実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハチュ3誌

 昨日、たいへん出遅れたけど「クリーパー」と「ハープライフ」を買って来ました。今回は「ビバリウムガイド」も買ったし、三誌揃って買うのは久しぶりです。

 まあ色々惹かれる記事はほかにもあったけど、やっぱりアメリカで開かれたブリーダーズ・エキスポの記事がお目当てでした。全米から爬虫類のブリーダーが自慢の繁殖個体を持ち寄り、購入できるという、夢のような(お財布にとっては悪夢のような)祭典です。
 で、その「自慢の個体」のなかでも、ベテラン(プロ)が唸ったヘビ・カメ・トカゲたちが延々と写真で紹介されるという、興味のない人が見たらアホみたいな企画が、やっぱりオモロイんです。「ビバリウムガイド」のアメリカのカメブリーダーのファーム紹介記事も、すごかった。延々と、ドでかい珍しいカメの写真が並んでいるという、訳分からない記事。

 「うわー、こんなん殖やしてる人がいるー」「ぎゃー、何この色」「どれもぷりぷりでツルツル」と一人で鼻息荒く雑誌に見入るオバチャン一人。堪能しました。私もがんばって、ぷりぷりのツルツルを目指します。
[PR]

by cuora | 2006-11-10 16:30 | 爬虫類 | Comments(8)
Commented by すず at 2006-11-10 16:51 x
cuoraさん、私も鼻息荒く、ヨダレを垂らし、指をくわえて堪能しましたよ!
ハープライフは買ったことがないのですが、どんな感じなのですか?
田舎なんで売ってないのです・・・。
Commented by cuora at 2006-11-10 21:31
すずさん…鼻息荒くなりますよね?お金ためて(もしくはぱふりかさんのように懸賞で100万円の旅行券あてて)一緒にアメリカ行きましょう!当たらなかったら来年またぶりくらでお会いしましょう。「ハープライフ」は…都会でハチュを飼うってことの素敵さと現実をリアルに見せてくれる、ある意味シビアな雑誌と思う…。
Commented by パクパク at 2006-11-10 21:51 x
これ、売ってるところが限られるよね・・・
普通の本屋にないんだもん。
うちは最近、まさブーがビバガを買い始めました。
本自体は面白いんだけど、こういうのを見せるとまたいつの間にか生き物が増えてそうな気がするのでちょっとヤダ・・・
Commented by cuora at 2006-11-10 22:34
パクパクさん…私もハチュ屋以外で見たことないです。ビバガ、難点は重いこと。何冊か溜まると重くて重くて、100均のダンボールのブックケースの底が抜けました。なのでもう買わないと誓ったのに買ってしまったダメな私です。しかし、奥様、貴女も増やしてらっしゃいますことよ、おほほほほほ。
Commented by kabamii at 2006-11-11 20:35
へええ♪そんな専門雑誌があるのねぇ~(^o^)
車も好きな人は車専門雑誌とか見てるもんねぇ。色々あるのね~♪

アタシャ、自分の肌をツルツルのぷりぷりにしたいよ。(笑)
Commented by yasan at 2006-11-11 22:53 x
「クリーパー」に「ハープライフ」、「ビバリウムガイド」と三誌も買ったらけっこうお高くつきますやんねー。
うちはなかなか買えません。爬虫類両棲類の専門誌、ここ数年でかなり充実してきましたよねー。若い頃はそんなものなくて、「アクアライフ」に「フィッシュマガジン」にときたま取り上げてもらえるのを読み漁ってた記憶があります。当時から千石正一氏でしたね、当時は彼に憧れていましたが、髪型だけはゴメンでしたが・・・
Commented by あいざわ at 2006-11-12 01:43 x
クリーパーは淡々と事実を述べる姿勢が好きです。
ちょっと参加してみたいなぁと思う本ですね〜。

しかし爬虫類本のビジュアルを見ると、爬虫類飼育がマイナーな趣味なんだという事が思い知らされますね(笑)
Commented by cuora at 2006-11-12 11:19
かばみーさん…クルマ専門誌というと、あの「く」のつくお方?自分のお肌は…乾燥しまくりです。

yasanさん…お高くつきましたとも。最近雑誌も高いですよね。アクアライフとかの爬虫類両生類のページは今でもバイブル化して語り継がれてますよね。ページ数の少ない分渾身の記事だったのか。ネットのない頃は熱帯魚雑誌でも暗記するほどよく読んでましたが、最近はいつでも調べられるさと思って流し読み…(立ち読みともいう)

あいざわさん…クリーパー、どこかの学会の機関紙かと思うようなつくりです。しかしマイナーっぽいといえば、猫雑誌の数々、これはわざとかもしれないですけど、すごいのありますよ(笑)
<< ファイナルアンサー ととまる ここまで来たか >>