貝なども雨水の流れる排水溝に流れていっているのではないか…と心配していたのですが…目に見えない脅威を撒き散らしていたのかも。
 両生類のいなくなった日本、想像したくないですが、現実になってしまうのでしょうか。
 

 麻布大学のホームページから、Q&Aに飛べます。
http://www.azabu-u.ac.jp/wnew/detail07/pdf/070111_2.pdf

追記 この解説によると、今飼っている両生類については、感染しているかどうか無料で検査が受けられるようです。感染していても治療法があるそうですし、器具の消毒法も上記のQ&Aに紹介されています(専門店ペポニさんのホームページhttp://www.remix-net.co.jp/Peponi/によると、新しく飼った両生類は60日程度は隔離して様子をみること、飼育水は塩素系漂白剤で消毒してから捨てるとよいようです)。
 ただ、感染はしない熱帯魚の輸入の際の水の中にも菌がいる可能性があるようです。輸入されたときの水がどうなっているのか知りませんが、水草や貝も同じように輸入されているのではないかな?アロワナの餌に売られているカエルなんかは、観賞用のカエルと違って一々検査もしないでしょうから、熱帯魚の飼育水の扱いにも注意が必要かな、と思います。熱帯魚と両生類用のバケツや掃除用スポンジを共用したり、そういうのも注意したほうがいいのかな?
[PR]

by cuora | 2007-01-12 15:19 | 両生類
<< 新しいリンク こんなに大きくなりました >>