実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いくつになっても…

久々にやらかしてくれました

 今朝は秋晴れで、二人とも予定もなく晴々とした土曜日の朝でした。琵琶湖に散歩に行こうということになり、高速を飛ばしてロングロング散歩に。

 途中、2頭の♀ラブをつれた方と会って、ご挨拶。
「10歳だと落ち着いてますねー」などというお世辞に気をよくした直後、やらかしてくれたのです。

 そばの芝生に釣り客の荷物が置いてあるのを、♀ラブ達がやけに気にしているなぁ…などと思いつつ、バイバイし、ダイきちも荷物を物色しようとするのを叱って、歩き出して30メートルほど。ふとダイきちの口元を見ると、妙にふくれています。ボールを咥えたようにふくらんでいるのです。

「あっ、おまえ、何食べてるねん!」

 はい、口の中に計量カップ(練り餌少々いり)がすっぽり入ってました。

 どさくさに紛れて、釣り客の荷物から練り餌の入ったカップを咥えて盗んでいたのです。

 慌てて返しに行ったのですが、唾でぬめぬめだったので(でろでろのカップを渡そうとしたら、引かれました・笑)水道で洗って「どーーも、ほんとにすみません」と空のカップをお兄さんに渡したところ

「あのー重り、入ってたんですけど…大丈夫ですか?」と。

 いや、私が取り上げたときはすでに重りはなかったです。

 事実を整理すると、
 重りと練り餌が入っていたカップを♀ラブ2頭が物色した。後ダイきちが盗んだ。取り上げた時には練り餌が少し底に残っているだけだった。重りは、♀のどちらかが飲んだ、ダイきちが飲んだ、誰も飲まずどこかに落ちているのどれかだが、どれかは分からない。釣の重りは鉛である。鉛を飲むと中毒になる。

 というわけで、今日は、もし飲み込んでいるなら繊維質に包まれて排泄されることを祈って、ふかしサツマイモをたくさん食べさせてみました。明日からウ○チをほぐして確認するわけです。数日しても出てこなければ、胃に残っているか飲んでないということで、どちらか分からないのでレントゲンをとりにいくということになりました。

 名前も知らない琵琶湖の♀ラブちゃん2頭連れの方、もしくはそのお友達の方、これを見ているとは思えないんですけど、万が一見てたら、注意してくださーい。

 ダイきちのばかばかばかばかっ!

 
[PR]

by cuora | 2006-10-21 22:43 |
<< 咲いた咲いた~キイジョウロウホ... 鮮度イマイチ >>